PICTURE 12 - 19 - 2016

| コメント(0) | トラックバック(0)

  [   THE   TEACHING   OF   BUDDHA   ]
<   BUDDHA  -   NATURE   >  29
< 仏性 ( ぶつしょう )

    あなたは 《 仏の子 》
    わたしは 《 仏の子 》
    どなたも  《 仏の子 》


    ≪ 妄想 ≫( もうそう )
    するなかれ

    ≪ 執着 ≫( しゅうちゃく )
    するなかれ


 「  THE《 DEMONS  》 REPRESENT   MEN
     OF   HEATHEN   BELIEFS  .

       《  悪鬼( あくき ) 》たちは、
  < 無常・無我・涅槃・慈悲 >を
   理解し 信じきれない 人々の
   ことである。

  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,


      《 A  BOX   》 MEANS
    THE   GIFTS   THAT
    ARE   MADE   IN   CHARITY  ,   THEY   DO
    NOT   REALIZE   HOW   MANY   TREASURES
    CAN   BE   PRODUCED   FROM   CHARITY  .


  《 箱 ( の中の物 ) 》は 、
 慈悲心 ( 他の人々を 思いやる心 )から
 作り出される、 贈り物の 意味であり、

   慈悲心 ( 慈愛の心 ・寛容の心 )
 ( 認め合い・許し合いの 心・態度・・ )から

 多くの 本当の 宝物( たからもの )は
 産み出されることを、

 《 悪鬼 たち 》 きちんと理解していない。


 ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,


     《 A   CANE  》   MEANS  
   THE   PRACTICE
   OF   CONCENTRATION   OF   THE   MIND  .
     MEN   DO   NOT   REALIZE   THAT   BY   THE
   PRACTICE   OF   SPIRITUAL   CONCENTRATION
   OF   MIND   ,   THEY   CAN   SUBDUE   ALL
   WORLDLY   DESIRES  .


  《 杖 つえ( 鞭 むち ) 》は、
 ≪ 心・精神 の 統一 の 鍛錬 ≫の
 ことであり、

 ≪ 思い の 整理整頓、
   心・感情 の 安定・静寂 の 鍛錬 ≫に
 よって、

  社会的 世間的 対外的 な
 全ての 欲望・欲求・要求 ・
 不満・不服・不平・・を ( から )

  克服・ 自制 ・ 抑制 ・自己支配 できる
 ( 自立 ・独立 ・ 超越 ・ 解脱 ・・ )
  ということを、

  《 悪鬼 》たちは、
 きちんと 理解できて いない、
 のである。


  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,


   《 A   PAIR   OF   SHOES   》 MEANS
  THE   PURE   DISCIPLINES   OF   THOUGHT
   AND   CONDUCT   ,   THAT   WILL  CARRY
   THEM   BEYOND   ALL   DESIRES   AND
   ARGUMENTS  .


  ( 空を 自由に 飛べる )《 靴 くつ 》とは、 
  純粋な 確かな < 思い・行い >に
  対する 自制心である。   

   この心は 、
  あらゆる 全ての、 欲望と
  議論のための 議論を

  超越( ちょうえつ )する
  ことが できるのである。
  たいすry 


  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,


      WITHOUT    KNOWING   THESE   ,
    THEY   QUARREL   AND   ARGUE   ABOUT
  《 A  BOX   》《 A  CANE   》 AND 
  《 A   PAIR   OF   SHOES   》 .


   《 悪鬼 》たちは、
  つまり、
   《 無我 ・ 無常 ・ 涅槃 ・ 慈悲 》を
   理解し・認めて いない 方々 は、

  < 宝物が いっぱいな 箱 >
  < 外界に 支配されない 杖 >
  < 本当の 真の 自由 の 靴 >

   の 意味・ ありよう を
  知らないから 、学んでいないから、
  
  ( いえ、知る機会、学ぶ機会・チャンスが
   なかなか、 無かったから、

   つまり、世の中の
   僧侶が 僧侶で ないから  ) 


  < 世俗的な 意味 >の

  《 箱 》《 杖 》《 靴 》を

   ケンカし合い、奪い合う
   のである。     」

 ( 仏教聖典からの 引用です
     駄駄日本語、残月   ) 





,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,


      日本語は、 午後にいたします。
    内容は、下記に 関すること
    みたいです 。

   ・ 《 布施 》( ふせ )
  ( 自分中心でない の 心・行為 )

   ・ 《 心の統一 》( 一つ心とする )
  ( ふつう 人は、たくさんの 心を
    もっている 。 2、3、4、 多心 )

   ・ 《 戒律 》( かいりつ )
  ( すべき事 、 すべきでない事を
    きちんと 自分で決め、
    実行する、 言葉・ 行為 を。 )

  、、、、、、、、、、

     ・  19日  数行 だけ ( 反省 )

  ・  20日 の 夜に 終わりました。
         疲れました ( 大笑 )



   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  001.JPG

      冬枯れの  
        山にそびえる  大悲閣


  003.JPG


      この道は 
     どこへ 向って  いるのかな
     
  002.JPG

     
     すみれ  さん
    こちらを むいて  おくれやす
    いろいろ あって  すべてをこえる

    小生 犬生 
    同一 生命 
    不異 苦痛
    本心 無心



    [    JUST   NOW
              I   THINK   ABOUT   SYRIA   AND   PARIS  .
               NEVER   GIVE   UP   ]


          JOIN   MY   HANDS   TOGETHER


          SEE    YOU     AFTERNOON   
             
      

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bruce-kyoto.sakura.ne.jp/daihikaku/mt/mt-tb.cgi/8695

コメントする

このブログ記事について

このページは、大悲閣千光寺ブログが2016年12月19日 07:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「12月18日(日)  休息 おえて  1」です。

次のブログ記事は「12月20日(火)  休息おえて 2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。