PICTURE 7-27-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

    [      THE     TEACHING    OF    BUDDHA       ]

<     THE   WAY    OF   PRACTICAL    ATTAINMENT    >  NO ,   2
<     実践 実行  の 道  >

< ( ことば ・ おもい だけで無い ) 方法  >


   「  TO   AVOID    ANY   EVIL   ,   TO   SEEK    THE    GOOD    ,
       TO    KEEP    THE    MIND    PURE   ,
          THIS    IS    THE    ESSENCE    OF    BUDDHA ,S   TEACHING   .


         どんな 悪をも なさず 、
  あらゆる 善いことを なし 、
  心 を 清くする 、 これが < 仏の教え >である 。


   ・  何が 悪( あく )で あるのか ?

   ・  何が 善( ぜん )で あるのか ?

   ・  わからなくなる 、わからない 
      価値の 善悪の 判断基準 が むずかしい

      あきらめる
      多数に つく
      強きに よる
      大声に したがう

     
      わからない 、迷う

      尊敬できる 方に 学ぶ
      信頼できる 方に 従う
      
      自分だけで
      自分の 判断を 信じきれるのが  一番

      むずかしい

      むずかしく ないように
      学ぶ ( 先人 ・ 過去 ・ 先輩 ・ 後輩 
            先生 ・ 師匠 ・ 現代人 ・・・ )

      修養 する ( 心 を 磨く )
      修業 する ( 心 を 磨く ・ 心 を 鍛える )

    ・  外 に もとめず 、 内 に もとめる

    ・ 『  心 を 清くする  』 とは 、どういう事なのか ?

    ・ 『  信じれる 自分の 心  』 を 、

      つくり  あげる 
      きたえ  あげる
      みがき  あげる

      安定した 生活
      豊かな  生活

      いえ 、

      安全な 生活
      欠乏のない 生活 を

      きずき あげる と 
      
      同時に 、

      『  自分 の 心  』を
      『  清めたい  』 もので ございます 。


     、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


     ENDURANCE    IS   ONE   OF    THE    MOST    DIFFICULT
          DISCIPLINES   ,    BUT   IT    IS    TO    HIM    WHO   ENDURES   THAT
          THE    FINAL   VICTORY    COMES   .


             たえ忍ぶことは 、 なしがたい 修業 の 一つである 。
    しかし 、よく 忍ぶものだけが 、いちばん いいことに なる 。


      ONE   MUST   REMOVE   RESENTMENT   WHEN   HE    IS  
          FEELING    RESENTFUL    ,    ONE    MUST   REMOVE    SORROW   WHILE
          HE   IS   IN   THE    MIDST   OF   SORROW   ,

             ONE    MUST    REMOVE    GREEDINESS    WHILE    HE   IS   STEEPED
           IN   GREED  .

              TO   LIVE    A    PURE   UNSELFISH   LIFE  ,    ONE   MUST   COUNT
           NOTHING   AS    ONE,S    OWN   IN    THE    MIDST   OF   ABUNDANCE  .






  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   015.JPG




   005.JPG



  008.JPG


      とても 涼しい  月待台 でございます


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  010.JPG


       龍神さま  浄化 の 上人  、  大合掌

  012.JPG



 011.JPG


 013.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 014.JPG



 017.JPG



     SORRY

             GOOD    DAY

             APPRECIATION

          <     ENLIGHTENMENT     TOGETHER     >

             SEE    YOU


             MONK     OF    ARASHIYAMA

             AGAIN
      
    

  

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bruce-kyoto.sakura.ne.jp/daihikaku/mt/mt-tb.cgi/8179

コメントする

このブログ記事について

このページは、大悲閣千光寺ブログが2015年7月27日 06:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「7月26日(日) 蓮華< 泥 と 花 > その 8」です。

次のブログ記事は「7月28日(火) 蓮華< 泥 と 花 > その 9」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。