2015年5月アーカイブ


  その若者は いつも思っていた 。
 「 皿洗い 」 と 「 草取り 」 が
 できれば、 世界中どこへ行っても
 暮らすことができるのではないか ?


  食物の生産や 捕獲が
 一番いいことなのでしょうが。
 自給自足( じきゅう じそく )
 できないなら 、社会・地域・
 共同体の中で、役に立てる
 ことが できたら、生きてくけそう
 だぞ 。


  人が 嫌がること、
 さけていることを、進んで
 できるようになれば、
 仕事は たくさん あるでは
 ないか ?


  その仕事をしながら、
『 人格を 磨き
 いい人間になり、
 自分の立場から
 社会に 貢献できれば
 幸福では ないか
 立派では ないか 』 と、
 考えていた 。


  しかし、まだ、
 人間を支える 考え・哲学と
 しては よわい 。
 反対意見を 言われると、
 よろめき そうだ、実際、
 現実社会では 弱い 。

 「 ボランテイア 精神 」 と
 よばれるような、利益中心じゃない
 社会活動が だいぶ日本に
 広がってきているようなので、

 ここから、本当の意味の
 「 ボサツ 精神 」 が
 私たち、かよわき人間を
 支える 考え・哲学・思想に
  ならなければ、
 ならないような 気が
 いたします。

 なるべきである、 と存じます。


  つまり
 「 皿 洗い 」 の 時、
 「 草 とり 」 の 時、

 何を 考えているのか ?
 何を 考える べきなのか ?


 、、、、、、、、、、、、、、、、


  私たち人間の、
 いつの時代も、
 どのような人でも、
 いだき苦悩するの問題で
 ございます 。

 「 心の 平安・調和 」 と

 「 世界 の 平安・調和 」 を

 いかに 結びつけるか ?

  ・ 自分中心にならず
  ・ 自暴自棄にならず
  ・ 自縄自縛 せず
  ・ 自己放棄 せず
  ・ 無関心 でなく
  ・ 無責任 でなく
  ・ 思考 停止 でなく
  ・ 判断 放棄 でなく

  日常生活の
「  こころ がまえ  」 が
 一番 大切 なのかも しれません 。


  どう 思い
  どう 意識して

  この 目 耳 鼻 手足
  この 心 ・・・

  たもち つかうべきなのか ?


  つづき  ます


  駄弁の饒舌 おゆるしを
 敬と愛とともに  残月  合掌


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 039.JPG


   JASS   日本 セカンド ライフ協会 の 皆さまです 。
    「  どうぞ どうぞ、もっと もっと 、おこしください 。
       < セカンド ライフ >の 目的は
       < おさとり を 開くこと >では
         ございませんか ? ( 微笑 )

       東洋の 無我・無為自然・解脱・菩提・涅槃
             般若・ニルバーナ・パンニャ
             日本の高齢者の方々も 学んでいただきたい。

       海外の方々が 多いでは ございませんか、現在。

       法話は 無料です。
        10分 でも 。  5分でも ちがう ような気が します 。
       < 空 に 心を おくこと >( 心 を 開く )
       < 魂 を 磨く >
       < 命 を 味会う >
           簡単すぎます ( 大笑 )
           実行はむずかしい ( 笑えない )
           だから、
           どうすべき なのか ?
          
        
        090 2062 9710 < 大林 >  まで  」


 040.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 045.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 042.JPG

    いいカップル 、ありがとう 、しあわせに 。


 044.JPG


   「  わたくしは  たこやき ・ おこのみやき  とても
       だいすきです 。  すばらしい、 いい  」( アメリカ 留学生 )

   『  大好き、わんわん わん 』  (  黒松くん  )

 043.JPG

   台湾の若者 、欧州に留学してたという 。

     「  台湾の 最近の 映画は すばらしい ですね  」
     「  ありがとう  」
     
       ・  明治時代の日本政府も 描かれている

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  013.JPG


  014.JPG


      われらが  なかま 、 地上の 生き物 。


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    失礼たします
  末筆ながら  よき一日でございますように

   厚顔  無恥
    愚僧  萬拝

 


PICTURE 5-30-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

  [     THE    TEACHING    OF    BUDDHA     ]   NO ,   13

「 THIS    WORLD   IS   A    BURNING    HOUSE   .  

  この世は、
 この世界は、
 まこと 火の家 である 。 」

( 仏教聖典 より )

  ・  この世は 楽園である
    この世界は 極楽である 、とも 思う、
   わたしたち 人間である 。

    真実は どうなのでしょうか  ?

     つづき  ます
    みなさまも、 お考えくださいませ 。

        (    野暮用のため 超短縮型です、 おゆるしを  )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 001.JPG


 003.JPG


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 005.JPG


   この雲や 流れ流れて いずこより


 006.JPG


    先日 どなたかが 掃除 して くださいました 。( 2 回目 )
       すみません 、 でも まことに  まことに ありがたく 存じます 。
                   大合掌

 007.JPG


 008.JPG


     うまれきて  ひるねあじあう  このよかな

 010.JPG


    この世をば  火宅( かたく )というか  おろかもの
       人の心は  神仏( かみ ほとけ )なり   、 合掌


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


     GOOD     DAY
                 GOOD    LUCK

                APPRECIATION

               MONK    OF    ARASHIYAMA

         <    ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

              I     AM     SORRY   .

             SEE    YOU    AGAIN

     と



  ときどき 電話が かかってきます。
 「 お参りに 来て下さい 」
 「 はい 、でも 夕方かな 」
 「 いいですよ 。 かあさんもいます 」
  エンマ堂の側の 昔から友人です。

  千本の塔婆( とうば )があったという
  場所の 近くでございます。
   < 千本通り ぞいです 、北方 >

   年下ですが、母親と二人くらしの
  親孝行の いい男です 。
  学生時代、うどん屋さんの、皿洗いと
  出前のアルバイトで知り合いました。
   夜間高校の生徒さんでした。


    そうなのです 。
  京都には 『 閻魔大王 ( えんま ) 』
 ( 地獄の 主神 ) が
 いらっしゃい ます。 ご存知でしょうか ?

  生きている時に、悪いことをすると、
 地獄( じごく )に 落とされ 
 その罪に 応じた < 苦しみ >を
 体験させられる という 世界です。
  という 「 世界観 」でございます 。
             ( 微笑 )

  死後、00日後、
 生前の罪を 閻魔庁( えんまちょう )にて
 私たちの行状( ぎょうじょう )
 日々の生活の ありさま、罪過( ざいか )を
 記入した 閻魔帳( えんまちょう )を
 見ながら 裁かれ( さばかれ )
 処罰( しょばつ )されるという 。

   ああ、おそろしや 。。
   あああ、 おおそろしやー 。。。

 ( 微笑 )( 笑 )( 大笑 )
 ( 笑えない )( 笑えないぞ )( たいへんだ )


    つづき ます

  駄弁の 饒舌 おゆるしを

  敬と愛と ともに
    残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  002.JPG


  004.JPG

    帰りです。 歩かれた方々も 。 9人のお方。 特別コースでした ( 微笑 )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  005.JPG


    本日の船頭さま 「 いつも ありがとうございます 」 合掌

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  003.JPG

     楓子( ふうこ )ちゃん  いらっしゃい


 007.JPG

     タイ の いい青年 たち

 010.JPG

    タイ の 医学生 と 名古屋の娘さんたち ( 鈴虫寺の 帰り )
                ありがとう


  失礼いたします
    いい一日を

   厚顔無恥
     愚僧萬拝


  

PICTURE 5-28-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

  [     THE    TEACHING     OF    BUDDHA      ]    NO  ,    12

 「  THE   MAN   WAS    AWAY    FROM   HOME    AND   WHEN   HE
     CAME    BACK   ,   HE   FOUND   THAT   HIS   CHILDREN   WERE   SO
      ABSORBED   IN   PLAY   ,    HAD   NOT   NOTICED   THE   FIRE   AND
      WERE   STILL    INSIDE    THE   HOUSE   .


          たまたま 外にあった  長者( ちょうじゃ ・ お金持ち )は
  帰宅して 驚き 、 子どもたちを 呼んだが 、 彼らは
  遊びに ふけって 、火にきづかず 、家の中に とどまっていた 。


    THE    FATHER    SCREAMED    ,    GET   OUT ,  CHILDREN   ,  
    COME   OUT    OF   THE   HOUSE   ,    HURRY   ,   ...

        BUT    THE   CHILDREN    DID   NOT   HEED    HIM    .

    父は 子供たちに向かって
   <  子どもたちよ  にげなさい  出なさい  >と叫んだが、
    父の ≪ 呼び声 ≫ に、気がつかなかった 。

     THE    ANXIOUS    FATHER    SHOUTED    AGAIN   ,   CHILDREN  ,
     I    HAVE   SOME    WONDERFUL    TOYS   HERE   ,    COME   OUT
     OF   THE   HOUSE    AND    GET   THEM  ,  HEEDING   HIS   CRY
     THIS    TIME   ,    THE   CHILDREN    RAN    OUT    OF   THE   
     BURNING     HOUSE  ...


    心配する父は こう叫んだ 
   < ここに 珍しい おもちゃが ある 。 早く出て来て取るが よい。 >

     ≪ おもちゃ ≫ と聞いて 勇み立ち、
  ≪  火の家  ≫ から 飛び出して 、災い( わざわい )から、
  まぬがれる ことが できた 。    」

   (  仏教聖典 からの 引用で ございます  )


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  003.JPG


  004.JPG


     WELCOME  ,     MY   NEW    FAMILY  .


  007.JPG


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 010.JPG


 014.JPG


 015.JPG

       ベルギー ・ ブルッセル からの 旅人
        京都駅に ベルギーのお店が できてるような、、、、、。
          それにしても、「 ベルギー 」「 ブルッセル 」も 発音が
          さっぱり わかりませんでした 。 紙に書いていただきました 。( 大笑 )

      ようこそ  ようこそ 、日本に  嵐山に  、この山の上に
              ありがとうございました 。


 017.JPG



     I    AM    SORRY    ,     I     DO   NOT    HAVE     TIME   .
                       SEE     YOU    TOMORROW

  

   その若者は 海の中にいた 。
  八月 というのに 寒い 、泳げない。
  でも、地元の人々が 案内してくれて
  て とても ありがたい事でした 。


   そこは、ポルトガルの首都
  リスボンの港でした 。
  アフリカから 難民が来て混乱
  している、世界の若者が集い
  何かできないだろうか ?
  という、主旨でした 。


   それも、宗教を学んだり
  宗教に かかわっている若者が
  集まり、協力しようではないか?

  「 もう、議論は いい 。
   もう、話し合いは しなくて いい 。 

    現実、苦しんでいる・
   困っている人々のところへ
   行き、できる事を すこしでも
   実現しようでは ないか 。  」

   30歳くらい、まだ 悩める青年は
  参加を 決意いたしました 。


  、、、、、、、、、、、、、、、、、

   30歳にもなり、
   いったい 何を 思い煩う( わずらう )
   のでしょうか ?
    
    < バカ >
    < あほ >
    < まぬけ >
    < きちがい >
    < なまけ >
    < あまちゃん >
    < やまい > では ないか ?

     そうかも しれない 。

   「 身体 」 の 健康 とは 何か ?
   そして
   「 精神  」の 健康 とは 何か ?
   つまり
   「 こころ 」 の 健康 とは 何か ?

   ひいては
   「 社会 」 の 健康 とは 何か ?

   また、やはり、
   「 家族 」 の 健康 とは 何か ?


   ≪ 健康 ≫ という
  もとめるべき < 理想の状態・内容・在り方 >
  を、 もとめていた 。


  ≪ 理想 ≫とは
  『 命 ・ 心 』 が もとめるべき もの
  ではないか ?

  ≪ 調和 ≫ なのか ? ?

   、、、、、、、、、、、、


   仏教でいう 「 さとり 」 とは
 その「 理想 」である 「 調和 」 の状態 なのか ?

   こういった 観点から
  この 若者 の < 仏教探究 >は
  はじまった 。

    つづき  ます


 駄弁 無駄口、はずかしき 饒舌、 おゆるしを

   敬と愛と ともに
     残月  合掌

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 001.JPG


 003.JPG


 004.JPG


 008.JPG


     90歳 の お方が 来て下さいました 。

     「  無 老死  」  合掌 

     『 般若・ 仏 の 光よ 、お包みください 』  大合掌

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 006.JPG


   本日の 船頭さま  「 いつも  ありがとうございます  」


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  010.JPG


 011.JPG


    黒松 くん、 世界の 犬好きのみなさんに 可愛がられてます 。
       ありがとございます 。

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 014.JPG

     大悲閣 の 裏門 です 。
       いつか 公開したいです  。

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   失礼いたします
     よき一日を

   厚顔無恥   愚僧萬拝

 

PICTURE 5-26-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

  [     THE    TEACHING     OF    BUDDHA      ]    NO  ,    11


 「  IT    IS    VERY    DIFFICULT    FOR   THE   WORDS   SPOKEN
     BY    BUDDHA     FROM    THE    FAR    BANK    OF   ENLIGHTENMENT 
     TO   REACH     THE    PEOPLE   STILL   STRUGGLING    IN   THE
     WORLD   OF   DELUSION   ,   

          THEREFORE    BUDDHA    RETURNS
     TO    THIS    WORLD    HIMSELF    AND   USES   HIS   METHODS   OF
     SALVATION  .


        <  さとり >の 岸に立って、
 <  迷いの 海  >に 沈んでいる 人々に よびかける
 < 仏 の 言葉 > は、 人々の耳には 容易に 聞こえない 。


   だから、 仏は 自ら <  迷いの海  >に 分け入って、
 救いの 手段を こうじた 。

  、、、、、、、、、、、、、、


   NOW   I    WILL    TELL    YOU    A    PARABLE   ,    BUDDHA    SAID   ,
   ONCE    THERE   LIVED    A     WEALTHY    MAN    WHOSE   HOUSE  
   CAUGHT    ON    FIRE   .
        ...............       .........................     ...............

      さて 、 それでは 一つのたとえ を 語ろう 。

 ある町に 長者があって、 その家が 火事に なった 。

      (  つづき  ます  )      」

  (  仏教聖典 からの  引用   )


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 


  003.JPG


  004.JPG


  005.JPG

               朝、修学旅行生と いっしょ でした 。
           いい人間に なること 。( 人間の 目的 )
           いい社会を つくること 。
           いい仕事を すること 。
           いい学習を すること 。

           我 を つくり
           我 を こえる、 人間の歓喜を 。


  006.JPG


           WELCOME   ,     MY    NEW    FAMILY     FROM    U.S.A.   BY   G.C.C..
                          THANK    YOU    VERY    MUCH   ,    I   AM     SO    HAPPY   .


  007.JPG


 008.JPG


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 010.JPG


 014.JPG


 015.JPG


     

    GOOD     DAY
              GOOD    LUCK
                     I     HEARTILY    PRAY   .

               APPRECIATION
                        JOIN     MY   HANDS     TOGETHER 

               MONK     OF    ARASHIYAMA     JAPAN

       <   WISH    TO    ENTER    INTO    A     LIFE    OF
                   ENLIGHTENMENT     TOGETHER      >

              SEE     YOU

   ある夜、眠くて眠くてたまりません。
 事務所から、寝床の 雑然とした 倉( くら )に
 向かいます 。 そこは、寺院で使用する品々で
 いっぱい です。 塔婆も ロウソク・線香・お札
 時には、お骨箱、おもしろい世界です 。


  もう、寝る、もう ダメだ 。
 すると、頭に浮かんできました 。

 ( しまった、 水屋のお茶の 台布巾 ふきんを
  出したままだ 。もとの 位置にもどさなくては。
  ねむい、 ねむい 、 行かねばならない。
  朝 早くおみえの方に 悪いぞ 。 )

  まさに、 這いながら 行きました 。
  わずか 3メートルくらいですが 。( 微笑 )

  そして、立ち上がり、
  布巾に 手を置き わずか 30センチですが
  移動すると 同時に、

  『 物 と 心 は、 本来 一つ なのだ 』

  という、思いが 頭に 浮かんで来て
  目が覚めて しまいました 。 ( 大笑 )


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  < 物心 一如  ぶつしん いちにょ  >

  物 と 心 は  「 一つ 」 である 
             「 不 二 」 ( ふ に )である。

  と、いわれて なかなか 思えない、
  納得できない 。 そのように 生きれない。

   あの < 瞬間 >そう 思え・確信しても
  そのようには 、生活は できてないでしょう。
  ( 反省 ・ 反省 ・ 大反省 )( 大笑 )


   このような、 小さな 「 気づき 」の連続が
  人間生活であり、日常生活であり、
  日日 成長という ことかも しれません。


  < 一如  いちにょ  >
  < 不二  ふに  >

   日日の 生活で 活かしたいもので
   ございます 。

   簡単に おもえば、
  < 一つ に こだわらない >と
  いうこと  でしょうか  ?


   でも、< こだわり >の大切さも
  ございます 。

 「  こだわる  ようで  こだわらない
   こだわらない ようで  こだわる

   こだわる ようで こだわらない
    ・・・・・・・・・・・           」 ( 大笑 )
  ( やってられないぜ )( 大笑 )
  ( 笑えない )( 微笑 )

  ・ この 非論理、矛盾、曖昧( あいまい )さが、

   すべての存在の、安定と安心 つまり
  幸福を 願う < 本心・仏心 >の
  表現に ほかありません。

 <  すべて を 活かす >という
 観点では、『 思いこまない 』
        『 決め込まない 』
        『 定めない 』
       ことが 大切です 。
     ( むずかしい ですが )< 26日 記 >

   つづき ます

  駄弁 饒舌  おゆるしを
   敬と愛を こめて
      残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 006.JPG

     山の向うに、山 また 山 また 山 、、。


 007.JPG


     客殿改修してくださった、宮大工さま です。
       「 こんにちは  かりん ちゃん  、いいねー おとうさんと いっしょ 」


 010.JPG


     ありがとうございました、犬族の面倒を みていただきました 。


 013.JPG


 016.JPG


 012.JPG

     千光寺 の 居士さま・ 大姉さま
      ・ 池の中に、何か ? 作ってくださってます、まだ 工夫中のようです
          有難く存じます。 合掌


 014.JPG


 018.JPG

     「  ようこそ、 お嬢さん ( 微笑 )  」

            気を つけて ください ませ 。
             山の上まで、ありがとうございました  。


    写真の説明は  明日 いたします

    失礼 いたします

    厚顔  無恥
      愚僧  萬拝


PICTURE 5-24-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)
 
  [     THE    TEACHING     OF     BUDDHA     ]   NO  ,   10

 「  HE   TRAINED    HIMSELF    TO   AVOID    ANGER   ,   AND   HE
     WISHED    THAT   ALL   PEOPLE   MIGHT    LOVE   ONE   ANOTHER   .


        憎しみ( にくしみ )を 離れる( はなれる )行( ぎょう )を
  修( おさ )めて、人々の心( こころ )に、
  慈( いつく )しみの 思( おも )いが、
  あふれるようにと、 願( ねが )った 。


   HE   TRAINED   HIMSELF    TO   AVOID   IGNORANCE   ,    AND
    HE    WISHED     THAT    ALL    PEOPLE     MIGHT    UNDERSTAND
    AND     NOT    DISREGARD    THE    LAW    OF   CAUSATION   .


        愚かさ( おろかさ )を 離れる行を、修めて、
  人々に < 因果( いんが )の道理( どうり ) >を
  無視( むし )するという 誤った( あやまった )考え( かんがえ )が
  ないようにと、 願った 。


                ・ < 因果 の 道理 >
         行為に よる  原因 ・ 結果
         業( ごう ) ・ カルマ ともいう

         あくまで、本来 、
        人間の 『 努力精進の 行為 』により
       『 未来をつくる 』 ということを 強調することで
       あり、過去に しばられたりする ことでは
       けっして ない 。  残月
     

   、、、、、、、、、、、、、、、、、

   THUS    BUDDHA,S    COMPASSION    EMBRACES    ALL
      PEOPLE   ,    AND    HIS   CONSTANT    CONSIDERATION    IS
      FOR    THEIR    HAPPINESS   .
          HE    LOVES    PEOPLE    AS    PARENTS   LOVE   THEIR   CHILDREN
      AND    HE    WISHES   THE    HIGHEST    BLESSEDNESS   FOR   THEM  ,
      NAMELY    ,    THAT    THEY    WILL    BE    ABLE    TO   PASS    BEYOND
     <  THIS   OCEAN    OF   LIFE    AND    DEATH  >  .


       このように 、仏の慈悲は すべての人々に むかうものであり、
  その 本領( ほんりょう )は すべての人々の 幸福( こうふく )の
  ため以外の、何ものでもない 。

   仏( ほとけ )は あたかも 父母( ちち はは )のように 、
  人々を あわれみ 、人々に< 迷い( まよい )の海( うみ ) >を
  渡( わた )らせようと 願った 。

       ・ < THIS    OCEAN   OF    LIFE    AND   DEATH     >
         < 迷い( まよい ) の 海( うみ ) >

         < 「 生 と 死 」 の 世界 >
           つまり
            「 損 と 得 」
            「 好き と 嫌い 」
            「 良い と 悪い 」
            「 快 と 不快 」
            「 暑い と 寒い 」
            「 男  と 女  」
            「 親  と 子  」
            「 老  と 幼  」
            「 大  と 小  」
            「 美  と 醜  」
            「 裕福  と 貧乏 」
            「 優越  と 卑下 」
            「 自慢  と 自虐 」
              ・・・・・・

            「 生 と 死 」 の 世界で

             ふりまわされて 生きて いくのか ?
             楽しんで 生きて いくのか ?  
             自分中心で 生きて いくのか ?

          ・  二つの世界、
              いったり きたり たのしいなー、

            でも、

             まよわないで くださいませ
             苦しまないで くださいませ
             苦しめないで くださいませ


      つづき ます
           嵐山  残月

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  002.JPG  

                       HAIRY     CATERPILLAR


 003.JPG

    WELCOME   ,
                   OUR  STUDENTS    IN    KYOTO    FROM     MANY    COUNTRIES   .


 004.JPG


 006.JPG


 008.JPG


 010.JPG


     BLACK     LILY     (   黒 百合  ・  くろ ゆり  )


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

      GOOD     DAY
           GOOD     LUCK
                I     HEARTILY     PRAY    .

             APPRECIATION
                JOIN     MY    HANDS    TOGETHER

                MONK    OF    ARASHIYAMA      JAPAN   

         <     WISH    TO    ENTER    INTO    A     LIFE   OF
                     ENLIGHTENMENT     TOGETHER     >

                   SEE      YOU   

  その学生は、アルバイトをしていた。
 それは、大きな寺院の「 夜警 」でした。

  夕方、5時から 翌朝 7時まで 。
 8時 ・ 9時 ・ 10時 の見回りでした。
  その後、睡眠もとれました。 ただし、
 倉( くら )の中でした。 ( 微笑 )

  大きな建物の 内部と、
 巨大な建造物のある境内( けいだい )を
 ぐるぐる と 見て回るという 簡単な
 内容でした 。


  事務所の 夜の電話番も兼ねて
 いましたが、 あまりかかってきませんし、
 僧侶の方とか、年配の職員さんとの コンビ
 でしたので 、今 思えば、気楽な仕事
 だったかもしれません 。

  お部屋の 片隅で、
 書物を開き、本も読めましたし
 精神的に しばられる事もなく、
 学生にとり、とてもとても
 ありがたい バイトで
 ございました 。


  同学年で 一番顔が広そうな
 北海道出身者 と 一番付き合いが
 せまそうな 九州出身者の学生の
 出会いと 友情の たまものでした。


  新聞もございますし、
 大寺院ですので 、全国からの
 お供えの お菓子が豊富で
 色々と味会わせていただきました。
 ありがたいことだと
 感謝する 若者でした。

   
   つづき ます

 駄弁 饒舌なれど
  敬と愛を こめて

  残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 002.JPG


    WELCOME  ,    MY    NEW   FAMILY    FROM    U.S.A.   BY    G.C.C..
                  THANK    YOU    VERY    MUCH   ,    I    AM    SO    HAPPY   .


 004.JPG


 006.JPG


 012.JPG


            高校生たち
     <  いいぞ、 かたやぶり( 型破り )だ 、あばれろ 若者たち  >

     ・  大人は、 苦労して 四苦八苦して( 型 ・ 形 )を つくる 。
                               若者、次世代の ために 。
     ・  若者は、 ぶつかり・あがき ( 型 ・ 形 )を こわすべし 。
        そして、本当の 大人に なるのである 。

     ・  10代・20代の カブキもの・かたむき者 が
        大好きな 小生・愚僧で ございます 。

        来たれ、変人・あばれ者 ( 微笑 )( 大笑 )


 013.JPG


 018.JPG


   「  よくきました 。  遠くしんどい道 。
        その 冒険心 勇気 は いいことです 。

           そこから よりよき人生は つくられます 。
              また、来てごらん 、、。  」 大阪の高校生です 。

   「  心 の プリント 、 わすれないこと  」 ( 微笑 )

 016.JPG

      鐘楼 ( しょうろう )
        改修費用は 返済中ですが( 微笑 )、
          自由に おつきくださいませ 。 ( 合掌 )
     このことだけでも、
      渡月橋から 1200メートル を 歩く意味は
        ございます 。

 015.JPG


     みどりすき  やはりわたしは  天地の子
         しずかにささぐ  この命かな  ( ・ )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   失礼いたします
  末筆ながら よき一日を


   厚顔  無恥
    愚僧  萬拝

PICTURE 5-22-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

   [    THE     TEACHING     OF    BUDDHA    ]   NO ,   9


 「  HE   KEPT    HIMSELF   FREE    FROM    IDLE   TALK   ,   AND   THEN
      WISHED    THAT    ALL    MIGHT    KNOW    THE   BLESSEDNESS   OF
      SYMPATHETIC   UNDERSTANDING   .


     (    むだ口を 離れる 行< ぎょう > )を 修めて< しゅう >は、
 < 修行 ( しゅう ぎょう )・ 修行を 積む ・ 生活の中で 損得・好悪
   ( こうお )に 関係無く、 自分自身の 命をむける 、なしていく、
   味会う、、、、、  >
   人々に おもいやりの心を  つちかうようにと  願った 。


   BUDDHA    ,   AIMING   AT   HIS   IDEAL   ,   TRAINED   HIMSELF   TO
    KEEP   FREE    FROM    GREED   ,     AND    BY   THIS   VIRTUOUS  
    DEED    HE   WISHED    THAT    ALL    PEOPLE    MIGHT    KNOW
    THE    PEACEFULNESS    THAT   WOULD    GO   WITH   THIS   FREEDOM  .


      また、 仏( 釈迦 しゃか ・釈迦族 の尊者 ・シッダルタ )は
  仏に 成ろうとして、 貪り( むさぼり )を 離れる行を 修め 、

  その功徳( くどく )によって、
 人々が < 貪りの 心 >が ないようにと 願った 。   」

 (  仏教聖典からの 引用  )


   ・  貪る むさぼる 心 とは 何か ?

      つまり、
      満足できない とは どういう事なのか ?

      ここは 大切なので
     ともに、自分自身を みつめつつ
     ともに、考え 探究して いきたく 存じます

     ゆったりと
     つよく ・ やさしく ・ なかよく
     いき つづけて いくために 。

             嵐山  残月

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  016.JPG


     渡月橋 と 屋形船 
 
      「  水上や  なんと素晴らし  この世界
          心がとけて  流れ行くかな  」

  001.JPG


     新人 の お二人
       「 よろしく お願い申し 上げます 、
          おたのみ いたします  」  ( 合掌 )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  002.JPG


         行き(    GO   )

  003.JPG

       かえり  (  RETURN    )
               MY     NEW     FAMILY    ,     WELCOME    ,    I    AM     SO    HAPPY    .


  006.JPG


    本日 の 船頭さま
     「  いつも  ありがとうございます  」  ( 合掌 )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  008.JPG

  007.JPG

     ジャスミン  ちゃん   8ヵ月   


     009.JPG


            京都 から 兵庫 へ

         しあわせな  こねこ一匹  あらしやま


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  013.JPG

     デート 中  「  ようこそ  、  ありがとう   」


  014.JPG

     ヒマラヤ での 冥想経験者
     比叡山の 千日回峰行 についても 詳しい
     イギリスのお方、 長期滞在中という 。

         SEE    YOU    AGAIN   .

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    失礼いたします
  末筆ながら よき一日で ございますように 。

   厚顔   無恥

   間違えました

    GOOD    DAY
           GOOD     LUCK

           APPRECIATION

          MONK   OF   ARASHIYAMA

        <      ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >



    


     

  その 若者は 苦悩していた。

  しかし、幸福であった 。

  自由な 時間 と 空間 を
  もつことが できていた 。

  だからこそ
  真剣に ごまかさず
  遊びに せず
  茶番に せず

  もがいていた 。

  父親に 手紙を出していた。

  「 ヨーガ 行者 のように
   生活するので 、自由に
   させて ください 」 と。

   戦争に かり出され
   たいへんな 青春を
   過ごした 世代の父でした。

   黙認してくれた。


   ひたすら
   探究していた つもり 。
   なかなか さっぱり しない 。

   できるだけ、
   書物の中にも
   もとめた。

   わからない 。


   母親から、お守りが
   送られてきた 。

   「 心配だから 、
    お部屋の 柱の上に
    つらさげて おきなさい 」

   「 はい 」

   実際、奇妙な事が
   あるような 気がする
   家で あった 。

   我が 強く 何一つ
   納得しないかぎり
   信じない 若者であったが、

   唯一、
   『  もし、
     こわいこと
     わけの わからないことが
     あったら

    < われは 真理を
     もとめるものである >と
     
     のべ 退散
     させよ  』  という

    釈尊が 修行者に あたえた
    この言葉のみ
    信じて いました 。


    苦悩の日々の
    浅い 眠りには
    夢か 現か わからない事が
    ありました 。


    しかし、 どうしても
    このことは
    夢でも 幻でもなく
    本当だったという事が
    ありました。

    だから、
    どうだ、という話では
    ございません。

    ただ、こういう事も
    ありうるかも 知れない
    ということを
    伝えたく はなしたく
    存じます。

    こんなことは
    ただ、一度きりです 

    ある夜の ことです。

    真夜中に 目がさめました 。
    布団の 中で ねてました 。

    真暗闇 の 中に
    何か 浮いているでは
    ありませんか 

    おおきな 目玉です

    こっちを 見ている
    でも
    ( 変な 感じでは ない )
    ( 邪悪 な 感じでは ない )
    と 感じると 同時に

    自然と 部屋の片隅の
    柱に つりさがっている
    例の < お守り >の方に
    顔が 向きました 。

    すると どうでしょう
    なんと  不思議なことに
    摩訶不思議 なことに

    光が こちらに
    くるでは ございませんか
    あっと いう間もなく
    すごい 勢いです
    すごい 量です 。

    小生の 後頭部にあたり
    そのまま その 目玉に
    むかい あたり

    だちどころに 消滅いたしました。

    なんと、 いう ことでしょう 。

    言葉 を無くします 。


    もう 35年以上も
    昔の ある日の
    ある夜の 出来事でした 。


    その< お守り >は
     ある寺院の
    僧侶が 坐禅していた
    石から つくられたとう ものでした。

    なんと 。

     その寺院は
    本日、5月21日まで
    創建 1200年の 法要が
    なされて います 。 大合掌


     ありがとうございました。
    この若者は この お方に
    助け 救われたのでしょう 。


     ありがたや
     ありがたや

     恩返し を しなくては 、
     その 若者よ 。


  駄弁の 饒舌 おゆるしを

   敬と愛と ともに
     残月  合掌

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 002.JPG


 004.JPG


    昨日の 新しい 家族の 写真を 撮り忘れたようです 。
   残念です、すみません 、撮ったつもりでしたが、、、、、。 反省

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   失礼いたします
  末筆ながら よき一日でございますように。

   厚顔  無恥
    愚僧  萬拝



    

PICTURE 5-20-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

  [     THE    TEACHING    OF    BUDDHA       ]     NO ,    8

「  HE    TRAINED    HIMSELF    TO   AVOID    DOUBLE-TALK   ,
    HE   WISHED    THAT   ALL    PEOPLE    MIGHT    KNOW   THE   JOY
    OF   FELLOWSHIP   .

        二枚舌を 離れる 行( ぎょう )を 、修( おさめ )て 、
  人々が 常に なかよくして、 たがいに 道を
  語るようにと 願った 。


  HE   TRAINED   HIMSELF   TO   AVOID   ABUSING   OTHERS   ,
   AND    THEN    HE    WISHED    THAT  ALL    MIGHT    HAVE   THE
   SERENE    MIND    THAT    WOULD    FOLLOW    BY   LIVING    IN  
    PEACE    WITH    OTHERS   .


     また、悪口( わるくち )を 離れる 行を修めては < 修行して >
 人々の 心が 安らいで 、うろたえ 騒ぐことが ないようにと
 願った 。    」


 (  仏教聖典 より 引用 です  )


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  003.JPG


          WELCOME   ,    MY    NEW    FAMILY    FROM    U.S.A.    BY   G.C.C..
                  THANK    YOU    VERY    MUCH   ,     I    AM    SO    HAPPY    .


  004.JPG


  006.JPG


  007.JPG


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  008.JPG


  010.JPG

    本日 の 船頭さま  「 ありがとう ございました 」  合掌


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  014.JPG

     MY    NEW    FRIENDS    FROM     LONDON   .
                   WELCOME    ,    NICE    TO    MEET    YOU


 016.JPG


      静岡から 旅行中  「  いい 旅 を  」


 005.JPG

  
   「  へい 、おひさし ぶり 、いかが お過ごしでしょうか ?  」
 「  HOW     ARE   YOU   ?     IT   IS   BEEN    A   LONG   TIME   .   」

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    GOOD     DAY
              GOOD     LUCK
                    I    HEARTILY    PRAY   .

              APPRECIATION

              MONK    OF    ARASHIYAMA

           <    WISH    TO    ENTER   INTO    A    LIFE   OF
                     ENLIGHTENMENT     TOGETHER     >

                   SEE     YOU



  その若者は 苦悩していた。

 故郷から離れ、大きな街にいた。
 2年が過ぎ、3年目を迎えようと
 していた。

  青臭い、青年特有の問題に
 とりつかれていた。
 だれもが いだき、思い煩い、
 そして 大人になり 離れ忘れて
 いくものである。

  「 人生とは 何か ? 」

  「 いかに 生きるべきなのか ? 」

  「 悲しみ・苦しみ また
     いがみあい・競い・争う
    私たち 人間とは 何なのか ? 」

  「 どのように 生きるべきか ? 
    また、
    どのように、あるべきなのか ? 」

  「 この世は、
     貧困・紛争・病気・飢餓・
     奪い合い・殺し合いに終始
      するの だろうか ?  」

  「 いがいと、 みんな
     不平・不満・不服 を
     ぶつぶつ いっているでは
     ないか ?
    大人に なっても そうなのか ? 」

  「  人生の 目的とは 何か ?

     ゆたかな生活が よいのか ?
     経済的成功が すべてなのか ?

     自分の欲望を追究し、
     追究させ、
     そして、競争・あらそわせ、
     それが 成長だ・繁栄だ 、と
     思いこんで
     思い込まされて いないか ?

     その中で、
     泣き 悲しみ 苦悩している
     ひとが 山のように いるではないか ? 」

   「  そもそも、
     この世界とは 何なのか ?

      なんのための
     命・ この 命なのか ? 」

    、、、、、、、、、、、、

    わからない
    わからない
    わからない

    かんがえろ
    かんがえろ
    かんがえろ


    まなべ
    まなべ
    まなべ


    過去に
    先人に
    まなべ

    過去の
    賢人・哲人・
    聖人・達人
    仙人に
    まなべ

    さがせ
    かならず ある
    真実 いや 真理 が

    人間そのものを 満たし
    この世を やすらかにする
    何かを

    そして

    現在を
    自分自身を
    見つめろ

    お前は
    何をしている

    わからない

    お前は
    何をたべてるか ?

    なるほど、
    これは、ごまかせない 。

    よし、
    ここからだ 。

   ( この若者
    21歳 22歳のころであり
    町はずれの 山のふもとの
    一軒家にいた )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    つづき  ます


  駄弁の 饒舌
   されど 敬と愛と ともに
     残月  合掌


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  002.JPG

     WELCOME    ,   MY    NEW   FAMILY  .    I    AM    HAPPY   .
                             THANK    YOU    VERY    MUCH    .


  003.JPG


  004.JPG


  006.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  005.JPG


     MY     NEW    FRIEND    FROM     FRANCE  .
                           NICE    TO    MEET    YOU  ,     GOOD    LUCK   .

                     日本  一人旅  二か月  、 最高  。


  、、、、、、、、、、、、、、、、、

    失礼いたします

   末筆ながら よき一日でございますように

    厚顔 無恥
      愚僧  萬拝


 

PICTURE 5-18-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

  [     THE    TEACHING     OF    BUDDHA     ]    NO ,  7

「  BUDDHA    TRAINED    HIMSELF    TO    AVOID    EVER   COMMITTING
    ADULTERY    ,   HE    WISHED   THAT    ALL    PEOPLE     MIGHT   KNOW
    THE    BLESSEDNESS    OF    A    PURE    SPIRIT   AND   NOT   SUFFER
    FROM   OF   A   PURE   SPIRIT    AND   NOT    SUFFER    FROM   
    INSATIABLE   DESIRES   .


      仏( ほとけ ・ ブッダ ) は 、
 多情( たじょう )で 好色( こうしょく )な、 みだらな行為を
 離れることを 修め 、 その 功徳( くどく )によって 、
 人びとの心に 害心( がいしん )がなく 、
 また 身体に 飢えや渇き( うえ ・ かわき )が
 ないようにと 願った 。


  BUDDHA  ,   AIMING    AT    HIS   IDEAL   ,    TRAINED    HIMSELF
  TO    REMAIN     FREE     FROM     ALL   DECEPTION    ,  
  HE   WISHED    THAT    ALL   PEOPLE   MIGHT   KNOW   THE  
  TRANQUILLITY    OF   MIND   THAT   WOULD   FOLLOW     IN  
  SPEAKING    THE    TRUTH    .


    仏 は 仏 ( 真理にめざめ ・平安と慈悲に あるれる 存在 )に
 成ろうとして < 成仏 ( じょう ぶつ ) >、
 ( いつわり の言葉 )を 離れる 行( ぎょう )を 修め、

  その功徳によって 、
 人々が ( 真実を 語る < 心の静けさ > ) を
 知るようにと  願った 。   」

 (  仏教聖典 より  引用  )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  013.JPG


  017.JPG


  018.JPG


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  003.JPG


      写真家の みなさま  (  フランス から  )


  005.JPG


  008.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  007.JPG

          人生の 先輩と  人生論を 。
        ありがとうございました、 若僧を おゆるしを 、、、、。


  009.JPG


     イワン 君 と おかあさん  (  エストニア ・ 神戸在住  )


 010.JPG

       留学生の みなさん  「 日本に ようこそ 、ありがとう  」

     [    WELCOME     JAPAN   ,     THANK    YOU    VERY    MUCH      ]



 011.JPG

     世界の美女に 囲まれる、 黒松くん (  ワン わん  )

               KUROMATU  (    A   DOG   )     WITH     THE    WORLD    BEAUTY    


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    GOOD      DAY
              GOOD    LUCK

           SEE     YOU     AGAIN

               I    AM    SORRY     ,     NO   TIME    NOW   .

   

 (  早めに 修理おえて
  交番へ 向かわなくては、、、 )

  上の方から 参詣者が見えて
 きました、お帰りだ 。

  「 ありがとう ございました 。
     どちらから でしょうか ? 」

  『 大阪です 』

  「 はじめて でしょうか ? 」

  『  はい 。
   父が 以前、来たみたいですので、
   、、、、、
  ここに 、書いてあります 。 』


   雑誌の連載記事を
  示してくださいました 。

 (  あ あ 、この前の、、 。
   30年くらい前の連載に同行された
   記者の 御子様なのかな、、、? )

 『  大林さん ですか ? 
   ここに でてくる 。  』

  「  はい、 そうです 。
   また、どうぞ、秋も 美しいですよ 」

 『  落し物を したので 、
   さがしに いきます 、それでは  』

 「  え、    。 
  もしかして、 FUKUDA  さん ですか ? 」

 『   え、   。
   そうですが、、、 ?   』


   白衣の 袖の中のものを
 取り出して 見てみました。
 やはり アルファベットで 同じお名前が
 記入されています 。

 ( なんと、 よかった よかった
  こんなことも  あるのだな よかった )


 『  ありがとう ございます 、よかった 』

 「  中国人の女性の おかげです よ  」

   ( 微笑 )

 (  FUKUDA  さん、 父 、 え。
   大先生の 本名だぞ、、、。
  もしかして 、あのお方の お子さん ?
   

   きっと、小生くらい かも ?
  同じくらい の 感じ 。  )

 「  すみませんが、、
   あのお方の ご子息さまですか ? 」

    つい最近 、大先生の愛読者の
   先輩から< 男のお子さんが いるよ >
  < 大先生も  安心だったと 思うよ >
  と、はじめて 耳にしたばかり でした 。

   それが、 お会いできるとは 。

 『  はい 、 そうです  』

 

  < 握手 ( あくしゅ ) >


   そして、 失くして 困られている
 ものを このような 形・流れで
 お渡し できるなんて 。

 「  驚き です 。
   なんだか 、とても とても
   うれしい です 。 」


  大先生は、 天空から
 一部始終 ごらんなり 、
 あの子らは なにやってるのだ と
 微笑んで られる ような気がします 。


  < 涙 ( なみだ )>

    ( 大合掌 )


 駄文なれど 、ある日の
  ご報告で ございます。

 されど 敬と愛を こめて

  残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 001.JPG


 003.JPG


 007.JPG

   WELCOME  ,   MY    NEW    FAMILY    FROM    U.S.A.    BY   G.C.C..
                   THANK    YOU    VERY    MUCH   ,      I    AM    SO    HAPPY    .

 
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 016.JPG


 017.JPG


 026.JPG


 013.JPG

    本日 の 船頭 さま  「  ありがとう ございました  」 ( 合掌 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


035.JPG


    北海道 の 角倉一族の ご家族です 。

  「  ようこそ  ようこそ  、お疲れでしょう おかあさま( 83歳 ) 」


 034.JPG


      北海道 から 、 京都の街の 散歩に おこしです 。
        いいですね、 ブラリ ぶらり と 風まかせ 。

         あらしやま  西のはずれの  吹きだまり


 036.JPG

     THANK    YOU   ,     SEE     YOU    .

 
  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  
  失礼いたします
 末筆ながら よき一日で ございますように 。


  厚顔  無恥
   愚僧  萬拝


 

 
   
   



  




PICTURE 5-16-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

  [    THE     TEACHING    OF    BUDDHA    ]     NO ,  6

「  BUDDHA    FIRST    TAUGHT   HIMSELF    TO    AVOID    THE
   SIN   OF   KILLING    ANY    LIVING   CREATURE   ,    HE   WISHED   THAT
   ALL   PEOPLE    MIGHT   KNOW    THE   BLESSEDNESS   OF   A   LONG 
   LIFE   .

     釈迦・シッダルタ は、 仏 ( 真理に目覚め ・ 慈悲深い  存在・命 )
 に 成ろうとして < 殺生( 生き物を殺す ) >という< 罪( つみ ) >を
 離れることを 修め 、
  そして、 その < 功徳( くどく )( めぐみ )( 神仏からの ) >
 に よって 、すべての人々の < 長寿 ( ちょうじゅ ) >を 願った 。


  BUDDHA    TRAINED   HIMSELF    TO   AVOID   THE   SIN    OF
  STEALING  ,    HE    WISHED    THAT    ALL    PEOPLE    MIGHT    HAVE
  EVERYTHING   THEY    NEEDED   .


    また、< 盗み の 罪  >を 、離れること修( おさめ )め 、
 その功徳によって 、すべての人々が 求めるものが 得れるように
 願った 。   」

 (  仏教聖典 からの  引用 です 、 一部 日本語 添削 残月  )


    ・  禅宗には  無功徳 ( むくどく )という
      言葉が あることが  思いだされます ( 微笑 )

       自分自身に かえって くるような 功徳 は
      無いと いうことでしょうか ? ( 大笑 )

       自分自身 というものは 、本来 無い の
      ですから 、< 自分の ため >という 意識は
       だんだん 消えていく ような 気が いたします 。

       上記 の ように、
      他者・ 自分以外の方々の ために、
      願い・祈る ように 自然と なっていくのでしょう 。


    ・  回向( えこう )( まわし むける )
      功徳 が あるならば 、 回向する 。( 微笑 )

    ・   ある
       あらねば ならない 。

     「  回向して いただきたい
       是非、なにとぞ 、神仏の お恵みを
       お願いいたします 。
       おすくい お助け くださいませ 

       なにとぞ  なにとぞ  」  ( 合掌 )( 大合掌 )

             「 たすける ぞ 」

     「 かならず  すくう ぞ  」

      ありがたや  ありがたや  ありがたや

       ( 超 大合掌 ) 

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   003.JPG

       004.JPG


       WELCOME    MY    NEW   FAMILY    FROM   U.S.A.   BY   G.C.C..
                          NICE     TO    MEET    YOU   .     THANK    YOU    VERY    MUCH   .

             (  I    am   sorry    )


      005.JPG


     006.JPG


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 008.JPG


 011.JPG


 013.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 020.JPG


 022.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  GOOD     DAY
        GOOD    LUCK
             I     HEARTILY    PRAY

               APPRECIATION
                   JOIN    MY    HANDS    TOGETHER

                 MONK    OF    ARASHIYAMA     JAPAN

        <    WISH    TO    ENTER    INTO    A    LIFE     OF
            ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

            SEE      YOU

           ・    daihikaku   @    daihikaku   .    jp   

5月15日(金)  ある日の出来事

| コメント(0) | トラックバック(0)

  午後、参道の手すりの傷みが
 ひどいので、修理しょうとしてました、
 でも、どうしても、土台からの改修が
 必要みたいなので、2mくらい
 解体してました。

  すると、さっき客殿で
 お会いし・ちょと前に通りすぎた中国人の
 ご家族の 一人の女性が、走り
 もどって 来るではございませんか。
 10分は 過ぎています。 どうしたの
 でしょう ?


  小生に 何か渡しました。
 カメラのようです。
 拾ったので、後は頼みますという
 感じでした 。
 当然、小生は うなずいて、
 受け取りました 。


  「 交番に 行かなくては、
   橋の側に あったっけ 、
   時間かかるな、 でも 
   いかなくては・・・   」


    つづき  ます


 駄弁 おゆるしを

  敬と愛とともに
    残月  合掌


、、、、、、、、、、、、、、、、、


  004.JPG


  005.JPG


  009.JPG


  013.JPG


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  014.JPG

     帰りの 舟の中です ( 微笑 )
      (  行きの 撮影 忘れました、 白熱の会話のため )( 大笑い )


  019.JPG


      鹿とも 共存できる 、貴重な品種です 。
        つまり、食べないので ございます 。
           なぜ、なのでしょうか ? ( 微笑 )


  022.JPG


    失礼いたします

    すみません

    厚顔  無恥
    愚僧  萬拝


 

PICTURE 5-14-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

  [    THE    TEACHING     OF    BUDDHA     ]    NO ,  5

「  THE    WORKING    OF    BUDDHAHOOD   IS    AS   EVERLASTING  
    AS    HUMAN    IGNORANCE    IS   ENDLESS   ,    AND   AS   THE   DEPTH
    OF   IGNORANCE    IS   BOTTOMLESS  ,    SO   BUDDHA,S  
    COMPASSION    IS    BOUNDLESS    .


      人々の <  迷い  >( まよい )に、限りがないから  、
< 仏の はたらき  >にも、限りなく 、( 無限 )

 人々の <  罪  >( つみ )の深さに 底が無いから
< 仏の 慈悲 >にも、 底が無い 。( 無底 )


    ・ < 迷い >   IGNORANCE .  無知 、 無学 
      < 錯覚 >( さくかく )  ILLUSION
      < 妄想 >( もうそう )    DELUSION

       これらの事も
      きちんと 考えたく 存じます 。

           つづき  ます




  WHEN     BUDDHA    DECIDED    TO    BREAK    FROM    THE
 WORLDLY    LIFE   ,    HE   MADE   FOUR   GREAT    VOWS    .

         1  ,  TO    SAVE    ALL   PEOPLE
   
         2,    TO    RENOUNCE   ALL    WORLDLY    DESIRES

         3,     TO    LEARN    ALL    THE    TEACHINGS

         4,      TO    ATTAIN    PERFECT    ENLIGHTENMENT

  THESE   VOWS    WERE    MANIFESTATIONS    OF   THE
LOVE    AND   COMPASSION   THAT    ARE    FUNDAMENTAL
 TO   THE   NATURE    OF    BUDDHAHOOD   .



    だから、 仏( ブッタ )は その修行の初めに
四つ の 大誓願( せいがん ・ ちかい ・ ねがい )を 起こした 。

   1、 すべての 人々を 救おう

   2、 すべての 煩悩( ぼんのう )を 断とう

   3、 すべての 教えを  学ぼう

   4、 この上ない  さとり を  得よう


 この四つ の 誓願( せいがん )を
もととして  仏 は 修行した 。

<  仏 の 修行の もと  >が 
 この 『 誓願 』で あることは、

そのまま <  仏 の 心  >が 
< 人々 を 救う >という
< 大慈悲 > であることを しめしている 。   」

( 仏教聖典より 引用 です )


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  006.JPG


  011.JPG


  002.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  004.JPG

       安村氏  制作中  、 ご期待 くださいませ 。

  001.JPG


  003.JPG


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   GOOD     DAY
            GOOD    LUCK
                 I     HEARTILY    PRAY  .

             APPRECIATION 
                   JOIN    MY     HANDS    TOGETHER


               MONK    OF    ARASHIYAMA     JAPAN  ,    ZANGETU   残月

     <     WISH     TO    ENTER    INTO    A     LIFE    OF
                ENLIGHTENMENT   TOGETHER     >


               SEE     YOU



  問い  「  GO  TISOU  SAMA   とは
         どのような  意味でしょう ? 」

  解   「  御 馳走 様 ( ご ちそう さま )
        という 、漢字で ございます 。

        ・ 馳( ち ) はせる  駆け回る
        ・ 走( そう ) はしる

        < わー 御馳走 だ >

        ・ 多くの 方々が
         走り回って くださり できた食事です
         ありがたや  ありがたや で ございます 。

        ・ 御 も 様 も 、敬意の 表現です 。

       、、、、、、、、、、、、

          『  韋駄天 ( いだてん ) 』

        仏教寺院、とくに 禅宗の
        庫裏( くり )・台所 に おまつりして

        食物( 食輪 )( 身心をささえる 食物 )と
        仏法( 法輪 )( 仏の おしえ )が

         不足しないように 念じて おります 。

        なんと、
        この イダテン さまは
        走るのが とても早く ( インドの伝説 )
        たちどころに、
        用意・支度( したく )して
        くださる そうです 。 ( 微笑 )

         ありがたや
          ありがたや 。

        ・  人類世界に おいては
            まだ まだ  まだ で ございます。
          < 食物 >の 流通・円通 こそ、
          人間の基本的 仕事と 思われますが、、。

          < 心 >の 円通
          < 物 >の 円通
          < 人 >の 円通

         そして、

          < 思 >の 円通 、 とは ?

          つづき  ます


        ・  ( お金・ 代金を 払うから、払ったから )
         という 念、思い、気持ち、心の姿勢は

         わたしたち 人間の 慢心( まんしん )
         であり、傲慢( ごうまん )と なり、

          そして、結局、
         自分を 自分で 苦しめることに
         なります。

          反省 反省、 大反省 。


      駄弁 の 饒舌  おゆるしを

          敬と愛と ともに  残月  合掌


    、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  008.JPG


      韋駄天 さま   ・  I DA TE N 


  014.JPG


       誕生仏 ( たんじょう ぶつ )
            THE    BABY    OF    SHAKYAMUNI     BUDDHA   


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  003.JPG

      念持仏 ( 車中 ) ( 微笑 )    いただいて来ました、合掌


  012.JPG


      知人に いただいて まいりました 。 境内に お祀りいたします 。
        トイレの ななめ上の 石仏と いっしょに、、と存じます。
        ありがとうございました 。  大合掌


    失礼いたします
  末筆ながら  よき一日で ございますように 。

    ・  昨日、今日と 朝の行事が ありません。
     でも、他の用事に 追われています。
     法衣も 毎日着ると 痛むものと実感いたしました。
     針と糸 が 上手に なりますように 。( 微笑 )

    ・  やっと 2.3日前( 連続数十回 で )に 感じました。
     これは < 修行 >なのだと、
   <  損得・ いい わるい ・ する しない  >を
      超えている 。  合掌

    ・  最初で 最後の 気持ち( 境地、覚悟 ) で 
      させていただいて おります 。

     通訳ガイドさまには、 本当に 大感謝で ございます 。
      ややこしい お話ばかりで 、、、、、、、、、 。
     
        ありがとう ございます 。

       小生、英語精進いたします。 ( 反省 )


        厚顔   無恥
           愚僧 萬拝


    

        

PICTURE 5-12-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

  [     THE     TEACHING    OF    BUDDHA     ]      NO,   4

「  YET    PEOPLE    DO   NOT   UNDERSTAND   THIS    SPIRIT   OF
     BUDDHA     AND    GO    ON    SUFFERING    FROM    THE   ILLUSIONS
     AND   DESIRES    THAT   ARISE    FROM   THEIR    IGNORANCE   ,

     THEY    SUFFER    FROM    THEIR   OWN   DEEDS    ACCUMULATED
     THROUGH    WORLDLY    PASSIONS    ,     AND   WANDER   ABOUT
      AMONG    THE    MOUNTAINS    OF   DELUSION     WITH    THE  
     BURDEN     OF   THEIR   EVIL    DEEDS   .


       ところが、
 人々は この 仏( ほとけ )の心を 知らず、

 その 無知から、
< とらわれの心 >を 起こし持って、苦しみ、

 煩悩( ぼんのう )の ままにふるまって 、悩む 。

 罪業( ざいごう )の 重荷( おもに )を 背負って、

 あえぎつつ 、
 迷いの 山から山を 、かけめぐる 。   」

 (  仏教聖典 より  引用  )

     ・  無知 ( 知らない )

         仏さま の 心を
         観音さま の 心を
         阿弥陀さま の 心を

         人間 の 本心 を
         存在することだけで
         満足できる心を

         空っぽの 心を
         天地と一体の 心を
         宇宙大の 心を
         水と 同じ こころを

         あなたも わたしも
         かれも かのじょも
         おなじ この 心 を

         死んでも
         死なない 心 を

         よく 知りたいもので ございます。

         生きているうちに

         人間として
         生きているうちに  ( 微笑 )

  ・  煩悩 とは 、どういった ことなのでしょう ?

  ・  罪業 とは 、どういった ことなのでしょう ?


      ともに 考えたく 存じます 。


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 003.JPG


         水が 減って まいりました 。


 004.JPG

   WELCOME  ,    MY    NEW    FAMILY    FROM    U.S.A.   FROM    G.C.C..
                THANK    YOU    VERY   MUCH  ,    I   AM    SO    HAPPY   .


 005.JPG


 007.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 016.JPG


 017.JPG


           往年の 花の女子大生さまの 御一行さま
       「 般若心経 」 を 軽く 説明させていただく 。

    愚僧ながら、小生もっと もっと お話させていただかねば
      海外 15人ならば  国内 15人を いたします 。


 019.JPG

    MY    NEW   FRIENDS 
                           FROM    GERMANY   AND    NEW   ZEALAND  .
        
 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    GOOD     DAY
             GOOD    LUCK
                 I    HEARTILY    PRAY   WITH    WHITE    DRAGON    .

            APPRECIATION
                   JOIN    MY    HANDS    TOGETHER

             MONK     OF    ARASHIYAMA     JAPAN

      <     WISH    TO    ENTER    INTO   A    LIFE   OF
                  ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

               SEE     YOU

     

            

 問い  「 KAN  NON  ( かん のん ) とは
        何 なの でしょうか ? 」  5回目


 解   「  観音 ( 音を 観る )
            ( 心の 動き ・ はたらき< 働き > )
            ( 仏心 つまり 慈悲心 )

        観世音 ( 観 ・ 世< 人の世界 >の
            音< 苦しみ ・ 悲しみ
            ・ 嘆き( なげき ) ・ 叫び ( さけび )
            ・ 呻き( うめき ) ・ 泣き声・・・・・>
            を 観て 聞き入れてくださる

            ありがたや  ありがたや

            「 観て 聞いてくれる だけ ? 」

            「 ありがたや  ありがたや 」

            「  ?  ?   」

        観自在 ( 観こと が 自在 < じざい >である )

            私たちは、「 あるもの( 物・者・事・理・・ ) 」
            の、 一面 だけ ・ 片面だけ ・
            一視点だけで、観ている 。
            反省すべきこと で ございます 。

            < 活かせない > から 。

         ≪  自分自身  ≫ すら 活かせないでいる 。


        ・  自縄自縛 ( じじょう  じばく )
              自分で作った ≪ 縄 なわ ≫で
              自分を縛る( しばる )こと

              そして、
              自由自在に

              動けない
              働けない

              自分 の < 心 >と< 身体 > が 。

              この ≪ 縄 ≫ とは 何か ?



      「  われらいう 
           思いのままを
               自由なり
              どんな 思いを
                  もって いるやら  」

             ( 微笑 )( 反省 )
             ( 笑 )( 大反省 )  ( 大笑 )
             ( 笑えない )


    駄弁 饒舌  おゆるしを
    敬と愛と ともに
       残月  合掌

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  001.JPG

      嵐峡や  水面( みなも ) をかける  夏の風


  002.JPG

      WELCOME   ,  MY   NEW   FAMILY   FROM   U.S.A.  BY   G.C.C..
                      THANK   YOU   VERY   MUCH   ,    I     AM    SO    HAPPY   .


  003.JPG


                   深緑   命あふるる   嵐山


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  005.JPG


    「  しんどうくん 、  今日も   ファンのかたが  お見えです 。
       あなたの  策略は  大成功ですぞ 。   」

       北森  鴻( こう ) 推理作家 の愛読者のお方たち( 奈良 )
         ありがとう ございます。  合掌


  006.JPG

      MY    NEW    FRIENDS    FROM    HOLLAND   .
                     柴 犬 に 詳しい  お二人でした 。


 007.JPG


       大阪から です 。 ようこそ 。


 008.JPG


    MY    NEW    FRIEND    FROM    U.S.A..
                        SHE    IS    A     BUDDHIST   (    TIBETAN    BUDDHISM    )


 009.JPG

              仲良くなった、カナダ人・ フランス人 とともに
        未の 色紙を もらってくれた カップル


 010.JPG


      京都で  英語を 学んでいる 大学生です  。
         ようこそ   ようこそ  。


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



 013.JPG


        うつくしや   ことばがきえる   あらしやま

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   失礼いたします
 末筆ながら  よき一日を

   厚顔  無恥
     愚僧  萬拝

  追伸  、 写真 の 説明は 明日になります  すみません。

PICTURE 5-10-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

 [     THE    TEACHING    OF    BUDDHA      ]    NO,  3

「  BUDDHA  ,   SPIRIT   OF    COMPASSION     IS
    STIMULATED    ACCORDING   TO    THE    NEEDS    OF   MEN   ,
    MAN,S   FAITH    IS   THE   REACTION   TO   THIS   SPIRIT   ,
   AND    IT  LEADS    HIM    TO   ENLIGHTENMENT   ,   JUST   AS
   A   MOTHER    REALIZES    HER    MOTHERHOOD   BY   LOING
   HER   CHILD ,   THEN   THE   CHILD   ,   REACTING   TO   THAT
   LOVE   ,   FEELS   SAFE  AND   AT   EASE   .


    仏の 大悲は  人によって起こり 、
 この 大悲にふれて 信ずる 心が 、生まれる 。

 信ずる心に  よって < さとり >が得られる 。

 それは、 子を愛することによって
 母であることを自覚する 。

 母の心に ふれて、 子の心が < やすらか >と
 なるような もので ある 。  」

( 仏教聖典 より  引用です )

   ・  慈悲( じひ ) とは
     与楽( よらく ) たのしみ を 与える
     抜苦( ばっく ) 苦しみ を 抜く

   ・  大悲閣   山の上の 観音堂
         1  嵐山  千光寺
         2       清水寺
         3       長谷寺
                        4     尾道  千光寺

       たくさん ございます 。

   ・  大悲殿  街の中の 観音堂

       たくさん  ございます 。


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  002.JPG


    003.JPG


      WELCOME     MY    NEW    FAMILY     FROM    U.S.A.   BY    G.C.C..
                 NICE    TO   MEET    YOU    ,       I     AM     SO    HAPPY   .


  004.JPG


  006.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 005.JPG


 009.JPG

     いい ご家族 、御両親さまは 80歳代です 。
       「  これで 最後です  」
       「  そう おっしゃらないで  また どうぞ  どうぞ  」

 011.JPG

   MY   NEW   FRIEND    FROM    SPAIN  .    WELCOME


  012.JPG


 018.JPG

       ようこそ  友達の その 友達さん ( 微笑 )


 015.JPG

     道勝上人  ありがとうございました
   池 を 掃除していただき 美しい水が たまってきました 。 合掌

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   GOOD    DAY
          GOOD    LUCK
              I    HEARTILY    PRAY

           APPRECIATION
                  JOIN    MY   HANDS    TOGETHER

             MONK    OF    ARASHIYAMA      JAPAN

    <     WISH     TO    ENTER    INTO    A    LIFE    OF  
                 ENLIGHTENMENT     TOGETHER     >

             SEE     YOU


  

 問い  「 KAN   NON (   かん のん )とは
        何なの でしょうか ? 」 4 回目

 解   「  観音
        観世音
        観 自在 ( かん じざい )とも いう 。

   観自在 ( 観る こと が 自在 である )

     ・ 四角柱 を 観る

       1  正方形
       2  長方形
       3  線
       4  点
       5  円 ( まわせば )
       6  球 ( さらに まわせば )

     わたしたちは、 一面・ 一点 ・・・・

      だけに、 < 心を うばわれ >
            
      一面 ・ 一点 だけに
      <  心 を とめ  >
     ( 思いこみ ・ 決めこみ・・ )を しやすい 。


      そして、
     「 物 ・ 事 ・ 人 ・ 理 ・・・・ 」

     に、 しばられ( 束縛 ) ・
        しゅうちゃく( 執着 ) ・ し

     偏見 ( へんけん )
     妄想 ( もうそう ) し

    「  自分自身  」 も
    「 物 ・ 事 ・ 人 ・ 理 ・・・ 」
    も
    < 活かす > ことができなく なりがち 。

    注意 ・ 反省 ・ 大反省 。


    でも、しかし、
    この ≪  活かす  ≫ とは

    どういう こと なのでしょうか ?

        つづき   ます


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



 002.JPG


 003.JPG


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 005.JPG

       屋形舟 より


 007.JPG

    MY     NEW   FRIEND   FROM    U.A.S.
                          ON   THE   ROAD   (    DAIHIKAKU    MITI   )
                                        I   AND   RUROMATU     MEET    THEM   .


  008.JPG


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 018.JPG


     世界を 仕事と楽しみで 旅行する フランス女性 と
        留学を ひかえた 大阪の高校生の 出会いの 一時でした ( 微笑 )

 017.JPG


     ドイツ の 女性 と
     アイルランド の 男性

        高校生の一人は なんと アイルランドに 一年間留学という 
       おどろく 、高校生と 彼 ( 微笑 )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  015.JPG


  020.JPG


  021.JPG

      メキシコ からです。
    彼は 英語のプリント を すべて 理解し ほめてくれた 、
       うれしい  ありがたい 。   グラシャス  アミーゴ  アミ―ガ
               SEE      YOU    AGAIN

           MY    NEW    FRIEND    FROM   MEXICO   .
                         NICE    TO    MEET    YOU   


     失礼いたします

     厚顔  無恥
       愚僧  萬拝
      

PICTURE 5-8-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)
 
  [    THE     TEACHING     OF    BUDDHA      ]     NO  ,   2

「 ( YOUR    SUFFERING    IS   MY    SUFFERING    AND   YOUR
        HAPPINESS    IS    MY    HAPPINESS  .  )   SAID    BUDDHA   ,
    AND   JUST    AS   A    MOTHER    ALWAYS    LOVES   HER    CHILD  ,
    HE   DOES   NOT   FORGET    THAT    SPIRIT   EVEN    FOR   A
    SINGLE    MOMENT    ,    FOR   IT   IS   THE   NATURE    OF
     BUDDHA HOOD   TO   BE   COMPASSIONATE   .


      ちょうど  子を思う母のように  しばらくの間も
 忘れ 離れることは ない 、 守り 育て 救い取るのが 
 < 仏 ほとけ  の  心 こころ > である 。

 (  お前の悩みは  私の 悩み、
    お前の楽しみは  わたしの 楽しみ ) と
  かたときも 忘れ 離れることは ない 。    」

(  仏教聖典 より  引用  )


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 028.JPG


           EARLY      THIS     MORNING  

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 001.JPG

        <     ARRIVAL  >

           WELCOME  ,    MY    NEW    FAMILY    FROM    U.S.A.    BY   G.C.C..
                 THANK    YOU    VERY    MUCH   ,      I     AM     SO    HAPPY    .

 002.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 008.JPG


 013.JPG

            IN     DAIHIKAKU     SENKOJI    ,    THIS   TEMPLE    .


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 011.JPG

      SHE   IS    80   YEARS   OLD   .
          <    YOU    AER    YOUNG      AND    STRONG   ,   MA,AM    .   >
                      SEE     YOU    AGAIN


  022.JPG

            MY    NEW    FRIEND    FROM     MALAYSIA


 027.JPG

      MY    NEW    FRIENDS    FROM     SINGAPORE   ,
                WELCOME     JAPAN    AND    OUR    TEMPLE  .



 026.JPG

      ご体験を まず、  どうぞ  どうぞ 、じつに  すばらしい です。

      愚僧ですが  お信じ くださいませ ( 大笑 )  合掌


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   GOOD    DAY
          GOOD    LUCK

     <    WISH    TO   ENTER    INTO   A    LIFE    OF
             ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

           APPRECIATION

          SEE    YOU    AGAIN
            

 

 

 問い 「  KAN  NON   ( かん のん ) とは
       何 なの でしょうか ? 」  3回目

  
 解  「  観 自在 ( かん じざい ) とも いわれます 。
       
     ・  観る ( みる )ことが、自在( じざい )である

     ・  自在 ( じざい ) とは 
       束縛( そくばく )・支障( ししょう )が なく
       思いの ままで ある 。


     ・  もの( 物 ) こと( 事 ) ひと( 人 )
        ことわり ( 理 )・・・・ を、

        自在 に 観る という こと 。

     ・ < 例 >

        角柱 ( かくちゅう ・ 四角 ■ の 柱 )が あります・

        ・ 上から  観ると   ?  四角 ■
        ・  横から  観ると  ー  長方形
        ・  角 かど だけ 観ると  ? 点 ・ または  線 ???
        ・  回すと  ? 円 ○  ( に なる )
        ・  ぐるぐる 回せば ? 球 ( に なる )
        ・  ・・・・・・・

        どのようにも  観れます 

        なんでも
        どのように でも 観れます 。

        で ございますので、

        わたしたちは、 どう考えて 判断し 行為したら
        いい ので しょうか ?

           つづき  ます


   駄弁 饒舌  おゆるしを

   敬と愛と ともに  残月  合掌


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 004.JPG

                              8 45   A.M.

 006.JPG

          かえり です 。 
     行きは 真ん中に 坐ったので 忘れてしまいました。 残念です 。

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 014.JPG


    金沢 から  日本一周 へ


 015.JPG

    MY    NEW   FRIEND    FROM    U.S.A.       WELCOME


  016.JPG

           いい 若者たち


 017.JPG
      
     MY     NEW    FRIEND    FROM    ENGLAND      AND    U.S.A
                   NICE    TO    MEET     YOU


 018.JPG

        いいぞ

 019.JPG


     MY    NEW   FRIND   FROM    INDIA   .     THANK    YOU
                               I    AM     BUDDHIST    AND   MONK   .


,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,


       SORRY   ,    I   HAVE    NOT      TIME    .

               SEE     YOU     AGAIN

PICTURE 5-6-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

   THE    TEACHING     OF    BUDDHA

 「    SHAKYAMUNI     BUDDHA  ,   BORN    A   PRINCE   AMONG
     HIS   SHAKYA    KINSMEN   ,   LEFT    THE   COMFORTS    OF
     HIS   HOME   TO   LIVE    A   LIFE    OF   ASCETICISM  .

       THROUGH    THE   PRACTICE   OF   SILENT   MEDITATION ,
     HE   REALIZED    ENLIGHTENMENT  .

        HE   PREACHED    THE   DHARMA   (   THE    TEACHING   )
     AMONG    HIS    FELLOW    MEN   AND   FINALLY   MANIFESTED
     IT   BY   HIS   EARTHLY    DEATH   .


       釈尊 ( しゃくそん ・ 釈迦ムニ世尊 ・ 尊者 )
  釈迦族 の 太子と生まれ、 出家し、
  苦行をし 、 沈黙の冥想をし 、道を さとり 、
  教えを 説き、この世の 死を示した 。


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   THE    SPIRIT   OF   BUDDHA    IS    THAT   OF    GREAT   LOVING
     KINDNESS    AND   COMPASSION    .     THE   GREAT   LOVING
     KINDNESS    IS    THE    SPIRIT    TO   SAVE    ALL   PEOPLE   BY
     ANY   AND   ALL    MEANS   .    THE   GREAT    COMPASSION     IS
     THE    SPIRIT    THAT    PROMPTS    IT   TO   BE   ILL   WITH
     THE   ILLNESS   OF   PEOPLE   ,     TO   SUFFER    WITH  
     THEIR    SUFFERING    .


        仏の心とは 、 大慈悲 ( だいじひ )である 。

  あらゆる 手だてによって 、
  すべての人々を 救う 大慈 ( だいじ )の心 であり 、

  人とともに 病み 、
  人ともに 悩む  大悲 ( だいひ )の心  である 。  」

(  仏教聖典 ・仏教伝道協会 発行 より 引用です 。
(   日本語の 添削あり 残月  合掌  )


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 006.JPG

        MORNING

  004.JPG


 007.JPG

       WELCOME   ,   MY   NEW   FAMILY   FROM    U.S.A.    BY    G.C.C..
                  THANK    YOU   VERY   MUCH   ,     I    AM   SO    HAPPY   .


 008.JPG

     NOON

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 012.JPG


 025.JPG


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 014.JPG

   本日 手伝って いただいたり  遊んでいただいた  方々 ( 女性たち・ すみれ ♀ ) 
              合掌

 016.JPG

   受付小屋 から
     小生・愚僧は 学生時代、ここで アルバイト を させてもらいました 。

     懐かしい 。

 029.JPG

      本日、最後の ?  いい カップル 。
              よき 青春 を 。  よき 人生を 。  ありがとう ございます 。

 031.JPG

    5時 閉門  ギリギリ ( おつかれ さま )

    和服の方々も どうぞ どうぞ、 江戸時代は みんな です 。

    小生は いつも スリッパです ( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    GOOD     DAY
             GOOD    LUCK
                 I    HEARTILY    PRAY

        APPRECIATION
           JOIN    MY   HANDS     TOGETHER

          MONK    OF    ARASHIYAMA    JAPAN

   <    WISH     TO   ENTER   INTO   A    LIFE   OF
              ENLIGHTENMENT     TOGETHER    >

           SEE     YOU
           

 

  問い  「  KAN    NON   ( かん のん )とは
        なんのことでしょうか ?  」  2回目

  解   「  漢字 で < 観音 >、
        < 音 を 観る >。

       < 音 を 聞く >と
       どこが ちがうのか ?

     ・  近くで、赤ちゃんが泣いている 。

       < 聞音ーー 赤ちゃんが 泣いている 。

       < 観音ーー 赤ちゃんが 泣いている
                 どうしたの だろう
                 おかあさん は どうしたのだろ
                 おっぱい かな ?
                 お菓子かな ?
                 ねむいの かな ?
                 だれも そばに いないの ?

                 私がいく 。

       < 嗅音ーー の、表現でも
                 いいかも しれない。
                ( 心 の はたらき )を
                いうのだから 。( 大笑 )

        観音さま は 観世音菩薩( かん ぜおん ぼさつ )
                 観自在菩薩( かん じざい ぼさつ )
           とも 表現されています 。


      、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


      わたしたち 人間は 泣いている 。
      苦しみ 悲しみ に 泣いている 。

      日本中に たくさん の
      観音さまが いらっしゃいます。

      ありがたや  ありがたや

      よく見れば
      耳をすませば
      思いをすてて 心やすめば
      どこも かしこも
      かんのん さま


      わたしたち 人間は 泣いている 。
      苦しみ 悲しみ に 泣いている 。

      笑いたい、
      いえ
      ほほえみ を

      そんな 暮らしを
      みんなと  ともに 。


     、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


     観自在( かん じざい ) とは ?

      次回に つづき ます


  駄弁 の 饒舌、 おゆるしを

  敬と愛とともに
     残月  合掌

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  001.JPG

    WELCOME   ,    MY    NEW    FAMILY    FROM   U.S.A.   BY   G.C.C..
                   THANK     YOU     VERY   MUCH    ,    I    AM    SO    HAPPY    .


   012.JPG


  007.JPG


      作家  北森 鴻( こう ) 氏 の 遺影とともに

    「  お亡くなりに なり、泣きました。
       二週間は ぼーとしてました。
       天才 です。
       実に すばらしい。
       あえて 今は 読まない 著作があります、
       もったいなくて 読めない・・・・・・  」

    「  ・・・・・・   ・・・・・・・    」

      ・  偉人  角倉 了以 翁  坐像 ( 背景 )
         開基 ( かいき )( 当寺を 創建した 人 )

         開山 ( かいさん )( 当寺を 創建した 僧 )



 005.JPG


   「   50年 ぶりです 。
      20歳くらいの時、デートできました 。

       みどり の中で
      ゆっくり したく なりました
      なかなか これませんでした  」

   「  ・・・・・・・・   ・・・・・・・   」


 013.JPG


 003.JPG

    雄峰 禅師さま ( アメリカ人 )と 知人の方々( オランダ人 )
      禅師さまは  嵯峨の寺院で 、古典(禅)の翻訳をなさられています。 合掌


 014.JPG


     すばらしい ご家族さま。  ようこそ  ようこそ 。

 008.JPG


    名古屋から  自転車で こられたそうです 。
    「  すごい、  スバラシイ  」

   ・ 愚僧 、風邪と多忙で よく歩く( 大悲閣道 )で、やせたかな ?
      でも、 とても 元気です 。( 微笑 )

     風邪は 98% 回復いたしました。( 咳 が 長引きました )
    ご注意くださいませ。 もう 夏でございますが・・・・  。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  失礼いたします
    末筆ながら よき一日でございますように 。

    ・ 参詣者の お写真は すべて 偶然です
     たまたま、お話をしてて・・・  ( 微笑 )

   厚顔  無恥
     愚僧  萬拝
         

PICTURE 5-4-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

  [    SHAKYAMUNI      BUDDHA     WAS    BORN
            ON     8     APRIL     ]    NO  ,   13


  「  HIS   ANGUISH    DID   NOT   END   AND   MANY    DEVILS
      TEMPTED    HIM   SAYING   
     <    YOU    WOULD    DO    BETTER    TO   RETURN   TO
           THE    CASTLE    FOR    THE    WHOLE    WORLD  
            SOON    BE    YOURS    >

        このとき、悪魔 ( 悪鬼 ・ 悪口を言う人 ・ 邪魔するもの )
  は、 早くも 彼に つきまとった。
  < 宮殿に 帰るが いい 。 時を待つがいい 。
     この世界は 全て、お前の ものになるのだ。 >


    BUT   HE    TOLD   THE   DEVIL   THAT    HE   DID   NOT  
       WANT    THE   WHOLE    WORLD   .

           SO   HE   SHAVED    HIS   HEAD    AND   TURNED   HIS
         STEPS    TOWARD    THE    SOUTH ,   CARRYING    A
          BEGGING    BOWL    IN   HIS   HAND   .


          彼は 叱咤( しった ・大声で しかった )した。
  < 悪魔よ、 去れ 。
     全て 地上のものは、
     わたしの 求めるところでは 、ないのだ 。 >

    悪しきものを 追い払い、
   髪( かみ )を そり、 食( しょく )を 
   乞( こ )いつつ  、南に向かった  。     」

 (  THE   TEACHING    OF   BUDDHA   ,    仏教聖典より 引用  )


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  001.JPG


      WELCOME     MY   NEW    FAMILY    FROM    U.S.A.  BY   G.C.C..
                      THANK    YOU     VERY    MUCH   .     I    AM    SO    HAPPY    .

            <    THE    RIVER    AND   THE   LIFE     ARE    BEAUTIFUL    .
                   OUR    HEART    IS     SAME    AND    WOUNDERFUL   .    >

    007.JPG


           新緑や  こちにおわすは  どなたさま  ?

       (  やま ツツジ ・ 躑躅  )(  大悲閣道  )

 002.JPG

    月一、 第一日曜 、 法話・読経・茶話会
    午後1時から
    自由参加・ 無料

    次回 6月はあり 。
    どうぞ どうぞ、お気楽に お越しくださいませ。  合掌

 003.JPG

    千光寺 の  ありがたい  居士・大姉 ( こじ・たいし )さま
       先に お帰りの方も、
       写真 にがてな お方も どうぞ、 自由です ( 微笑 )

 005.JPG


 006.JPG


     若者よ 来れ 。  青年よ  来れ 。
       尊き 命、尊き 心、尊き手足  尊き仲間 、

       この世に おいて  使い切るべし
       この世に おいて  活かしきるべし 。
 
    、、、、、、、、、、、、、、、

       人は 「 我 」 あり  苦悩する
       人は 「 無我 」 になり  歓喜する

                  「 我 」 ある ゆえに
       人は 尊い 、
       「 無我 」 を 味会える から 。


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   GOOD     DAY
           GOOD    LUCK
               I    HEARTILY PRAY   .

        APPRECIATION
       
         MONK    OF     ARASHIYAMA  

    <    WISH    TO    ENTER   INTO   A    LIFE    OF
              ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

         SEE     YOU     AGAIN   

  問い  「  KAN  NON ( かんのん ) とは
            なんでしょうか ?  」

  解   「  漢字 で、 表わすと
        < 観音 ・ 音 を 観る( みる ) >
        で ございます。

        < 聞音 ・ 音 を 聞く( きく ) >
        で ないので ございます 。

        この 矛盾した表現に
        < 心 の はたらき >を
        伝えているので ございます。

       、、、、、、、、、、、

       日本の伝統文化の 『 香道 』では
       < 香り を 嗅ぐ ( かぐ ) >は
       いいません。

        < 聞香 ( もんこう ) >
       < 香り を 聞く ( きく ) > ( 大笑 )
       と 表現しています。

        まさに、< 微妙 ( びみょう ) >
       なる  世界で ございます。

        全身で、 心から
       味会おう としたり、

        お鼻の 感覚を
       とぎすます 、 そこに 心を
       集中しようとしたら

        このような 表現に
       なるのかも しれません。 ( 微笑 )


       、、、、、、、、、、、、、、、、


        呼吸 も そうです 。

      胸( むね )・ 肺( はい )で
      いたします。

      < 腹( はら ) で 呼吸する >
      は 理解しやすい です 。

      ちょと 深い 呼吸 は
      < 腹 での 呼吸 >です 。

      お腹のことを、< 丹田 ( たんでん ) >とも
      表現いたしますが、、、
      ( このことは また いつか )


       しかし
      仙人・ 真人 は
      なんと < 足の裏で 呼吸 >するという、

      人間は 皮膚呼吸も いたしますので
      当然でしょうか ( 大笑 )

       心 が 軽くなれば
       我 が 小さくなれば

       せかせか と
       < 肩 で 呼吸 する > でなく

       ぷんぷん と
       < 鼻 で 呼吸 する > でなく

       ガミガミ と
       < 口 で 呼吸 する > ので
       ないのでしょう 。


       ゆっくり
       ゆったり
       < 呼吸 >したいもので
       ございます。


       また、
       < こ  きゅう  呼吸 >であり
       < きゅう  こ  > では
       ございません。 ( 微笑 )

       、、、、、、、、、、、、、、、


       KAN  NON   の こと
       次回 に つづき ます。

      『  音 を 観る  』 とは
      どういう こと なのか ?

       できれば、
      お考えいただき たく
     存じます。 お願いいたします 。


  駄弁の 饒舌  おゆるしを

  敬と愛と  ともに
     残月  合掌


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  002.JPG


     山の中に 、 大悲閣の 客殿 ( きゃく でん )が 見えます。


  003.JPG


    WELCOME    ,     MY   NEW    FAMILY     FROM    U.S.A.  BY   G.C.C..


  019.JPG

     新緑が  腹におさまる  毛虫かな

     新緑や  やはりわたしも  天地の子

 018.JPG

         嵐山の 茶店の お孫さんです 。 はじめて 上まで 来てくれました 。
      ありがとうございました 。 また ね 。

021.JPG


   山 しゃくやく の 花の 蕾 ( つぼみ )でございます。

   鹿が 住んでいる 山でも、 残っているそうです。
     そこで、 ここ 嵐山にて こころみています。 
         ありがとうございます、 椿さま ( 人名です ) 。( 微笑 )

020.JPG


   黒松 くん が  だっこされて います ( 微笑 )

   京都の大学生の娘さまに  おしえてもらったそうです。
  ありがとうございました、三重県の やさしい お母様で ございます。

   小生の ブログを 目にしたことが あるそうです、
     ああ、 恥ずかしや 、はずかしや ,  合掌 


022.JPG


023.JPG

   スペイン語を 話せる 仲間 ( 南米 育ち )が、 
     一日 手伝ってくれました。
           グラシャス  、  アミーゴ  。


    失礼いたします
  末筆ながら よき一日でございますように。

  よき 連休で ございますように。
   連働 の 方々 も おおいことでしょう
     おたがい 精進いたしましょう 。

  ・  「 休 」 も  「 働 」 も 同じ  ( え ? )
    「 ON   」 も  「 OFF   」 も 同じ  ( そんな )
    ごめん なさい 。(  大笑  )
    言葉を つかいながらも、
    言葉を 超えたい もので ございます 。

   厚顔  無恥 の おそろしさ

   愚僧  萬拝 、 大合掌 、 南無 神仏 。



 




PICTURE 5-2-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

  [    SHAKYAMUNI    BUDDHA     WAS     BORN
           ON     8     APRIL      ]      NO  ,    12


 「 (    IF   HE   LOOKS   IN    THE   RIGHT   WAY   HE   RECOGNIZES
        THE   TRUE   NATURE    OF   SICKNESS    ,    OLD    AGE    AND    DEATH  ,
        AND    HE    SEARCHES    FOR    MEANING     IN    THAT    WHICH   
         TRANSCENDS    ALL    HUMAN    SUFFERINGS    .


         IN   MY    LIFE   OF   PLEASURES    I    SEEM     TO   BE   LOOKING  
       IN    THE   WRONG    WAY    .     )


         正しいものを  もとめることと いうのは 、
  この < あやまり > を さとって 、

  ≪ 老い ≫ と ≪ 病 やまい ≫ と ≪  死  ≫を 
  こえた ( 超えた )

  人間の 苦悩の  すべてを はなれた ( 離れた )

  ≪ 境地 きょうち ≫ を もとめる ことである 。


    今 の わたしは  この
  あやまっていた ものを  求めて者に すぎない 。


     、、、、、、、、、、、、、、、、、


   THUS    THE    SPIRITUAL    STRUGGLE    WENT   ON  
     IN   THE   MIND    OF    THE   PRINCE    UNTIL   HIS   ONLY   CHILD   ,
     RAHULA   ,    WAS   BORN   WHEN   HE   WAS   29    .

   THIS   SEEMED    TO   BRING    THINGS   TO   A    CLIMAX   ,   FOR
     HE   THEN    DECIDED    TO    LEAVE    THE   PALACE    AND
     LOOK    FOR   THE   SOLUTION     OF   HIS   SPIRITUAL    UNREST
     IN   THE   HOMELESS    LIFE   OF   A    MENDICANT   .


         HE    LEFT   THE   CASTLE    ONE    NIGHT   WITH    ONLY   HIS
       CHARIOTEER   ,    CHANDAKA   ,   AND   HIS   FAVORITE   HORSE   ,
       THE     SNOW --WHITE    KANTHAKA  .



       このように 心を 悩ます日々が つづいて 、
  月日は 流れ 、 太子 29歳の年、 一子 ラーフラ ( らごら )が
  生まれたときに 、太子は ついに 出家の 決心をした 。


   彼は 御者の チャンダカ を ともない 、
  白馬 カンタカ に またがって 住み慣れた宮殿を
  出て行った 。

   そして 、 この俗世界との つながりを
  断ち切って、 出家の 身と なった 。   」

 (  THE   TEACHING   OF   BUDDHA   ,   仏教聖典より 引用  )


    ・  しかし、 まさに
     < 彼 > は < 太子 たいし >であり
     < 家 >でなく <  宮殿 >であり 、

     孤独・孤立 でなく
     ≪ ともの者 ≫が 側におり

     なんと、
     < 白馬 >に またがっての
     ご出家で ございます  (  微笑  )


       また、 子どもが誕生し
      親としての < 責任 >が 発生しながら、
      おそらく、 他のお方に まかせられる 環境に
      いたのでしょう 。

      、、、、、、、、、、、、

      ここで、 彼を 特別だ 、境遇がちがう
     わたしは ボンボン・ ジョウチャン ではない 、

      だから、 関係ないと
     思わないで いただきたい。

      彼が 発見・ 自覚・ 体得 した
     ≪  真理  ≫ とは 、
      直接は  関係無い ので ございます。

     その後、
     色々な 境遇の 方々が
     ≪  真理  ≫を  もとめ 体得し

      安心し 幸福を 味会い
     すべての  存在に つくし 、幸福を 調和を
     ひろげて いった 人々が 数知れず

      いらっしゃつた、
     いらっしゃる からで ございます 。


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  001.JPG


  030.JPG


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  002.JPG


         WELCOME    MY    NEW    FAMILY    .   I   AM     SO    HAPPY   .


  010.JPG


  015.JPG


    MY   NEW   FRIEND    FROM    INDIA   .
                 NICE    TO    MEET    YOU   .


   016.JPG


       MY    NEW    FRIENDS    FROM    ISRAEL 
            NICE    TO    MEET    YOU    .


  028.JPG


       MY    YOUNG    GIRL    FRIEND     FROM    FRANCE  .
             NICE    TO    MEET    YOU   .


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   GOOD     DAY
           GOOD    LUCK
                I   HEARTILY     PRAY   .

          APPRECIATION
              JOIN     MY   HANDS    TOGETHER


             MONK    OF   ARASHIYAMA      JAPAN

  <   WISH    TO   ENTER   INTO   A    LIFE    OF
             ENLIGHTENMENT     TOGETHER     >

         SEE     YOU
      

  問い  「  禅宗と 他の宗派は
        どこが ちがうの でしょうか ? 」

  解   「  どの 宗派も
        どの 宗教も 同じのように
        みえます。

         事実、そうでしょう。

        しかし、 ただ、
       どこを 強調しているか
       どこを 重要視しているかで

       で、ちがって見えて来ます。

       たいがいの 宗教・宗派は
      < 不滅 > ふめつ を語りますが、

       < 不滅 >のセットである、
       < 不生 >を 語ります。
        ( すでに、仏教的 )

       、、、、、、、、、、、、、、、、、

       おそらく
     < 不滅 >
     ( こわれない・ 消えないもの )を
     持てたら、 自分がなれたら、
     ( 安心 ・ 幸福 )な
     ことでしょう 。

      もし、
     すべては
     こわれ・消えていくので あれば、

      すべてのもの が
     もし、< 生じてない ・ 不生 >
     ならば、
     < 生じていない・ 不生 >と
     理解・認識・納得・自覚 できたならば
     満足 できたならば、

     < 不滅 >を 得たことと
     同じと いえます 。    

     、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


      すると、
     目の前にあるもの、
     聞こえてくるもの、
     また、
     自分自身も、

      夢・幻
     ( ゆめ・まぼろし )

      露 ( つゆ ) か

      そうである 。

      あわれ、か ?
      かなし、か ?

      いや、

      だからこそ、
      愛しい ( いとしい )

      だからこそ、
      ありがたい( 有難い )

      だからこそ
      すまない


      だからこそ
      もったいない

      だからこそ
      真 に あじあい

      だからこそ
      真 に いかしたい

      と ぞんじます 。  」

    つづき  ます


  駄弁の饒舌 おゆるしを

  敬と愛とともに 
    残月  合掌


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  001.JPG

   大悲閣道 ( だいひかく みち )

   大悲閣 とは  山の上の 観音堂

   大悲 とは  慈悲の 悲から
            ひとびと、わたしたちの 悲苦を
            なくして くださる
            なくしたい と なさる
            心・ 仏心
            つまり 観音さまで ございます 。

  004.JPG


  006.JPG


  007.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  008.JPG


    いつも、かげから、この寺院を
   ささえて くださっている 、在日40年の ドイツ語の先生 ご一行さま 。

    いつも、ありがとう ございます。

     p、s、 河内弁を 語る、先生で ございます ( 微笑 )

  009.JPG

     中国からの お二人

     いい 隣人 で いきましょう 。
    おたがい 学び合いながら。
    仏教では 大先生です。 よろしくお願い いたします 。


   、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  失礼いたします。
   末筆ながら よき一日を


  厚顔  無恥
    愚僧  萬拝

      

このアーカイブについて

このページには、2015年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年4月です。

次のアーカイブは2015年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。