10月24日(土) 402回目の 了以翁忌 、 その3

| コメント(0) | トラックバック(0)


   明日  25日( 日 ) 、 参列 御自由 < どうぞ ・ どうぞ >


  午前 11 時 、 京都 嵐山 、渡月橋 上流 、北乗り場 ( 河川敷 ・ 天竜寺側 )
            平成 の 了以 坐像 、前にて 。
            1 、 読経 ( 般若心経  数巻 )
                御焼香
                僧侶による 回向 ( えこう )

            2 、 奉納舞 と 笛
                
                この道 60年以上の 大先生の
                御指導に よります 。

                先生は 、神道・仏教界に
                大貢献されて こられました。  合掌


  午後  1時 すぎ 、 嵐山 大悲閣( 観音堂 ) にて
            江戸 の 了以 坐像 前にて 。
            1 、 読経 ( 般若心経  数巻 )
                御焼香
                僧侶による 回向


             近頃は 、行楽日和 です 。
   もし 、嵐山へ 御越しの お方がたで 、
    御時間が おありでしたら、
       「 嵐山 の 歴史 」 の 一端に、ふれてくださいませ  。


    、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    本年は 、 川施餓鬼 法要 (  舟の中  、 水の上です  )
             <  399回忌 から 、 再興いたしました >

          1、 散華 ( さんげ ) 
             花・ はなびら を 水上に 散布して 、 芳香もて 清め
             悪い鬼神 を 退却させ 、
             諸仏 諸菩薩 を 請来し 、

             < 諸 霊魂 >< 諸 餓鬼 >等 の 鎮魂 ・ 供養 を 
             させて いただきます 。


        ・  お舟 は 、2そう です。

          将来は、 5そう、 10そう 、15そう で
        『  嵐山 大悲閣 ・ 了以翁忌 』 を 開催いたす所存に
        ございます 。 

           ( うそー )( 本気です )( 大笑 )


         ・  4年目 です 、
           後 、10年 かかるでしょう 。
           
         ・  歴史 ・ 文化 ・ 芸術
            宗教 ・ 仏教 ・ 人間 
            真心 ・ 生死 ・ 遊戯

            また

            仕事 ・ 責任 ・ 使命
            気概 ・ 覚悟 ・ 義務

            また

            公共 ・ 公益 ・ 利益
            物流 ・ 金融 ・ 私利  などを

            みつめなおす 機会にも  、 
            致したく 存ずる 次第でございます 。

            このくらい、考えさせられる
          『  角倉 了以 翁 と その 一族 』 で
           ございます 。
            

             

    駄弁 饒舌 、 多謝

      敬と 愛を こめて
       残月  合掌

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  002.JPG


       ここ一週間 、とても 水が 澄んでいます 。
      水面下の 世界が  見えて参りました 。 ( 微笑 )


  003.JPG


    WELCOME     MY    NEW    FAMILY    FROM    U.S.A.  BY    G.C.C..
                 NICE    TO    MEET    YOU   ,    THANK    YOU    VERY    MUCH   .

            いい 質問を されました 、いえ すごい 質問をされました 。

      『  道で 仏( ぶった )に 会ったら 、仏を 殺せ( きる )  』 という
       禅の 言葉が 、ありますが 、 どういうことですか  ?

      「  禅の極地 ・ ギリギリ の 言葉ですね。
         よく 、御存じですね 、いやー  。

         その 意味は 、・・・・・・・・・・・・・・・・・・
           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
              と  思います     。  」


        どうぞ 、 みなさん も 、お考えくださいませ 。


  007.JPG


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



  012.JPG


  013.JPG


          通船  北乗り場 から  (  角度が ちがいます )

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  015.JPG


        黍( きび )が  、人前に出てくるように なりました 。
        にげもしない、 なんだか  心配です 。( 15歳くらい )

       「  なにされても 、けっして 怒らない 、いい男よ 。 どうしたの 。 」

  017.JPG


      HOW   WONDERFUL   ,
           MY    NEW    FRIENDS    FROM     HONG  KONG   ,
           CHINESE    AND    NORWEGIAN    .

              THEY    MET   EACH    OTHER     AT   HIGH    SCHOOL
                                                                                              IN    HONG    KONG   .

       、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  

   018.JPG


        おとうとは   うーわんわんと   しかられる
          こりることなく   ちかよるきみよ   (  大笑  )


    、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


      失礼いたします
     末筆ながら  よき一日で ございますように


    ・  からっぽ な 心
       きよい  心
       やさしい  心
       しんせつ な 心
       あたたかい  心



      厚顔  無恥
       愚僧  萬拝
            

        
           

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bruce-kyoto.sakura.ne.jp/daihikaku/mt/mt-tb.cgi/8270

コメントする

このブログ記事について

このページは、大悲閣千光寺ブログが2015年10月24日 06:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PICTURE 10-23-2015」です。

次のブログ記事は「PICTURE 10-25-2015」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。