2015年9月アーカイブ


   気( き )とは 何 ?
  いったい何を
  いうの だろ
  元気に 空気
  気持ちいい朝


   秋の空
  いったい何を
  いうの だろ
  青き お空に
  清き 風ふく


   青き空
  流れる水の
  清らかさ
  天地の間( あいだ )
  無事( ぶじ )無心( むしん )かな


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   天地あり
  正気  あふるる
  この世 なり
  人 清らかに
  人 美しや


   天地あり
  狂気  あふるる
  この世 かな
  人 苦しくて
  人は 乱れる


   天地あり
  人 我をすてて
  無心なり
  空( から )の心で
  正気を 受けよ


   天地あり
  人の道あり
  我を すてて
  正気 を受けて
  あそぶ ことなり ( 微笑 )


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  街角にて

 『  気の ゆるみ
   事故が 待ってる
    その 一瞬 ( いちしゅん ) 』

   気がゆるむ
  いったい何を
  いうのだろ
  秋空のもと
  しばし たたずむ

  ・ 御考えくださいませ ませ ( 微笑 )
    日常生活を しつつ で ございます 。


  
  駄弁 駄歌  、 饒舌 多謝

    敬と 愛とともに
       残月  合掌


 < 連絡 >

   10月 4日 ( 日 )  午後 1時  読経 ・ 法話

     ・  午前 11時より  12時まで  坐禅いたします。
          初心者 でも 大丈夫 ですよ 。

     ・   連絡しなくても いいですよ 。
         お気楽に ( 坐禅・ 法話 、一つだけでも )

     ・  10月25日  了以翁忌  、 参加希望者 は
         090 2062 9710

        昨日、 未知なるお夫婦より 。 感謝 。

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  020.JPG

                               今朝 


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  013.JPG


                         昨夕  ( 4枚 )


  014.JPG



  016.JPG


  017.JPG



 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  009.JPG


  010.JPG


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  002.JPG


                     北野 の 寺院


    失礼いたします
  末筆ながら よき一日でございますように


  ・  この世から 、病気 ・ 貧困 ・ 争乱 が
         無くなりますように

  ・  わが心から、 病気 ・ 貧困 ・ 争乱 が
         無くなりますように

  ・  無くす 方法を 、
       謙虚に 探し 学びますように

    厚顔  無恥

      愚僧  萬拝
         

PICTURE 9-29-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)
    
     [      THE     TEACHING    OF    BUDDHA      ]

  <    THE    MIDDLE    WAY   >  NO ,
  <    中道  ・ かたよらない 生活 >

 「  IF   A   PERSON    IS   TO   AVOID   BEING   CAUGHT    IN
       THE    CURRENT   OF   HIS   DESIRES   ,   HE   MUST    LEARN   AT
        THE   VERY    BEGINNING    NOT   TO   GRASP    AT   THINGS    LEST
        HE    SHOULD    BECOME    ACCUSTOMED   TO   THEM    AND
        ATTACHED    TO   EXISTENCE    NOR    TO   NON  --  EXISTENCE   ,
        TO   ANYTHING    INSIDE    OR    OUTSIDE    ,   NEITHER    TO  
        GOOD    THINGS    NOR    TO   BAD   THINGS   ,   NEITHER    TO
        RIGHT    NOR    TO   WRONG   .


        < とらわれない > とは 、
  ( にぎりしめない こと ) また ( 執着 しゅうちゃく ) しないことである 。

   道( みち )を 修める( おさめる )ものは 、
  ( 絶対的 「 安心 と 自由 」 を もとめるもの は )、

  「 死 を 恐れず( おそれず ) 」 また
  「 生 を 願わず( ねがわず ) 」 の心が大切である 。


   この見方( みかた )、 あの見方 、どのような見方 の あとをも 
  追わない( おわない )のである 。

  (  存在 と 非存在 、 内側 と 外側  、 善い事 と 悪い事 、
     正しい と 誤り 、、、、、 、などに とらわれない  )。  」

  (  仏教聖典 からの 引用 です、 かっこ 挿入 残月  )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



   ・   とらわれないで  どうするの でしょうか ?

       そうです 、 だから 、
       全てを  活かす 。

       全てを  慈悲 ( やさしさ ・ 共感 ・ 敬意 ・ 感謝 )の
       心 で ながめ 見つめ 、

       活かす 、 共に 生きる 
       支え合う 、助け合う 

       感謝しあう 。

       (  むずかしい ・ 困難 ・ つらい ・ 大変だ 、

          だから 、 今日がある 、今がある  )

       (  明日 も あるかも しれない )( 微笑 )

       (  今日 最善を 尽くす、 全力を つくす のみ )( 大笑 )



  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   005.JPG


   008.JPG

                  風 が つよい


   009.JPG


         WELCOME ,  MY    NEW   FAMILY   FROM   U.S.A.   BY   B.C.C..
                                   NICE   TO   MEET    YOU  ,
                                                   THANK   YOU   VERY   MUCH   .


   014.JPG



   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



   032.JPG


      「  EXCUSE    ME   ,    WHERE   ARE    YOU   FROM    ?     」

      「  PORTUGAL    、 LISBON      」

       OH  ,    I    AM    SURPRISED    AT    HER    ANSWER   .
                BECAUSE    I    VISITED    LISBON     TO   THE   VOLUNTEER
                 ABOUT    30  YEARS    AGO    .

                <  OH  ,    LISBON   ,   MY   YOUTH    >

                「  WELCOME ,    WELCOME  ,  WELCOME   ,
                            FROM     YOUR    AND    MY    LISBON   .     」





   035.JPG

                WELCOME     MY   NEW    FRIEND    FROM    U.S.A..


   038.JPG


   037.JPG


                 仲のいい  御夫婦  、
         ようこそ  ようこそ  、遠くまで  。




  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   040.JPG


         THE    MOON      IN    THE    EARLY     MORNING    .
                                        (     残月  ZAN  ZETU   ,    LEFT    MOON    ?    )



                 GOOD    DAY
                        GOOD     LUCK
                                    I    HEARTILY    PRAY

                    APPRECIATION
                                   JOIN    MY    HANDS    TOGETHER

                   <    WISH    TO    ENTER   INTO   A    LIFE    OF
                                  ENLIGHTENMENT     TOGETHER    >

                         MONK     OF    ARASHIYAMA

                           SORRY    MY    POOR    ENGLISH

                                SEE    YOU

                                                     ♪ ♪♪  ♪

9月28日(月)  お月さま

| コメント(0) | トラックバック(0)




   お月さま
  どうかどうか ・
  ねがいます
  病( やまい )の苦をば
  けしてください


   お日さまも
  どうかどうか
  ねがいます
  病の苦をば
  けしてください


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   東方の
  浄瑠璃( じょうるり )世界
  薬師さま
  苦しき病
  たすける 仕事   ( 微笑 )



   薬師さま
  瑠璃光( るりこう )如来
  ありがたや
  やさしき ひかり
  あなたを  つつむ


   薬師さま
  二人のおとも
  おられます
  日光( にっこう )菩薩( ぼさつ )
  月光( げっこう )菩薩( ぼさつ )


   われらみな
  心 一つに 
  祈るべし
  月光 あびて
  病を なくす


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   月光や
  やさしき ひかり
  ありがたや
  今夜は ひとり
  心 ながむる


   月光を
  月影( つきかげ )という
  やさしさよ
  大和( やまと )の国よ
  世界に 尽くせ


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  『  月影の
    いたらぬ 里( さと )は
    なけれども

    眺むる 人の
    心 にぞ 住む  』 

     ( 法然上人 さま )


   ・  月 は 心 ぞ
      月 は 仏 ぞ



  駄弁 駄歌  、 多謝

    残月  合掌

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   007.JPG



 006.JPG

                          渡月橋 から   午後 6時


 018.JPG

               京都 タワー が 見えます


 022.JPG


            嵐山  と  満月   

       ぼけている   我が目の如く   ぼけている
          ちょうどいいのさ   すべてはみえぬ  (  大笑  )


 025.JPG


        満月や   美女に見られて   雲がくれ
           


     ・ 「 ヨーガ の 教室 」 も 参加者に
      御満足 いただけた ようです 。
      これからも 、時々 開催するようです 。

       また、御案内 いたします 。

     ・  インド古代哲学 ・ ヨーガ と
       禅仏教 は 、関係が ございます 。
              また、 いずれ


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    失礼いたします
  末筆ながら よき一日でございますように


   ・  2 は 1 に 、

      1 だから こそ  ゼロ になる

      ゼロ  だけど 1 をたもちて  10 いきる

      ゼロ  を  無限 ∞  と  気づく ( さとる )とき

      たのしさ 、 よろこび 

      ここに  あり

    
   ・  2 とは 、 左右 上下 好嫌 損得  老若 男女 ・・・・・
        区別 、分別 、対立、差別 、紛争・・・・・の こと

   ・  1 とは 、  合掌 さ  ( 大笑 ) ( 笑えるや ? )



      厚顔  無恥
        愚僧  萬拝


 


 

  

PICTURE 9-27-2015 ( FULL MOON )

| コメント(0) | トラックバック(0)

     [      THE    TEACHING      OF     BUDDHA      ]

  <    THE    MIDDLE    WAY     >   NO ,  3
  <    中道 ( かたよらない 生活 ・ 生き方 ・ 考え 、
    やさしさ と 勇気 と 希望に あふれながら 。)

    なぜ ?
    思い込まないから、
    決め込まないなら、
    つまり 、 あまえないから 。

    だから、 一日一日 、努力 精進 。

          また、
    あらゆることに、 恩を 感じるから 、
    やさしくなれる 。
     ( 被害者意識 など もたぬ )

    また、

             (   加害者意識 は、 きえる ・ 消せる )
     ( 劣等感 など 、もっては ならない )
     ( 優越感 など 、もっては ならない )

   ・  坐禅して 、仏様 ・ 観音さま の けいさく ( 警策 )で
     打ち 叩き 出しましょう 。( 大笑 )

      どうぞ、 いつでも 、
     おこしください ませ ( 微笑 )
       090  2062  9710  ( 千光寺 住職 )

   ・ 「 お客さま  パンパンパンと  たたきます
        修行者どのは  パン・パンぱんぱんパンパンぱん
                    < 目を 覚ませ > 」 ( 大笑 )

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    「  満月や  痛みあじあう  今宵かな  」 ( 微笑 )


       ・  足 の 痛み
       ・  背中 の 痛み
       ・  心 の 痛み

    「  痛みをば  月にあずけて  坐睡( ざすい )かな  」 ( 大笑 )

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



 「  THE    IMPORTANT    THING    IN    FOLLOWING    THE    PATH
       TO    ENLIGHTENMENT   IS   TO    AVOID    BEING    CAUGHT    AND
        ENTANGLED    IN    ANY   EXTREME    ,   THAT   IS   ,   ALWAYS    TO
        FOLLOW    THE   MIDDLE    WAY   .

    道を修める生活にとって 、
   大事なことは 、 両極端に とらわれず 、
   常に 、中道を 歩むことである 。


     KNOWING   THAT    THINGS    NEITHER    EXIST   NOR    DO
        NOT   EXIST   .   REMEMBERING    THE    DREAM  --   LIKE    NATURE  
        OF    EVERYTHING     ,    ONE    SHOULD    AVOID    BEING    CAUGHT
        BY    PRIDE    OF    PERSONALITY     OR    PRAISE    FOR    GOOD
        DEEDS    ,    OR    CAUGHT     AND    ENTANGLED    BY
       ANYTHING    ELSE    .


           すべての もの ( 物 ・ 事 ・ 人 ・ 理 ・ 利 ・・・ 存在 ・ 現象 ・・ )
   は、 生じる ことも なく 、 滅する こともなく 、
   決まった 性質( 特徴 )の ないもの と 知ってと < とらわれず >

   自分の行っている善( ぜん )にも < とらわれず >
   ( 誇りも 賞賛も すてる )、
   
   すべてのもの に 、
   <  とらわれ >< しばられ > ては  ならない  。


     ・ なぜならば 、 苦しみ を うみだすから 。
      苦しみは よくないのか  ?
      あれば 、生きていることが つらい 。

      つらければ 、 ひとは  幸せ でない 。
      あばれて 、 人に 迷惑を かけるから、、、、。 ( 残月 )


   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


     IF    HE    BECOMES    ATTACHED    TO    THINGS   ,    JUST   AT
     THAT    MOMENT   ,    ALL    AT   ONCE   ,    THE    LIFE    OF   DELUSION
     BEGINS  .     THE    ONE   WHO    FOLLOWS    THE    NOBLE    PATH   TO
     ENLIGHTENMENT    WILL    NOT    MAINTAIN    REGRETS    ,   NEITHER
     WILL    HE   CHERISH    ANTICIPATIONS   ,    BUT   ,  WITH    AN    EQUITABLE
     AND    PEACEFUL    MIND    ,    WILL    MEET    WHAT    COMES   .


       人が  執着の心( こころ )< とらわれの 心 >を 、 生じる時 、
 たちまち 「  迷いの生活  」 が 始る 。

   だから 、「 さとり への 道 」 を 歩む人にとって ( 菩薩 ・ 求道者 ・ 向上心の人 )
 ( より良さを もとめるもの ・ 人格完成を めざすもの ・・・  )

  < にぎり しめず >< 取らず >
  < 留まらない ・ 止まらない ・ とどまらない >ことが

  < とらわれの 無い > 生活である 。   」

  ( 仏教聖典 からの 引用です 。 一部日本語挿入は 残月 )


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  003.JPG


  004.JPG


  005.JPG


  012.JPG


            HOW    WONDERFUL    ,    VERY    YOUNG    [    LIFE    ]
                                          ONE    ELEMENTARY    SCHOOL    IN    KYOTO   .


    、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  014.JPG



  、、、、、、、、、、、、、、、、、


  023.JPG


  022.JPG




         GOOD     DAY
                                GOOD    LUCK

                       APPRECIATION
                          JOIN    MY   HANDS    TOGETHER

                         <     ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

                         MONK    OF   ARASHIYAMA

                         SORRY 
                          SEE    YOU


             ・   生存 に とらわれず
         生活 に ふりまわ されず
         生命( いのち ) を みつめる

     ・   生存 は  「 我 」
         生活 は  「 大我 」( 無我 )
         生命 は  「 神 」「 仏 」  (  微笑  )

                   大合掌

   


    

9月26日(土)  明日は 満月

| コメント(0) | トラックバック(0)

  嵐山 大悲閣 には 「 月待台 」 が
ございます。 了以翁 400年忌の記念の
一つとして 、かの 三楽庵 元翁により
復元していただきました 。 ( 大感謝 )


  本年は、雨の予報もなく また
日曜日でございますから 、
とりたてて、儀式 ・ イベント は いたしませんが、
< 夜 の 拝観 >を してみようと 存じます 。


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  愚僧は 、土曜の夜から 日曜の朝までの
< 夜 の 修行 >を 早く 開きたく存じています。
 それは 、
< 断食 と 写経 ・ 読経 ・ 坐禅 ・・・ >で
ございます 。

 現代日本 の 社会・ 家庭 ・ 人間 は、
つまり 、わたしたちは 、
≪ 断食 ≫または ( 禁欲 苦行 )が、
必要なような 、 気がして なりません 。


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



  『  命 と 心 の 原点  』 を
見失ったり 、 忘れたり 、 考えもしなければ 、

 現在の 日本社会 は 、
< 欲望を 燃やして 、より多く 物をもとめ
 続けなければ 、損・ 不利益ですよ 、
 どうぞ どうぞ、さらに どうぞ >てな 気がして、

わたしたちは 、 どんどん 、欲望に 「 迷い 苦しむ 」 世界
に 入り込んで しまいそうで ございます 。


 「 迷いを 楽しむ 」 世界で 終わったら
いいので ございますが ( 微笑 ) 。


< 欲望を 追究 、実現する事 だけが
  人生 なのさ ・これは 社会経済の ためなのさ >という 

 風潮 ( ふう ちょう )に 流されそうです。 ( 大笑 )


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 『 命 と 心 の 原点 に、帰る 』 ことを
今、 < 修行 >と よぶことに いたします 。


  すると 、「 月 を 待ち ・ 月 を 観る 」 ことも
修行では なかろうか ?

  飲食 は しない ( 大笑 )
  高談 戯笑 しない ( 微 微笑 )
  御茶 持参 ( 微笑 )

  5時 から  8時  まで
  通常 の 400 円 のみ 

  明日 27日(日)で ございます 


  突然で ございますが 、、、、。


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  また 、当日 、当夜 。

 知人が ヨーガ の 手ほどき を
させて いただき たい 申しております 。

 数か月前、 インドの山奥で ( < 象 ぞう >が 暴れるような )
研修を 受けて来ました 。

  5時 から 6時 

 拝観料 400円 と 600円 とか 申しております 。

  ご関心の お有りのお方は どうぞ どうぞ
 ヨーガ教室 は 街に あふれてございますが 。

  追伸
   愚僧も 関心は深く 、実践も続けて おります 。( 微笑 )



  またも、
 駄弁 饒舌 、蛇足 多謝

   残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  004.JPG 


  005.JPG


  007.JPG


 009.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 013.JPG


 014.JPG


 016.JPG



    失礼いたします
 末筆ながら よき一日でございますように

 ・  禁欲 苦行 の 御経験 を 。

    中道に 生き抜くために 。

  厚顔  無恥

   愚僧 萬拝


PICTURE 9-25-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

      [     THE     TEACHING     OF    BUDDHA     ]

  <     THE    MIDDLE    WAY    >   NO ,   2
  <     中道 ( ちゅう どう ) かたよらない 生活
    無理のない生存  たのしい 生命( いのち ) >

 「  SUPPOSE    A    LOG    IS   FLOATING    IN    A   RIVER   .
    IF   THE    LOG    DOES   NOT    BECOME   GROUNDED  ,  OR   SINK  ,
    OR    IS    NOT   TAKEN    OUT   BY    A   MAN    ,   OR   DOES   NOT   DECAY  ,
     ULTIMATELY   IT   WILL   REACH    THE    SEA   .


        一本の材木 ( ざいもく ・ 丸太 )が 、
  大きな 河 ( かわ ・ 川 )を 流れていると する 。

  その材木 が、 左右の岸に 近づかず 、中流にも 沈まず 、
 陸( おか )にも 上がらず 、人にも 取られず 、
 渦( うず )にも 巻き込まれず 、
 内( うち ・ 中 )から 腐る( くさる )ことも なければ 、

  その 材木は ついに 「 海 」に 『 流れ 入る 』 であろう 。


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  LIFE    IS   LIKE    THIS   LOG   CAUGHT    IN   THE    CURRENT    OF
 A   GREAT    RIVER   .
     IF    A    PERSON    DOES    NOT    BECOME    ATTACHED    TO   A   LIFE
 OF    SELF  --  INDULGENCE  ,   OR  ,   BY    RENOUNCING    LIFE   ,
 DOES    NOT    BECOME    ATTACHED    TO   A    LIFE    OF   SELF  -  TORTURE  ,

 IF   A    PERSON   DOES   NOT   BECOME   PROUD    OF   HIS   VIRTUES   OR
 DOES   NOT   BECOME    ATTACHED    TO    HIS   EVIL    ACTS ,  

 IF   IN   HIS   SEARCH    FOR   ENLIGHTENMENT    HE   DOES    NOT  
 BECOME    CONTEMPTUOUS    OF    DELUSION   ,    NOR   FEAR   IT  ,
 SUCH    A   PERSON    IS   FOLLOWING    [     THE   MIDDLE   WAY   ]  .



     この 材木の たとえのように 、
 内( うち )にも、 外( そと )にも とらわれず 、
 有( う )にも 、 無( む )にも とらわれず 、
 正( せい )にも 、 邪( じゃ )にも とらわれず 、

 < まよい ( 迷 ) >を はなれ
 < さとり ( 悟 ) >に こだわらず 、

 中流 に 、身を まかせるのが 、
 「 道 」 を 修める者( もの )の

 中道 の 「 見方 」
 中道 の 「 生活 」 である 。   」

(  仏教聖典からの 引用です 、 かっこ など 残月  )


   ・  生存 に 走らず
      生活 に 追われず
      生命 を  味会う   < 昨日 >

      無理のない 生存
      かたよらない  生活
      楽しい 生命 ( いのち )  < 今日 >


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 001.JPG


 002.JPG


    WELCOME    MY    NEW    FAMILY    FROM   U.S.A.   BY   G.C.C..
                NICE    TO    MEET    YOU   ,   THANK    YOU   VERY    MUCH   ,
                        SEE    YOU  ...

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  010.JPG


  008.JPG


  012.JPG


  013.JPG

     鳩の 雛の  樹木葬 でした (  合掌  )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  003.JPG


          RIVER   SIDE    (   A   LONG   WAY    FROM    HERE    )

                HOW    BEAUTYFUL   ,    AUTUMN    HAS    COME    .

                          <    COSMOS    >


     、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


       GOOD    DAY
                       GOOD    LUCK

                         APPRECIATION

                       <   ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

                          MONK    OF    ARASHIYAMA

                          SORRY

                          SEE    YOU 




9月24日(木)   お彼岸中

| コメント(0) | トラックバック(0)

    盆 三日
   彼岸 七日の
   おもしろさ
   先祖の御智慧
   有難きかな


    さてはさて
   やはり おみえか
   ふゆのひび
   しばし あきかぜ
   からだ たのしむ


    春秋が
   あるというのが
   日本かな
   われらが 心
   何が 育む


    彼岸会や( ひがんえ )
   老若男女( ろうにゃく なんにょ )
   集まりて
   ともに経よむ
   小さき 御寺


    わが家族
   わが先祖さま
   だけでなく
   心 大きく
   心 やさしく


、、、、、、、、、、、、、、、、、



    心経や
   千三百年の
   時をこえ
   玄奘( げんじょう )法師
   今も輝く


    眼も耳も
   鼻も舌をも
   ありません
   人の 慢心
   砕いて 散らす


    増えないぞ
   減りもしないぞ
   わが 心
   天地 と 一つ
   天地 を こえよ  ( 大笑 )


    心 無く
   この身も 無くて
   なにが 有る
   我 も 無ければ
   有るは み仏


  「 ぎゃあてい
  はら ぎゃあてい 」
  唱えなば
  砂漠の 悪鬼
  おそれ 消えゆく



  駄弁駄歌 、 おゆるしを

   敬と愛と ともに
     残月  合掌


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  006.JPG


  005.JPG



  007.JPG


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



 016.JPG


 017.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 022.JPG


    さるの こしかけ



 028.JPG


   鳩 はと の  雛( ひな )ちゃん

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、




024.JPG



    失礼いたします
  末筆ながら よき一日でございます

  ・  未来とは 、一日 一日 一日 の 積み重ね
    「 一日 一生 」
    丁寧 ていねい に、生活したいもの
    ございます 。

  ・  生存 に 走らず
     生活 に 追われず
     生命 を 味会う


  厚顔  無恥
   愚僧  萬拝


 
   

PICTURE 9-23-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

    「   9--23  」   IS   AUTUMNAL    EQUINOX   .
       THE    EQUINOX     IS    A   VERY    IMPORTANT    DAY
        IN    JAPANESE    BUDDHISM   .

         BECAUSE   ,    THE   EQUINOX    TEACHES   US  
       <    THE    MIDDLE   WAY    OF   LIFE   >  .


   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   [     THE     TEACHING    OF    BUDDHA     ]

  <    THE    MIDDLE    WAY    >   NO ,   1
  <    中道 ( ちゅうどう ・ かたよらない道 ・ 公平 ) >


  「  TO    THOSE    WHO    CHOOSE    THE    PATH    LEADS  
      TO    ENLIGHTENMENT    ,    THERE    ARE    TWO   EXTREMES
       THAT    SHOULD    BE    CAREFULLY    AVOIDED   .

          FIRST ,   THERE   IS   THE   EXTREME    OF   INDULGENCE  
       IN   THE   DESIRES   OF   THE   BODY   .

          SECOND   ,   THERE   IS   THE   OPPOSITE    EXTREME    OF
        ASCETIC    DISCIPLINE   ,   TORTURING    ONE,S    BODY   AND
        MIND    UNREASONABLY   .


         道を 修めるものとして 、
  さけなければ ならない 、二つの かたよった( 偏った )生活がある 。

    その一 、欲望を コントロール できずに、
          欲望に負けて、肉体の欲望 ( 飲食・ 男女 ・睡眠 ・饒舌・・・)に
          ふける 、いやしい 生活

    その二 、いたずらに 、必要以上に 自分の 精神 ・ 肉体 を
          責め 痛め さいなむ 、苦行( く ぎょう ) の 生活である 。

   、、、、、、、、、、、、、、、、、


    THE    NOBLE    PATH   ,    THAT   TRANSCENDS    THESE   TWO
       EXTREMES    AND   LEADS    TO    ENLIGHTENMENT    AND   
       WISDOM    AND   PEACE    OF   MIND   ,    MAY   BE   CALLED  
       <     THE    MIDDLE    WAY    >  .


        この 二つの かたよった生活を 離れて 、
  心眼 ( 心の眼 )( しんがん )を 開き 、
  智慧 ( ちえ )を すすめ、 < さとり >に 導く( みちびく )
  ≪ 中道 の 生活 ≫ がある 。


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


     AS   HAS    BEEN    SAID    ,   ALL    THINGS    APPEAR    OR
       DISAPPEAR    BY    REASON    OF   AN    ENDLESS    SERIES   OF
       CAUSES  .

          IGNORANT   PEOPLE    SEE    LIFE   AS   EITHER    EXISTENCE   OR
       NON -  EXISTENCE    ,

           BUT   WISE    MEN    SEE    BEYOND    BOTH    EXISTENCE    AND
       NON - EXISTENCE    SOMETHING   THAT   TRANSCENDS   THEM    BOTH  ,

       THIS   IS   AN    OBSERVATION    OF   ≪ THE   MIDDLE   WAY   ≫ .



         全ての もの ( 物 ・ 事 ・ 人 ・・・・・ )は 、
  限りない 、終わりがない 、
 『 縁 』 ( えん ・ 原因 ・ 状況 ・ 関係 ・・・ )に よって 、
< 発生し 消滅 する >もので あるから 、
 (  本当は  )
 『 有 』 ( う ) と 『 無 』 ( む ) とを 、はなれている( 離れている )。


  愚かなものは 、
 あるいは 『 有 』 と 見、
 あるいは 『 無 』 と 見る 。

  智恵あるものは 、
 『 有 』 と 『 無 』 を 離れている 。

  これが、 ≪ 中道 ≫ の 正しい 見方である 。   」


 (  仏教聖典 からの 引用です 。 日本語、一部残月、かっこ も )


   ・  静かな 場所
   ・  静かな 気分
   ・  静かな 時間
   ・  静かな 呼吸
   ・  静かな 心

   が 、やはり 、 必要です 。

        ・  静かに 思考 するために

     < 智恵 >を 自覚( じかく ) するために
      安心 するために
      自由 に なるために
      やさしく なるために
      勇気を 出せるように

     < 死 の 恐怖 >を 克服 するために 。
                     大合掌

     
     つづき  ます


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  023.JPG


  024.JPG


  017.JPG


  026.JPG


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  028.JPG


  030.JPG


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


     GOOD    DAY
                GOOD    LUCK

               APPRECIATION
                   JOIN    MY    HANDS    TOGETHER

          <    I    WISH   TO   ENTER    INTO   A    LIFE    OF
                    ENLIGHTENMENT     TOGETHER    >

               SORRY    ABOUT    MY   POOR   ENGLISH  .

                SEE     YOU    AGAIN

                      ♪ ♪♪  ♪


   

9月22日(火)  お彼岸前

| コメント(0) | トラックバック(0)

   死者の名を
  御戒名をば
  唱え書く
  夏がおわりて
  秋をむかえる


   人やさし
  亡き人おもい
  なみだする
  このおもいこそ
  人は人なり


   施餓鬼する( せ がき )
  ひとの心の
  やさしさよ
  ガキ( 餓鬼 )に ほどこし( 施す )
  シュラ( 修羅 )を なだめよ


   秋分や
  昼と夜とが
  半分さ
  善と悪とも
  半分こ  ( 微笑 )


   秋分や
  年に 一度の
  中道( ちゅどう )や
  日々の行い
  さまよい ゆれる  ( 大笑 )


   秋分や
  春分おわり
  秋分ぞ
  月 日  流れる
  月 日 は 回る


   彼岸とは
  むこうの岸を
  さす言葉
  いったい何が
  あると言うやら


   こちら側
  楽しくあれば
  それでよし
  向う岸など
  遠くて見えぬ  ( 大笑 )


   こちら側
  苦しくなれば
  こちら見よ
  五色の旗へ
  およいで おいで  ( 微笑 )


   苦楽あり
  損得ありて
  この世かな
  仏の世界
  全て を 包む   ( 合掌 )


、、、、、、、、、、、、、、


   苦楽すて
  損得すてて
  おこしやす
  仏の世界
  生きて 味会う   ( 大合掌 )

   ・「 永遠 の 歓喜 を 味会う 」
     法悦 禅喜 安心 安息 無我 真我なり

                   萬拝



   駄弁 駄歌 、 饒舌 多謝

    敬と愛と ともに
      残月  合掌


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



  002.JPG


 003.JPG


      WELCOME   ,  MY   NEW    FAMILY   FROM   U.S.A.   BY   G.C.C..
                          NICE    TO   MEET    YOU   .   THANK   YOU   YERY    MUCH   .


 004.JPG


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 010.JPG


 006.JPG


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 012.JPG

     
       比叡山 ( ひえい )


 015.JPG


     嵐山 ( あらし )  、  小倉山 ( おぐら )  、  愛宕山 ( あたご )



     失礼いたします
   末筆ながら よき一日で ございますように


   ・  彼岸会 の 準備に 追われています ( 町の寺の 仕事です )
     < 山の寺 、町の寺 、2つを 活かしたく 骨を折っている つもりです >
     < 今、過渡期です。 ご迷惑おかけしてますが、御容赦くださいませ。 >
     < 真の 人間幸福の実現、  ためでございます ( 微笑 ) ( 馬鹿 ) >


     厚顔 無恥

     愚僧 萬拝

PICTURE 9-21-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

  [    THE    TEACHING     OF     BUDDHA      ]

<    BUDDHA   ---    NATURE    >   NO  ,   12
<    仏( 解ける< ほどける > 身と心 ) の  種( 方法 ) >


     『  REVIEW   (   復習 ふくしゅう ) 』

「  FUNDAMENTALLY   ,   EVERYONE    HAS   A   PURE   CLEAN
    MIND   ,   BUT    IT   IS   USUALLY    COVERED   BY   THE   DEFILEMENT
    AND    DUST   OF   WORLDLY    DESIRES    WHICH    HAVE    ARISEN  
     FROM    ONE,S   CIRCUMSTANCES   .

        THIS    DEFILED    MIND   IS   NOT   OF   THE   ESSENCE   OF
     ONE,S   NATURE  ,  SOMETHING    HAS   BEEN    ADDED   ,
      LIKE   AN    INTRUDER     OR   EVEN   A    GUEST   IN    A    HOME  ,
      BUT    NOT   ITS   HOST   .



        すべての人びとには 、 清浄( しょうじょう )の本心が ある 。

  それが 、外の因縁( いんえん ・ 直接間接の 原因 ) によって
  生じる < 迷い >の< チリ 塵 ちり >に おおわれている 。

   しかし 、
  あくまでも 、 < 迷いの 心 > は 、従 であって ≪ 主人 ≫
  では ない 。


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   THE    MOON    IS    OFTEN    HIDDEN    BY    CLOUDS   ,
     BUT    IT   IS    NOT   MOVED    BY    THEM    AND    ITS    PURITY
     REMAINS    UNTARNISHED    .


       THEREFORE    ,    PEOPLE    MUST    NOT    BE    DELUDED    INTO
     THINKING    THAT   THIS   DEFILED    MIND    IS   THEIR     OWN
      TRUE    MIND   .


        月は  しばらく 雲に おおわれても 、
  雲に よごされることもなく 、 また 動かされることも ない 。


   だから 、人びとは 
  < 浮動 する > < ちり ( 塵 ) >のような 
  < 迷い の 心 > を 、

  自分の ≪  本心 ( ほんしん )  ≫ と
  思っては ならない 。


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



   THE    DISTURBANCES    AND    DEFILE MENTS    OF    THE
      HUMAN    MIND    ARE    AROUSED    BY    GREED    AS   WELL   AS
      BY   ITS    REACTIONS    TO   THE   CHANGING    CIRCUMSTANCES  .


       THE    MIND    THAT   IS   NOT   DISTURBED    BY   THINGS
     AS    THEY    OCCUR   ,    THAT    REMAINS    PURE    AND    TRANQUIL
     UNDER    ALL    CIRCUMSTANCES  ,   IS    THE   TRUE    MIND
     AND    SHOULD    BE    THE   MASTER   .



        人の心の
  < 迷い ( まよい ) >や < 汚れ ( よごれ ) >は

 < 欲望 ( よくぼう ) > と < 変化する 外界 ( の 縁 ) >に
  ふれて せっして 関係して 、 生じ起こる < もの >である 。


   この < 縁 ( えん )(  外界・環境 ・ 状況 ・境遇 ・諸関係 ) >の

  < 来ること ・ 去ること  >( 去来 )に 、
  関係無く   (  まさに <  不来 不去  >  そして < 不増不減 > ・・ )
  
   永久 ( えいきゅう ) に
 ≪  動かず ・ 滅びない 心  ≫ が  < 本当 の 心 >であり 、
 ≪  主人  ≫ である 。



 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 ・  環境 に 、支配されない
   環境 から 独立した
   本当 の 自分 の 主人公 ( 自分 )である 。

    すると 、ほんとうに 慈悲深く
   やさしい 人 に、 自然に なるものである 。

    真の 仏教が めざすもので ある 。


 ・  本日は 『 敬老 の 日 』  です 。

  僭越ながら 、< 御祝い > に 、
 仏教から 見た場合の 、 「 人生の 目的 」 を
 お伝え させて いただきました 。

   ご年配の お方も 、読んでくださっているような
 気がいたしますので 、あえて、 再引用 させて
 いただきました 。

   『  本心 を つかむのが 人生 の 目的である  』

   家庭生活・ 学校生活・職業生活 ・社会生活
  を しながら < 本心 >を < 自覚 >するのが
  一番しあわせです 。

    ( 解脱 げだつ ・ 因縁解脱 ・ 自由 )
    ( 菩提 ぼだい ・ 無我 無心  )
    ( 慈悲 じひ ・ 愛し 愛され )

 ・  長生 ( ながいき ) よきかな

    無生 ( 命 の 長短 を こえる心 の自覚 )

    さらに 、よきかな 。


 ・  < さとり >を
   おもとめ ください 。

   希望であり 、歓喜で ございます 。


   若輩 ものが、 失礼いたしました 。
  (  来年 愚僧も 60歳 、大笑い )
  (  バカ いうな、   )
  (  妄想するなかれ 。 ) 大笑い

   ・ 古人 曰く

    「 30歳 から 60歳まで
     30年間 修行学問する 。

     60歳 から 90歳まで
     30年間  教え伝えて報恩せよ 。

     それから、余生よ 。
     ただ、 遊べ 。   」

    
    すみません、 良慶 上人 。
   恩師 は 100歳 こえられても
   御修行・ 御布教 三昧で あられました 。

    バカな こと 申しました 。
   おゆるし くださいませ 。
          ( 打棒 )



  駄弁 饒舌  、 蛇足 多謝

   敬と 愛と ともに
     残月  合掌


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  003.JPG


  001.JPG


 006.JPG


 008.JPG


    ようこそ、ようこそ 。 ( 岐阜より )

   若者 二人 、 般若( はんにゃ )の 心 を 伝える 。
  (  1 、 2 、  0 、 そして  無限 ∞  、3 から 100 の 世界  )で
   強く 生きこと 。 (  微笑  )

   「  京都らしい  食事 ? 」  「  豆腐 かな ? 」 ( 大笑 )

    ありがとう ございました 。 合掌

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  011.JPG


  009.JPG


    見返り 美犬   ( 大笑 ) ( ごめん ) ( 微笑 )


  
   失礼いたします
  末筆ながら  よき一日で ございますように

  ・ 祝  「 80歳以上 、初 1000万人超えました 」 合掌


    厚顔   無恥

    愚僧 萬拝

  

   

   了以忌や  嵐の山も  近くなり
     
   了以忌や  どこであろうが  大悲閣

   了以忌や  忘れられても  ご満足


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  『  弁財天 ( 女 ) 』 の 由来 、 その四


 「  信心が 深い その家の 当主は
   明治 38年( 1905 ) ( 巳 年 ・ 巳 月 ・ 巳 日 ・ 巳 刻 )

   有志 30余人と 共に 伏見から
  『 弁財天 尊像 』 を、嵐山 大悲閣に ご鎮座
  いただく 事と 相成りました 。       」


  平成 27年 9月 2日 ( 巳 日 ・ 巳 刻 )

       神龍会 ( 弁天さま 護持会 、明治より  )

         中興僧 (  数十年 途絶えている のを )
           野口  道勝  、 合掌
                 <   現在、千光寺にて 、刻苦精進 中 >
                 <    三ヶ月目 、谷川が 冷たくなった。 >


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  
   ・ 巳 ( み 、 蛇 のこと 、弁天様の 御使い )
       ( 大蛇 、霊蛇 は 神龍 である  )

   ・  ご鎮座後 、 境内地 の 購入 ( 中心部のみ )
               客殿 建立 等 
               寺門 繁栄する 。

   ・  平成 25年 ( 2013 )
     5月 の 了以翁 400年忌< 嵯峨 二尊院 > も

     はからずも  巳 年 ・ 巳 月 ・ 巳 刻 ( 10時 前後 )
     でした 。
        ありがたや  ありがたや   ありがたや


    『  不可思議な  有難き事  満ち溢れ
           嵐の山は  光 輝く   』   

               
         敬と 愛と ともに

             残月  合掌


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  004.JPG


       旧 平安宮内 の寺院の  石仏 さま。
          (  禅定 に 入ってられる 、ありがたや 、合掌  )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 015.JPG


 013.JPG


 012.JPG


     はからずも   やまいの友を   みまいなば
           光悦翁の   やまをあじあう


 009.JPG


    琳派 の 光悦 ・ 宗達 ・ 光琳 を ささえし
       了以翁 嫡子 、 素庵 さま 。

     当時の 京都人 ( 町衆 ・ 文化人 ・ 芸術家 ・ 僧侶 ・・・・・ )は
       たいへんな 時代社会 ( いつも みたいですが 、微笑 )を
         よりよく 生きぬかれて られるような気が いたします 。

      わたしたちも、お互いに、 同時代人として
       ともに よりよく 生きぬきたい ものでございます 。 


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  027.JPG


  028.JPG


  029.JPG



     失礼いたしまし
   末筆ながら  よき一日でございますように


  ・  大阪の 信心深い  大兄さまの
      一日でも 早い ご回復を 御祈りいたします 。


    厚顔  無恥
      愚僧  萬拝
        
       


 


  


    

   

PICTURE 9-19-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

   [     THE     TEACHING     OF    BUDDHA      ]

<    BUDDHA   --  NATURE    >   NO   ,   11
<    さとり ( めざめ ・ あんしん ) の 種( たね ・原因 ) >

「  HOW EVER    UNCONSCIOUS    PEOPLE    MAY    BE   OF
    THE    FACT    THAT    EVERYONE    HAS    WITHIN    HIS   POSSESSION
    THIS   SUPREME    NATURE   ,    AND    HOWEVER    DEGRADED  
    AND   IGNORANT    THEY   MAY   BE   ,
       BUDDHA    NEVER    LOSES    FAITH    IN   THEM    BECAUSE  
    HE   KNOWS    THAT    EVEN    IN   THE   LEAST   OF   THEM   THERE
    ARE   ,   POTENTIALLY    ,   ALL   THE   VIRTUES   OF   BUDDHAHOOD .


       このように 、 どんな人でも
 < 仏 の 智慧( ちえ ) >を もっているので、
  仏( 覚者 かくしゃ ) は 、 人びとを 見通して 、

  『 すばらしいことだ 、 人びとは 皆 、
    < 仏の 智慧 と 功徳( くどく ) >とを そなえてる 。 』 と
  ほめたたえる 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


      SO   BUDDHA    AWAKENS    FAITH    IN   THEM    WHO   ARE
   DECEIVED    BY   IGNORANCE    AND    CANNOT    SEE   THEIR   OWN
   BUDDHA   --NATURE   ,   LEADS   THEM   AWAY    FROM    THEIR
   ILLUSIONS    AND   TEACHES    THEM    THAT   ORIGINALLY    THERE
   IS   NO   DIFFERENCE    BETWEEN    THEMSELVES    AND
   BUDDHAHOOD   .


  しかも 、人びとは  愚かさ( おろかさ )に おおわれて 、
 < 物事 ( 人・・・ )を さかさま に見る >ことで 、
  
  自分の < 仏性 ( ぶつしょう ) ・ 仏の種 > を
 見ることが できない、 

  だから、 仏 ( 仏性に 目覚めた 人 )は
 人びとに 教えて 、 その< 妄想( もうそう ) >を はなれさせ、

  本来( ほんとうは )、
 だれもが 、 仏と 同じである ( ちがわない  )
  ことを、 知らせるので ある 。   」

(  仏教聖典からの 引用です 、一部日本語 残月  )



    「  仏 とは  無 である  」

    「  仏 とは  全て である 」

    「  仏 とは  光 である  」

    「  仏 とは  闇 である  」
  
    「  仏 とは  輝き である 」

    だから、

    『  仏 とは  あなた である  』
    『  BUDDHA    IS    YOU            』

     
         合掌  (   ANJALI   )
        《 JOIN   HANDS   TOGETHER   》



 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 003.JPG


 006.JPG


            足が痛く、残念ながら 登山できませんでした 。
  峡谷を 楽しまれたみたいでした 。 世界中を 旅行なさられている お方です 。


 004.JPG


   「  この夏の 大雨で、川底が 変化して 、浅くなりました、
   そのために  水の流れが とても速く 、向う岸に着けれなくなりました 」 と

       この道 29年の ベテラン船頭さま でございます 。


 005.JPG


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 020.JPG


 019.JPG


       保育士の学校の 先輩・後輩( 男性 ) だそうです。

      「  両手 に 花では ないか  」 ( 微笑 )


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 027.JPG


 026.JPG


       青い空    川をながめりゃ   曼珠沙華( まんじゅしゃげ )


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 007.JPG


      THIS    IS    A    LUCH -  BOAT   .
                      YOU    ARE    LOTUS- EATER   ,
                               HOW     WONDERFUL  /

                船内 での 昼食 。 すばらしい です 。  まさに 極楽 。


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


       GOOD    DAY
                      GOOD    LUCK
                              I    HEARTILY    PRAY

                  APPRECIATION
                             JOIN    MY    HANDS    TOGETHER

            <     I     WISH   TO   ENTER   INTO    A     LIFE   OF
                  ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

                 MONK     OF    ARASHIYAMA

                  SORRY    MY   POOR    ENGLISH

                  SEE     YOU

                              ♪  ♪  


   『  弁財天  』 の 由来( ゆらい ) 、 その 三

 ( 4 )  次の 夜の < 夢告 > おつげ

 「  一人の 童子( どうじ ・ わらべ )が 現われました 。
  伏見 の 稲荷山( いなりやま )に住む 、蜜跡( みっしゃく )
  童子です 。 ( 天女さまに つかえる 童子の 一人 )

   < 私は 古くから 弁財天さまに あ仕えしています。

    昨夜、松尾山 ( 嵐山の 南となり、 古い大社がございます )に
   住む 光明( こうみょう )童子が来て申しました 。

    ≪  その昔 、松尾山の近くに 、角倉了以という者がいて
       世の中に 大いに善い 仕事をして亡くなった 。

        彼の 魂( たましい )は 、
       我が 松尾山( 嵐山 )の奥 、大悲閣に
       とどまっている 。

        しかし、今 大悲閣は 荒廃し、まさに
       廃寺になろうと している 。


        私、 光明童子と 角倉了以とは 深い縁があるから
       助けたいが、 福縁( ふくえん )が 尽きていて 、
       住職が いかに 念じ精進しても いかんとも し難い 。


        よって、 
       伏見の 弁財天さまを 大悲閣に お迎えして 、
       了以翁の 旧跡を 守護しようと 思う 。  ≫


      この事は、 世の中の 幸福につながるので
     私 、蜜跡( みつしゃく ) 童子も 同意 したのだ 。


      だから、 当主よ 、 『 弁財天 尊像 』を
     嵐山 大悲閣へ 送り とどけなさい    >  と 。   」



         つづき  ます

        合掌  九拝  万拝

            山僧  残月


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   002.JPG


           雨の 渡月 小橋 の 付近にて


   004.JPG


   006.JPG


   005.JPG


   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  012.JPG


        
                失礼いたします
    末筆ながら  よき一日で ございますように


  ・  玄奘 ( げんじょう )法師 さま 、 1350回忌 記念企画展

     龍谷ミユ―ジアム ( 西本願寺 前 )

     27日 ( 日 )まで

  ・  般若心経 の ご翻訳の 大大恩人 、法師さまでございます 。
       ありがたや ありがたや  ありがたや


     厚顔  無恥
       愚僧  萬拝

PICTURE 9-17-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

   [    THE     TEACHING     OF     BUDDHA      ]

<     BUDDHA   ---  NATURE     >   NO  ,   10
<     さとり  の  種( たね )  >

   「  IT   IS   JUST    AS    FOOLISH    AND    UNNECESSARY    FOR
      A   PERSON    TO   GO   ON    SUFFERING   
        BECASE    HE    DOES    NOT    ATTAIN    <   ENLIGHTENMENT  >
      WHERE    HE    EXPECTS    TO   FIND    IT    .


        < さとり >に 達しようとして 達せられない からと
  いって 苦しむのは < おろか ( 愚 ) >であり
  また、 必要ないことである 。


   IF    THE    ACCUMULATION    OF    FALSE    BELIEFS    IS
    CLEARED    AWAY  ,   <   ENLIGHTENMENT   >   WILL    APPEAR    .
    BUT   ,    STRANGE    ENOUGH   ,    WHEN    PEOPLE   ATTAIN
    <    ENLIGHTENMENT   >  ,    THEY    WILL    REALIZE    THAT
    WITHOUT     FALSE    BELIEFS    THERE    COULD    BE    NO
    <    ENLIGHTENMENT   >  .


       だから 、 < 妄想 ( もうそう ) >が やめば 、
 < さとり > は おのずと 返って来て 、
 < さとり >の ほかに < 妄想 >があるのでない と 、
 わかるように なる 。


  しかも 、不思議なことに 、
 ひとたび < さとった 者 >には 、 < 妄想 >は無く 、
 < さとられる もの > も 、無かった 、ことに 気づくのである 。 」


  (  仏教聖典からの 引用です 。< >は残月 の追加なり )


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   < 1 >  さとり  を もとめること

   < 2 >  達することが できないと 「 苦しむ 」 こと
           あがくこと 、もがくこと 、 あせること 。

   < 3 >段階 が 、今日の おはなしです 。

     ・  混乱しません ように
     ・  混乱しても  あきらめない ように

     ・  自分の 心だけ を 信じて すすむ
             人は 大切に 愛しつづけながら


   「  仏 とは  無 である  」

  この 一つの真理を
  心から 納得するのに 、

  愚鈍のため
  30年も かかっています ( 大笑 )


     つづき  ます

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   001.JPG


   002.JPG


   009.JPG


   010.JPG


   018.JPG



   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   025.JPG


   024.JPG




    <  求法( 真理を もとめる ) の 旅  >

       ・  明日  説明いたします


     失礼いたします
   末筆ながら  よき一日でございますように 。

   ・ 『 真理を つかめば 、今日死んでも いい 』


     厚顔  無恥

      愚僧  萬拝




     すべては  変化し 消滅する
     すべては  変化し 発生する

     変化しないものは 
     ないの でしょうか ?

     真 であり
     善 であり
     美 であり

     また

     聖 である 。


     
     人 の いとなみ
     人 の あらゆる 行いは 

     変化しない ものを
     もとめて いる 

     
     永遠を もとめている
     不変を もとめている 。
     

     

     それは
     言葉 であり
     文字 であり
     歴史 であり
     文化 であり
     文明 である 。


     「 了以翁 」を 、
     翁( おきな )の 事績 を
     わすれる ことは できない 

     わすれては ならない 。

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   『  弁財天さま  』 の 由来 、 その2

          ( 春応和尚 ・ 道勝 和尚による )

  ( 3 )   つづき

      その家の  遠く北西の方に  異形の雲が
     現われ 、同時に 白い大蛇 ( 白龍 )が現われました。

      そして 、大地が震動して もう一頭の 白い大蛇が
     現われました 。

      二頭の 白蛇( 白龍 )は 何か相談しているようです 。


      さらに 、異光が 家の中に輝き 「 弁財天 」が
     二頭の 白蛇( 白龍 )の背に乗って 、西の方に
     去っていきました  。




     駄弁 饒舌 、多謝
       敬と 愛とともに

       残月  合掌 ( ANJALI   )

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  001.JPG


       WELCOME     MY    NEW    FRIENDS    FROM    IRAN  .
                             THANK    YOU    VERY    MUCH   
                                    NICE    TO    MEET    YOU  .   WELCOME  ..


    002.JPG


                     武士道 の 精神を 土台( 根幹 )にして 、
      「 平和 」 の世界  実現を めざされて います 。

        実に、すばらしい、
      まさに 後生 おそるべし です 。
      愚僧も 精進、精進 また  精進 、、、。
        協力したい と  存じます 。

      < 士 心 >( ししん ) という < カフェ  バー >を 運営してます。
       中京区 衣棚通り 押小路上る 上妙覚寺町

      ( し しん ) とは 志 ( こころ ざし )の ことだ そうです 。


  004.JPG



、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 006.JPG


                         4 00 P.M.

  007.JPG


 008.JPG



          失礼いたします
  
  末筆ながら よき一日で ございますように


  ・  恩 を 感じる   感恩
     恩 を 知る    知恩
     恩 に 報いる   報恩

     恩 を 忘れる   忘恩


     よく みれば
       恩をうけたる ひとばかり


     厚顔  無恥

      愚僧 萬拝

9月14日(月)  写真 の 追加

| コメント(0) | トラックバック(0)
     おはようございます 、 御両人 。 

   009.JPG


       こう いった 様式に なった しまいました 。
         言い訳は 昨日の ブログ 最後の追伸を お読みください。

        ごめんね、 また 。

      「  犬族を 可愛がって くださって ありがとうございました。 」

             嵐山  残月 、 合掌

PICTURE 9-15-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

     [      THE     TEACHING     OF     BUDDHA       ]

<    BUDDHA  ---NATURE    >  NO ,  9
<    さとり( 覚り ・ 悟り ・ 目覚め ・ 安心 ) の 種( みなもと ) >


 「  WHY    IS   IT    THAT   PEOPLE   ,    POSSESSING    THIS
     FUNDAMENTAL    AND    PURE    MIND   ,   SHOULD   STILL
     CLING   TO    ILLUSIONS    AND   DOOM   THEMSELVES    TO
     WANDER    ABOUT    IN   A    WORLD   OF   DELUSION   AND
     SUFFERING   ,   COVERING    THEIR    OWN
     BUDDHA  -- NATURE   WHILE    ALL   ABOUT    THEM    IS
      THE   LIGHT   OF   BUDDHA , WISDOM   ?


   なぜ、人びとは 、本来の < さとり の 心 >を
  そなえていながら 、
  このように < いつわり >を 生み 、
  ≪ 仏性 ≫( ぶつしょう )の ≪ 光 ≫( ひかり )を かくし 、

  < 迷い >( まよい )の 世界に、
  さまよって いるのであろうか ?


   、、、、、、、、、、、、、、、、、


      ONCE    UPON    A   TIME    A   MAN    LOOKED    INTO
      THE    REVERSE    SIDE   OF   MIRROR   AND   ,
       NOT   SEEING   HIS   FACE    AND   HEAD   ,   HE   BECAME
       INSANE   .

         HOW    UNNECESSARY    IT   IS   FOR    A   MAN    TO   BECOME
       INSANE   MERELY   BECAUSE    HE   CARELESSLY    LOOKS
       INTO   THE   REVERSE    SIDE    OF   A    MIRROR   .



    昔 ある男が 、
   ある朝 鏡にむかって、 自分の顔も 頭もないのに あわて驚いた 。

    しかし、 顔も 頭もなくなったのでなく 、それは 鏡( かがみ )を
   裏返しに見ていて 、なくなったと 思っていたので あった 。 」

   ( 仏教聖典 からの 引用です。 < >などは 残月  )

   
   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  009.JPG



    、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


       < PICTURE   >

       I     AM   SORRY   ,   I    MISTAKE   THIS   SCENE  .

  


             WELCOME      MY    NEW    FAMILY    FROM    U.S.A.   BY   G.C.C..
                           NICE    TO  MEET   YOU   ,   THANK    YOU   VERY    MUCH   .

                       ・   JOIN    OUR   HANDS    TOGETHER   

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  001.JPG

              NO  ,   THIS   TEMPLE.
                     BUT     I    HAVE    HELPED   THAT   TEMLE   .
                      ・   I    LIKE    THIS   FLOWER    VERY     MUCH   .

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、




     004.JPG

                                                                               8. 50   A.M.

 

  

  

    012.JPG

                                                                        11 ,  50     A.M.

   010.JPG


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



  018.JPG


                           青年よ  大志を  抱け  (  微笑  )  
                   大阪の学生さん 、ようこそ  ようこそ 

 019.JPG

       ようこそ 、カナダから
         おかさんが 日本人 の すてきな 姉妹さんです 。

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 024.JPG

              APPRECIATION   , 
                           JOIN    MY   HANDS   TOGETHER    .   合掌


      GOOD    DAY
                      GOOD    LUCK

                       APPRECIATION

                       MONK    OF    ARASHIYAMA

                   <     ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

                       I     AM    SORRY

                        SEE    YOU

                          ♪ ♪  ♪♪♪  ♪




    本年、10月 25日( 日 ) 、11時 集合
      場所 、 嵐山通船「 北 」乗り場 ( 天竜寺側 )
      時刻 、 11時
      時間 、 11時30分 から 12時30分 ( 舟の上 )
             千光寺下の 河原で 解散 。
                費用、  3000円 (  舟代 ・ 弁当代こみ  )

       <  申し込み 10月10日 まで  >
             090 2062 9710

             希望者は、 登山( 200m   )
                                 了以翁 木像前にて 読経。

          ・  この 午後の参列は どなたでも
             午後 1時 過ぎになるでしょう 。
             ( ご自由 )


     、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


     『  弁財天  』  の  由来  、 その 1

  ( 1 )  明治の初めの頃 、
       嵐山 大悲閣は 、山林 ・ 境内地 ・ 什宝 など
      売却された 立ち退きの 訴訟裁判もあり 、十数年間
      苦しい時代が ありました 。

       ことに 明治 38年・39年は 廃寺の危機にありました 。


  ( 2 )  その頃 、
       伏見の ある家に 「 弁財天( 女 ) 」の 御像が
       (  秀吉公 築城 の 伏見城内 に鎮座  )
       大切に おまつり されて いました 。

  ( 3 )  1つ目の < 夢告 ( おつげ ) >

        ある夜 、その家の 当主は 
       不可思議 な 霊夢を みました  。


            つづき  ます


     敬と 愛を こめて
         残月  合掌

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  021.JPG


  023.JPG


  026.JPG

                     午後 六時 ころ  (  6 p. m.   )

     、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  016.JPG


  020.JPG


         めずらしい 、 麦 ( むぎ )さん の登場 
            チーズ を いただいた みたいです ( 微笑 )

         普段は 人前に出て来ませんが・・・・・・ ( 大笑 )

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  008.JPG


  


               月待台 にて

           身心脱落 、 脱落身心 (  しんじん だつらく  )

          ・ 身体 と 心 を  捨てる練習 ・ 自由になる練習 ・
          ・  いま ここ にて  < 成仏 >


  


       失礼いたします
    末筆ながら よき一日で ございますように

    ・  坐禅の 季節到来 です 、みなさま ( 微笑 )


       厚顔  無恥

          愚僧  萬拝


    追伸、  名古屋から 来て下さった ご両人
        スミマセン、写真が うまくいきません 。
        昨日、急いでいて 失念したしまいました。
        本日、追加しようとすると、うまくいきません。
        二日分の写真の 番号が 分離できてない
        ようです 。 また、挑戦いたします 。

       「 奈良の東大寺の ライトアップは 、
          いかがでしたか ? 」
  





   
             
   

PICTURE 9-13-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

    [     THE    TWACHING     OF    BUDDHA      ]

<     BUDDHA   --   NATURE     >  NO ,  8
<     仏 ( 悟・覚・ さとり )の 種( たね ・ 元 ) >

「  ONCE    UPON    A   TIME   A    KING    GATHERED    SOME
     BLIND    MEN    ABOUT    AN   ELEPHANT     AND   ASKED   THEM
     TO    TELL   HIM   WHAT   AN    ELEPHANT  WAS   LIKE   .

       THE    FIRST    MAN   FELT   A   TUSK   AND   SAID    AN
      ELEPHANT    WAS   LIKE    A   GIANT   CARROT   ,

        ANOTHER    HAPPENED    TO   TOUCH   AN   EAR    AND
      SAID   IT   WAS   LIKE   A    FAN   ,

        ANOTHER    TOUCHED    ITS   TRUNK    AND   SAID   IT
      WAS    LIKE    A   PESTLE   ,

         STILL  ANOTHER   ,   WHO   HAPPENED  TO    FEEL  
       ITS    LEG   ,   SAID   IT   WAS    LIKE   A   MORTAR  ,

       
          AND   ANOTHER   ,  WHO   GRASPED   ITS   TAIL    SAID
       IT   WAS   LIKE   A    ROPE  .


          NOT   ONE   OF   THEM    WAS    ABLE    TO   TELL   THE
        KING     THE   ELEPHANT,S    REAL    FORM   .


         むかし 、一人の 王が いました 、そして 、
  象( ぞう )を 見たことのない人を 集め、 目かくしして
  象に ふれさせて 、象とは どんなものであるか を
  めいめいに 言わせた 。

   象の 牙( きば )に 、触れたものは
  象は 大きな ニンジン のようなものであると いい、

   耳( みみ )に 触れたものは 、扇( おおぎ )ような ものであると

   鼻( はな )に 触れたものは 、杵( きね )のような ものと

   足( あし )に 触れたものは 、臼( うす )のような ものと

   尾( お )に  触れたものは 、縄( なわ )のような ものであると
     答えた 。

    一人として 、象そのもの ( 本当の 象 )を
   とらえ 得た者は いなかった 。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、


    IN    LIKE   MANNER   ,   ONE    MIGHT    PARTIALLY   
       DESCRIBE    THE   NATURE    OF    MAN   BUT   WOULD   NOT
       ABLE    TO   DESCRIBE    THE    TRUE   NATURE    OF    A
       HUMAN    BEING    ,   THE   BUDDHA    --   NATURE   .


           人間を 見てとらえるのも 同じで 、
   人間の 一部分に 触れることが できても 、

    その < 本性 >( ほんしょう )である
   < 仏性 >( ぶつしょう ) を
   見てとらえる 、
   言い当てること
   気づくこと 
   自覚 ( じかく ・体得 )することは、

   簡単( かんたん )・容易( ようい )
   では  ない  。     」

 ( 仏教聖典からの 引用です、 日本語の加筆は 残月 合掌 )


     ・  だったら、
     わたしたちが、 仏 ( ほとけ )( 人格者 )に
     成長したり、

     菩薩( ぼさつ )に なったり 、

     さとり ( 悟 ・ 覚 )のような
     < 心 の 成熟 >を どうしたら できるの でしょうか ?
     
      そのために 、
     どうしたら 、 よいのでしょうか  ?


     ・  心 の 成長 とは ?
         心 の 成熟 とは ?

     「  人間の 命が 
          めざす もの とは 何で
            あるので しょうか  ? 」

       ともに、
        考えたく存じます 。
              


         つづき  ます


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  004.JPG


 002.JPG


 005.JPG


      現在、 嵯峨 「 花の いえ 」 ( 旧 角倉屋敷 ) に 、
              いらっしゃいます  ( 微笑 )  。


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



 006.JPG


         ?  ?   ?


 010.JPG



      GOOD    DAY
                    GOOD    LUCK

                    APPRECIATION

                     MONK   OF   ARASHIYAMA

              <   I    WISH   TO   ENTER   INTO   A    LIFE    OF
                         ENLIGHTENMENT     TOGETHER    >

                         SORRY   ABOUT    MY   POOR    ENGLISH

                                SEE    YOU

                                      ♪ ♪♪  ♪♪ ♪♪



 

   北関東 で 、 大雨による 河川氾濫( はんらん ) 。
  たいへん な 被害で ございます 。

   まさに、 河川行政 は 、むずかしい 。
  対策を 練り きちんと 実行し 、私たち市民も
  < 想定外 >を なくして、 日々の 生活を
  安心感 と 緊張感 で、生き抜きたいもので ございます 。


   氾濫が 治まりますように 。
   被害が 増えませんように 。

   お亡くなりのお方がたの  遠くから 御冥福を 
       お祈りいたします 。   合掌


   「  祈りには  ちからがないと  いうなかれ
        はじめもいのり  おわりもいのり  」


   「  思いこそ  ひとをそだてる  ものだから
       きよくただしく  うつくしくあれ  」

       「  ひと思う  ひとの心の  きよらかさ
       祈りとなりて  天空をゆく  」

   「  はじめには  思いこそあり  海をゆき
       山にあなあけ  空をとびゆく  」


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



   ・   嵐山 大悲閣 、 了以翁忌 では

     ≪  水難死  ≫ の お方々への  回向( えこう ) も
    させて いただいて ます 。  大合掌


   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



    前回 、< 神龍会 >について ちょと触れさせて
  いただきました 。

    この寺院に おまつり されている
  <  弁財天女 さま  > と  <  龍神さま  >
  稲作神であられる  日本古来からの < 宇賀神将 >
  ( うが しんしょう )さま は、 一つの ≪ 神 さま ≫の
  現われと 考えることが できるようです 。
     ( 愚僧は 専門でないので 、、、反省 ) 

    この ≪ 神さま ≫を お護りいただいた方々が
  <  神龍会 >の皆さまだったようです 。

 (   ここ数十年前に 残念ながら 消滅していますが、
   尾張 清州からの おこしの 一僧侶により
   再興されました 。 大合掌  )


    幕末維新 で、荒廃し 廃寺の危機を
   救って くださったのは 、時の住職 戒岳禅師 ( かいがく )
   は もとより 、 この≪ 神さま ≫であられる 、

    弁財天女 さまの お力添え によるところ 大
   であると 、語り伝られて ございます 。


    戒岳禅師 の お弟子の 春応和尚 ( しゅんのう )の
   毛筆の文書が 残されており 、以前 道勝和尚 ( どうしょう )に
   より 簡略化され 一部の方々に 配布いたしました 。

    しかし、 もっと わかりやすく して 、
   多くの 方々に 知っていただきたいとの 思いが 熱く、
   先日, 道勝和尚により、 
   その より簡略化された文書が できました 。

     ありがとうございます 。
     有難き事で ございます 。

    ブログ で お伝えいたしたく 存じます 。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    実に、不可思議( ふかしぎ )な世界のお話で
   ございます 。

    「 おもしろいなー 」

    「 絵本にでも できそう です 」

    「 白い大蛇( だいじゃ )、つまり 白龍が 出てきます 」

    「 それも 2匹 」

    「 弁天さま の お使いの 童子 ( どうじ )さまが
      出てられますね 」

    「 松尾大社 の お童子さま の ご活躍ですね、
      ありがたや 、 ありがたや 」

    「  ここの 境内は 松尾大社さまから
      了以翁が ゆずり受けたと 聞いてますが、、
      やはり 、そうなのですね 」

    「 きちんと、 おまつり いたしましょう  」

    「  はい 。
      よろしく お願い申し上げます 。 」 


  駄弁 饒舌 ながら
    敬と愛を こめて  、 多謝

       残月  合掌

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  004.JPG


  005.JPG


      京都タワーです 。  嵐山国有林のため もう 見えなくなりそうです 。
     ここ 25年で 樹木が 大きくなりました ( 微笑 )  残念 なり 。

  002.JPG


       桃の木です 。
     四回 ほど、鹿のごはん に なりました 。
    
      また、 あたらしい 葉が、 ありがたや ありがたや 。
     護りの 対策を すすめていますが 、、、、   、、、、。


  007.JPG


        きび ( 黍 ) よ  きび
      五穀( ごこく ) 中で 、黍 と 麦 ( むぎ )、
      米( こめ ) 粟( あわ ) 豆 ( まめ ) の
      分まで 生きよ 

      ・ 介抱した 野良猫( 黒毛 )
       風( ふー )の 五匹の 子どもたち ( 五穀の名 )
       二匹 生きてて くれています 。


    失礼いたします

  末筆ながら よき一日で ございますように

  ・  「  日に一度   子どもに配れ  目と心  」 ( 町かどにて )

        日に 一度 だけか ?  ( 大笑 )

        日に 三度 は ? 多すぎか ?  ( 大笑 )

        目と心  一つになりて  親心  ( 微笑 )
          
        
      厚顔   無恥
          愚僧   萬拝

PICTURE 9-11-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

    [      THE      TEACHING     BUDDHA      ]

<     BUDDHA   ---  NATURE   >  NO ,  7
<     さとり ( 覚 )( 悟 ) の 種 ( 元 ・ もと ) >

 「 WE   HAVE   SPOKEN    OF   THE   PURE   AND   TRUE    MIND
    AS   BEING   FUNDAMENTAL  ,   IT   IS   THE   BUDDHA --NATURE  ,
    THAT   IS  ,  THE   SEED    OF   BUDDHAHOOD  .


      清浄( しょうじょう )の 本心 とは 、「 仏性( ぶつしょう ) 」 であり
 すなわち 『 仏 ( ほとけ )( 真理に 目覚めた 人 )』 の
 < 種( たね ) >である 。


、、、、、、、、、、、、、、、、


 ・ 佛 とは 何か ? 人にして 人にあらず 、また、 人だけれど 人の
 悪い 部分を 克服・ 超越 ・自由になり 、慈悲を中心に 
 生きれるようになった 人でも ございます 。

  < むずかしい 、 しかし 、あきらめず 
 自分を見捨てず 、努力精進し つづける 人を 《 菩薩 》( ぼさつ )
 という 。
   自分の 成仏( 開悟・安心 ) と 自分以外の 成仏( 開悟・安心 )を
 同時に、並行して すすめる 修行を 菩薩行 といいます 。

 (  理想の 人間の 在り方・ 生活の仕方とも、考えられます )
 ( 「 菩薩行 と 現代日本社会 」 が 愚僧のひとつの 課題です ) 


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  BUDDHA    --   NATURE    IS   NOT   SOMETHING    THAT   COMES
  TO   AN   END   .    THOUGH    WICKED    MEN    SHOULD   BE   BORN
   BEASTS   HUNGRY     DEMONS    ,    OR   FALL    INTO   HELL   ,
   THEY    NEVER     LOSE    THEIR    BUDDHA --  NATURE    .


     この 仏性( ぶつしょう ・ 人間の 本心・ 清浄心 )は 、
 尽きることが ない 。( 終わりはない 、 無限である )

  たとえ 畜生( ちくしょう ) に 生まれ 、
 餓鬼( がき ) となって 苦しみ 、
 地獄( じごく ) に 落ちても 、
 この < 仏性 >は 絶える( とだえる ・ きれる ・ なくなる )
 ことは 無い 。     」

   ( 仏教聖典よりの 引用です 、日本語一部 残月 )


       TO    BE   CONTINUED     つづき ます


    
  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  004.JPG


  007.JPG


  006.JPG


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



  011.JPG


  010.JPG


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  009.JPG


        奥嵐山 ・  亀嵐峡 (  きらんきょう ・ 亀山 と 嵐山 )

  012.JPG


       うつくしや   せかいじゅうを    うつくしく
          なしたいこころ   ひとこころなり   (  ・  )


   ・  昨日は 『 世界 自殺 予防ディ 』 でした 。

      他殺 ・ 自死( 自殺 ) ・ 事故死 ・ 病死 ・ 老死、
     いろいろ な 「 死亡 」 の 迎え方が ございます 。

      他殺 ゆるす べからず
      自死 を ねがわぬ 生活・職場・学校の環境を

      事故死  みんな みんな できずく  安全社会
      病死    みんな みんな できずく  健康生存

      老死    心 みたされ  わらう 生命( いのち )を

    ・   <  笑死  >

         身を すてて
           思いを すてて
             満たされた
                こころ は 天地
                   生死なしなり  (  ・  )

                  喝 、 合掌 、萬拝 

                引導や ? ( 大笑 )


     ・  「 自死 したいなら 、 図書館 に おいでよ 」
         (  する 前に )
        
         いいですね 、アメリカの 図書館でのことだ
         そうです。


        日本の ある学校図書館でも

         「  教室 行きたくなかったら、
             図書館 に おいでよ  」 と  。

          いいですね ( 微笑 )



      ・  『  嵐山 の 大悲閣へ おいでよ 。 』
          (  おこしください ませ  )
          (  お茶を いっぱい 、 どうぞ )

            住職に 会いに 来たら 、
          ただ だからね ( で ございます )。
          無料 でございます ( 微笑 )

            いない ことも 多いから
          電話を。
         したくない ですね ( 微笑 )

          突然でも 、
          無駄を 覚悟で おこしやす 。

           090 2062 9710 

          無駄の覚悟を 、
         人生に 無駄など ないのだから 。 残月


      、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

       GOOD     DAY
                       GOOD    LUCK
                            I    HEARTILY    PRAY

                    APPRECIATION
                          JOIN    MY    HAND    TOGETHER

                <     I     WISH    TO    ENTER    INTO    A     LIFE    OF
                              ENLIGHTENMENT     TOGETHER    >

                  MONK    OF    ARASHIYAMA

                   SEE     YOU     AGAIN    

                   ♪ ♪ ♪  

        
                   
           
            


  


   

  問い合わせあり

   『  まだ、 空き が あれば 、参加したいのですが ? 』

   「  どうぞ、どうぞ、定員は ございません 、
     法要参列の 希望者に 応じて 、お舟も お弁当も
     ご用意いたします 。  」

          会員以外 4人 です  ( 微笑 )



  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  ・  「 水 」 そのものの 、感謝の 誠( 真 )を 捧げたい 。
     
     翁は その巧みさから、 龍神( 水の 守護神 )の
    申し子がとも ささやかれたという 。

     現在も 千光寺の境内 に、『 龍神さま 』を
    おまつり しています 。

     50年以上前、
    <  神龍会  >という 集まりもあったようです 。
    どこかに、 旗 と 会員バッチ が ございました 。



   ・ 「  川 を 観るものは  山 を知る  」

     つまり、川に ある 石 ( 鉱石 )を 観て
    上流の  山の 性質 を 知る、のである  。

     了以翁 の 嫡子 ・ 素庵( そあん )さまの
    『 行状 』 ( 木碑 )( 大悲閣 蔵 )に よれば 、

    < 前源相国 ( 徳川 家康 )は、

       公 の 金気 を 察するを 知り 、・・・・・・
       甲・豆・総 の 間を 巡行し 、
       鉱穴 を 掘らしめ 、貢献 常に 倍す 。  >


   ・  インドの 地質学者 の 言葉が おもしろいので
     ご紹介 いたします 。

      「  神 は 、

        鉱物 の 中 で 、 眠り
        植物 の 中 で 、 目覚め
        動物 の 中 で 、 歩き
        人間 の 中 で 、 思惟( しい )する 。  」


         つづき   ます


   駄弁 饒舌 、 蛇足 多謝
     敬と愛 とともに

       残月   合掌


   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   004.JPG


                       WELCOME   MY   NEW    FAMILY   FROM     U.S.A.    BY    G.C.C.
                    WE    COULD    NOT   GO   TO   OUR   TEMPLE   BY    BOAT   ,
                      BECAUSE  
                           IT   WAS    A   HEAVY    RAIN   .
                               BUT  ,   IT   IS    A   FINE    NOON   .


             「 花 の いえ 」  教職員組合の 宿泊施設ですが 、一般の方も可能です 。
             ここは、 嵯峨角倉邸 の址です。 古い建築物は 御殿が護られています 。
     ( 関鳩楼 かんきゅうろう の扁額あり )

       昨日は、こちらさまで 、「 簡単な 茶道 ・ 短い坐禅 」を
      させて いただきました  。


  007.JPG


  008.JPG



  009.JPG


  003.JPG


         平成の 了以翁像  (  嵐山 大悲閣  坐像 の 複製  )
            <  仏師 定朝 の 伝統を継がれる、現代仏師が 制作  
                亀山公園の  了以翁の立像も 先生によります > 

            <  施主 、  節子大姉 ・ 五十鈴大姉 ・ 残月   >

         嵯峨の屋敷に、いらっしゃられて 、幸せそうです ( 微笑 )
         一年契約ですが、
         来年も 更新させていただきたく 願っております

         ・  どこへでも 、出開帳 いたします 。
            ご気楽に 相談ください 。

         ・  10月 の 了以忌は 御乗船なされます ( 微笑 )

         090  2062  9710  (  大悲閣 住職 、大林 まで  )


   001.JPG


       すばらしい お庭で ございます 。


   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  017.JPG


  011.JPG


  013.JPG



       失礼いたします
    末筆ながら よき一日でございますように 。


    ・  この世から
     やまい 、 ひんこん 、あらそい が
       なくなります ように 。


     厚顔  無恥
      愚僧  萬拝
                   

   
        
    
    

PICTURE 9-9-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

   [     THE    TEACHING     OF     BUDDHA      ]

<      BUDDHA   --NATURE     >   NO ,   6
<     仏( さとり ) の 種( 本性 ・ 性質 )  >


  「  IF    PEOPLE    WOULD    ONLY    GIVE    UP   THEIR
      ATTACHMENTS    TO   THESE    IMAGINARY     AND   FALSE
      DISCRIMINATIONS   ,    AND    RESTORE   THE   PURITY
      OF   THEIR   ORIGINAL    MINDS    ,

         THEN    BOTH    THEIR    MIND   AND   THEIR    BODY
       WOULD    BE   FREE    DEFILEMENT    AND   SUFFERING  ,
       THEY    WOULD    KNOW   THE    PEACEFULNESS
       THAT    COMES    WITH    THAT    FREEDOM   .


        もし わたしたちが  縛られた・とらわれた 見方を
  (  想像・妄想 と まちがった 識別判断 ・かんがえ )
   やめる・ 明らめる( 諦める ・ あきらめる ) と、

   純粋 で  縛られる( しばられる )ことのない、
  自分の 本性に 、立ち帰ると 、

   肉体 も 精神 (  身 も 心 )も 、汚染( おせん )と 苦悩から
  自由に なり 、何ものにも さえぎられる ことのない 自由な
  平安な境地 ( 意識 ・ 心地 ・気持ち )が
  えられるで  あろう  。


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



   WE    HAVE    SPOKEN    OF   THE   PURE    AND    TRUE   MIND
     AS    BEING    FUNDAMENTAL    ,   IT   IS    THE    <   BUDDHA   --  NATURE   >
     ,   THAT   IS   ,    THE   SEED    OF    BUDDHAHOOD   .

       <    清浄( しょうじょう )の 本心( ほんしん ) とは 、
  言葉を 変えていえば  ≪ 仏性 ぶつしょう ≫である 。

   ≪ 仏性 ≫ とは 、
  すなわち 、≪  仏 の 種( たね )  ≫で ある 。   」

(  仏教聖典からの 引用です 。  日本語 一部 残月、合掌  )



      ・   人間性  と  仏性
      ・   思い   と  本来の 心
      ・   感情   と   安心
      ・   環境   と   超越
      ・   有限   と   無限
      ・   現実   と   理想
      ・   時間   と   永遠
      ・   かたち  と   こころ
      ・   ・・・・・・・・・
      ・   ・・・・・・

    、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  
   022.JPG


   009.JPG



   025.JPG



  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   032.JPG


   033.JPG



   SORRY

        SEE     YOU    AGAIN

        APPRECIATION

        ARASHIYAMA    MONK


        ♪  ♪  ♪     ♪


     何故、 川の上 ・  舟の上 での 法要なのか ?
           <  水 の 上  >


   了以翁  1 、 東シナ海 ( 海外 貿易家 )
          2 、 保津川( 大堰川 おおいかわ )
          3 、 富士川
          4 、 天龍川
          5 、 淀川 ( 大阪の 陣 )
          6 、 鴨川 ( 高瀬川 を つくる )
          7 、
          8 、

     ・  翁 は <  水の 達人  >

     ・  物資 ・ 人間 の  <  流通 ・ 交流  >は
       古代より、 <  水  >を 利用 する 。

        また、 <  水を 治める  >ことができる 人が
       王 ( おう )に 成ることが できた 。
       
       < 治水 >は 、古代から  困難・難題 であり 、
      政治の 仕事 ( 王の 役目 )で あった  。
 

     ・  また 、 了以翁 は「 水運 」の お方でございます 。


     ・  人間の幸福は 、あらゆる 物 ・ 人 ・ 事 ・ 金 ・ 知 ・・・・などの
       「 円満 」 な <  流通 ・ 交流  >で あることは
       どなたも、認めることでは ないでしょうか ?

       まさに  『  円通 ( えんつう ) 』
       これは、 『  観音菩薩 さま 』 の 別名でもございます 。 合掌



     ・  50年前の  了以翁忌 は  大堰川の 上で開催されている 。
       『 了以 像 』 も 当然 < 船中 >でございます 。


     ・  本年も 、 「 平成の 了以像 」 が 乗船 いたします 。


   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


      巷で 流布されている 『  水  五則  』 を
     これを 機会に 、学びたく 存じます  。


       『   水  五則   』

    1、  自ら ( みずから ) 活動して 、
       他を 動かしむるは 、 「 水 」 なり 。


    2、  常に  己の ( おのれの )の 進路を
       求めて 止めざるは 、 「 水 」 なり 。


    3 、 障害にあひ 、激しく 其の勢力を 、
       百倍 し得るは 、 「 水 」 なり 。


    4 、 自ら 潔( きよ )らかにして 、
       他の 汚れを 洗い、
       清濁( せいだく ) 併せ( あわせ )容( いれる )るるの
       量(  はかる・ おおきさ ・ 度量 ) あるは 、 「 水 」 なり 。


    5 、 洋々として 、 大洋を 充たし( みたし ) 、
       発しては 蒸気( じょうき )となり 、

       雲となり 、 雨となり 、
       雪と 変し 、霰( あられ ) と化し 、
       凝っては( こっては ) 玲瓏 ( れいろう )たる
       鏡 ( かがみ ) となり 、
      
       而も( しかも )
       其の( その ) 性 ( しょう )を 失はざるは

       「 水 」 なり  。



  
     じつに 、すばらしい、 客殿でも プリントを
         さしあげてます 。


   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


     『  石徳  五訓  』  も ございます ( 微笑 )

       また の 機会に 



    駄弁  饒舌 、 蛇足 多謝

      敬 と 愛 とともに
          愚僧  萬拝


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   020.JPG


        WELCOME   , 
              MY   NEW   FRIENDS    FROM    BRITAIN  (   THE   UNITED    KINGDOM   )
                     NICE    TO    MEET     YOU    .

          SEE     YOU    AGAIN   .
                                                     

022.JPG



023.JPG


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  027.JPG


  025.JPG


  026.JPG


  028.JPG



     失礼いたします

   末筆ながら  よき一日で ございますように

   ・  本日 、ある女優さまが  了以翁  と その寺院 を
     取材に 来てくださいました 。
      テレビ局の 皆さま、まことに ありがとうございました 。



    厚顔   無恥
     愚僧  萬拝
   


PICTURE 9-7-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

      [    THE     TEACHING     OF    BUDDHA     ]

  <     BUDDHA  --   NATURE     >  NO ,  5
  <     仏( さとり )の 種( 本性 ) >

  「  WATER   IS   ROUND    IN   A    ROUND    RECEPTACLE    AND
          SQUARE    IN   A    SQUARE   ONE   ,
             BUT    WATER    ITSELF   HAS   NO   PARTICULAR    SHAPE   .

             PEOPLE    OFTEN    FORGET    THIS    FACT   .


             まるい器に 水を入れると まるくなり 、
    四角な器に 水を入れると 四角になる 。

     しかし、本来 ( ほんらい ・ もともと )、
    「 水 」に 、円 や 四角の 
    「 形 」( 姿 ・ 相 ) が あるのでは ない( 無い )。

     ところが、
    わたしたちは ( 人間は 、 人びとは )
    しばしば、 この事実 ( 真実 )を 忘れて しまう 。

  <   そして、
    「 水の形 」 に 、とらわれる ( 執着する ) >

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    PEOPLE    SEE    THIS    GOOD    AND    BAD   ,
        THEY    LIKE    THIS    AND    DISLIKE    THAT   ,

           AND    THEY    DISCRIMINATE    EXISTTENCE    FROM
        NON--EXISTENCE    ,    AND    THEN   ,

           BEING    CAUGHT    IN    THESE    ENTANGLEMENTS
         AND   BECOMING     ATTACHED    TO    THEM   ,  
         THEY    SUFFER   .


          善し 悪し と < 見る >
    好む 好まぬ と < 考え >
    有り 無し と < 思い >

    その < 見方 >に しばられ
    その < 考え( 思想 ) >に つかわれて、

    外( そと )のものを 、 追って 苦しんでいる 。  」

   (  仏教聖典からの 引用、 日本語 一部分 残月  )


   ・  水 のところは 、大切なので 前回と今回
     2回目です 。

      『 当然だ 』

      『  いまさら 』

      「  お味会い くださいませ  」

      「  実生活 に 実行したいもので ございます、ともに  」

                              
                            つづき  ます



   ・  FORMLESS--SELF    IS    THE   TRUE  --  SELF   .
               THE    TRUE --  SELF   IS     <    BUDDHA   >.

                I     AM     WATER
                YOU    ARE    WATER

                SHE   IS    WATER
                HE     IS     WATER

                MOTHER    IS    WATER
                FATHER      IS    WATER

               WE    ARE    WATER   ,  JUST    NOW   ,  JUST   HERE   .



              TO    BE    CONTINUED



   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   002.JPG

            深山 正虎 和尚大禅師 (  海生寺 開山 、九州出身  )

   007.JPG


   006.JPG


                         九拝  ・    萬拝   大合掌



  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



   004.JPG


   005.JPG


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   016.JPG


   019.JPG

        ありがとうございました。   大合掌 
             APPRECIATION


             、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


      GOOD      DAY
                      GOOD    LUCK
                          I   HAEARTILY     PRAY   .

                   APPRECIATION
                        JOIN    MY    HANDS     TOGETHER

                 MONK    OF    ARASHIYAMA

               <    I    WISH   TO    ENTER   INTO    A    LIFE   OF
                               ENLIGHTENMENT    TOGETHER      >

                   I     AM    SORRY    ABOUT     MY   POOR    ENGLISH  .

                   SEE    YOU    AGAIN      ♪  ♪  ♪

     
      ・  IT    IS   ONLY    A   <   TEMPORARY  >  MIND    THAT
                    MOMENTARILY    NOTES   CHANGES    OF   LIGHTNESS  
                    AND    DARKNESS    AS   THE   SUN    RISES    AND   SETS   .

                      太陽が あらわれて 、
       明るいと 感じ見るのも <  ひととき の 心  >であり 、

        太陽が かくれて 、
       暗いと 感じ見るのも <  ひととき の 心  >で ある 。

  


      今年 10月 25日 ( 日 )

    1部   11時より  12時30分 まで ( 河原 と 船上 )
    2部   下船 後 ・・・ 大悲閣 千光寺 「 了以翁 坐像 」 参詣 、御自由

     費用  3000円  ( 舟代 、弁当代 こみ ) 
     申し込み   090 2062  9710 

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    「  了以翁 忌  」 とは なんでしょうか ?

    『  角倉 了以 ( すみのくら  りょうい )( 本姓 、吉田氏 )という、
      嵯峨嵐山・京都・日本の ために 貢献した歴史上の人物 ・ 偉人を

       顕彰( けんしょう )( 功績を 現代社会の 伝え広める )する
      だけでは なく 、感謝の心を お伝えし、御冥福を祈り、また
      ご加護を 御願いたしたり いたします 。  』

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    「   御命日は 、7月 12日 では ないでしょうか  ? 」

    『  そのとうりです 。
      でも、 新暦( 太陽暦 )の 御命日 は、
       梅雨の最中であり、 法要開催には 適さないようです 。

      当然、 新暦 7月12日 にも 読経してますが、
      皆さま方は およびできません。 いつも、雨でございます。( 微笑 )


       旧暦 では まさに、石碑に 刻まれているように、
      < 秋 > 七月 十二 日 なので ございます 。

        二十年間 了以忌を させていただいてる山僧の
       思いは、 九月 十月 に 開催すべきであるという事で
       ございます 。  』


   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


     「  何故、  船上 なのでしょうか ?  」


         つづき  ます

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


     ・ 太秦 ( うず まさ ) の 「 車僧  影堂 」
        ( しゃそう  えいどう ) に
        御参りに 行ってきます 。

       九月 第 1 日曜 の  法話の会( 読経の会 ) は
       大悲閣 千光寺 ではなく 、
       この 「 車僧堂 」( くるま そうどう )で
       開催いたします 。

       畑の中の 小さな御堂です 。
       廃寺 ( 海生寺 )の 開山堂( 影堂 )の ようです 。

       「 お能 」 題材にも なっています 。
       ( 実に、 おもしろいお話 )( 微笑 )


        年に一度、
        ご町内の < 地蔵盆 >として
        お堂が 公開される ようでございます 。



    駄弁饒舌 ながら
      敬と 愛を こめて

         残月  合掌


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   009.JPG


        モンゴル仏教( ラマ教 )の 旗( 一部分 )です ( 緑・白・赤 )
           ドイツ人( 日本人のような )御婦人先生にいただきました。

                               大合掌


   011.JPG

      寛光院 慶峰 薬道 居士  7回忌 法要

      「  佛海に  苦楽生死( しょう じ )は  漂うて
                   苦楽生死は  極楽浄土   」 ( 大感謝 )

                          大合掌  九拝


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   006.JPG


          ほえられて   犬歯をながめ   ほえられて   ( 大笑 )

               ・ 柴犬 白( びゃく )君 です


     失礼いたします
   末筆ながら よき一日で ございますように 。

   ・  人間みな 、病気がなくなり 、天寿を全う できますように 


      厚顔   無恥
        愚僧  萬拝 


   追伸 、 今朝の朝刊 (  産経新聞  )の 一面に
        「  大悲閣  千光寺  」 の 文字が、、、、、。

        え、え、、、、、、?

        朗報 でした 。 安堵( あんど ) ( 大笑 )

        


   


  

PICTURE 9-5-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

    [     THE     TEACHING     OF    BUDDHA     ]

 <      BUDDHA    ---    NATURE     >    NO,  4
 <      仏( ほとけ )( さとり ) の 種( たね )( 性質 )  >


   「  THE   TEMPORARY     FEELINGS   OF    GOOD   AND   EVIL   ,
       LOVE    AND   HATRED    ,    THAT    HAVE    BEEN    AROUSED   BY
       SURROUNDINGS    AND   CHANGING    EXTERNAL    CONDITIONS  ,
       ARE    ONLY    MOMENTARY    REACTIONS    THAT   HAVE    THEIR
       CAUSE    IN   THE   DEFILEMENT    ACCUMULATED    BY
        THE   HUMAN    MIND   .


        外( そと ・外界 )の 因縁(  直接、間接原因  )に、
  引かれ( 惹かれ ・ 魅かれ ) て 、
  生じたり 滅したり する、
  善悪( ぜんあく ) ・ 愛憎( あいぞう )の
  念( ねん )( おもい ) ( いま・ここ の 思い )は

  人の心に  積まれた 汚れ( よごれ ? )によって
  生じる ( 起こる ・ 動く ) 、
  < ひととき の 心 > なので ある 。



   BEHIND    THE   DESIRES   AND   WORLDLY    PASSIONS  
     WHICH    THE   MIND   ENTERTAINS   ,   THERE   ABIDES   ,  
     CLEAR    AND   UNDEFILED   ,    THE   FUNDAMENTAL    AND  TRUE
     ESSENCE    OF    MIND   .

        <    煩悩 ぼんのう >(  欲望 ・ 感情 ・・ )の チリ ( ? )に
  つつまれて 、
  しかし 、染まることも、汚れることもない 、
  本来( ほんらい )( もともと )の 、
   清浄( しょうじょう )( きれいな ・ きよらかな ・ 利己だけでない )な
  心が ある 。



   WATER    IS   ROUND    IN    A    ROUND   RECEPTACLE   AND
     SQUARE    IN   A    SGUARE    ONE   ,   BUT    WATER    ITSELF   HAS  
     NO   PARTICULAR   SHAPE.
        PEOPLE    OFTEN   FORGET    THIS    FACT  .


        まるい器( うつわ )に 水を 入れると、 
  円く( 丸く ・ まるく ) なり 、
   四角い器に 水を入れると 
  四角になる 。

   しかし、 本来( ほんらい ・ もともと )
  水に 円や四角 の 形があるのでは ない 。

   ところが 、
  すべての人びとは 、このことを 忘れて 、
  水の 形に とらわれて いる 。    」

(  仏教聖典 からの 引用です 。 日本語 一部残月の解釈 )

   
    ・  [ かたち 形  の 無い 自分 ]( 自己・ 自我 )

       [   FORM LESS   SELF    ]    IS    TRUE    SELF    .


            つづき   ます


   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   004.JPG


            故郷、五島列島 の 御僧侶が 登山してくださいました 。
   ありがとうございます、心より 感謝申し上げます  。 大合掌

   、、、、、、、、、、、

    和尚さまは、 黄島( おう しま ) 延命院の 御住職さまです。
   真言宗 高野山派でございます 。

    五島は 弘法大師 空海大和尚さま の 西の高野山とよばれる
   大宝寺( 印度僧開山の寺院を 空海大和尚が真言宗に改宗 ) また
   明星院がございますくらい 縁が深い 島でございます 。

    小生の曾祖父の 子どもの一人が
   延命院の住職だったようです 。( 微笑 )

    黄島 は かつて 捕鯨が盛んでした 。
   やはり、 和歌山 ・ 紀州の捕鯨術が 伝わったといはれます 。

    延命院さまは、 海の幸をいかした 民宿を なさられています 。
   是非 みなさま 、
    日本の中で、海外旅行を 堪能なさってくださいませ 。

   
    五島は 、キリシタンの島でもございます 。
   入り江にたたずむ 教会の美しさは 、
   宗教と芸術、 心と形の 世界に 、みちびいてくれることでしょう 。

      (   真の形 は 真の心 を 育てても くれます
      真の心 も  真の形 を きずき あげます )( 微笑 )

   (   形は 変化していきますが、、、、
         こだわる べからず  )( 大笑 )


   ふるさと 自慢は 犬も 食わぬ、でしたか ( 超大笑 )


  010.JPG


         すみれ と 姉 と  延命院の奥様 ( 大人気の民宿を 支えられてます )


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  014.JPG


         TOGETU    BRIDGE    (    ARASHIYAMA    )

     十三参り  法輪寺 の 舞台から 渡月橋を ながめる 。

    法輪寺の住職さまと まだ 面識が ございませんでした、
   五島 ( 黄島 )延命院さまと 高野山学院で 御同期とかで
   ご紹介していただきました 。 ありがとうございました 。


  016.JPG


     渡月橋から 見える 法輪寺三重塔   合掌


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



  021.JPG

               現代の 塔

  029.JPG

      JR   ,  KYOTO    STATION    AT   NIGHT   

               THIS   PICTURE (    MOON   )   IS   MADE    BY    LAMP  .


     、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

     GOOD     DAY
                GOOD     LUCK
                     MY    FRIENDS   AND    NEW   FAMILY

                APPRECIATION

                 ARASHIYAMA     MONK

               <    ENLIGHTENMENT     TOGETHER     >


                 SORRY     MY   POOR    ENGLISH

                 SEE    YOU     AGAIN

  
  

   


  


  1  「 角倉 了以 」翁  の 
        御恩 に 感謝 いたします 。

     < 恩 を 感じ  
        恩 を 知り 

      そして
        恩 に 報いたい > 


     翁 の 不屈の 精神、  困難に負けない 心 ・ 覚悟に
    気づき 、現代のわたくしたちも この心・覚悟を 継承し
    おのおのの 御立ち場、 持ち場、 使命 、 生存活動に
    活かしたく 存じます 。

     自分だけの 生存活動 だけでなく 、できるだけ
    たくさんの方々の、生存活動のお役にも立てますよう 、
    了以翁( 御一族 )のように
    全力をつくしたいもので ございます 。


  2  了以翁 は 「 河川大名 」 といわれたくらい 、 川と御縁が深い 、
    了以忌 は 以前のように ≪  水上 、舟上で 開催したい ≫

     そして、 同時に
    河川の 生きもの 、萬霊に 供養し 感謝したい。


          つづき  ます

   
    敬 と 愛と ともに  ご案内申し上げます

     (  現在 会員以外に  3 名 の 申し込みです )
     (  現在の会員は 、発起人の方々 約10名です、
        今後、皆様方の参加を 呼びかけ 御願いたしたく
        存じてございます 。  )

      残月  合掌


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  021.JPG


        了以翁  399 回忌 ( 水上法要 、復活 第一回の 写真です )
   
     ・ 400年忌を迎えるに 当たって、先生のご尽力により成就できました。(左先端)
                心の奥から、感謝申し上げます 。 合掌

      ・ 昨年 、401回忌 は 二艘の お舟でした 。


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  016.JPG


  018.JPG


        永遠を  いまこの時に  いきるかな
                   わたしたちみな    どんな時もつ


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   011.JPG

                                        私儀ながら 、
       父の 姉上さま 、伯母さんの 御見舞に行ってまいりました ( 名古屋 )
         
         なんと、 103歳 で 頭も しつかりしてられました 。
          学生時代、 「  京都に いっしょ したわねー  」 と 。
       俳句の先生だったので、100歳こえても、お言葉が とてもとても美しく感じました 。
            ( あやかりたい ことで ございます )

         手にもってられるのは、小生持参の 御土産の トランプです 。
           京都の和菓子屋さん制作で 、 御菓子の写真が いっぱい 。
             一枚 一枚 ご覧なっては、、、

              「  ありがとうねー、ありがとうねー 」
              「  もったいない 、もったいない  」

              (  いえ 、いえ 、いえ 、・・・・  )

        ・  小生まで、、、、失礼してます 
          他の写真は 許可が要るかなと 存じ、こうなりました。
           ( おばさん は きっと わかってくれる )( 微笑 )

           ( 恥を知れ でございます )すみません

    
     、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


      失礼いたします
   末筆ながら  よき一日でございますように

  ・  不平、不満、不服 いうまえに 、一工夫 ( ひとくふう )
       したいもので ございます 。

    『 天地 と 一体 』 を、時々 思います 、
    すると、 工夫の < 智慧 >や< 慈悲 >が
     出くるような 気がいたします 。 

      厚顔  無恥
        愚僧 萬拝

  







   

      

PICTURE 9-3-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

      [     THE      TEACHING    OF    BUDDHA       ]

  <     BUDDHA   ----   NATURE    >    NO  ,  3
  <     さとり  の 種 ( 性質 ) >
      (   human    nature   --  人間性 )


 「  IT   IS   ONLY   A    <   TEMPORARY  >  MIND   THAT
     MOMENTARILY    NOTES    CHANGES    OF   LIGHTNESS    AND
     DARKNESS    AS   THE   SUN   RISES    AND   SETS    .


         太陽が 現われて 、
  明るいと 見るのも  < ひととき の心 >であり 、
  太陽が 隠れて 、
  暗いと 見るのも  < ひととき の心 >である 。 


   IT    IS    ONLY    <   TEMPORARY    >  MIND   THAT   HAS
     DEFFERENT    FEELINGS    FROM   MOMENT    TO    MOMENT
    WITH    THE    CHANGING    CIRCUMSTANCES    OF   LIFE   ,
     IT   IS   NOT   THE   REAL    AND   TRUE    MIND   .

       THE    FUNDAMENTAL    AND   TRUE    MIND    WHICH   REALIZES
     THE   LIGHTNESS    AND   THE   DARKNESS   IS    THE   TRUE
      NATURE   OF    MAN    .


         このように 、
  明暗 という 外( そと )の  縁( えん )に  引かれて
  < 明暗 を 知る心 > が 生じるが 、これは
  ≪  ひととき の 心  ≫ である 。

   この < 明暗 を 知る心 >は ≪  心 の 本体  ≫ではなく 、
   < 明暗を 知る 力 の 根本 > が
   ≪ 心の 本体 ≫である 。    」

  (  仏教聖典 からの 引用です 、日本語 一部は 残月  )

   
    ・  人間の 本性  とは  ?
      ≪ 心 の 本体 ≫ なのか ?

      ≪ 心 の 本体 つまり、 本当の 心 ≫ は
      ≪  仏  ≫ ( ほとけ ) なので ある 。


    ・  外界 、環境に とらわれたり 、ふりまわされなく なって
      こそ 、< しあわせ >を 味会うことが できるかも しれません 。

       外界、環境 から 独立 しつつ 、
       外界、環境 に 感謝しながら、 敬意をもって
       交流 できることが < よろこび >かも しれません 。


   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    004.JPG


    007.JPG


    008.JPG


    009.JPG

         MY    NEW    FAMILY    WAS    WAIKING    TO    TEMPLE  
                              ALONG    THE    RIVER   WITH   TWO   DOGS   .

                    THANK    YOU    VERY   MUCH   ,   NICE   TO   MEET   YOU   .

                      WELCOME   ,   WELCOME   ,    WELCOME   ・・・・・・

     013.JPG


               IN    THE    MOUNTAIN  

              022.JPG



                         GOOD     DAY
                             GOOD    LUCK
                                     MY   FRIENDS    AND    BIG   FAMILY

                                    APPRECIATION

                                  <   ENLIGHTENMENT    TOGETHER     >

                                     MONK    OF    ARASHIYAMA

                                     I    AM   SORRY    ABOUT     POOR    ENGLISH  .
     
                                      SEE    YOU    AGAIN


  嵐山大悲閣  「 角倉了以翁 忌 」 
     並びに  <  川施餓鬼 法要  >

                         大悲閣  千光寺
                       嵐山大悲閣 を 護る会

 ・  『  了以翁  四百二回忌  』 法要で ございます 。

 ・  日時  本年 10月25日( 日 )
         11時  渡月橋の船乗り場( 北 ) 集合
               法要・献花・奉納舞・・・

         11時30分  乗船
                川施餓鬼 法要、 御弁当 

         12時30分  千光寺下に 下船 
                  寺院へ( 解散 ・ ご自由  )

 ・  費用  一人  3000円 ( 当日 持参 )

 ・  申し込み 締め切り   10月10日

         090 2062 9710  ( 住職 まで )
        eメール  daihikaku  @  daihikaku  .  jp
       

           つつき ます

     とり急ぎ 要点のみ
    住所の ご連絡いただけましたら、案内状を お送りいたします。 合掌

      ・  京都の年間行事の 復活でございます
       どうか なにとぞ、御協力のほど 平に、御願申しあげます 。

                 現 小住  大林 道忠
                       ( 嵐山 残月 )


           主旨 など 、 つづき ます 、合掌


      敬と愛を こめて
         残月  合掌


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



    009.JPG


    010.JPG

                                   悪天


   015.JPG


   020.JPG


   005.JPG



        失礼いたします

    末筆ながら よき一日でございますように


    ・   たらちねに ( 母親 )  呼ばれて  かりに客に来て
           心おきなく  帰るふる里   (  古人歌  )

               ( 名前なんぞ また 、合掌 )
               ( お味会いくださいませ  )


    ・   客だから  いつかわ出るさ  この宿屋
          ちょいとそうじを   してから帰る  ( 微笑 )

         「 ゴミをおとすな 」  わすれてました ( 大笑 )

          帰りたくない   帰れないかも    ( 苦笑 )


      厚顔   無恥
        愚僧  萬拝

PICTURE 9-1-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

  [       THE    TEACHING    OF    BUDDHA     ]

<    BUDDHA   --NATURE    >   NO ,   2
<     さとり の 種(たね)( 性質 ) >

     「  THEY    MUST    CONTINUALLY     REMIND    THEMSELVES    OF
          THIS    FACT     BY   STRIVING    TO   AWAKEN    WITHIN    THEMSELVES
           THE    PURE   AND   UNCHANGING   FUNDAMENTAL    MIND   OF
           ENLIGHTENMENT   .

              BEING   CAUGHT   BY   A    CHANGING   ,   DEFILED   MIND   AND  
          BEING    DELUDED   BY   THEIR    OWN   PERVERTED    IDEAS   ,
          THEY    WANDER    ABOUT    IN   A    WORLD    OF   DELUSION   .



              人びとは 、 動かず 汚されない < さとり の 本心 >に 、
    目覚めて < 真実の自己 >に 帰らなければ ならない 。

     浮動する < 迷いの 心 >に 、 とらわれ
    さかさま の 物人事・・の 見方 に 、おわれているので 、
    人 は 迷いの世界を さまようのである  。



     THE    DISTURBANCES     AND   DEFILEMENT    OF    THE  
         HUMAN    MIND    ARE    AROUSED   BY   GREED    AS   WELL   AS
         BY    ITS    REACTIONS    TO    THE   CHANGING    CIRCUMSTANCES   .


              人の 迷いや 汚れは 、
    欲望 と その変化する 外界の < 縁 >に 、触れて 、
    起こるもので ある 。


      THE    MIND   THAT    IS   NOT    DISTURBED    BY   THINGS   AS
            THEY    OCCUR   ,   THAT    REMAINS    PURE    AND   TRANQUIL
             UNDER    ALL   CIRCUMSTANCES   ,    IS   THE    TRUE    MIND   AND
             SHOULD    BE   THE    MASTER   .


               この 縁の、 ( 来ること ・ 去ること )に 関係なく 、
    永久( えいきゅう )に ( 動かず ・ 滅びない ) 『 心 』 、
    
    これが 人の 心の 『 本体 』 であって 、
    また 『 主( あるじ ) 』 でも  ある  。    」

       (  仏教聖典からの 引用です  )


       ・  永久 、 永遠 に
   < 「 動かず ・ 滅びない 」 心  >に
   気づいたり、理解したり、体得し 、
   
   おのおの の実生活 、
   かくかく  の立場 、、、、、などに
   おいて、

   この『 こころ 』 を活かせたら、最高です 。


    また、実生活・職場 ・立場に おいて
  < 利害損得・快不快・・・・>の『 こころ 』だけでなく、

  この 『 本心 』( いえ 『 仏心 』 )を
  使えるように、努力・精進することが

  一番 幸福な < 生き方 >のような
  気が いたします 。


   そのために、
  前回の  「 ことば 」 と 「 おこない 」 の一致 ( 円満 )
     
   とともに、

        「 こころ 」 と 「 ことば 」 の一致をも

        めざしたい ものでございます 。


       修行でございます ( 微笑 )


      つづき  ます 。



 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



   001.JPG


               ごめんなり   あなたの名前   しりません
                  なんとあなたは  かわいいのでしょ


   007.JPG

                                      COTTON     FROM    OTOTUBA


         ああこれは   衣服の基本    ありがたや
            初めて会った   ああ恥ずかしや


    、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


      8月29日  閑話 その3  の  筆蹟 です


   003.JPG

     
                          「  橋 ( はし HA SI   )  ・  ・  ・  ・   」

          ・  HA  SI   =   BRIDGE     


   004.JPG

          「  通 ( TU U  )     円 (  E N   )  」
         ・  TUU   =    FREE    ,    COMPASSION
                        ・  EN     =     PERFECT   ,    MATURITY



         円通や  こころ止まりて  円通か
            尊者のこころ   どこにもあらず   (  大合掌  )


    、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 


             GOOD     DAY
                  GOOD    LUCK

                     MY    FRIENDS    AND  NEW    FAMILY

                     APPRECIATION
                      JOIN    MY    HANDS    TOGETHER

                  <    ENLIGHTENMENT     TOGETHER    >

                      I     AM    SORRY    ABOUT    POOR    ENGLISH  

                      MONK    OF    ARASHIYAMA

                      SEE    YOU    AGAIN   

         ・ ENLIGHTENMENT     HAS   NO   DEFINITE     FORM    OR
            NATURE    BY    WHICH    IT   CAN    MANIFEST   ITSELF   ,
            SO   IN   ENLIGHTENMENT    ITSELF   ,
             THERE    IS    NOTHING    TO   BE    ENLIGHTENED   .

   

このアーカイブについて

このページには、2015年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年8月です。

次のアーカイブは2015年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。