2015年7月アーカイブ

PICTURE 7-31-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

    [      THE     TEACHING     OF    BUDDHA       ]

<    THE   WAY    OF   PRACTICAL    ATTAINMENT    >  NO  , 4
<    実践 実行 の 道 ( すすめ 方 ) >


  「  TO   LIVE    A    SINGLE    DAY    AND    HEAR    A    GOOD
       TEACHING    IS   BETTER   THAN   TO   LIVE   A   HUNDRED   YEARS
       WITHOUT   KNOWING    SUCH    TEACHING   .


        ( 正しい教え )を 知らないで 100年 生きるよりも 、
  ( 正しい教え )を 聞いて 、 1日 生きる方が はるかに 
   すぐれて いる 。


    THE   WORLD    IS    ALWAYS    BURNING   ,   BURNING   WITH   THE
       FIRES    OF    GREED    ,    ANGER    AND   FOOLISHNESS   , ,   ONE
       SHOULD    FLEE    FROM    SUCH    DANGERS
        AS    SOON    AS    POSSIBLE   .


         この世
  ( 世界 ・ 国家 ・ 社会 ・ 職場 ・ 学校 ・ 家庭 ・ 地域
  ( わが 心 ・ わが 精神 ・ わが 意識 ・ わが 思い ・・・・ )
   は 、
   <  むさぼり  ( 貪り ) >
   <  いかり    ( 怒り ) >
   <  おろかさ   ( 愚かさ ) > の ≪ 火 に 燃えている ≫ 。

   この火の家 ・ 火宅 ( かたく )
  ( 世界 ・ 場所 ・ 時間 ・ 魂 ・・・・  ・・・・・・  )から 、
   一刻 ( いちこく ) でも 早く 、
   逃げださなければ ならない 。

     ・  なぜならば 、
       この 三つの 火 によって 、 焼かれ
       死んで しまうからで ある 。

     ・  逃げずに 居て 、
       焼かれることなく 、 火を 消して 、

       なかよく ・ 清く 正しく 美しく
       たくましく ・ たのもしく ・ さわやかに

       あらゆる 存在を 活かしあい 、

       存在 そのものの 本分 ( 使命 )を

       全う( まっとう )( 全力を 尽くしきる )
       したい もので ございます 。

       < 最高の 生き方
       < 仏教の表現だと 「 菩薩 ぼさつ 」 です >


     ・  一時 、 離れ 逃げて 、

       静かに 心 を ととのえる
       静かに 自分 を みつめる

       静かに 沈黙 を 味会う
       静かに 自然 を 味会う


         寺院の 本当の
       目的 ・役割 ・ 使命は
     ここに 、 ございます 。 ( 反省 )


「   WHEN    ONE   HAS   THE   FEELING    OF    DISLIKE    FOR
      EVIL   ,    WHEN    ONE    FEELS    TRANQUIL   ,   WHEN   ONE   FINDS
      PLEASURE   IN   LISTENING    TO   GOOD   TEACHINGS   ,   WHEN  
      ONE    HAS   THESE    FEELINGS    AND   APPRECIATES   THEM   ,
      ONE   IS   FREE   OF   FEAR   .

         悪から 遠ざかる 味会い ( 感覚 ・ 心地 ・ 気分 ) 、
   静けさ ( 静寂 せいじゃく )の 味会い
   教え( 真理 ・ 心の法則 )を、正受・聞ける喜びの 味会い 、

    この味会い ( 感覚 ・ 境地 ・ 心地 ・ 気分 ・ 気持ち )
   を 味会う人( 感じれる人 ・ 分かる人 < 真価を > )は 、

   おそれ ( 恐れ ・ 畏れ )が ない 。


    DO   NOT   DECOME   ATTACHED    TO   THE   THINGS    YOU   LIKE  ,
        DO    NOT    MAINTAIN    AVERSION    TO   THE    THINGS    YOU   DISLIKE  .
        SORROW   ,   FEAR   AND   BONDAGE    COME   FROM   ONE,S  
         LIKES    AND    DISLIKES    .


           心に 好悪( こうお ・ 好き 嫌い )を おこして 、
   執着 ( しゅうちゃく ) しては ならない 。
   < 好むこと ・ 嫌うこと > ことから 、
    悲しみ が 生じ 、 恐れが 生じ 、
   束縛 ( そくばく ) が 生じる  。    」

  (  仏教聖典からの  引用です 、 日本語 残月 )


    ・  人生 は 執着( しゅうちゃく )さ ・ こだわりさ ( 微笑 )

    ・  愛 は 束縛 ( そくばく ) と 支配 ( しはい ) なのか ?

    ・  執着 とは なにか ?
       自分とは 何か ? つまり 、何に こだわる 執着してるのか ?

         つづき  ます

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  002.JPG


  006.JPG


  004.JPG

         道勝 上人 、 ありごとうございました 。

     7月の 大悲閣千光寺は 、浄化月間 でした 。
     ( 一カ月 の 御修行  )

     仮本堂 の 雨漏り止め 、庇 ひさし の 改修 、
     ゴミ だし( まだ 5割 ? )
        
       弁天さま ・ 龍神さま ・ 宇賀神将 さま ・ 上人さま 

     過去< ここ20年間 >
       道心さま( 高所の 達人) ・ 道秀さま ( 土木の 達人 )
       ・ 裏参道 が 車が登れるのは 土木の達人さまの お力です

          合掌 ・ 九拝 ・ 百拝 ・ 萬拝

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  009.JPG


  008.JPG

        蓮 はす  です

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  013.JPG


  015.JPG


  016.JPG


       鵜飼い が 、 2週間ぶりに 営業再開 です 。
     どうぞ みなさま 、 御味会い くださいませ 。
    
      予約なしで 、乗れる とのことです 。


   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    GOOD    DAY
              GOOD    LUCK
                    I     HEARTILY    PRAY

             APPRECIATION
                   JOIN    MY    HANDS    TOGETHER

                  MONK    OF    ARASHIYAMA

          <     WISH   TO    ENTER    INTO    A    LIFE     OF
                      ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

                  SORRY   ,  MY    POOR    ENGLISH

                  SEE    YOU   


  

  泥 は 泥 でない 、だから 「 泥 」 である

  花 は 花 でない 、だから 「 花 」 である

  私 は 私 でない 、だから 「 私 」 である


  なるほど


  蓮華 は 蓮華 でない 、 だから 「 蓮華 」 である

  人間 は 人間 でない 、 だから 「 人間 」 である

  動物 は 動物 でない 、 だから 「 動物 」 である


  なるほど


  損得 は 損得 でない 、 だから 「 損得 」 である

  増減 は 増減 でない 、 だから 「 増減 」 である

  美醜 は 美醜 でない 、 だから 「 美醜 」 である


  なるほど


  自転車 は 自転車 でない 、 だから 「 自転車 」 である

  小学校 は 小学校 でない 、 だから 「 小学校 」 である

  仕事場 は 仕事場 でない 、 だから 「 仕事場 」 である


  なるほど


  山 は 山 でない 、 だから 「 山 」 である

  草 は 草 でない 、 だから 「 草 」 である

  星 は 星 でない 、 だから 「 星 」 である


  なるほど  じゃ ない けど



  クヨクヨ  、 モンモン  、 イライラ  、 プンプン
  メソメソ  、 ガミガミ  、 ソワソワ  、 イソイソ
  ・・・・・・・・    ・・・・・・・

  が  きえてきた  みたい  (  微笑  )


  みたい 、 かもね ?  (  大笑  )


      つづき  ます



   駄弁 ・ 饒舌 ・ 蛇足 、 多謝
    (  思いの 量 が 、 少なくなるために
    (  心が よけいに 、 動かないように
    (  邪念 が なくなりますように
    (  ありにままに  見聞できますように

     敬と愛 と ともに
      残月  合掌


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  030.JPG

      やっと   平常に もどりました 。  やれ やれ 、、。


  032.JPG


  031.JPG

          渡月橋 ( とげつ きょう ・ TOGETU  BASI    BRIDGE    )
       
  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  015.JPG


           裏 参道 から 、 龍神さまの 方向を 見る


  016.JPG



  025.JPG


      現在は 参道では ございません 。 江戸時代です ( 微笑 )


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


      014.JPG


             蓮華 ( 別の 寺院です )、 NO ,  THIS   TEMPLE


                   ・  蓮華 は 蓮華ではない 、 だから 「 蓮華 」 である 。 ( 大笑 )


        失礼いたします
      末筆ながら  よい一日で ございますように


        厚顔   無恥

        愚僧   萬拝

                  ・ 愚僧 は 愚僧でない 、 だから 「 愚僧 」 である 。 
                         ( はい 、反省 、精進 精進  )
      

PICTURE 7-29-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

      [     THE    TEACHING     OF    BUDDHA      ]

 <    THE   WAY    OF    PRACTICAL    ATTAINMENT    >
 <     実践 実行 の 道 ( 思いを こえて )  >



 「 < うらみ >の 最中( さなか )にあって < うらみ >なく 、

  < うれい >の 最中にあって < うれい >なく 、

  < むさぼり ( 貪り ) >の 最中にあって < むさぼり >なく 、

  < 一つの もの > も 、< 我が もの >と 思うことなく 、
  < 清らか >に 生きなければ ならない 。  
 

       27日の残りの 日本語 ( 一部英語のみ )です 。  」


  ・  最中に 、このような ( こころ )を 保てるか( たもてるか )?
   これを できるようになることが 、 人生の目的とも いえます 。

    できるように なると 、
   苦しく つらくとも 、 自分も 他の方々も 、大切にできますから
   生きていて 楽なように 存じます 。

     そのために 、どのように、
   自分自身 が  学び 成長したら いいのか ?

     ここを 一番たいせつに している この 和尚日和 で
   ございます 。


  「  TO   BE    HEALTHY    IS    A    GREAT    ADVANTAGE  ,

            TO    BE     CONTENTED   WITH   WHAT   ONE   HAS    IS    BETTER   THAN
             THE   POSSESSION    OF   GREAT    WEALTH   ,

            TO    BE    CONSIDERED    RELIABLE    IS   THE    TRUEST     MARK   OF
            FRIENDLINESS   ,

             TO     ATTAIN     ENLIGHTENMENT    IS   THE    HIGHEST   HAPPINESS  .



           健康 が 最高の価値・利益 である

    満足 を 知り味会えるのが 最高の 裕福さ である

    信頼しあえることが 最高の 親睦 である

    さとり ( 空の自覚 ・ 無我 無常 の認識 ・ 慈悲の実践行 )こそが、
    最高の 幸せ ( 幸福 ・ 安心 ・ 安楽 ・ 大調和 ) である 。
                       
                            (  日本語  残月  )   」

      ( 仏教聖典からの 引用 です )


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  003.JPG



  002.JPG



  006.JPG


  007.JPG


          了以翁  石碑 ( 境内 に ございます )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  008.JPG

       黒松や    成犬になり   吠えまくる
          命の 力    活かしたきかな


       生命や  オス メス ありて  生きて行く
          オスは おすなり  メスは めすなり   (  合掌  )


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  011.JPG


         THE    ROAD   FOR    <   DAIHIKAKU   TEMPLE  >


         GOOD     DAY
             GOOD    LUCK
                       I     HEARTILY    PRAY

                 APPRECIATION
                 JOIN     MY   HANDS   TOGETHER

                 MONK    OF    ARASHIYAMA

               <    WISH    TO    ENTER   INTO   A    LIFE    OF
                   ENLIGHTENMENT    TOGETHER     >

                   SORRY

                    SEE     YOU    AGAIN




  泥 は 泥 でない 、  だから 「 泥 」 である

  花 は 花 でない 、  だから 「 花 」 である

  私 は 私 でない 、  だから 「 私 」 である

  男 は 男 でない 、  だから 「 男 」 である

  女 は 女 でない 、  だから 「 女 」 である

  人 は 人 でない 、  だから 「 人 」 である

  親 は 親 でない 、  だから 「 親 」 である

  子 は 子 でない 、  だから 「 子 」 である

  犬 は 犬 でない 、  だから 「 犬 」 である

  猫 は 猫 でない 、  だから 「 猫 」 である

  石 は 石 でない 、  だから 「 石 」 である

  空 は 空 でない 、  だから 「 空 」 である

  山 は 山 でない 、  だから 「 山 」 である

  海 は 海 でない 、  だから 「 海 」 である

  川 は 川 でない 、  だから 「 川 」 である




  生 は 生 でない 、  だから 「 生 」 である

  死 は 死 でない 、  だから 「 死 」 である

  愛 は 愛 でない 、  だから 「 愛 」 である

  恋 は 恋 でない 、  だから 「 恋 」 である

  悪 は 悪 でない 、  だから 「 悪 」 である

  善 は 善 でない 、  だから 「 善 」 である

  利 は 利 でない 、  だから 「 利 」 である

  名 は 名 でない 、  だから 「 名 」 である


   、、、、、、          、、、、、、

   、、、、、、           、、、、、、


  全て を  こえて
  全て に  まもられ
  全て を  あいし

  やさしく  きよく  うつくしく
  たくましく  つよく  いさぎよく

  生き つづける ために

  心を いかす ために


      残月  

   駄弁 饒舌 蛇足 、  多謝

       合掌 百拝萬拝


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  004.JPG



  006.JPG


  009.JPG



  010.JPG


  011.JPG


      愛宕( あたご ) 山 からの お帰り 。   大合掌


  012.JPG


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  001.JPG


                大合掌


    失礼いたします
  末筆ながら  よき一日を

    厚顔  無恥

    愚僧  萬拝



  

PICTURE 7-27-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

    [      THE     TEACHING    OF    BUDDHA       ]

<     THE   WAY    OF   PRACTICAL    ATTAINMENT    >  NO ,   2
<     実践 実行  の 道  >

< ( ことば ・ おもい だけで無い ) 方法  >


   「  TO   AVOID    ANY   EVIL   ,   TO   SEEK    THE    GOOD    ,
       TO    KEEP    THE    MIND    PURE   ,
          THIS    IS    THE    ESSENCE    OF    BUDDHA ,S   TEACHING   .


         どんな 悪をも なさず 、
  あらゆる 善いことを なし 、
  心 を 清くする 、 これが < 仏の教え >である 。


   ・  何が 悪( あく )で あるのか ?

   ・  何が 善( ぜん )で あるのか ?

   ・  わからなくなる 、わからない 
      価値の 善悪の 判断基準 が むずかしい

      あきらめる
      多数に つく
      強きに よる
      大声に したがう

     
      わからない 、迷う

      尊敬できる 方に 学ぶ
      信頼できる 方に 従う
      
      自分だけで
      自分の 判断を 信じきれるのが  一番

      むずかしい

      むずかしく ないように
      学ぶ ( 先人 ・ 過去 ・ 先輩 ・ 後輩 
            先生 ・ 師匠 ・ 現代人 ・・・ )

      修養 する ( 心 を 磨く )
      修業 する ( 心 を 磨く ・ 心 を 鍛える )

    ・  外 に もとめず 、 内 に もとめる

    ・ 『  心 を 清くする  』 とは 、どういう事なのか ?

    ・ 『  信じれる 自分の 心  』 を 、

      つくり  あげる 
      きたえ  あげる
      みがき  あげる

      安定した 生活
      豊かな  生活

      いえ 、

      安全な 生活
      欠乏のない 生活 を

      きずき あげる と 
      
      同時に 、

      『  自分 の 心  』を
      『  清めたい  』 もので ございます 。


     、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


     ENDURANCE    IS   ONE   OF    THE    MOST    DIFFICULT
          DISCIPLINES   ,    BUT   IT    IS    TO    HIM    WHO   ENDURES   THAT
          THE    FINAL   VICTORY    COMES   .


             たえ忍ぶことは 、 なしがたい 修業 の 一つである 。
    しかし 、よく 忍ぶものだけが 、いちばん いいことに なる 。


      ONE   MUST   REMOVE   RESENTMENT   WHEN   HE    IS  
          FEELING    RESENTFUL    ,    ONE    MUST   REMOVE    SORROW   WHILE
          HE   IS   IN   THE    MIDST   OF   SORROW   ,

             ONE    MUST    REMOVE    GREEDINESS    WHILE    HE   IS   STEEPED
           IN   GREED  .

              TO   LIVE    A    PURE   UNSELFISH   LIFE  ,    ONE   MUST   COUNT
           NOTHING   AS    ONE,S    OWN   IN    THE    MIDST   OF   ABUNDANCE  .






  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   015.JPG




   005.JPG



  008.JPG


      とても 涼しい  月待台 でございます


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  010.JPG


       龍神さま  浄化 の 上人  、  大合掌

  012.JPG



 011.JPG


 013.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 014.JPG



 017.JPG



     SORRY

             GOOD    DAY

             APPRECIATION

          <     ENLIGHTENMENT     TOGETHER     >

             SEE    YOU


             MONK     OF    ARASHIYAMA

             AGAIN
      
    

  



  泥 は 泥 でない 、 だから 「 泥 」 で ある

  花 は 花 でない 、 だから 「 花 」 で ある


  なんのこと


  私 は 私 でない 、 だから 「 私 」 で ある

  あなた は あなた でない 、 だから 「 あなた 」 で ある


  親 は 親 でない 、 だから 「 親 」 で ある

  子 は 子 でない 、 だから 「 子 」 で ある


  え、 なんのこと


  男 は 男 でない 、 だから 「 男 」 で ある

  女 は 女 でない 、 だから 「 女 」 で ある


  え、 え 、

  人 は 人 でない 、 だから 「 人 」 で ある



         つづき  ます


  駄弁の饒舌 、おゆるしを
    敬と 愛と ともに

       残月  合掌


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  008.JPG



  010.JPG


  006.JPG


        冬 の  嵐峡


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  012.JPG


       超現代語訳 の 般若心経( ネット上の ) を、 
               愚僧に 教えてくれた 大阪の若者たち 。

       「   ありがとう、 すばらしい 、すごい  」
       「   ともに 実践実行 して 行きましょう 」
       「   むずかしいなー  」
       「   精進 精進 、 精進 、 また 精進  」
       「   つらいなー 」
       「   気楽に  ちから つよく  」 (  微笑  )( 独り言 )( 大笑 )

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  013.JPG


  015.JPG


  014.JPG



     失礼いたします

    末筆ながら よき一日で ございますように

    ・  はんせいし  かんしゃし  いのり
      ひび  じつせん じつこう したいもので  ございます 。

      厚顔  無恥

      愚僧  萬拝

PICTURE 7-25-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

    [      THE     TEACHING     OF     BUDDHA      ]

 <    THE   WAY    OF    PRACTICAL    ATTAINMENT    >   NO ,  1
 <     実践 実行  の  道 ( みち ) >


    「  TO    WORRY    IN    ANTICIPATION    OR    TO    CHERISH 
         REGRET    FOR    THE   PAST   IS    LIKE   THE   REEDS    THAT    ARE
         CUT    AND   WITHER    AWAY   .

            まだ こない 未来に あこがれて 、
   とりこし 苦労を したり 、 過ぎ去った( 過去 )日 の 影を追って
   悔いて( 後悔 こうかい )いれば 、
    刈り取られた 葦( あし )のように 、やせしぼむ 。


    THE   SECRET    OF   HEALTH   FOR   BOTH    MIND    AND   BODY
       IS   NOT   TO   MOURN    FOR    THE   PAST    ,    NOT   TO    WORRY   ABOUT
       THE    FUTURE    ,   OR    NOT    TO    ANTICIPATE    TROUBLES   ,   BUT   TO
       LIVE   WISELY    AND   EARNESTLY    FOR   THE   PRESENT   .


          過ぎ去った日のことは 悔いず( くいず )( 反省は 大切ですが )、
   まだ、 来ない 未来に あこがれず ( 予見し 備えることは いいですが )、
   とりこし 苦労を せず 、
     現在 を 大切に ふみしめて 行けば 、
   身( 肉体 ) も 心( 精神 )も 、健やかに なる 。


   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    DO    NOT   DWELL    IN   THE   PAST    ,
       DO    NOT    DREAM    OF   THE   FUTURE    ,   CONCENTRATE   THE
       MIND    ON    THE    PRESENT   MOMENT   .

           過去は 追っては ならない 、
   未来を 待っては ならない 。

    現在の 一瞬だけを 、 強く ( 清く )
   生きねば ならない 。


    IT   IS   WORTHY    TO   PERFORM    THE   PRESENT    DUTY   WELL
        AND    WITHOUT    FAILURE    ,   DO   NOT   SEEK    TO   AVOID    OR
        POSTPONE    IT   TILL   TOMORROW   .

           BY    ACTING   NOW   ,    ONE   CAN   LIVE   A   GOOD   DAY   .


            今日 すべきことを 、 明日に のばさず 、
    今日 すべきことを、 確かに していく事こそ 、
     
     よい 一日を 、生きる 道である  。    」

      ( 仏教聖典 からの 引用です 。 )


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  001.JPG

               夏の 句碑 で ございます 。

    劣化・風化 防止のために、 雨よけを しています 。
   恥ずかしながら、屋根を ここ10年つくれずいます 。 ( 反省 )


  002.JPG

        蝉 声 ( せんせい ・ セミ の 鳴き声 )

  003.JPG

          晴れてあり   


  004.JPG


          嵐 氣 ( 気 ) 動く


  005.JPG


         奥 は


  『   嵐氣 動く   奥は 蝉声  晴れてあり  』

  

  「  RANKI   UGOKU

             OKU   HA    SENSEI    (   SEMI   NO   KOE  )

              HARETE    ARI      」

   「  THE    ATMOSPHERE    OF    MOUNTAIN      MOVES

                 VOICE    OF    CICADA     IN    DEEP    MT.

                 IT    IS    FINE     HERE     」

   「   ?

       ?

       ?      」   (  HELP    ME   ,   PLEASE    )


    、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


     GOOD     DAY
              GOOD    LUCK
                    I    HEARTILY    PRAY   .

              APPRECIATION
                    JOIN    MY   HANDS    TOGETHER

               MONK    OF    ARASHIYAMA

              <     WISH    TO    ENTER   INTO    A    LIFE    OF
                 ENLIGHTENMENT     TOGETHER    >

                 SORRY

                 SEE     YOU

         追伸 、 昨日のブログ に 加筆いたしました 
        よろしければ 、御覧下さいませ  
            (  残月  合掌  )


     
    



  それは 泥 ( どろ )で  ある
  それは 花 ( はな )で  ない

  それは 花 で   ある
  それは 泥 で   ない

  それは 泥 であり  花 で ある
  それは 花 であり  泥 で ある

  それは 泥 であり  泥 で ない
  それは 花 であり  花 で ない

  それは  なになの でしょうか ?

  それは  蓮華 なのか ?

  それは  蓮華 である
  それは  蓮華 でない

  それは  蓮華 であるけど 蓮華でない

  ( 大笑 )

     それは  蓮華 でないけれど  蓮華である



 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  ゴ―ン   ゴ―ン
  山寺 の 梵鐘( ぼんしょう )が 鳴る

  ゴ―ン   ゴ―ン


  鐘 ( かね )が  鳴る


  鐘 は 鳴らない
  撞木 ( しゅもく ) が 鳴る


  鐘 と 撞木 が  ともに 鳴る


  ゴ―ン   ゴ―ン


  鐘 も 撞木 も  ともに 鳴らない


  (  大笑  )


  ゴ―ン  ゴ―ン


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



  駄弁です おゆるしを
   精神の 自由のために
     肉体からの 自由のために
       身心からの 解脱( げだつ )のために

     残月  合掌


   ・ 「 心 」 からの 解脱 とは ?

   ・ 「 宿命 」 からの 解脱 とは ?


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  002.JPG


  004.JPG


 003.JPG 


 005.JPG


 007.JPG


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 001.JPG


       にゃにゃにゃ   うんにゃうんにゃ   にゃにゃうん  (  ・  )


     失礼いたします
   末筆ながら よき一日で ございますように

   ・ <  自由なんて いらないさ  >
      自分で 自分 、動かせないよ 。
      なるほど、 なるほど

   ・ <  独立なんて いらないさ  >
      自分で 自分、 動かせないよ 。
      なるほど 、 なるほど

   ・  しかし
      奴隷 ( どれい ) だぞ

   ・  いや
      信頼 、 おまかせ 、 信仰さ

   ・  え   ?


    厚顔  無知
     愚僧  萬拝



 

PICTURE 7-23-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

     [     THE    TEACHING     OF    BUDDHA      ]

  <     BUDDHA ,S   VIRTUE    >   NO ,   11
  <     仏( ほとけ 様 ) の 徳 ( ありがたさ ) >


 「  仏は 実に 、大いなる< 法 ・ ダルマ ・ 真理 >の < 王 >で
   あるから、思いのままに < 教え ・ 真理 >を 説く 。

    AS    BUDDHA    IS   THE   GREAT   KING   OF   THE   DHARMA   ,
       HE    CAN   PREACH    TO   ALL   PEOPLE   AS   HE   WISHES   .


          BUDDHA    APPEARS   IN   THE   WORLD   TO    BLESS   THE   PEOPLE   .
      TO   SAVE   THEM    FROM    SUFFERING    HE   PREACHES   THE  
      DHARMA    ,    BUT   THE    EARS   OF   PEPOLE   ARE   DULLED    BY   GREED 
      AND   THEY    ARE    INATTENTIVE   .


         仏は 、ただ 、
  人々を 安らかにし 
  恵みを  もたらす ために 、 この世に 現われた 。

   ところが 、 人々は < 欲 ( よく ) >に 引かれて、
   聞く 耳をもたず 気にも していない 。


    しかし 、この< 教え >を< 聞いて >< 喜ぶ >ひとは 、
   もはや けっして、< 迷い・苦悩 >の 世界にしりぞくことのない
   < 境地 ( きょうち ) >に、おかれる であろう 。

    したがって、 仏の教え に < 耳を かたむけ >
   < それを 実践 すべきで ある 。 >



   BUT    THOSE   WHO   LISTEN    TO    HIS   TEACHINGS    ARE   FREE
     FROM    THE   DELUSIONS    AND    THE   MISERIES   OF   LIFE   .


         THEREFORE   ,    ONE    SHOULD    LISTEN    TO   THE   BUDDHA,S
      TEACHING    AND   PUT   IT    INTO   PRACTICE   .     」

 (     仏教聖典 からの  引用 です  )


    ・   あるていど 、理解、納得 できたら、実行・実践です 。
      < 行為 >こそ、すべてで ございます 。

    ・  ここの 「 理解・納得 」いけたら、
      『 信 』に すすみます 。

    ・ 『 信 』とは 何か ?
      < 行為 ・ 行い >を ささえる ものなのか ?

    ・  どこまで、『 苦 』を 感じているか ?
      とも 関係 いたします 。

       現代日本社会 で 『 苦 』 を 感じきれるか ?


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   004.JPG


   009.JPG


   012.JPG


  013.JPG


  014.JPG


  025.JPG


    GOOD     DAY
           GOOD     LUCK

                 SORRY
     
                 SEE    YOU

         <    ENLIGHTENMENT     TOGETHER    >

                 MONK    OF     ARAHIYAMA


   

  「  人間は < 同じ >である  」と 、確信しています ( 微笑 )

  正確には

  「 <  人間の 心  >は 、< 同じ >である  」
  「  人間、一人一人の 価値は 、 < 同じ >である 」

  と、いうこと です 。


    この 『 気持ち・ 考え・ 意識 ・確信 ・ 覚悟 ・ 境地 ・・・・ 」
  ( ことば による 表現は 、そう重要ではない、この場合 )が
  あるので 、

   小生は、 初対面の お方でも 、
  微塵の 『  不安 ・ 恐怖 ・ 疑念 ・・・・ 』 が
  出てまいりません 。   ( 微笑 )( 大笑 ) ( ほんとうか ? )
                  (  ほんとうさ  )(  大笑  )


   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   ただ ≪  命 そのもの  ≫
   ただ ≪  心 そのもの  ≫

   として、
   お会いさせて いただいて います 。
     (  ほんとうか ? )(  ほんとうさ )(  うそー )
     (  微笑  )

   なんという、 <  しあわせ  >
            < もうし わけない >
            < かたじけ ない > 。

   <  ありがたい > ことで ございます 。


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   了以翁 ・ 素庵さま に  出会っても 、

   ただ、<  ありがたい  >
   ただ、<  もうしわけない >という 思いばかりで、

   (  だから、 僧侶 ・ 坊主 なのでしょう )( 大笑 )

   ぜんぜん、 「 学問 ・ 研究 ・ 歴史探索 」 に
   なりません 。 申し訳ございません 。
   (  ヤクタタズ 也 、 反省  )


   しかし、
   それでは 、当然 、よくないので
   『  吉田家 ・ 角倉家 研究  』 会 を 、組織し
   おおいに、 学び合いたく 存じます 。

    以前 会報 ≪  すみのくら  ≫ が ございました 。
   府立資料館 に、 ございます 。

    当時の 幹部の方が ご存命なので
   一日でも 早く  会報 の続編 (  改名 になるでしょう )を
   発刊 いたしたい 所存に ございます 。


    嵐山 大悲閣 千光寺 の  護持 と 並行して
   進めてまいります 。
    よろしく お願い 申し上げます 。


   駄弁ながら、 敬と愛を こめて
     残月  合掌


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


     NO ,    1
  014.JPG


             NO ,  2
  012.JPG


         NO ,   3
  010.JPG

              NO   ,   4
  008.JPG


         NO  ,   5
  007.JPG


              NO  ,  6
  004.JPG

             NO  ,   7
     003.JPG


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  001.JPG


       WELCOME     MY    NEW    FRIEND     FROM    FRANCE


    002.JPG

                                                     GOOD    LUCK   ,    FRIEND   .


       失礼いたします
  末筆ながら  よき一日で ございますように 。


  ・  ともに  向上いたしたく 存じます  。
    現実社会 生活に 、 学びながら
    先人 ・ 過去 ・ 積み重なり( 学問 )に 、
    学び ながらで ございます 。

     自他一如 ( じた いちにょ )
    「  自 よ 、 慢心すてて 、礼をつくし 、学んで いるのかい ? 」
    「  なにが  一如 かい 、 我で 苦しむ だけだぞ  」
    「  はい  」

   厚顔   無恥
    愚僧  萬拝

   

PICTURE 7-21-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

    [       THE      TEACHING     OF    BUDDHA      ]

<     BUDDHA   ,S    VIRTUE     >  NO  ,   10
<     仏 ほとけ  の 徳 ( とく )  >


   「  BUDDHA     SAW   THAT   THIS   WORLD   OF   DELUSION    WAS
       REALLY    A    BURNING    HOUSE   ,    SO   HE    TURNED    FROM   IT
       AND   FOUND    REFUGE   AND   PEACE     IN   THE   QUIET   FOREST  .

         THERE  ,  OUT   OF   HIS   GREAT   COMPASSION  ,
      HE   CALLS    TO    US   ,
     <    THIS    WORLD   OF   CHANGE    AND   SUFFERING   BELONGS   TO
       ME  ,   ALL    THESE    IGNORANT   ,    HEEDLESS   PEOPLE   ARE
       MY    CHILDREN  ,    I    AM   THE   ONLY   ONE   WHO    CAN
       SAVE    THEM    FROM    THEIR    DELUSION    AND   MISERY   .


          仏 ( ほとけ 様 ) は 、『 妄想 』 という 迷いの世界という
  燃えているような家 ( 火宅 ・ かたく )を はなれ 、静寂な林 にあって、
  
  < いま この 苦しみにあふれた世界は 、私に 責任があり 、
   その中の 、 無知 で 無思慮 ・ 無頓着 で 、苦しんでる人びとは
   わたしの ( 可愛い ) 子どもである 。

     ( 親として、子どもの ) 『 妄想 』 と 『 悲惨 ・ 苦悩 』から
   すくい 助けるのは 、 ( 親だから )われ、 一人で ある 。   」

   (  仏教聖典からの 引用です 。

   (  既存の日本語訳は 、 仏さまが 嫌う 慢心と誤解されそうな
   (  所があり 、だいぶ 逐語的に したり、注釈的に
   (  なっています 。  御許しくださいませ 。
   (  大慈悲 の 原点なので、いい加減に できませんでした 。
   (  多謝 、 合掌 。 )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  001.JPG

                                 NO ,   THIS   TEMPLE  .

     003.JPG


                              道友 が、 
     作務( さむ ・ 肉体労働 )と 坐禅に 精進中 ( 7月中 )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  007.JPG


       10数年前に、作った 寺子屋の、半解体中 。
     いっしょに 作った < 道心さん > の 努力精進が 感じられます 。

    ・ 番線( はりがね )と 紐 を、心をこめて 、はずしてます 。 合掌


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  016.JPG


  018.JPG


  021.JPG



  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  024.JPG



     GOOD     DAY
              GOOD     LUCK
                 I    HEARTILY     PRAY

                APPRECIATION
                   JOIN   MY   HANDS   TOGETHER

                MONK   OF    ARASHIYAMA

              <     WISH    TO   ENTER   INTO   A    LIFE   OF
                   ENLIGHTENMENT    TOGETHER      >

                  SORRY

                  SEE    YOU

 

  

   泥 は 泥
   花 は 花

   泥 は 花
   花 は 泥

   泥 は 花であるけど 泥 である
   花 は 泥であるけど 花 である

   泥 と 花 は ちがう
   泥 と 花 は おなじ


   これらみな
   文字 の 世界 なり
   分別 の 世界 なり
   集団 の 世界 なり
   社会 の 世界 なり
   国家 の 世界 なり
   歴史 の 世界 なり
   時勢 の 世界 なり
   身心 の 世界 なり

   
   不生 ( ふしょう ) ( うまれない )
   不滅 ( ふめつ ) ( ほろびない )

   不増 ( ふぞう ) ( ふえない )
   不減 ( ふげん ) ( へらない )

   不垢 ( ふく  ) ( あか よごれ でない )
   不浄 ( ふじょう )( きよらかで ない )

   不断 ( ふだん ) ( たち きれず )
   不常 ( ふじょう ) ( つね でない )

   不一 ( ふいつ ) ( ひとつ でない )
   不異 ( ふい )  ( ことなら ず )

   不来 ( ふらい ) ( こない )
   不去 ( ふこ ) ( さらない )


   何を いって いるの だろうか ?
   
   笑ってしまう
   現実 を しらないか ?

   バカ か ? アホ か ?  キチガイ か ?

   されど
   ときには

   文字 ・ 身心 を 超えて

   文字 に とらわれず
   身心 に とらわれず

   ときには
   文字 を  すて
   
   ときには
   身心 を  すて

   大安心 ・ 大安定 ・ 大調和 を
   味会いたい もので ございます 

   ほんとうか ?

   ほんとうさ

   これぞ 、 仏命
   これぞ 、 仏心

   これぞ 『 蓮華 』 なり ( 大笑 ) 。



  駄弁の饒舌 、 おゆるしを
   敬と愛 とともに
     残月  合掌


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  002.JPG


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  003.JPG


  006.JPG


     WELCOM  ,   MY   FRIND    FAMILY    FROM    DOMINICA   .
                          HE    IS   STUDYING  AT   THE   UNIVERSITY   FOR   ARCHITECT  .


    007.JPG

                   まさに 「 掘り立て小屋 」 ( 生活の 原点 なり )

    1  木を 切る
    2  穴を 掘る
    3  柱を 立てる
    4  屋根を 作る
    5  物を 置く
    6  人が 居る
    7  心の 集中・安定
    8  ・・・・


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  009.JPG


  013.JPG




    失礼いたします
  末筆ながら よき一日で ございますように 。

  ・   八不 中道 ( はちふ ちゅうどう ) という 言葉を
      おぼえてて くださいませ 。

  ・  夏の 酷暑 に 負けませんように
     「  感じても  心を 動かしませんように 」 ( 微笑 )

     「  なぜ ? 」
     「  つかれる じゃない 」( 心が  動くから )
     「 暑さを いやがる 自分が 、 イヤだから 」 ( 大笑 )
    


   厚顔  無恥
    愚僧  萬拝

  
   

PICTURE 7-19-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

     [        THE      TEACHING     OF    BUDDHA       ]

 <      BUDDHA  ,   S    VIRTUE    >    NO  ,  9
 <      仏 ほとけ の  徳 ( とく )  >


  「  BUDDHA   IS   A   FATHER   TO    ALL   THE   WORLD    ,
      ALL    HUMAN    BEINGS   ARE   THE   CHILDREN   OF   BUDDHA   .


        仏 ( ほとけ ・ ブッダ ・ 真理に目覚めた人 )は、
  この世の 父である 。  
   あらゆる人びと・ 人間は 、みな 仏の子である 。


   THE   WORLD   IS   AFIRE    WITH    DECREPITUDE   AND
    DEATH   ,  THERE   IS    SUFFERING    EVERYWHERE   .
       BUT    PEOPLE    ,    ENGROSSED    IN   THE   VAIN   SEARCH  
   FOR   WORLDLY    PLEASURE   ,   ARE   NOT    WISE   ENOUGH   TO
   FULLY    REALIZE    THIS   .


       人びとは 、
 この世の 、 楽しみにのみ  かかわり 、
 その < わざわい >( 災い ・ 禍 ・ 厄 ) を
 見通す 、< 智慧 ( ちえ ) >を  もたない 。

  この世は、 苦しみに満ちた、 恐るべきところ 、
 < 老化( ろうか ) > と < 病気( びょうき ) >と
 < 死亡( しぼう ) > の
 ≪  炎 ( ほのお )  ≫ は

  燃えて 止まない 。   」

  (  仏教聖典 より 、 引用です  )


  ・  だから 、
   本当の 意味の 『 修業 ( しゅぎょう ) 』 が
   必要である 。

   < 老化 ・ 病気 ・ 死亡 >で
   ビクビク ・ ハラハラ ・ オロオロ ・ シクシク

   しない、
   < 安心 ・ 満足 ・ 覚悟 >の

   < 境地 ・ 心地 ・ 生活 >へ

   進むのが 、いい事で ございます 。


  、、、、、、、、、、、、、、、


   < 老 ・ 病 ・ 死 > 以前の

   ≪ 生 ≫ ( 生存 ・ 生活 ・ 生命 )の
   世界で 、 苦しんで います が ? ?

    どう、 考えたら いいのでしょう ?


   つづき  ます 。


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



   001.JPG


   003.JPG


   005.JPG


   、、、、、、、、、、、、、、、、、



   007.JPG


   008.JPG


   014.JPG


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   034.JPG


      WELCOME  ,   WELCOME   ,    MY   YOUNG    FRIENDS   
                         FROM   U.S.A..    THEY    ARE    STUDENTS    .


        035.JPG


       036.JPG


      037.JPG


     038.JPG


                                                 SEE     YOU     AGAIN   

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  053.JPG



      GOOD   DAY 
                   GOOD   LUCK

                   APPRECIATION

                   MONK   OF    ARASHIYAMA

           <    WISH    TO   ENTER   INTO   A    LIFE    OF
                    ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

                    SORRY
                     SEE    YOU   

       、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  P.S.

  「  THROUGH    MEDITATION   ,
           BUDDHA    (     HUMAN    BEING    )   PRESERVES    A   CALM
           AND   PEACEFUL    SPIRIT   ,   RADIANT   WITH   MERCY   ,   COMPASSION   ,
           HAPPINESS    AND   EVEN   EQUANIMITY   .

             HE   DEALS   EQUITABLY    WITH   ALL   PEOPLE   ,  CLEANSING   THEIR
           MINDS   OF   DEFILEMENT   AND   BESTOWING    HAPPINESS   IN   A  
           PERFECT    SINGLENESS    OF   SPIRIT   .


            仏 ( ほとけ ・ 無我 ・ ブッダ ・ 真理にめざめた人 )は、
    冥想( めいそう )に 入って 、
    < 静けさ > と < 平和 >を 得、

     あらゆる人びとに たいして、
    < 慈しみの 心 >< あわれみの 心 >< とらわれのない 心 >を持ち、

     心の あらゆる 汚れ( よごれ )を とりさって 、
    < 清らかな心 > を もつ人だけがもつ 
     ≪ 喜び ≫をもつ( 味会う ) 。 」

                        SEE     YOU     AGAIN   ,    MY   FAMILY   .

   

  「  河道主事 嵯峨 吉田 了以翁 碑銘   」

『  玄之 等は その遺教( いきょう )に 従い 、

 玄之は 其の事を 録し、 以って余( 林 羅山 )を 奇せて

 之を為に  件件右の如く 記し請う 。 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・        』

   ・  玄之 ( はるゆき 、素庵、 了以翁の 長男 ) は
    父、了以翁の 遺言に したがい 、 肖像( 木像 )と
    石碑( 石誌 ) を 作り、大悲閣に まつり、また 建立す 。


   ・  了以翁 の  遺産 は、 大きい 。

   ・ < 大悲閣 千光寺 > の 維持・発展に
    一日一日 、 全力を 尽くして いる 現状でございます 。

   ・  もう すぐ 寺院を 護持する 仲間の会を 作りたく存じます。
    みなさま方で 、ご関心の お有りの方は 是非 ご参加くださいませ。

     墓地がなく、 檀家がいない寺院として、
    いかに 寺院を 維持 運営 発展 成熟 させていくか、
    愚僧の もう一つの 課題でございます ( 微笑 )



   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   006.JPG


        きのうきょう  あめふりばかり  つまらない
           くるまにのって  きょうとをめぐる




  005.JPG


       はなしがい  山僧ねがい  ゆめのゆめ   
         こしつの昼寝  またたのしからずや



     失礼いたします
   末筆ながら よき一日でございますように

   ・ 大雨の 京都で ございます 。


     厚顔  無恥
       愚僧  萬拝

PICTURE 7-17-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

   [     THE    TEACHING    OF    BUDDHA     ]

<    BUDDHA  ,S    VIRTUE    >    NO,   8
<    仏 ほとけ  の 徳( とく ) >


   「  THE   WORK   OF   BUDDHA    IS   TO   MANIFEST   IN    ALL
       AFFAIRS    AND   ON   ALL   OCCASIONS    THE    PURE   ESSENCE
       OF    DHARMA--KAYA   (   THE   ABSOLUTE   NATURE   OF   BUDDHA  ),

      SO   BUDDHA  ,S   MERCY   AND   COMPASSION   FLOW   OUT  FROM
      THIS   DHARMA--KAYA   IN    ENDLESS    LIFE    AND
       BOUNDLESS    LIGHT   ,   BRINGING    SALVATION    TO   MANKIND   .


        仏の < はたらき >は 、
  このように、 この世の 事物の上に、 現れるが 、

  それらは、< 法身 ( ほっしん ) 真理  >の 源 ( みなもと )から
 流れ出るもので 、< 限りない 命 >< 限りない 光 > の
 『 すくい 』( 救い )も、 その源は
 法身《 真理 》の  ≪ 仏 ほとけ ≫に 、ある 。     」 



  「  THE   WORLD   IS   LIKE    A    BURNING    HOUSE    THAT   IS
      FOREVER    BEING    DESTROYED   AND   REBUILT   .

         PEOPLE    ,   BEING   CONFUSED    BY   THE   DARKNESS   OF  
     THEIR    IGNORANCE   ,    LOSE    THEIR   MINDS   IN   ANGER   ,
     DISPLEASURE   ,   JEALOUSY  ,   PREJUDICE   AND   WORLDLY
     PASSION   .


        THEY    ARE   LIKE   BABIES   IN   NEED   OF   MOTHER   ,
     EVERYONE    MUST   BE    DEPENDENT    UPON    BUDDHA  ,S  
     MERCY    AND    COMPASSION    .


        この世は 火の宅( 家 )( 火宅 かたく )の ように 、
  安らかでは 無い 。


   人びとは、 おろかさ( 愚かさ )の 闇に、 つつまれていて、
  < いかり ・ ねたみ ・ そねみ ・・ > あらゆる
  ≪ 煩悩 ぼんのう ≫ に 、狂わされて いる 。


   赤子に母親が 、必要であるように 、
  人びとはみな 、この ≪ 仏 の 慈悲  ≫に

  たよらなければ 、ならない 。     」


(  仏教聖典より 引用 です  )


   ・  限り無い 無限 の ≪ 命 ≫ とは ?
   ・  限り無い 無限 の ≪ 光 ≫ とは ?

   ・  この 命  と  光  を

      理解 ・ 感じ ・ 体得 できたら

      人間として 生まれた 、目的は 達成 、成就 。

      後は 、身近な事人の 役に立てたりできたら
      いいですね 。 死ぬまで 。
      死んでからも ( 大笑 )


   ・  煩悩 ぼんのう  とは 何か  ?

     「 自分が 生きている事 ? 」

     「 自分を 生かそうと すること ? 」

     「  苦しみ の 元( もと ) 」


   ・  慈悲 とは 何か ?

     無限 の 命
     無限 の 光

     無償 の 愛

        つづき  ます


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



   004.JPG


     DO    NOT    SEEK    TO    KNOW    BUDDHA  
          BY   HIS   FORM   OR   ATTRIBUTES   .

              THE   TRUE   WAY    TO   KNOW   BUDDHA    IS   TO
          REALIZE      ENLIGHTENMENT   .


                形 ( 相 ・ かたち ) は、大切である

      形 に、とらわれては ならない 、
      形 に、こだわっては ならない

      形 を、そまつ にしては ならない

      形 と 心 は、一つでも ある 。

      されど

      無形 ・ 無相 こそ 、

      心の根本に おきたいもので ございます 、

      形は こわれやすく 、

      形を つくるには 余裕が いる

      形を いじするには 余裕が いる 、

      人類は、余裕ある世界ばかりでは ない 。

      「 余裕 ( よゆう ) 」 とは ?


         つづき  ます

                           合掌 、 九拝 。


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   002.JPG

                        FROM     INDIA


         ある所で 、 頭立( とうりつ )していたら 、
           そこの 近くで 発見 ( インド でしょうか ? )


       ・  空 ( くう ) 

         精神的自由 (  調和 ・ 安定 ) には、 真反対 を 理解すること 

         肉体的自由 (  調和 ・安定  ) には 、真反対 を  成すこと
             「  逆立ち、 腕で立つ 、 頭で立つ  」 事の実行を 。

                       精神 の ために 肉体 を
         肉体 の ために 精神 を
         大切に したい もので ございます 。

        「 大切 」 とは  ?


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


     GOOD    DAY
              GOOD    LUCK
                      I    HEARTILY    PRAY .

             APPRECIATION
                     JOIN    MY   HANDS    TOGETHER   

             MONK   OF    ARASHIYAMA

           <    WISH    TO   ENTER   INTO   A     LIFE    OF
                     ENLIGHTENMENT     TOGETHER     >

              I    AM     SORRY    ,   MY    POOR    ENGLISH   .

              SEE     YOU     AGAIN  

「  泥( どろ ) は  泥 ではない

   花( はな ) は  花 ではない

   泥 は 花 である

   花 は 泥 である  」


   だから、 なんなのさ ?


「   泥  を  嫌わず

    花  を  求め すぎず

    泥  は  花 である

    花  は  泥 である  」


   だから、 なんなのさ  ?


「  泥  は  たいせつ

   花  は  かなしい   」


   だから、 なんなのさ  ?  


「  泥 は  泥

   花 は  花


   だけど


   泥 と 花 に

   あまり、 こだわらない  」

   
   だから、 なんなのさ ?


「  泥 と 花 を ささえてる

   天 と 地 を おもうこと  」


  だから、 なんなのさ  ?


 「  天 ( てん ) と 

   地 (  ち  )を

   おもって ごらん 、 あそばせ  」



  だから、 なんなのさ  ?


 「  おもって ください  ませ 、 ませ  」


      

  駄弁を 弄しました
   されど  敬 と 愛 を こめて

   残月  合掌


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



  010.JPG


      あの ダンプカー は 、 何なのか ?

011.JPG


       大悲閣  千光寺  の  廃棄物( はいき ぶつ )
     ・  今 、仲間と 清掃中 です 。

     ・  なんという 事でしょう。 こわれた冷蔵庫 が、三台 。
        テレビ も 数台 、 なんて ことでしょう 。
        ( 山の上だから、簡単に 処分 できない 。 また
          湿気が 多く、電気機器が こわれやすくないか ? 微笑 )

     ・  寺子屋 ( 一天四海 庵  )
        役目を 終えて、 解体か ?
        まさに 掘立小屋 でした。(  人間の原点なり  )


     ・  初期の頃、 お金を使わないで 運営していたので 、
        色々な物を 拾って来て  使ってました ( 大笑 )

     ・  とっていた 材木も 腐ったのも でてきました 。

     ・  20リットル の タンクは もう 重たすぎる 、破棄、ゴメン 。


     ・  みんな  みんな  、ありがとう
        使いこなせない「 もの 」 も 多かった です 、 反省 。
        ごめん なさい 。

     ・  まだ、 書物類 は 捨てれない 、 ああ 。 微笑


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



   街角 の  ポスター

 016.JPG


    「   一日  800人  」

    「  悲惨なり 、われらが 世界  」


 017.JPG


    「  一時間 に  400人  」

    「  なんだって 、
       なんていう ことだ  」


   ・  見かける たびに 、 疑ってしまう 
      ほんとう だろうか  ?

      ほんとう でしょう 。

   『   この オレ は 、何を しているのか ?  』



  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    失礼いたします
  よき一日で ございますように 。

  ・  日本 に 台風が接近中 、お互いに ご用心 を 。


   厚顔  無恥
    愚僧  萬拝
  


 

PICTURE 7-15-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

      [     THE    TEACHING    OF    BUDDHA     ]

 <     BUDDHA ,   VIRTUE     >   NO , 7
<      仏 ほとけ の 徳 ( よさ ) >

 「  BUDDHA     DOES   NOT    ALWAYS    APPEAR    AS    A
      BUDDHA   .   SOMETIMES    HE   APPEARS   AS    AN    INCARNATION
      OF   EVIL   ,   SOMETIMES   AS   A    WOMAN    ,   A   GOD   ,  A    KING   ,
       OR   A    STATESMAN   .   SOMETIMES    HE    APPEARS   IN   A 
       BROTHEL    OR   IN   A    GRAMBLING   HOUSE   .


        IN   AN   EPIDEMIC   HE   APPEARS    AS   A   HEALING   PHYSICIAN

       AND    IN   WAR   HE   PREACHES    FORBEARANCE    AND   MERCY
     FOR   THE   SUFFERING   PEOPLE   ,

        FOR    THOSE   WHO   BELIEVE   THAT   THINGS   ARE  EVERLASTING ,
     HE   PREACHES   TRANSIENCY   AND   UNCERTAINTY ,


       FOR   THOSE   WHO   ARE   PROUD   AND   EGOISTIC   ,  
     HE   PREACHES   HUMILITY   AND   SELF -- SACRIFICE  ,


      FOR   THOSE   WHO   ARE  ENTANGLED   IN   THE   WEB   OF
    WORLDLY   PLEASURES   ,   HE   REVEALS   THE   MISERY
    OF    THE  WORLD   .


     、、、、、、、、、、、、、、


    ・・・・・・・  (  省略 、次回に 日本語  )

  病( やまい )の あるときは 、医師となって
 薬( くすり )を ほどこして、 < 教えを 説き >、

  戦いが 起これば 、
 正しい < 教えを 説いて >、災い( わざわい )を 離れさせ 、


  固定的な・かたまった 考えに 、とらわれているものには 、
< 無常 むじょう ・ すべては 変化するものである >の
 道理( どうり ・ 物事人にたいする 心がまえ )を説き、
( やわらかい 心 の 大切さを 伝える 、 残月  )、

  自我 と 誇り( ほこり )に 、 こだわっている者には 、
無我( むが ・ 自分は 全ての おかげ 、 いい事も
わるい事も、 だだしく 受け入れることから、 いい方向へ
むかう、ことが できる 、 かならず 。 残月 )を 説き 、

 世俗的快楽 の 網( あみ )に、 とらわれている者には
世の中 ( 世間・ 社会 ・ 世界 ・ 人間 ・ 人類 )の
いたましい ( 苦しさ ・ 悲しさ ・ あわれさ ・・・ ) 有様を
あきらかに して 導く 。      」

(  仏教聖典 よりの  引用です  )


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


     本日 、 消防訓練 です 。
   「 食堂から 出火 」
   「 初期 消火 」
   「  119 へ 」
   「  下の ホテル へ、 協力依頼の 電話  」
    ( 三名 、3分で 駆けつけて くださる )
   「  文化財 の 搬出 ( 安全地帯 ) 」 等 


 001.JPG


 004.JPG


 005.JPG


 007.JPG



 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



 008.JPG


 010.JPG


 011.JPG



、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   I    AM    SORRY   .

       I    WILL   MEET    YOU     TOMORROW   .

        GOOD    DAY   ,    MY    FAMILY    AND   FRIENDS   ,   SEE  YOU   AGAIN   .

       <    ENLIGHTENMENT     TOGETHER    >







 「 河道主事 嵯峨吉田了以翁 碑銘  」  その 2

   法印  羅山子 藤道春 撰
   法眼  大膳・・長因 書 並 ・・ ( 了以 二男 )


 『  (  12日の つづき )

   其 疾病の時 謂う 、

  曰く 我が 肖像を 作り 、閣( かく ・ 大悲閣 ・ 観音堂 )の側に 置き 、

  巨網を捲き 、 坐と為し 、 犂( すき )を 、 杖( つえ )と為し 、

  石誌 ( 石碑 )を しかして 建てる須 ( べし ) 。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・   つづく     』
 
  
 (  了以翁 直孫 、 周平翁 の 指導にて 拝読 。 合掌  )  


  ・  木像 と 石碑 、いつでも お参り できます



   畏怖 と 尊敬 を こめて
     残月  大合掌



 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  001.JPG


  007.JPG


  011.JPG


  013.JPG


  014.JPG


  016.JPG



    ・ なんという  うつくしさ  

    失礼いたします
     よき一日でございますように

   厚顔  無恥
    愚僧  萬拝

    ・ 昨日の 写真の 記入してましたら 時間が 不足です。 多謝 。


  

PICTURE 7-13-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

   [      THE     TEACHING     OF    BUDDHA      ]

<     BUDDHA  ,S    VIRTUE    >   NO,   6

<    仏 ほとけ  の 徳
   ( とく ・ よさ ・ 価値 ・ 意味 ・ はたらき
                ・ 役割 ・ 目的 ・ 使命 )

「  BUDDHA   ,S   WISDOM   ,  BEING   PERFECT   ,
    KEEP   AWAY    FROM    EXTREMES   OF   PREJUDICE   AND 
    PRESERVES   A   MODERATION   THAT   IS   BEYOND   ALL   WORDS
    TO   DESCRIBE   .
        BEING    ALL--WISE   HE   KNOWS   THE   THOUGHTS   AND
     FEELINGS  OF   ALL  MEN   AND   REALIZES   EVERYTHING   IN
     THIS   WORLD   IN   A   MOMENT    .


       AS   THE   STARS    OF   HEAVEN    ARE   REFLECTED   IN
     THE   CALM   SEA   ,   SO   PEOPLE ,S   THOUGHTS  ,   FEELINGS    AND
      CIRCUMSTANCES   ARE   REFLECTED    IN   THE   DEPTHTS   OF
      BUDDHA,S    WISDOM   .
          THIS   IS   WHY   BUDDHA   IS   CALLED   PERFECTLY  
      ENLIGHTENED   ONE   ,   THE   OMNISCIENCE   .


        BUDDHA  ,S    WISDOM   REFRESHES   THE   ARID   MINDS
    OF   PEOPLE   ,   ENLIGHTENS    THEM    AND   TEACHES    THEM    THE
    SIGNIFICANCE    OF   THIS   WORLD   ,    ITS    CAUSES   AND  ITS  
     EFFECTS   ,    APPEARINGS    AND   DISAPPEARINGS   .

        INDEED   ,    WITHOUT   THE   AID   OF   BUDDHA,S   WISDOM    ,
     WHAT   ASPECT    OF   THE   WORLD   IS   AT   ALL   COMPREHENSIBLE
     FOR   PEOPLE   ?



      < 仏 の 智慧 ( ちえ ) >は、 全ての < 道理 >を知り
 かたよった 両極端をはなれて 、< 中道 ( ちゅうどう ) >に 立ち 、

 また、すべての < 文字 と 言葉 >を 超えて、
 すべての人の < 考えを 知り >、
 一瞬のうちに、 この世のすべてのことを 知っている。 ( 微笑 、残月 )


  静かな大海に、大空の星がすべて その形を映し出すように 、
 < 仏の 智慧の 海 >には 、
 すべての人々の < 心や 思いや 、あらゆるもの >が
 そのままに 現われる 。
  だから、 仏を 一切知者 ともいう 。

  この< 仏 の 智慧 >は、
 あらゆる 人びとの< 心をうるおし > < 光を与え >
 この世の < 意味 ・ 盛衰 ・ 因果の道理  >を
 明らかに 知らせる 。

  まことに 、
< 仏 の 智慧 >によってのみ 、
人々は、よくこの世の ことを知る 。   」

 (  仏教聖典からの 引用です  )
  

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



  012.JPG


  001.JPG

                         正式の法要で ない 、祥月命日 。
       来てくださる、4人で 読経 する 。 ありがたし 。


  002.JPG


  005.JPG

         地元の お方 と 大阪の若者 、
       午後 1時より、読経回向する 。
     ( 命日だと、新聞で 知ったそうです、今まで7月12日に よく
       法要をいたしました。 大雨が多く、昔のように 秋に
       すべきだと、思い定めています 。 当然、本日も大切な日で
       ございます 。  )


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  006.JPG


      「  般若心経 、 知っている 」
      「  般若心経 、 読んでいる 」
      「  般若心経 、 写している 」

      『  般若の 智慧( ちえ )は、 身につきましたか ? 』
      『  さとり は 開けましたか ? 』
      『  安心 ・ 満足 の 気持ちに  なれましたか ? 』
      『  生きる意味、死ぬこと が 理解できましたか ? 』

      いよいよ 、実践 です、 体験です 、
      もう 、人生の 解脱( げだつ )を もとめねば 。
      もう、十分でしょう 、外にもとめ、満足することは 。

     (  心 と 肉体 )から、自由になる
      < 歓喜 ( かんき ) >
      < 法悦 ( ほうえつ )・
          真理と一つになる 満足・安心・幸福 >

      ・  坐禅いたしましょう
      ・  やろうか
      ・  あなたも
      ・  4人で 。

      また、 どうぞ  どうぞ 
      あらたに 、 どうぞ どうぞ 

       090 2062 9710  です


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  004.JPG

        命日につき 、茶菓 供養 。( よろこんで くださった )
             台湾 と ドイツ から 。



  007.JPG


       今、 男4人で 清掃中 。
         一人が 写真とるべし 、というもので ( 微笑 )
         屋根の 枯れ葉を 落としてます 。



      I    AM    SORRY .

                I    WILL    MEET    YOU     TOMORROW   .

         <    ENLIGHTENMENT   TOGETHER   >

7月12日(日) 「 了以忌 」

| コメント(0) | トラックバック(0)
    
   河道主事嵯峨 吉田了以翁 碑銘

   法印 羅山子藤 道春 撰

  「 ・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   < 富士河 >

   キン命 了以を 召す
   病を もって 玄之が 代わり行う
   水を治め また よく 舟を通ず、

   三月に役を始め 七月に 之を成す、

   了以の病急を聞き 暇を告ぐ、
   玄之( 子 素庵 ) 、未だ 洛に入らず
   先二日 了以歿す 、

   実に 慶長十九年 秋 七月十二日也
   時 六十一歳 。

   此年の夏に 大悲閣を 嵐山に 営む

   山 高き二十丈ばかりの壁立谷深 、

   右に 瀑布 有り

   前に 亀山 有り 直ちに 洛中を 視る 。

   河水は 亀嵐之際 ( 亀山 嵐山 の 間 )を  流れ
   舟船(共)之来去 、居然として 見るべしなり 。 

      つづき ます        」

   ・  本年 四百二年 忌 なり 。

   ・  御恩 忘れること なかれ 。

   ・  法要儀式 は、 秋に開催 いたします 。
      早めに 公示 いたしたく 存じます 。

      どなたさまも、 是非 ご参加下さいませ 。


  敬と愛を こめて
    残月  合掌
         ( 平成 火之番 )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  007.JPG

                            (  他の 寺院です  )

  011.JPG


           供華 、感謝申しあげます ( 大合掌 )


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  010.JPG


  008.JPG


  009.JPG


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    ・  親子 坐禅 も いかが でしょうか  ? (  微笑 )

    ・  どなた さま でも 。
       「 どのような 効果 ・ ご利益 が あるのでしょうか ? 」
       『  体験 で ございます 。 三回 ほど です 』

   失礼いたします
  末筆ながら よき一日でございますように 。

    ・   了以様  平成の世に  大悲閣
           光かがやく  お寺にします  ( 合掌 )


     厚顔  無恥
       愚僧  萬拝

  


PICTURE 7-11-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

   [    THE     TEACHING    OF    BUDDHA     ]

<    BUDDHA  , S    VIRTUE    >  NO ,   5
<     仏 ほとけ の  徳( とく )  >

  ・  『   徳 』  人べんに 直 な 心 ・

           直心 じきしん とは 、何か ?
           正直 な 心 か ?

           正直 とは 何か ?

           自分に 正直 か ?
           相手に 正直 か ? 

           天に  正直 か ?
           心に  正直 か ?

           親に 正直 か ?
           神に 正直 か ?
           仏に 正直 か ?

           子に 正直 か ? ( 大笑 )
           犬に 正直 か ? ( 微笑 )
           猫に 正直 か ? ( 微笑 )

           欲に 正直 か ? ( 微笑 )
           悪に 正直 か ? ( 微笑 )


  ・ 「 道徳 」( どうとく )に ついても
      ゆっくり、しつかり、考え 実行したい
      もので ございます 。 


  、、、、、、、、、、、、、、、、


 「        WHAT   BUDDHA   PREACHES    IN   HIS    LANGUAGE   ,
      PEOPLE    RECEIVE    AND   ASSIMILATE   IN   THEIR    OWN   LANGUAGE 
      AS    IF    IT   WERE    INTENDED    EXCLUSIVELY    FOR   THEM   .

              BUDDHA,S    STATE  OF   MIND   SURPASSES    HUMAN   THOUGHT  ,
      IT   CAN   NOT   BE   MADE   CLEAR    BY   WORDS  ,   IT    CAN   ONLY   BE
      HINTED   AT   IN   PARABLES   .


            THE   GANGES    RIVER   IS   STIRRED   UP   BY   THE   TRAMPING
       OF   HORSES    AND   ELEPHANTS   AND   DISTURBED   BY    THE
       MOVEMENTS   OF   FISH    AND   TURTLES   ,   BUT    THE   RIVER   FLOWS
       ON   ,   PURE   AND   UNDISTURBED    BY   SUCH   TRIFLES   .


           BUDDHA    IS   LIKE   THE   GREAT   RIVER   .
       THE   FISH    AND   TURTLES     OF    OTHER   TEACHINGS    SWIM  
       ABOUT    IN   ITS   DEPTHS    AND    PUSH    AGAINST   ITS   CURRENT   ,
       BUT   IN   VAIN   .

          BUDDHA,S    DHARMA    FLOWS   ON    ,    PURE   AND   UNDISTURBED   .


     また 仏( ほとけ )は 、一つの言葉をもって 教えを語るが 、
   人びとは 皆 おのが性質に応じて それを聞き、 仏は今 わたしのために
   教えを 語られた ( 説かれた ) と 、喜ぶ 。

     仏( ほとけ )の 境地( きょうち ・ 心の状態 ・ 意識感覚反応 )は、
   迷える 私たちの < 考え ・ 境地 >を 超えており 、
   言葉で 語りつくすことは できないが 、 しいて 示そうと すれば 、
   < たとえ > による ほかない 。


     ガンジス河は 、 常に 亀( かめ )や魚( さかな )、
   馬( うま )に象( ぞう )などに 、汚されているが 、
   いつも 清らかで ある 。

     仏も この河のように 、
   異教( いきょう ・ ことなった 教え )の 魚・亀などが 、
   きそい来て みだしても 、
   少しも < 思い ・ 心 ・ 境地 >を 乱されることなく
   清らかで ある 。    」

  (  仏教聖典より 引用、 日本語の変更 註解 は 残月  )


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  002.JPG


  006.JPG


  008.JPG


       WELCOME    MY   NEW   FAMILY   FROM    U.S.A.  BY   G.C.C..
                         THANK   YOU   VERY   MUCH   ,    I    AM    SO    HAPPY    .

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  017.JPG


       THE    VALLEY    OF    DRAGON  . 
             (    I     AM    TAKING    A   REST    ON    THE    STONE    NOW   .  )

    、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  018.JPG

       MY    NEW   FRIEND   FROM    CANADA   .
                      YOU    CAN    SPEAK    JAPANESE    VERY    WELL  .

                   伏見稲荷大社 で 、おみくじ を 引いたそうです 。
     なんと、なんとしたことか 、 二回とも 二回とも 、
     『  大大吉  』  『  大大吉  』 だった そうです 。

       日本は 二回目で、 今回は 三週間だ そうです 。


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  020.JPG


              MY    NEW   FRIENDS    FROM    TAHITI   (    FRANCE   )
                     AND    JAPANESE    .

             タヒチ島から でした。 驚きました 。

  
  021.JPG


              MY    NEW    FRIEND    FROM    CHINA     (    ITALIAN   )
           HE    IS   TEACHING   THE   LANGUAGE  
                   IN   CHINA    AT    FIVE   YAERS   .

           WE    EXCHANGE   OUR   BUDDHIST   BRACELET   .



 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  025.JPG


               FROM    THIS    TEMPLE


     、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


     GOOD    DAY
              GOOD    LUCK
                  I    HEARTILY     PRAY

              APPRECIATION
                  JOIN    MY    HAND    TOGETHER

              MONK    OF    ARASHIYAMA

            <    WISH    TO   ENTER   INTO   A    LIFE   OF  
                                              ENLIGHTENMENT     TOGETHER  .   >

             I    AM    SORRY

             SEE      YOU     AGAIN   


    


  <  泥 と 花  >

   泥 は  泥
   花 は  花

   泥 は  花 でない
   花 は  泥 でない

   我ある 人生

   、、

   泥 は 花
   花 は 泥

   泥 は 泥 でない
   花 は 花 でない

   無我の 人生


   、、

   泥 は 泥
   花 は 花

   泥 は 花だけども 泥である
   花 は 泥だけども 花である

   仏の 人生



   ・ 駄弁 饒舌 すみません
   敬と愛とともに
    残月  合掌

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  002.JPG


  003.JPG


  001.JPG


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  014.JPG


  013.JPG

            嵐山 鵜匠( うしょう )
                ( 独身で ございます )( 微笑 )

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



 009.JPG

            梅雨 の空

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、


     本日、 午前中 カメラを 持参してませんでした 。
    MY   NEW   FAMILY   が  残念 無念 。

    携帯 カメラ から の転載を試みましたが 、危険だから、時間ないから
    挑戦しません でした 。 ( でも、できるように なるぞ )( 大笑 )
    ( 天下のために )( 超大笑 )


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   失礼いたします
 末筆ながら よき一日でございますように

 ・ 昨日の 写真の説明を 記入いたしました

  
  厚顔  無恥
    愚僧  萬拝


  

PICTURE 7-9-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

    [      THE    TEACHING     OF     BUDDHA      ]

 <     BUDDHA  ,  S    VIRTUE     >   NO ,   4

<    仏 ほとけ、ブッダ・真理にめざめた人・永遠を観た人 
  ( 身心が ほどけたひと・我を超えた心・無我 )
  ( 人にして 人でない ひと < 大笑 > 、沸のよう )
  ( 水にして 水にあらず 、水蒸気・沸 )
  ( 無限の 飽くこと無い 慈悲 の 命   ) の 徳  >

「  BUDDHA    IS   BOTH   FATHER    AND   MOTHER   TO   THE
    PEOPLE   OF   THE   WORLD   .

       FOR   SIXTEEN    MONTHS   AFTER   A    CHILD   IS   BORN
   THE    FATHER   AND   MOTHER   HAVE   TO   SPEAK   TO   HIM   IN
   BABYISH   WORDS   ,    THEN   GRADUALLY   THEY   TEACH   HIM
   TO   SPEAK   AS   AN   ADULT   .


      LIKE   EARTHLY    PARENTS ,  BUDDHA   FIRST   TAKES   CARE
  OF   THE   PEOPLE   AND   THEN    LEAVES   THEM   TO   CARE 
  FOR   THEMSELVES  .


      HE   FIRST   BRINGS   THINGS   TO  PASS   ACCORDING   TO
  THEIR   DESIRES    AND   THEN    HE    BRINGS    THEM   TO   A
  PEACEFUL    AND   SAFE   SHELTER   .



    この仏は すべての 、人びと の 父母である 。

  子が生まれて、16か月の間 、父母は 子の声に合わせて 、
 赤子のように 語り 、それから おもむろに 言葉を教えるように

  仏も また 、
 人びとの 言葉にしたがって、 教えを 説き 、

  その見るところに したがって 、
 相( そう ・ すがた )を 現わし あらわし 、
 < 人びとを して 、 安らかな 、ゆるぎの無い 
   境地( きょうち ・ 心の状態 ・ 信心 >に
 住まわせる 。    」

 (  仏教聖典からの  引用 、 仏の注釈は 残月  )

         つづき  ます


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  002.JPG


                       WELCOME  MY   NEW    FAMILY   FROM   U.S.A.  BY   G.C.C..
                  THANK     YOU   VERY    MUCH   ,    I   AM    SO    HAPPY   .


  005.JPG


 006.JPG

                  
 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 007.JPG

              GRANDMAMA   


 008.JPG


         GRANDMAMA   



 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



 


 015.JPG


 


 019.JPG



  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 018.JPG


         故郷  五島高校 の 大先輩 (   在 、兵庫県 )
      ・ 伴侶の方の 「 遺品 」 の 『 書物 』 を いただいて来ました 。 
      ・ 学校の先生で、キリスト者にして 禅修業者( 禅定家 )でした 。

      ・ 高価な 仏教辞典、高度な 宗教書 など、たくさん< 相続 >
        させて いただきました 。
        感謝の心で、身心が つぶれそうです ( 本望か ?)( 大笑 )

      ・ 活用させて、いただきます 。 ( 合掌 )


 029.JPG


       500年ほど前の、 五島・福江の 港 ( みなと ) 
       現在、川はなく( 洪水の防災のため 、流れを 改変 )

       小学校への 通学路でした 。
       なつかしの < 唐人町 ・ 明人堂 みんじんどう >
       大好きだった < 石畳の 坂道 >( 今は 無い )( 涙 )

       倭寇( わこう )の頭目( とうもく )
       ≪  王直 ( おうちょく ) ≫ 五峰 王直 どの 、在五島

       高校卒後 、小生も 戯れに 
       「 五峰 」( 五島の古名 ・ 海の中に 五つの 峰あり )と
       名乗ったりしました ( 大笑 ) 今でも( 微笑 )

       この絵は、明人堂に 掲げられてます 。


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



    諸 写真は 明日、 説明いたします 。

      失礼いたします

      よき一日を

      厚顔無恥

      愚僧 残月 、 合掌


     SORRY  ,
              SEE    YOU    AGAIN

   




  道心や
 苦楽 損得( くらく そんとく )
 のりこえて
 『 願い 』 へむかう
 生きる喜び

、、、、、、、、、、、、、、、、

 昨年、本日 「 寂滅 」
00 一彦 さま
「 夏山院 蓮華道心 居士 」( 72歳 )


 大悲閣 千光寺 から、 感謝をこめた
( 法号 ・ 居士号  名前 です )


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  本来の 当寺の < 展望 ・ 眺望 >を 復活・再現できたのは 、
 道心居士の ご尽力に よります 。

  道心居士の 御恩を 忘れることは、『 当寺の消滅 』 を 意味します。
 次の世代へも、確実に伝えることを、ここに誓います 。

  「 道心さん、本当に、ありがとうございました 。
   あなた様が いらっしゃらなければ 、大悲閣は < 絶景 >などとは
   けっして 言えなかった でしょう 。
    この山寺の 魅力・価値は 、もう 知る人は 少ない
   あなた様、 道心居士 の おかげでございます 。

    心より 感謝申し上げます 。     」   大合掌



   夏の山  道心こそが  世の支え
      人は流れて  仏流れず


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  「  道心さん、 息子さんに お会いしましたよ。
    立派な社会人の お方でした 。

     道心さん、驚かないでくださいよ 。
    いい ですか 。

    < 息子さんの 姓 は、愚僧と 同じなのですよ >
    < ( つれていって ) と いった息子さんですよ > 」

  ・  これを 、偶然と いうのでしょうか ?
  ・  善意の流れ むすびつき 、こそ この世の 宝 ?

 
   感謝 と 敬意を こめて
     残月  合掌


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   昨日は 大雨のため  閉門いたしました 。
  ちょっと 、山の中に 入って 行きました 。

   自生の 山アジサイ が 輝いていました 。

 001.JPG


 006.JPG

              嵐山 では ございません 。
           ( 鹿が 食べれない 急斜面 です )( 微笑 )



    失礼いたします
  末筆ながら よき一日で ございますように

  ・  一日一生

  ・  神仏に 相対して ( あいたいして ) 
     一瞬一生

  ・  十年一生  ?  ( 微笑 )

  ・  百年一生  (   100年 = 35、600日 )


   厚顔  無恥 、 多謝
     愚僧  萬拝


  


  

PICTURE 7-7-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

      [     THE    TEACHING     OF    BUDDHA      ]

     <     BUDDHA  ,S   VIRTUE    >   NO,  3
     <    仏 ・ ブッダ 真理に目覚めた人 ・我欲を克服した人・
    慈悲そのものに生きる人 ・ 永遠を観た得た人 の 徳 >

 「  THROUGH   MEDITATION   ,
      BUDDHA    PRESERVES    A    CALM   AND   PEACEFUL   SPIRIT  ,
      RADIANT    WITH   MERCY   ,    COMPASSION  ,   HAPPINESS   AND
     EVEN   EQUANIMITY  .    HE    DEALS    EQUITABLY   WITH   ALL
     PEOPLE    ,    CLEANSING   THEIR   MINDS    OF   DEFILEMENT   AND
     BESTOWING    HAPPINESS     IN   A    PERFECT   SINGLENESS   OF
     SPIRIT   .


       また、 
  仏 ほとけ は 、
  冥想に入って < 静けさ > と < 平和 >を 得(え)、

  あらゆる 人びとに 対して 、
  < 慈しみ いつくしみ の心( 慈 ) >と< 憐み あわれみの心 ( 悲 )>、

  また、< とらわれの 無い 心 >を 持ち、

  < 心の あらゆる 汚れ( よごれ ) >を 去って 、

  ≪  清らかな人 だけが もつ 『 喜び 』  ≫ を 持つ 。  」


 (  仏教聖典 より、 引用 です  )

   ・  この 『 よろこび 』 とは 何か ?
      お考えください ませ 。

   ・  冥想に ついて 、後日 お話 いたします 。



  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   003.JPG


   004.JPG


   007.JPG


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   008.JPG


  009.JPG

                            (   たびたび 失礼 してます、恥知らず、多謝 )


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 012.JPG


 014.JPG



       SORRY   ,   I    HAVE    NOT    THIS    TIME   .

          GOOD     DAY
          GOOD     LUCK

          APPRECIATION

          ARASIYAMA

        <    ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

          SEE    YOU    AGAIN  


     その4、の つづき です 。

 歴代住職の 一部の名前が 判明しましたので
御報告いたします。
 ( どなたも 関心ないかもしれませんが 、、)( 苦笑 )

 黄檗宗時代です

 1、  大顛 如咲
 2、  瑞文
 3、  三峯 要公
 4、  雪庵
 5、  樵堂
 6、  孤輪
 7、  巌桂
 8、  石芳
 9、  虎渓
10、  関岳 ( 角倉家 )
11、  戒岳
12、  春応
13、  仁轟 ( 四海家 )

 ・  先代住職の 一枚のメモに よります
  まだ、確認は いたしてませんが 、
  うれしい 事でございます 。


 何事も、 物・事・人 も 歴史があります 。
来歴・由来・由緒 を 大切にしたいもので
ございます 。

 自分自身も そうですが、
いい過去・わるい過去( 苦笑 )( 大笑 )
も ございます 。

 未来のために、
いい歴史も 、わるい歴史も 受け入れ
前進したいもので ございます 。

 前進 は
< 成長 >< 発展 >のみ ならず
< 成熟 >< 円満 >でも、 あることを
忘れては ならないようで ございます。


 、、、、、、、、、、、、、、、、

  わたしたち 人間も
 < 成熟 >< 円満 >をめざしたいもので
  ございます 。

 『 存在 そんざい 』
 ( あること ) だけで 、満足できる人に
 なりたいもので ございます 。


  こんなこと、 世間・ 社会 が
 家族が 、親戚が 、職場が 、地域が 、

 ≪ ゆるして くれるか ? ≫
 
  ・  要求 が つよい ではないか
  ・  義務 が あるでは ないか
  ・  責任 が あるでは ないか
  ・  圧力 が あるでは ないか
  ・  批判 が あるでは ないか


   これらを、
  きちんと、一つづつ こなしながら
  たえながら 、 まなびながら 、
  しっぱいしながら 、、、、

 つまり
 『 行為 こうい 』 を こなしながら
 『 存在 そんざい 』 へ むかいます 。

 (  社会貨幣  )だけでなく
 (  成熟円満  )を もとめたいもので
 ございます 。

  先人 だれもが 、この問題と
 格闘している ことでしょう 。

  先人に 感謝しつつ
  ご先祖さまに 感謝しつつ
   民族に 感謝しつつ
    アジア人に 感謝しつつ
    世界に 、人間に、
     人類に、
      地球に
       宇宙に 感謝しつつ

    失礼 いたします

  駄弁饒舌 、おゆるしを
    残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 005.JPG


 001.JPG

         けいせいと  ししおどしのみ  だいひかく
           


 002.JPG

   
  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 003.JPG

      尊き 居士 大姉 ・ 修行者方 、
         神仏 の 御加護 が ありますように 。 合掌 、九拝 。

     ・ みなさま  も 御参加 ください ませ 。

         090 2062 9710  (  おおばやし  ) まで

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  006.JPG


      「  修業 なんて 、 いらないわ 。
          でも 、首のところが,、、、、  」  (  苦笑  )


   失礼いたします
  末筆ながら よき一日で ございますように

   ・  一日一生 の 覚悟 から

   ・  一念一生  か ?

   
    厚顔 無恥
     愚僧  萬拝

PICTURE 7-5-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)
  
  [     THE     TEACHING     OF    BUDDHA      ]  

  <     BUDDHA  ,  VIRTUE     >   NO  ,   2
 <     仏 ほとけ ・ ブッダ ・ 真理に 目覚めた人  の 徳( とく ) >

 「  IN    ADDITION  ,   EIGHT   OTHER   VIRTUES   ENABLE    BUDDHA

        1,    TO   BESTOW    BLESSINGS   AND   HAPPINESS    UPON   THE    PEOPLE

        2,    THE   ABILITY   TO   BRING   IMMEDIATE   BENEFITS   IN   THE   WORLD
                THROUGH    THE   PRACTICE    OF   HIS   TEACHING   .

        3,     THE   ABILITY     TO   JUDGE   CORRECTLY   BETWEEN
                 GOOD    AND    BAD   ,   RIGHT    AND   WRONG   .

         4,    THE    ABILITY    TO    LEAD   PEOPLE   TO   ENLIGHTENMENT  
                 BY    TEACHING    THE    RIGHT   WAY    .


          また、 仏には 八つの  すぐれた 能力が ある 。

   1、 人びとに < 利益 > と < 幸福 >を あたえる 。

   2、< 仏の教え >は 、この世において  ただちに 利益が ある 。

   3、 この世の、善悪 ・ 正邪 を ただしく( 一 に 止まる )教える 。

   4、 正しい< 道 >( 日常生活 ・ 心の持ち方 ・ 物事の見方 )を
      教えて≪ さとり ≫( 安心・満足・ 幸福感 ・人としての達成感・やさしさ )に
      みちびく( 導く ) 。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   5,    THE    ABILITY    TO    LEAD    ALL   PEOPLE   BY    AN    EQUAL    WAY   .

        6,    THE    ABILITY   TO   AVOID   PRIDE   AND   BOASTING   .

        7,    THE    ABILITY    TO   DO   WHAT    HE   HAS   SPOKEN  ,
                 TO   SAY    WHAT    HE   HAS   DONE   .

        8,     THUS   DOING  ,   TO   FULFILL    THE    VOWS   OF   HIS  
      COMPASSIONATE      HEART   .


         5 、 どんな人も 、一つの道 ・ 同じ道に 、みちびく 。

    6 、 仏 (  真理 普遍 の目覚めた人 ・ 永遠を観た人  ) は 、
        おごる心がない 。 ( いばらない 、えらくない 、、、 )

    7、  言ったとうり 実行し 、実行するとうり 語る 。

    8、  まどい( 惑い ・ まよい ・ まごつく ・ 判断できない ・ みだれ )無く、
        願いを満たし ( 欲 と 願いは  ちがう )、完全に 
                                 行いを 成し遂げる 。  」


   (  仏教聖典より 引用 、 日本語 補足・註解 、 残月 合掌  )



 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  019.JPG


  028.JPG

          ここまでは  ひとのこころは  むかいこず    
            しずかにながる  みずのおとかな

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  013.JPG

                                嵯峨  天竜寺 にて


  012.JPG
       
              ようこそ 、ようこそ 、 次は 山寺 へ


  010.JPG


          お世話になりました、ありがとうございます 。
       (  花き植木 組合長さま ご一行 、 奈良県  )  合掌


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   026.JPG


   023.JPG

            写真は キライ よ  ( 微笑 )


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  016.JPG

   
                 山中  清談

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  021.JPG


         「  写真の 黒松くんね 、会えましたね 」 ( 微笑 )
       時々、このブログを 見て下さってるそうです 、合掌 。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  014.JPG

     WELCOME  , 
                   MY   NEW   FRIEND    AND   HER   BABY  <   KAI   >CYAN
                           FROM    FINLAND   . 
                                  SEE    YOU    AGAIN   ,  <   KAI   =  EARTH   >


    、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  027.JPG


       境内の  立田龍神さま の 信仰者さま ( 東京 )
         「 本日は 御礼 参りです 。
           願掛けしてました 、叶いました 」

       ・ はじめて お会いいたしました、お名前は 拝見してました 。
         もっと きちんと おまつりいたします 。( 反省 )


   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    失礼いたします
  末筆ながら よき一日でございますように 。

  ・ 一日 一生
    一瞬 一生
    一念 一生

    一瞬 ( すなわち ) 永遠
    永遠 ( すなわち ) 一瞬

    これを 『 感動 』 と いうのだろうか ?
    いかに して 、体験したら よいのか ?
    味会えるか ?

    自他一如  か
    神我一如  か
    前後際断  か
    左右両忘  か
    心身脱落  か
    、、、、

    ( ことば は ことば です
    ( ふりまわされない こと 
    ( つかいこなす こと
    

   厚顔  無恥  、饒舌 多謝
     愚僧  萬拝
             

          


  
      

        



   <  泥 と 花  >


  泥 は 泥 では  ない

  花 は 花 では  ない

  泥 は 花 で ある

  花 は 泥 で ある

  我( が )  の  人生  は  おわり

  
             残月  合掌
 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  024.JPG

                            嵯峨  天竜寺 ( TEN RYU JI    TEMPLE   )



  025.JPG



       咲きました   虫も人びと   世界から
          この世の美をば   とわに味わえ
               そして 生きぬけ              ( 合掌 )


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



  001.JPG


      WELCOME   ,   MY   NEW    FAMILY    FROM   U.S.A.  BY   G.C.C..
                         THANK    YOU    VERY   MUCH   ,    I    AM    SO    HAPPY   .


  002.JPG


  006.JPG



  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  010.JPG

                               通船事務所 の 下 です


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  015.JPG


      深夜雲水  万物根源   石上端坐   ・・・・




 012.JPG

                         7月2日 ( 半夏生 、はんげしょう )

                ・ 半夏 という 薬草の生えるころ

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    失礼いたします
  末筆ながら よき一日で ございますように 。

  ・  一日一生
     一瞬一生

     一念一生

    さあ、 「 一念 」 いかなる ものや ?

   厚顔  無恥
    愚僧  萬拝 、多謝






 



 


PICTURE 7-3-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

     [      THE     TEACHING     OF    BUDDHA      ]
 <    BUDDHA  ,    VIRTUE    >   NO  ,   1

<    仏( ほとけ ・ ブッダ ・ 真理に目覚めたもの )の 徳 >

「  BUDDHA    RECEIVES    THE   RESPECT    OF    THE   WORLD
    BECAUSE    OF   FIVE    VIRTUES   ,  
        1,     SUPERIOR     CONDUCT
        2,     SUPERIOR     POINT    OF    VIEW
        3,      PERFECT    WISDOM
        4,      SUPERIOR    PREACHING    ABILITY
        5,      THE   POWER    TO   LEAD   PEOPLE    TO   THE
                 PRACTICE   OF   HIS   TEACHING  .


        仏 ほとけ ( 真理に 目覚めたもの )は
  五つ の すぐれた 徳 を そなえて、 尊敬を 受ける 。

   1、 すぐれた 行い
   2、 すぐれた 見方
   3、 すぐれた 智慧 ( ちえ )
   4、 悟り の 道を 明らかに 説くこと
   5、 人びとを して 、よく 教えのとうり
      修め( おさめ )させる ことである 。

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   IN   ADDITION    ,    EIGHT   OTHER   VIRTUES   ENABLE   BUDDHA  
        
        1,   TO   BESTOW    BLESSINGS   AND   HAPPINESS    UPON   THE   PEOPLE

             (      TO   BE   CONTINUED     )


       また、 仏には 八つの すぐれた能力 がある 。

   1、  人びとに < 利益 >と < 幸福 >を 与える 。

     (  つづき  ます  )


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   WELCOME   ,   MY    NEW    FAMILY    FROM    U.S.A.   BY    G.C.C..
                  WE    CAN   NOT   RIDE    THE   BIG   BOAT   BECAUSE    IT    WAS
               HEAYY    RAIN    YERTERDAY   .   ALL   PEOPLE   AND   ME   WITH  TWO
               DOGS   ARE    WALKING    ALONG   THE   RIVER   .

                  BUT    WE    ARE    VERY   HAPPY    ,    14   PERSONS    .


  001.JPG

                      WOUNDERFUL    FAMILY    .


   002.JPG


   003.JPG


  004.JPG

                                   FROM     NEW   YORK    (     VIETNAM    )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  005.JPG


          GOOD    BROTHER    ,    SEE    YOU    AGAIN


    007.JPG


              WELCOM   ,   NEW    FRIEND     FROM    CHILE


   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  010.JPG

        JOIN     MY   HAND   TOGETHER   ,   合掌
     WELCOME   ,WELCOME   WELCOME  ,    MY    BROTHER   .

    009.JPG


                                   (   28   AND    58   TIMES   ,   SPRING   AND   AUTUMN    )



   008.JPG


    HIS    STUDENTS     FROM    THAILAND   


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 011.JPG

 012.JPG


 013.JPG


 015.JPG


             THANK      YOU     VERY    MUCH    .


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  017.JPG


     THE    SPECIAL    COLOR    IS    <    ORANGE   >    ON    TODAY    .
                        HERE    IS    RIVERSIDE   .


   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    GOOD     DAY
           GOOD     LUCK
                I    HEARTILY    PRAY  

            APPRECIATION

            MONK    OF    ARASHIYAMA

          <    ENLIGHTENMENT    TOGETHER     >

            SORRY

            SEE    YOU    AGAIN


    

   

  本年は 琳派 400年 と、 いわれています。
 また、徳川 家康公 没 400年 とか 。
 尾形 光琳 没 300年 とか 。


  実務家 ・ 事業家 にして
 芸術家 ・ 文化人 ・ そして 儒学者 、
 まさに 、 目が回りそうです 。


 山から、木を 切り出す、大木を 。
なんと 。 また、 鉱物を さがす 。
川を 見る者は 、山を 観る 。
なんと 。


  昔、読んだ本で 「 素庵 」(そあん)さんは
 もとは、「 三蘇庵 」( さんそあん )と
 あったような 気がいたします 。
  『 蘇 』 ( そ ) は 、
 蘇生 そせい 、 生き返る という 意味 。


  三度、死にかけて
 三度、 蘇生したという 、なんと 。
 < おぼっちゃん >< ボンボン >の
 生き様でしょうか ?
  なんと、 すさましい 。


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  光悦 が 京都の北の
 鷹ヶ峰を 幕府にいただき 、
 文化・宗教・芸術 村が 、つくられてから
 400年 だと 存じます 。


  豪華 「 美術本 」
 『 嵯峨本 』 は 、
  本阿弥 光悦 ・ 俵屋 宗達
 そして 角倉( 吉田 )素庵 により
 成し遂げられて います 。


  関心が おわりの お方は お調べ
 くださいませ 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   千光寺 ( 嵐山 大悲閣 ) の
  歴代 ( 住職 、仏法住持僧 )の
  一部が わかりました ( 歓喜 )
  おそらく、 黄檗宗時代でしょう 。

   御報告いたします 。

   本日、時間切れのため
  写真へ 進みます 。


  駄弁の饒舌  多謝
   敬と愛と ともに

  残月  合掌

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  001.JPG


  002.JPG


    WELCOME   ,   MY   NEW   FAMILY    FROM    U.S.A.   BY   G.C.C..
                           THANK    YOU    VERY   MUCH   ,     I    AM    SO    HAPPY   .


  005.JPG


  006.JPG


  007.JPG


         11時30分  増水のため 、 運航中止 ( 帰りは 全員 徒歩でした ) 


   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  023.JPG


  025.JPG


  028.JPG



     失礼いたします
    末筆ながら よき一日で ございますように 。

    ・  一瞬 一生 、 とは 「 死 」 の 覚悟なりや 。
      いつでも 、どこでも 、清く 美しく 。 合掌

     厚顔  無恥
       愚僧  萬拝  、  多謝

PICTURE 7-1-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

    [    THE    TEACHING     OF    BUDDHA     ] 
 <    THE    APPEARANCE    OF   BUDDHA     >   NO ,   4

 <     仏 ほとけ との  出会い  >

 「  THE    MOON   APPEARS    EVERYWHERE   ,  OVER 
      A   CROWDED   CITY   ,    A    SLEEPY    VILLAGE   ,    A   MOUNTAIN   ,
      A    RIVER  .
      IT    IS    SEEN    IN    THE   DEPTHS    OF    A    POND   ,
      IN    A   JUG   OF   WATER   ,    IN   A    DROP   OF   DEW    HANGING
      ON   A    LEAF   .   


       月は  また  すべての上に  現れる 。
  町にも 、 村にも 、 山にも 、 川にも 、 池の中にも 、
  葉末 はずえ の 露 つゆ にも 、現われる 。

   、、、、、、、、、、、、、、、


   IF   A   MAN   WALKS    HUNDREDS    OF   MILES   THE   MOON
     GOES    WITH    HIM  .  
       TO   MEN   THE   MOON    SEEMS   TO   CHANGE   ,   BUT  THE 
     MOON    DOES   NOT   CHANGE   .

       人が 行くこと 、百里千里 であっても 、
  月は 常にその人に 従う 。

  月 そのものに 変わりはないが 、
  月を 見る人によって 、 月は ことなる 。


   、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   BUDDHA    IS   LIKE   THE   MOON    IN   FOLLOWING   THE 
     PEOPLE   OF   THIS    WORLD   IN   ALL   THEIR   CHANGING
     CIRCUMSTANCES   ,   MANIFESTING   VARIOUS   APPEARANCES  ,
     BUT   IN   HIS   ESSENCE    HE   DOES   NOT    CHANGE   .


   仏 ほとけ も また そのように 、
  この世の 人びとに したがって 、限りない ( 無限 ) 
  姿 ( すがた ・ 相 ・ かたち ・ 色 ・・ )を 、示すが

   仏 は 永遠 ( えいえん ・ 久遠 ・ 無限 )に
  存在して 、 変わることが ない 。     」

  (  仏教聖典 より 、 引用  )


   ・   大覚 ( だいかく ・ めざめ ・ さとり ) とは ?

    「 仏 」 と 「 心 」 と
    「 衆生 」( すべて の 命 ・ 物 )
    が、
    同じ おなじ と 、
    <  感じること  >
    <  思えること  >
    <  行えること  > 。

      区別 しない こと
      差別 しない こと
      対立 しない こと 。

     「  わたしは  特別 だ  」
     「  わたしは  異常 だ  」
     「  あなたは  特別 だ  」
     「  あなたは  異常 だ  」
     と 、
     感じる 思う こと を、

     < 妄想 ( もうそう ) >
     (  真実 ・ 真理 を 想わないこと ) と 
     、いう、 名づける ( 微笑 ) 。

    ・ 「 妄 もう 」  女性 に 心 を うばわれること ( 微笑 )
         
                道理 に 合わないこと ( 苦笑 )
       
                男性 に 心 を うばわれること 、とは
                辞書 には 出ていない ( 大笑 )

          つづき  ます


   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   008.JPG



  009.JPG


  004.JPG


  003.JPG


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  019.JPG



    、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    GOOD    DAY

          APPRECIATION

          MONK    OF    ARASHIYAMA

          <    ENLIGHTENMENT     TOGETHER    >

           SORRY

           SEE    YOU     AGAIN   


   


このアーカイブについて

このページには、2015年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年6月です。

次のアーカイブは2015年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。