PICTURE 12 - 27 - 2016

| コメント(0) | トラックバック(0)

 [    THE   TEACHING    OF    BUDDHA    ]  
<    BUDDHA  -   NATURE   >  33

< 仏性( ぶつしょう )

    あなたは 《 宇宙 》
    わたしは 《 宇宙 》
    どなたも  《 宇宙 》


    《 妄想 》( もうそう )
    するなかれ

    《 執着 》( しゅうりゃく )
    するなかれ      >


 「  NO   GOOD    CAN   BE   ATTAINED  
      WITHOUT    PROPER    EFFORT   ,    JUST
      AS    THERE    CAN   BE   NO   THIRD   STORY
      WITHOUT    THE   FOUNDATION   AND   THE
      FIRST   AND   THE   SECOND   STORIES   .


         いい事は、 適切な ・ 正しい ・
  その目的に ふさわしい 行為( 勤勉 ・ 努力
  思いの 集中維持 ・・ ) なくして、

   獲得( かくとく )・成就( じょうじゅ )
  実現( じつげん )することは 、できない 。


   まさに、このように。
  基礎・土台 そして 、一階部分・ 二階部分 
  無くして 、

   もとめている ・ いい物事 ・
  そびえたつ 三階 ( 美しい 景観 )は
  ありえない ので ございます 。   」

 ( 仏教聖典からの 引用です、
     駄駄日本語は 残月 、合掌  )


   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   ・ 客殿からの
    京都一( 微笑 )( 大笑 )の
    景観・ 眺望 ・ 
     見晴らし ・ ながめ は、

   ・ 《 三階 》の すばらしさは、

    《 一階 》に あたる、
     渡月橋からの 、 1000メートルの
     苦労 ・ 辛苦・ 
     面倒 ・ 消費 
    ( 気力・ 体力 ・ 
     時間 ・ 生命 の使用 )
     
     

    《 二階 》に あたる
     坂道 ・階段の、 200メートルの
     苦労 ・ 辛苦
     面倒 ・ 消費の
     

    上に 、 次に 
    あるのでございます。


   ・ 『  気力・ 体力 ・ 時間が
      なければ
      味会え ないのでしょうか ? 』

     『  バカな 。

      絶景( ぜつけい )は、

     《 絶心 》( ぜつしん )を
     味合い・ 感得し

      そこに 安住するために
      あるので ございます。 


      だから、
      味会えます 。

      色々な 方法が
      ございます 。 』


   ・ この 《 絶心 》( ぜつしん )とは
    何か ?

      ≪ 大笑 ≫

      また、


   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  001.JPG


  005.JPG


  006.JPG



  004.JPG


    三階 部分 ( 客殿 )



  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



      つづき ます

      TO  BE   CONTINUED

                SEE   YOU  


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bruce-kyoto.sakura.ne.jp/daihikaku/mt/mt-tb.cgi/8703

コメントする

このブログ記事について

このページは、大悲閣千光寺ブログが2016年12月27日 06:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「12月26日(月)  休息おえて  5」です。

次のブログ記事は「12月28日(水) 休息おえて  6」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。