10月4日(日)   酒飲む人 の 「 道 」 ・ 「 酒道 」

| コメント(0) | トラックバック(0)

  (  20年前の ものを 整理していたら
    おもしろい メモが 出てきました 。

    この ブログは 、

    人の「 道 」
    心の「 道 」 を
    探究し ( さがし もとめ )
         ( 古今東西 、 おのが身心 に )
    見つけ、
    その 「 道 」 を 歩むことを
    目的としています 。

    人として 生じ 、
    苦しむ だけでなく 、
    人生 の よろこび ・ しあわせ を
    ともに 実感したいから で ございます 。

    集団的 ( 微笑 ) ・ 社会的 ・ 歴史的 ・ 
    地理的 苦しみは、 この世界には 山のように
    海のように ございますが 、

    個人、 おのれの 身心 ( 肉体 と 意識 )で
    達成できることは 、 早めに 成し遂げよう と
    存じます 。

    そして 、
    自分の 手と足が とどく ことから
    「 この世 、この世界 」 に 尽くしたい ・ 貢献
    したいもので ございます 。

    どなた様も 、のぞんで られる事でございます 。
    できないと 思いがちです、 ( 微笑 )
    でも 、できます 。

    自分の 身心 ( 肉体 と 意識 )を
    自分で 統一・ 制御 ・ コントロール できたら 。

    、、、、、、、、、、、、、

    今日 の< 酒飲む人 の 「 道 」  >は
    じつに 、おもしろく
    また、 正しいと 存じます 。

    なにかの、 書物・雑誌からの メモしたと
    存じます 。
      共有 いたしたく 存じます 。 
     < 御容赦 くださいませ、何卒 >  

    ・ 前置きが だらだら と おゆるしを   )


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   <   よい 道   > ( 成長 ) ( 微笑 )

   1 、 酒徒 ( しゅと )( 酒を 飲む 人 )

   2 、 酒客 ( しゅきゃく )

   3 、 酒王 ( しゅおう )

   4 、 酒仙 ( しゅせん )

   5 、 酒聖 ( しゅせい )


        すばらしい 。

   <  わるい 道  > ( 気をつけたい ) ( 微笑 )

   1 、 酒徒 ( しゅと )( 酒を 飲む 人 )

   2 、 酒乱 ( しゅらん )

   3 、 酒淫 ( しゅいん )

   4 、 酒溺 ( しゅでき )

   5 、 酒死 ( しゅし )

       
 <  二つの 道 の 分岐点( ぶんき てん ) 、十ヵ条  >


   1 、 酒 を (  ほめる ・ ほめない  )

   2 、 一定量 を (  きめる ・ きめない  )

   3 、 ケンカ を (  する ・  しない  )

   4 、 悪口 ・ 愚痴 グチ を (  いう  ・ いわない  )

   5 、 二日酔い を (  する ・ しない  )

   6 、 いやがる人に 酒 を (  すすめる ・ すすめない  )

   7 、 さっと きり あげる事を  (  する ・  しない  )

   8 、 席 で (  ねむる  ・  ねむらない  )

   9 、 勢いで 異性 いせい を (  くどかない  ・ くどく  )

  10 、 酒の代金は  現金 げんきん で (  はらう  ・ はらわない  )


      以上 の ことは
     あらゆる 「 道 」 を 「 修める 」 時 、
     同じ 心がまえが 大切のように 存じます 。

      すぐに できなくても 、
     一歩 一歩 、 三歩 進んで 二歩 もどったり 、
     あきらめずに 、前進したい と存じます 。


   駄弁 饒舌 、 蛇足 多謝

    されど 敬と 愛を こめて
        残月  合掌

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  475.JPG


  471.JPG


           紅葉


  466.JPG


         梅もどき



  467.JPG


        萩 ( はぎ )


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  472.JPG


       京都 と 東京 の 若者
     デザイン  と  哲学 に ついて 、 語り合う 。

     「  形  」 と 「  心  」 ともに 大切である 。
     歴史 と 伝統 から 学ぶことも 重要 と 。

     いつでも どうぞ、 顔見知りになると 当然 、無料です 。

     ただし 「 修道 」 のための  登山入寺 です ( 大笑 ) 。


  478.JPG



       今日の 写真は  携帯による撮影です 。
      すべて ぼやけていますが 、御容赦くださいませ 。
       ( カメラは 充電中でした 、反省 はんせい )

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  153.JPG

         以前の 雪の写真が ございました 。
            すみません、 遊びで 掲載いたします ( 微笑 )



      失礼いたします
    末筆ながら よき一日でございますように 。

   ・  それにしても  現代科学文明は  すばらしい 。

      人間も ともに 成長したいもので ございます 。

      世界の 平和 ( みんな の 幸福 )を
       実現したい もので ございます 。

      日本の 精神面での 役割を 担いたい
      もので ございます ( 大笑 )

     
   厚顔  無恥
    愚僧  萬拝
   
   


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bruce-kyoto.sakura.ne.jp/daihikaku/mt/mt-tb.cgi/8250

コメントする

このブログ記事について

このページは、大悲閣千光寺ブログが2015年10月 4日 06:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PICTURE 10-3-2015」です。

次のブログ記事は「PICTURE 10-5-2015」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。