2015年3月アーカイブ

PICTURE 3-31-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

  [    THE     TEACHING    OF    BUDDHA    ]
         <    DHARMA    (   TRUTH   )    >    NO  ,    13

「  WHERE     DOES   THE   SUBSTANCE   OF    THE   MIND   EXIST  ?

         < 心 >の 本体 は、どこに あるので しょうか ?

          ・ INSIDE    OF   THE    BODY     ?
                           ・ OUTSIDE   OF   THE   BODY   ?

                           ・ INSIDE     AND   OUTSIDE        ?
                           ・ NO  INSIDE   AND   NO  OUTSIDE  ?

                           ・  身体の 内 である  ?
          ・  身体の 外 である  ?

          ・  身体の 内と外 に ある   ?
          ・  身体の 内と外 にも ない ?


          こんな のんきな 事を
          考えるのは  悪人なのか ? あまちゃん なのか ?

          この世の中、
          苦しみ、悲しみ、嘆き、叫んでいる
          人々が あふれて いるでは ないか ?

           しかし、自分自身が
          環境・状況・立場・対応、、に 振り回されない。

          真の、 絶対の 、こわれない、
          「 安心感 」 ・ 「 幸福感 」 を 自覚・体得
          できてこそ、

          自分以外の方々に、
          「 あたたかく 」 「 やさしく 」 「 おてつだい 」
          「 お役に 立てる 」、、、、、
          などが、できるのでは ないでしょうか ?

          でも、同時並行 ですね、
          考えながら、行動でしょうか ?

          上記、みたいな事を
          考えたりしていると、
          「 自分の 心 」 「 自分の 思い 」に
          あまり、振り回されない ように なる 気がいたします。

          < 静慮 ( せいりょ ・ 静かに 思い めぐらす )
          < 熟慮
          < 止観
          < 冥想
          < 禅定
          < 空観
          ≪ 智慧
          ≪ 慈悲

            つづき  ます

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   BUT  ,   IN    FACT  ,   THE   BODY   FEELS   WHAT  THE   MIND   KNOWS   ,
     AND   THE    MIND   KNOWS    WHAT   THE   BODY    FEELS  .
      THEREFORE    ,    IT   CAN   NOT   BE   SAID    THAT    THE   HUMAN
      MIND   IS   OUTSIDE   OF   THE    BODY   .

          WHERE   ,    THEN   ,
      DOES    THE    SUBSTANCE    OF   THE   MIND    EXIST   ?


        ところが、 事実は 、
  < 心の 知るところ >を < 身体が 感じ >
  < 身体に 感じるところ >を < 心は よく知っている >から、

   心は 身体の外にあると、いう事もできない 。

   いったい、
  < 心 の 本体 >は、
   どこに あるので しょうか  ?   」

(   THE    TEACHING   OF  BUDDHA   ,   仏教聖典より 引用   )


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  016.JPG

                                                                            about     6  00  p.m.


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  < 櫻 たより  >  その 四

  011.JPG


  018.JPG

       枝垂れ さくら の開花が 早いです 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  004.JPG

       WELCOME   ,    MY    NEW    FAMILY    FROM     U.S.A.   BY   G.C.C..


  008.JPG

                   SEE    YOU     AGAIN     (    SMILE   )

  009.JPG

                            

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

      GOOD     DAY
                 GOOD    LUCK
                           I    HEARTILY     PRAY   ・

        APPRECIATION
                      JOIN    MY    HANDS    TOGETHER

                      MONK    OF   ARASHIYAMA     JAPAN

        <    WISH    TO    ENTER    INTO    A    LIFE    OF
                   ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

                  SEE     YOU


                              



  < 執着 >や
 いったい何を
 もとめてる
 「 もとめ 」「 もとめ 」て
 「 もとめ つくす 」 ぞ

      ( 喝采 )
      ( かっさい )
      ( スバラシイ )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  < 執着 >や
 < 自分 >が < それ >を
  もとめてる
 < 自分 >も < それ >も
  たいせつ だから


  < 執着 >や
 < 自分 >が < それ >を
  もとめてる
 < 自分 >と< それ >が
  「 ひとつ 」 に なった


  < 執着 >や
 < 自分 >が きえて
 < それ >となる
  この ( よろこび )は
  なんと いえよう


  < 執着 >や
  < それ > きえうせて
  < 自分 >かな
  この ( よろこび )は
  なんと いえよう


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  古人いう
 < 自分 >というは
 < 夢( ゆめ ) >に < 幻( まぼろし ) >
 < それ >というのも
 < 夢 >に < 幻 >


  古人いう
 < それ >と いうのは
 < 夢 >に < 幻 >
 < 自分 >というは
 < 夢 >に < 幻 >


  古人いう
 < 自分 >と < それ >は
 < 夢幻 ( むげん ) >かな
 < 夢 ( ゆめ ) >に 楽しみ
 < 幻 ( まぼろし ) > 愛す

   
     つづき  ます


   駄弁駄歌 の 饒舌
        おゆるしを
     
 「 歓喜 」 「 法悦 」( ほうえつ )
      (  絶対安心 )( 大笑 )、( うそー )( 大笑 )
           の ために

      敬と愛と ともに
         残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  <  櫻 だより  > その三


  002.JPG


  001.JPG


  008.JPG


   失礼いたします
 末筆ながら  よき一日で ございますように 。

   厚顔  無恥
    愚僧 萬拝





  



PICTURE 3-29-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

  [     THE     TEACHING     OF    BUDDHA     ]
             <    DHARMA   (   TRUTH  )   >   NO ,   12


 「  <    WHERE    DOES   THE   SUBSTANCE   OF   THE   MIND   EXIST  ?   >
           [   心 の 本体  ] は、どこに あるので しょうか ?

        ・  身体 の 内 か ?  外 か?
        ・    内でも  外でも  ないのか ?  ( 微笑 )
        ・    内でも  外でも  あるのか ?  ( 大笑 ) < 残月 >


   IF   THERE    IS   A   MIND   WITHIN   THE   BODY   ,
      IT    OUGHT    FIRST   TO   KNOW    THE    THINGS   INSIDE   THE   BODY   ,
      BUT    GENERALLY    PEOPLE    ARE    INTERESTED    IN   EXTERNAL 
      THINGS     AND    SEEM    TO   KNOW    OR   CARE   LITTLE    FOR    THE
       THINGS    WITHIN    THE    BODY   .

       
         もしも、
  この身体の内に 心が あるならば、
  なによりも 先に、 身体の内のことを、
  くわしく知らなければならない、けれど、

  身体の外の事だけを、よく知っていて
  身体の内の事については、
  ほとんど、 何事も 知ることができない 。


   IF    THE    MIND   IS   LOCATED   OUTSIDE    THE   BODY   ,
      IT    SHOULD    NOT    BE   IN   CONTACT    WITH   THE    NEEDS   
      OF   THE    BODY   .

       もしも、
  心が 身体の外に あるとするならば 、
  心と 身体が 関係なく はなれていて、
 < 心の知るところ >を 身体は 知らず、
 < 身体の 知るところ >を、心は 知らない はずである。


   BUT,   IN    FACT  ,

        しかし 、 事実は、、、、、、、

      (  TO    BE     CONTINUED    ,    つづき ます  )  」

  (  THE    TEACHING   OF   BUDDHA   ,    仏教聖典より 引用 )
  (  日本語、一部 改変 < 身 を  身体 に >等   )


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    < 櫻 の たより > その 二
           <     CHERRY    TREE   >


  001.JPG


         昨日( 28日 )が  大悲閣の < 開花 日 >です。
           午後から、 パラパラ と 開いて いきました 。
               屋根は、 ちょうど 「 観音堂 」( 大悲閣 )でございます 。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  002.JPG


  005.JPG


      臨済宗の大本山の  末寺の檀家さまの 子どもたちが
        50人以上、参詣して くださいました。
          ありがとうございました。
         
           若い< こころ >の 般若心経 一巻、
              山中に しみ入りました 。  合掌

      「   花 ひらき   心も ひらく    あらしやま  」

             ・  心 ひらき
             ・  魂 みがき
             ・  命 あじわう  ( 微笑 )
                             < 大根が うまい >( 大笑 )


  006.JPG


  007.JPG


     写真を 撮るのを 忘れてました 。
       子どもたちでなく 、
          職員の僧侶の方々に なりました 。( 微笑 )

    「 遠くまで ありがとうございました 」   大合掌


 008.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 017.JPG


    WHITE    (   JAPANESE    APRICOT   TREE   .   UME   )
           YELLOW    (    ?     sorry     )

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、

     GOOD     DAY
               GOOD    LUCK
                    I     HEARTILY     PRAY   .

                APPRECIATION
                   JOIN     MY   HANDS    TOGETHER  

                      MONK    OF   ARASHIYAMA     JAPAN

        <    WISH    TO    ENTER   INTO   A    LIFE    OF
                    ENLIGHTENMENT     TOGETHER     >

                   SEE     YOU  

       

  < 執着 >や
 いったい何を
 もとめてる
 「 もとめ 」「 もとめ 」て
 「 もとめ つくす 」 ぞ 

       ( 大笑 ) 

    その7 から

、、、、、、、、、、、、、、、、

  < 執着 >や
 < 自分 >が< それ >を
 もとめてる
 < 自分 >も< それ >も
 わからぬままに


  < 執着 >や
 < 自分 >が< それ >を
 もとめてる
 < 自分 >というは
 < それ >のこと かな ?


  < 執着 >や
 < 自分 >が< それ >を
 もとめてる
 < それ >というのは
 < 自分 >の ことか ?


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  古人いう
 < 自分 >というは
 影( かげ )に 泡( あわ )
 < それ >というのも
 影( かげ )に 泡( あわ )なり


  古人いう
 < それ >と いうのは
 影( かげ )に 泡( あわ )
 < 自分 >というも
 影( かげ )に 泡( あわ )なり


  < 自分・それ >
 ともに 影( かげ )泡( あわ )
 楽しけり
 影( かげ )と、 戯( たわむ )れ
 泡( あわ )と、 遊ぶさ 

         ( 微笑 )
         ( 苦笑 )
         ( 笑えない )
         ( 大笑 )


  つづき  ます


  駄弁駄歌 おゆるしを

  敬と愛とともに
   残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 <  櫻  の  たより  >  1


 008.JPG 

      まだ まだ


 009.JPG

     まだ まだ  まだ   で ございます 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 004.JPG


     「 新しい 家族 」 お帰りの屋形舟 が  御到着
          すはらしい< 嵐峡 >で   ございます 。

 003.JPG 


     今日は たまたま  「  無 生死  」( む しょうし ) を 説く 。( 微笑 )
            禅の 奥義 です。 ( 大笑 )

       お茶を 喫しては 「 無 舌 」 「 無 味 」 を 語る。
          ( ばか みたいーーー )

       人間の < 歓喜 >のために  ( うそーー )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 006.JPG

    
   連翹 ( れんぎょう )、 黄色花、モクセイ科
     下の 板、 先日、イノシシ 侵入 。  境内大暴れ、 ふーー。


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   失礼いたします
 末筆ながら よき一日でございますように

 ・ 昨日、 櫻 は まだまだ なのに
    いつもより 多くの方々が ご参詣くださいました。
   ありがとうございました。

   寺院の護持( ごじ )の、支えにつながります。
  何も おもてなし・せったい できてませんが
  どうか 御協力くださいませ 。

    厚顔  無恥
     愚僧 萬拝


PICTURE 3-27-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

   [     THE     TEACHING     OF    BUDDHA     ]
            <     DHARMA    (   TRUTH  )    >    NO ,   11

  「  WHEN    A   MAN   IS   IN   A   HOUSE    AND  OPENS   HIS   EYES
       HE    WILL    FIRST   NOTICE    THE    INTERIOR   OF   THE   ROOM
       AND    ONLY    LATER    WILL    HE   SEE   THE   VIEW   OUTSIDE
       THE    WINDOWS  .


        人が 室内にいて、 目を開けば、
  まづ、部屋の中の物を見て、 やがて
  窓を 通して、外の 景色をみる 。


    IN   LIKE   MANNER   WE   CAN   NOT   HAVE   THE   EYE   NOTICE
       EXTERNAL   THINGS   BEFORE   THERE   IS   RECOGNITION    BY
      THE   EYE   OF   THE   THINGS   IN   THE   HOUSE   .


        部屋の内の物を 見ないで、
  外の物ばかりを 見る目は ない 。

   、、、、、、、、、、、

   I F   THERE  IS   A  MIND   WITHIN   THE   BODY   ,  ..............
               (    TO     BE     CONTINUED    )

        ところが、
  もしも 、この身の内に、 心が あるならば・・・・・・・・・

     (  つづき  ます   )          」

  (  THE    TEACHING   OF   BUDDHA    仏教聖典からの 引用  )


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 021.JPG


 020.JPG

            MR.    YASUMURA


   011.JPG

             東の京都から( 東京都 )からの 御参詣です。
         愚僧の 拙ブログを みてくださっているそうです。( 微笑 )

             ( はずかしや  どこかにあなは  なかりしや ? )( 大笑 )

     今日は、ご客人が 多い一日でした。
   それも、関東からです。 偶然、五島列島に行かれた方々、、、(教会めぐり)。( 2組も )
   同窓生の可愛い娘さん、 母校の大先輩、( 2人も )。

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  004.JPG  


 005.JPG


        WELCOME  ,    MY    NEW    FAMILY    .     I     AM     HAPPY   .

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 006.JPG

          SUNLIGHT   ,    OH      SPRING    .

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    GOOD    DAY
           GOOD    LUCK
                 I     HEARTILY     PRAY   .

                 APPRECIATION
                JOIN    MY    HAND   TOGETHER

                        MONK    OF   ARASHIYAMA    JAPAN
                             (   KOUGAN    MUTI    )

           <     WISH    TO    ENTER   INTO   A    LIFE   OF
                           ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

                     SEE      YOU  



    



  < 執着 >や
 徹底( てってい )的に
 こだわりて
 寝食( しんしょく )わすれ
 我( われ )をうちこむ


  < 執着 >や
 徹底的に
 こだわりて
 苦しみもだえ
 なやみてあがく


  < 執着 >や
 とことん底まで
 苦悩して
 食は細りて
 眠りは浅い


  < 執着 >や
 底の底まで
 こだわりて
 まわりを忘れ
 おのれ 忘れる


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  < 執着 >や
 いったい何を
 もとめてる
 「 それ 」は いったい
 「 なに 」で あるのか


  < 執着 >や
 いったい何を
 もとめてる
 「 全ては変わる 」
 「 無常( むじょう ) 」で、ないか


 < 執着 >や
 いったい何を
 もとめてる
 「 個人 ・ 個体 は、 無い 」
 「 無我( むが ・ むこ ・ 無個 ) 」なるぞ


 < 執着 >や
 いったい何を
 もとめてる
 「 もとめ 」「 もとめ 」て
 「 もとめ つくす 」 ぞ  ( 大笑 )


  駄弁駄歌の饒舌
    おゆるしを

  敬と愛と ともに
    残月 合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 002.JPG


 005.JPG

       さむい  TOO   COLD   ,     なぜ  WHY  ?


 004.JPG


 003.JPG


       WELCOME    ,    MY    NEW   FAMILY   FROM    U.S.A.   BY    G.C.C..

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  026.JPG

        はるのやま  はくばいのもと  わらってる
              どこのだれだか   しらないけれど  (  大笑  )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  012.JPG


    「  はじめての 春です 、 わん ワン  」 ( りん です )
          街角にて 
           ( 新大学 1年生 、 おめでとうございます )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   失礼いたします
  末筆ながら よき一日で
    ございますように 。

  厚顔  無恥
   愚僧 萬拝


PICTURE 3-25-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

  [     THE    TEACHING    OF    BUDDHA      ]
         <    DHARMA   (   TRUTH   )    >   NO  ,  10

  『  FUNDAMENTALLY   ,    EVERY    HAS   A   PURE    CLEAN    MIND   ,
     BUT   IT   IS   USUALLY   COVERED   BY  DEFILEMENT   AND   DUST
      OF   WORLDLY    DESIRES   WHICH    HAVE   ARISEN   FROM 
      ONE,S   CIRCUMSTANCES  .

         本来、ほんとうは、すべての人々は、
   「 純粋で、清らかな< 本心 > 」
   「  清浄心 ( しょうじょう しん ) 」を、もっている 。

    しかし、自分自身の「 環境・状況・状態・境遇・立場 」から
   生じた ( 欲望 )による ( ちり ・ ほこり )と( よごれ )に
   よって、ふつうは おおわれている 。

         ・  なにを もって
           ( ちり )( ほこり )( よごれ )
           という ので あろうか ?

           < 欲望 >が
           < 欲望 >の、
           どこが、なにが、 悪い・問題に
           なるので でしょうか ?

           ここは、ともに、 じゅっくり
           考え明らかに したいもので
           ございます 。 ( 残月 )

      THIS    DEFILED    MIND   IS    NOT   OF    THE
         ESSENCE    OF   ONE,S   NATURE   .
         SOMETHING    HAS   BEEN   ADDED   ,   LIKE  AN   INTRUDER
          OR   EVEN   A    GUEST   IN   A    HOME   ,   BUT   NOT  ITS   HOST  .

         (   よごれた 心 )
   ( 迷った 心 ) は、 
    自分自身の 本心( ほんしん )( 本来の心・ 自然の心 )
    ではなく、 乱入( 侵入 )者であり< 微笑、残月 >、
    心の家の ご主人ではなく
    お客さまである。 < 微笑、 残月 >    』

(  THE    TEACHING    OF   BUDDHA  、  仏教聖典より 引用  )
   (  註解  残月  合掌  )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  002.JPG


  003.JPG

      VERY    STRONG     WIND   


  008.JPG


  005.JPG


               WELCOME     ,     MY    NEW     FAMILY    FROM    U.S.A.   BY    G.C.C.  .


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  012.JPG


  011.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  018.JPG


     「  すみれ   ちゃん ?  4年前に 会ったね  」
     「  また  きたよ  」


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    GOOD     DAY
           GOOD     LUCK
                       I    HEARTILY    PRAY   .

                       APPRECIATION
                  JOIN   MY   HANDS   TOGETHER

                  MONK    OF    ARASHIYAMA      JAPAN

          <    WISH    TO    ENTER    INTO    A   LIFE    OF
                   ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

               SEE     YOU


  


   


  島そだち 
    われをきたえる
      みやこかな
        山の寺にて
           町の寺にて ( ・ )

 、、、、、、、、、、、、

  小生は 「 島そだち 」 です。
 日本の 西の端の 『 五島列島 』です。

  日本も、アジア・ユーラシア大陸の
 東の端の、 列島で ございます。( 微笑 )

  「 日本 」 は いい国、
  「 五島 」 も いい町 ( 大笑 )


 ・ 長崎の港から、 3時間半 ?
             1時間半 ?

 ・ 福岡の港から、 7時間半  ?

 ・ 福岡の空港から、 45分 ?

     ここ20年は
    あまり 帰郷していないので
   ( ? ) ばかりです 。

     福岡( 博多 )の港から
    夜の船で 帰ることが 多かったです。
    ( ヒマ人です ・ 微笑 )
    ( 古代の遣唐使の方々の
      苦悩と危機を想像しながら )( 大笑 )
    ( また、格安ですし、寝ていける、< 爆笑 >
    朝の 海の青さを 十分味会えますし、
    島島に帰港しますし、、、、 )

  ・ 嵐山に来てから、
   10年間は、帰れませんでした。
   精神的にも、物理的にも。
   ( 久しぶりの 帰郷は 町の樹木が
     大きくなったな―てな 感じでした )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   先日、映画を観ました 。
  五島列島 が 舞台です 。

   それも、
  母校、「 福江中学校 」の 生徒の
  物語なので ございます 。

   小生、市中に足を運ぶことは
  少ないのですが、この度は
  夜の町を 駆けて行きました( 微笑 )

   映画館は、がらがら、

   冒頭の
   海の上の船の シーン

   これだ、
   こんな 感じだ
   ああ

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  『  くちびるに 歌を  』

    福江島の 鬼岳( おにだけ )
    新聞記事・パンフレットの写真に大きい。
    よくでてくるかな ?

    でも、
    ほんの数十秒でした ( 微笑 )

    カトリック教会が また 美しい。

    でも、仏教の歴史も古い
    最澄伝教大師・空海弘法大師の
     史跡もございます。

    青春・若者・人間の ドラマでした。

    アンジェラ・アキ さん の
    「 歌 」「 歌詞 」 が 土台・テーマです。
    < 15歳の、、、  >( 正確に思い出せない )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

<  「 執着 」 その5  >で
 (  ふるさと 自慢  )を したのか ?

   自分の「 ふるさと 」 を
   大切( 執着 )( ? )してこそ、

   他の人々の「 ふるさと 」 を
   大切 にできる 、のでは、、。


   自分の生まれ育った「 国 」を
   大切( 執着 )に思いできる人は、

   他の人々の
   生まれ育った「 国 」を
   大切に できる、 のでは、、。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   真の 愛国者 こそ
   真の 国際人 に なれる、

   のではと、よく いわれますが、
   そのとうりでは ございませんか ?

、、、、、、、、、、、、、、、、


   自分を 愛せてこそ
   自分以外を
   他の人を 愛せる、 の ような

   むずかしい 。

   自分にたいする「 執着 」 の
   大切さも、重要です。( 微笑 )

   「 執着 」 から 脱するために 。
   ( 大笑 )


     つづき  ます

  駄弁の 饒舌  おゆるしを

  敬と愛と ともに
    残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


002.JPG


006.JPG

       TOO    COLD  ,   WE     ARE     HAPPY   .




008.JPG

     強風の中、 ありがとうございました 。


012.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


003.JPG



   失礼いたします
  末筆ながら  よき一日で
   ございますように。

   厚顔  無恥
     愚僧  萬拝





PICTURE 3-23-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

 [    THE     TEACHING    OF    BUDDHA    ]
                                    <    DHARMA (  TRUTH  )  >   NO ,   9


 「   BUDDHA,S    TEACHING   LEADS   US   TO   NON --DUALITY,
     FROM   THE   DISCRIMINATING    CONCEPT   OF   TWO
     CONFLICTING   POINTS   OF   VIEW  . 

   仏の< おしえ >は、( 相反する 二つを はなれて、
  それらが 別々のものでない ) という 『 真理 』を
  「 さとる 」 のである 。

、、、、、、、、、、

  ・     仏( ほとけ )( 覚者ー真理に気づき、目覚めた人 )
  ( 真理ーあらゆる 人・場所・時代・状況でも
  あてはまる< 人として 合った 判断・決意・覚悟・誓い・願い >、
  原点・土台・基礎的な、単純・簡明 な 内容 >、つまり
  「 こころ の 動かし方 」
  「 こころ の 持ち方 」
  「 こころ の 基本姿勢 」 など。

    上記の 『 真理 』を
   感じることの ( しあわせ )
   学ぶことの  ( たのしさ )
   身につくことの  ( かんき )は
  < 人としての 「 幸福 」 >に
   つながる ものの ように 思えます。

    物理学・社会学など、学問的真理を
   いっているのでは、ございません ( 微笑 ) 
         < 註解、 残月 > 

、、、、、、、、


    IT   IS   A    MISTAKE   FOR   PEOPLE   TO   SEEK   A   THING
     SUPPOSED    TO   BE   GOOD   AND   RIGHT  ,    AND   TO   FLEE
     FROM    ANOTHER    SUPPOSED    TO   BE    BAD   AND   EVIL   .


  もしも、( 相反する二つ )の中の ( 一つ )をとって
 < 執着 >すれば、 たとえ、それが
 「 善 」 であっても、「 正 」であっても、
 「 悪 」となり、「 邪( じゃ )・( よこしま ・ ねじ まがる ) 」
 とも なる 。  」

 (  THE    TEACHING   OF   BUDDHA   ,  仏教聖典からの引用  )
      TO   BE    CONTINUED    ,    つづき ます

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
 

  016.JPG

      THE    TOP   OF    MT.   ARASHIYAMA     AND    CHERRY(   YOUNG   PLANT  )

                       嵐山の頂上 と 河津桜( 苗 なえ )

  、、、、、、、、、、、、、

  014.JPG

      CAMELLIA   
                                             椿 ( つばき )(   木 + 春  )

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  028.JPG


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  
  031.JPG

         さくら  まだまだ


  018.JPG


  019.JPG


  021.JPG

  024.JPG

               THE    WOUNDERFUL    FAMILY     ,    WELCOME   .

      すばらしい 御一族の方々でした 。
        楽しく・可愛い お子さんたちでした 。
          ありがとうございました 。

      「  ワンちゃん かわいい、、、 」( でも さわれない、、、 )( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    GOOD    DAY
           GOOD    LUCK
               I     HEARTILY     PRAY  .

                APPRECIATION
                 JOIN    MY    HANDS    TOGETHER

                 MONK   OF    ARASHIYAMA     JAPAN
                      (   KOUGAN    MUTI    )

          <     WISH   TO   ENTER   INTO   A    LIFE   OF
                         ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

                 SEE    YOU

   


  < 春分( しゅんぶん )>や
  真東からぞ
  日はのぼり
  真西にしずむ
  この よき世かな


  < 春分 >や
 真東むかう
 この地球
 真西にかえる
 われらが人よ


  < 春分 >や
 この宇宙には
 なにも無い
 太陽だけが
 真実なのか


 < 春分 >や
 太陽すらも
 わからない
 ああありがたや
 今の「 おひかり 」


、、、、、、、、、、、、、、、、


 『  おごるなよ
   月の円( まどか )は
   ただ一夜  』 ( 古句 )

   に ちなみ

 『  おごるなよ
   春分点は
   ただ一度  』 ( 微笑 )


、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 「 執着する 」 とは 「 執着しない 」こと 
 「 執着しない 」 とは 「 執着する 」こと
 である。

    ( 大笑 )
    ( できないよ )
    ( 爆笑 )
    ( 笑うべからず )
    ( 微笑 )

  立ち止まらない
  流れていく

  そして
  できれば
  流れるだけでなく
  < 流れを つくる >

  どこへ 向かうのか
  明らかである

  < この心 の 平安 >
  ・・・・・・・・・・
  ・・・・・・・・・・・・
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ・・・・・・・・・・・・
  < この世 の 平和 >

   「 この心 」 と
   「 この世 」 の間に
   色々の
   ことが ございます 。

   そこが、重要です。
   次にで、ございますが、、、、。 
 
    ( 微笑 )( 大笑 )

 駄弁駄歌の 饒舌
   おゆるしを

  敬と愛と ともに
   残月 合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 005.JPG

          みほとけや  われをささげる  このよかな


 008.JPG


        嵐山 千光寺( 大悲閣 )では、 ございません。
            北野の老僧( 92歳 )を  支えさせて いただいて います 。

             「   島そだち  われをきたえる  みやこかな
                     山の寺にて  町の寺にて  」 ( 微笑 )( 大笑 )


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 029.JPG


 028.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 031.JPG

      手伝ってくださった 雲水さま( 禅の修行者 )、 合掌 大合掌 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  032.JPG


        彼岸 桜  も ございますぞ ( 微笑 ) 。

     ・ 昨日の お花は  『 木藤 ( きふじ ) 』 という
         お名前だ そうです 。


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    失礼いたします
  末筆ながら  よき一日でございますように 。

   ・ 午前中  知人の寺院の手伝い
     午後  嵐山へ 向かいます ( 犬族とともに )

    厚顔  無恥
      愚僧 萬拝
  
   

PICTURE 3-21-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)


     TODAY    IS   A    VERY    IMPORTANT    DAY   OF   BUDDHISM   ,
 THAT   IS   THE   SPRING    EQUINOX (   春分の日  、 彼岸の中日 )
( 昼 と 夜 の 時間が 同じ )
(   太陽が 「 真東から のぼり、 真西に しずむ 」という特異日 )
    THE    MONK    READ    THE   SUTRAS    AND    SMALL  LECTURES  .
   AND   MANY   PEOPLE    VISIT   THE   TEMPLE   AND   A   GRAVE .


  「 BUDDHA ,S    TEACHING    LEADS    US   TO   NON--DUALITY,
        FROM   THE   DISCRIMINATING    CONCEPT    OF   TWO  
        CONFLICTING   POINTS   OF   VIEW   .

         仏 ( 目覚めた人 ・ 覚者 )の < おしえ >は、
 < 相反する 二つ >を はなれて 、
  それらは、< 別別のものではない >という
  『 真理 ( しんり ) 』 を < さとる >< 気づく >
  < 生きる >ので ある 。
          
         ・ とても むずかしい。
           されど、 心の平安 と
           あらゆる 価値観にたいする
           寛容さ・許容力・やさしさ・
           忍耐つよさ、、、などは、
           ここから、生まれるかも
           しれない。 

            諸問題の解決の
           糸口は、この< 智慧 >
           だと、必ず見いだせるような
           気がいたします 。

            つづき ます  ( 残月 )       」

  (  THE   TEACHING   OF   BUDDHA   ,  仏教聖典より引用  )

     TO    BE    CONTINUED        つづき  ます


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 033.JPG

                                         ANOTHER     TEMPLE


 034.JPG

                    ANOTHER    TEMPLE


 


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 021.JPG


 019.JPG

    とても、 珍しい お花です 。
   お名前、 ご存知でしょうか ? 明日、お伝えいたします 。


    、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    GOOD    DAY
           GOOD    LUCK
                I    HEARTILY    PRAY   .

                 APPRECIATION
              JOIN    MY   HANDS   TOGETHER

               MONK   OF   ARASHIYAMA     JAPAN
                   (    KOUGAN    MUTI    )

             <    WISH    TO    ENTER   INTO   A    LIFE   OF
                       ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

                      I    AM    SORRY   ,    DONT   HAVE   TIME   .
                                   SEE    YOU   AGAIN   .



  
  
  < 執着 >や
 われを ささえる
 「 こころ 」 なり
 きえずに残る
 この「 思い 」かな


  < 執着 >や
 われを つくりし
 「 ねがい 」 なり
 きえずに残る
 この「 思い 」かな


  < 執着 >や
 われが われなる
 「 あかし 」 なり
 きえずに残る
 この「 思い 」かな


、、、、、、、、、、、、、、


 < 執着 >や
 「 これ 」 が 大切
 「 それ 」 しらず
 「 あれ 」 もしらずに
 「 これ 」ぞ よきかな


 < 執着 >や
 「 これ 」 は ダメだぞ
 「 それ 」 しらず
 「 あれ 」 もしらずに
 「 これ 」は あしかな


、、、、、、、、、、、、、、、、


  明日、彼岸中日のため
 とても、短くなりました。
 申し訳けございません。

  中日、春分の日は
 「 昼の 時間 」
 と
 「 夜の 時間 」
 が、 同じということで
 
 仏教界では、
 尊重されます 。

  その理由は
 お察しの 通りでございます。( 微笑 )


   駄弁駄歌、
      おゆるしを

  敬と愛と ともに
     残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、


 001.JPG

      雨による 増水で  屋形舟は 運航されませんでした 。
     されど、 大悲閣道 からの 風景の なんという 「 うつくしさ 」でしょうか ?

     (   歩行が、困難のお二人と 車で移動中です 。 )

 004.JPG


 003.JPG


 005.JPG

      客殿 入り口 の  軒先の屋根は まだ できていません 。
        これから、 つくれるように、努力している 最中でございます。


    ・  本日の 新しい家族の 方々は、
      全員 ハワイ州 の 女性のみなさん でした 。( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 002.JPG


     春の朝    お顔をあらう   白き梅   ( 嵐山 ・ )


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   失礼いたします
 末筆ながら よき一日で ございますように 。

  ・  ご先祖様に 感謝を
  ・  恩を 感じ、 恩を 知り 、恩を お返し 。( 微笑 )

   厚顔  無恥
     愚僧  萬拝

PICTURE 3-19-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)
  
 [     THE    TEACHING    OF    BUDDHA     ]   
                              <      DHARMA   (  TRUE )     >    NO,   8


 「   TO   BE   A   TRAINER  OF   ELEPHANTS   ,   ONE    MUST
    POSSESS    FIVE   QUALIFICATIONS   ,
    <     GOOD    HEALTH     >
    <      CONFIDENCE    >
    <      DILIGENCE    >
    <       SINCERITY    OF   PURPOSE    >
    <       WISDOM    >    .


         象( ぞう )を、あつかう術を 、学ぶには
 <  健康  >( 身体ありて、目的の成立 )
 <  信念  >( 目的が 乱れぬ )
 <  勤勉  >( 目的に 対して 、努力 )
 <  正直  >( 目的に 対して、ごまかさない )
 <  智慧  >( 目的 の 意味・価値など 知る )
   が、 なければ ならない 。


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  TO    FOLLOW   THE    BUDDHA,S   NOBLE   PATH     TO
   ENLIGHTENMENT    ,    ONE   MUST   HAVE   THE    SAME
   FIVE   GOOD   QUALITIES    .

      IF   ONE   HAS   THESE   QUALITIES   ,    THEN    REGARDLESS
   OF    GENDER   ,    IT    IS    POSSIBLE    TO   ATTAIN 
    ENLIGHTENMENT   .


     IT    NEED    NOT   TAKE    LONG    TO    LEARN    BUDDHA  ,S  
   THEACHING  ,   FOR    ALL    HUMANS   POSSESS    A   NATURE
   THAT    HAS   AN    AFFINITY    FOR    ENLIGHTENMENT   .



       仏( ほとけ さま )( 『 真理 』 の 覚者 ・< かくしゃ >ブッダ )
            (   この宇宙の 「 智慧 と 慈悲 」 )

     に  したがって、
  「 さとり 」( 『 真理 』 に 目覚める )
         ( この宇宙の 「 智慧 と 慈悲 」を 体感 )

    を えるには、
  やはり、 この五つが なければ ならない 。


   この五つが あれば 、
  男でも 女でも、「 仏の教えを学ぶ 」のに
  長い 年月を 要しない 。


   これは、人には みな 
 <  『 さとる 』 べき 性質  >が
 そなわって いるからである 。    」

(  THE     TEACHING    OF    BUDDHA    仏教聖典より、引用  )
(  TO    BE    CONTINUED   ,     つづき ます  )


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  005.JPG


  007.JPG


  006.JPG


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  009.JPG


      WELCOME   ,     MY    NEW    FAMILY     FROM     U.S.A.   BY    G.C.C. .


  010.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  003.JPG


    、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


     GOOD     DAY
              GOOD     LUCK
                    I      HEARTILY    PRAY   .

                     APPRECIATION
                        JOIN    MY    HANDS    TOGETHER

                              MONK   OF    ARASHIYAMA      JAPAN
                                       (     KOUGAN     MUTI     )

                 <    WISH     TO   ENTER    INTO   A    LIFE    OF
                             ENLIGHTENMENT     TOGETHER     >

                                          SEE       YOU






    

 < 執着 >や
 いったい何を
 いうのだろ
 「 自分自身 」を
 愛することか


  この「 自分 」
 愛することは
 どんなこと
 『 気分 』・『 感情 』
 宝ものなり
      ( 微笑 )


  この「 自分 」
 愛することは
 どんなこと
 『 坊ちゃん 』 『 嬢ちゃん 』
 人とは ちがう


  この「 自分 」
 愛することは
 どんなこと
 00 出身
 みんなと ちがう


  この「 自分 」
 愛することは
 どんなこと
 「 美しすがた 」
 あなたと ちがう


  この「 自分 」
 愛することは
 どんなこと
 「 持ってる物 」が
 きみとは ちがう


  この「 自分 」
 愛することは
 どんなこと
 「 うち ( 内 )」「 そと ( 外 )」わけて
 わたしは 内 だ


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  < 執着 >や
 いったい何を
 いうのだろ
 「 あなた 」そのもの
 愛することか



  「 あなた 」さま
 愛することは
 どんなこと
 「 あなた 」のために
 なんでも つくす

  
  「 あなた 」さま
 愛することは
 どんなこと
 おなじ「 この世 」で
 生きることかな


  「 あなた 」さま
 愛することは
 どんなこと
 「 うつくし すがた 」
 こころ うばわる


  「 あなた 」さま
 愛することは
 どんなこと
 「 動き はたらき 」
 ほれぼれ します


  「 あなた 」さま
 愛することは
 どんなこと
 「 もちもの 」すごい
 わけて ください

      ( 微笑 )
      ( 大笑 )
      ( 笑えない )

  つづき  ます

、、、、、、、、、、、、、、、、、


  愛染明王( あいぜん みょうおう )
 
 「 愛染 」( あいぜん )
        もの・こと・ひと  を 
        愛し つくし むさぼり
        それそのものに
        染まること 。


   そまるほど 
     あいしてみれば
       どうなるか
         ほとけのみしる
          あいのゆくえは  ( ・ )
                    ( 微笑 )
                    ( 大笑 )
                    ( わからない )
                    ( 苦笑 )


  駄弁の饒舌 おゆるしを

  敬と愛と ともに
    残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 017.JPG


 018.JPG


 020.JPG

       10年以上前に 、倒壊しそうな客殿に お泊まりいただいた、
          ギリシャ哲学の先生です。
         でも、その学生さんは、角倉了以翁 の 業績を研究して
            現代日本社会に 活かそうと 考えてられました。
            ( 愚僧も 同じ思いです。 吉田家・角倉家から学ぶことは 多いです。)

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 001.JPG


 004.JPG


     WELCOME   ,    MY    NEW    FAMILY    .
                         THANK    YOU     VERY    MUCH    .    SEE    YOU     AGAIN   .


 005.JPG

     船頭さまの お袖も 。

 009.JPG


 013.JPG

    貸衣装じゃ ない そうです 。 「  いいぞ 」
    (  こうせい おそるべす しょうじん しょうじん  )( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  失礼いたします
 末筆ながら よき一日で
  ございますように 。

  本日、彼岸の入りでございます 。

  厚顔  無恥
   愚僧 萬拝






PICTURE 3-17-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

   004.JPG


  005.JPG


  003.JPG

 006.JPG


007.JPG


010.JPG


           WELCOME    ,   
               MY     NEW    FAMILY     FROM    U.S.A.   BY    G.C.C. .
                         THANK    YOU    VERY    MUCH   .

      、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   GOOD     DAY
        GOOD    LUCK
            I     HEARTILY    PRAY   .

             APPRECIATION
      JOIN   MY   HAND  TOGETHER

                MONK    OF   ARASHIYAMA    JAPAN
                      (    KOUGAN     MUTI    )

         <   WISH   TO   ENTER   INTO   A   LIFE   OF
                   ENLIGHTENMENT     TOGETHER   >

                   SEE     YOU

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

         I    AM    SORRY   ,    I    HAVE   MISTAKE  AT  P.C..
             MY   ENGLISH    HAS   GONE   .(   SMILE  )

   ・ ミスしてしまいました。
    スミマセン、THE    TEACHING   OF   BUDDHA が
    飛んで行って しまいました。 ( 大笑 )

   ・ 大学院生の 学習会の 写真は 明日になります。
     残念です。
      西洋古典哲学者 ひきいる
     現代社会実践活動者の方々です。
    「 先生、ありがとうございました 」

          つづき ます。

    



 < 執着 >や
 いったい何を
 いうのだろ
 気にし思うて
 愛しつづける


 < 執着 >や
 なんだか言葉
 悪そうだ
 思い愛して
 忘れきれない


、、、、、、、、、、、、


 < 執着 >や
 思い思うて
 思うなり
 思い思うて
 思い思うて


 < 執着 >や
 これぞ人間
 「 思う 」サル
 思いて生きる
 あなたにわたし


、、、、、、、、、、、、、、、、、


001.JPG


     ごおーごん  いみもなければ  なにもない
        ご恩ときこゆ  きょうのゆうぐれ


003.JPG


     ごおーごん   ふりむきみれば   えがおなり
       このよのはなぞ   ひかりかがやく


004.JPG


     ひとけない   やまでらふたり   うつくしや
        しらずしらずに  てんちはつつむ



    駄弁饒舌 おゆるしを
    敬と愛と ともに
       残月  合掌
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  007.JPG


     これからの   へんかたのしみ  はるがきた


  005.JPG


  013.JPG

    小さな 馬酔木です        ( 黒鉄門の裏、 すごい名前 )( 大笑 )

          鹿たべず  はるをよろこぶ  あしびかな


、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   失礼いたします
  末筆ながら よき一日で
   ございますように


    厚顔  無恥
     愚僧  萬拝




   


 
 


PICTURE 3-15-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

  [    THE    TEACHING     OF   BUDDHA    ]  
                                           <   DHARMA  ( TRUE )  >   NO,  7

「  AMONG   HUMANS    THERE   ARE   MANY   KINDS    AND
     DEGREES    OF    MENTALITY   ,   SOME   ARE   WISE  ,
     SOME    ARE   FOOLISH   ,    SOME    ARE   GOOD-NATURED   ,
      SOME   ARE   BAD-TEMPERED   ,    SOME   ARE   EASILY   LED  ,
     SOME    ARE   DIFFICULT   TO   LEAD   ,  
     SOME   POSSESS   PURE    MINDS   AND   SOME    HAVE   MINDS
     THAT   ARE   DEFILED    ,    BUT    THESE   DIFFERENCES   ARE
     NEGLIGIBLE    WHEN   IT   COMES    TO   THE   ATTAINMENT  OF
     ENLIGHTENMENT   .


        人には、色々な方々が いらっしゃいます 。
 < かしこい >人
 < おろかな >人
 < 善い性質 >の 人
 < 悪い性質 >の 人
 < 「 さとり 」へ 、みちびき にくい >人
 < 「 さとり 」へ 、みちびき やすい >人 。


  THE    WORLD   IS   LIKE   A   LOTUS   POND   FILLED   WITH
   MANY   VARIETIES   OF   THE   PLANT   ,   THERE   ARE   BLOSSOMS
   OF   MANY   DIFFERENT   TINTS   ,
       SOME   ARE    WHITE   ,    SOME   PINK   ,    SOME   BLUE   ,
   SOME   YELLOW   ,    SOME    GROW    UNDER   WATER   ,
   SOME   SPREAD    THEIR   LEAVES   ON   THE    WATER   ,   AND
   SOME    RAISE    THEIR    LEAVES   ABOVE   THE   WATER   .


       たとえば、
  白 ・ 赤 ・ 青 ・ 黄 ・  色さまざまな 「 蓮( はす )の 池 」が
 あって、
 水中に 生え、
 水中に 育ち、
 水の上に出ない「 蓮 」もあれば、
 水面に とどまる「 蓮 」もあり、
 水面を はなれ 水にぬれない「 蓮 」も
 あるような もので ある 。


  MANKIND    HAS   MANY   MORE   DIFFERENCES  .
   THERE    IS   THE   DIFFERENCE    OF    SEX   ,   BUT   IT   IS   NOT
    AN   ESSENTIAL    DIFFERENCE    ,   FOR  ,   WITH   PROPER  
    TRAINING   ,    BOTH   MEN   AND   WOMEN   MAY   ATTAIN
   <   ENLIGHTENMENT  >  .


     このちがいの上に、
 さらにまた、男 ・ 女 の ( ちがい )が ありますが、
 しかし 人の < 本性 ( ほんしょう ) >としての
 ( ちがい ) が あるわけでは ない 。 

  男 ・ 女 も < 道 を 修める( おさめる ) >と
 < しかるべき 心 の 道筋 を 経て >

 ≪ 「 さとり 」 に、 いたるで あろう 。  ≫    」

(  THE    TEACHING   OF   BUDDHA    仏教聖典 より 引用  )
(   一部、 翻訳註解  、残月  合掌   )


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



  001.JPG


  002.JPG


      BA I  MO  YORI   (    LILY      IN    JAPAN     )
         (     貝母 百合  ばいも ユリ  )


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    GOOD    DAY
            GOOD   LUCK
                I     HEARTILY    PRAY

            APPRECIATION
              JOIN    MY   HANDS   TOGETHER  

             MONK   OF   ARASHIYAMA  
                    (   KOUGAN    MUTI   )


       < WISH   TO   ENTER   INTO   A   LIFE   OF
               ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

       SEE    YOU



    
  


  < 永遠 >や
 「 無限の世界 」
  しずかなり
 雨音(あまおと)ぽたり
 ぽた ぽたり かな


 < 永遠 >や
 「 命 の 世界 」
 ひびきあう
 わん にゃん め こん
 われ かれ あなた


 < 永遠 >や
 「 心 の 世界 」
 なにも 無し
 すべてとけあい
 ながれてきえた


 < 永遠 >や
 「 物 の 世界 」の
 うつくしや
 いのちがやどり
 ひかりかがやく


  < 永遠 >や
 「 魂 世界 」
 一つ なり
 あなたは かみで
 かれも わたしも

       ( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、


  あせらない
 すべてのものに
 かみをみる
 あせらされない
 しんじてたえる


  しんじるや
 いったいなにを
 しんじるか
 おのれのこころ
 よきこころかな


  よきこころ
 いったいなにを
 いうのだろ
 そんとくはなれ
 かがやくこころ


  そんとくや
 そんとくなれど
 とくでなし
 そんでもなくて
 すべてをいかせ

 
  いかすとは
 < 永遠 >をみて
  なにもみず
  それこれ みつめ
 < 永遠 >ばかり
       ( 微笑 )
       ( 大笑 )
       ( うそー )
       ( 大笑 )
       ( 反省 )
       ( 反省 )


 駄弁の駄歌 饒舌
   おゆるしを

 敬と愛と ともに
   残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、


 001.JPG


 002.JPG

    WELCOME 
                     MY   NEW    FAMILY    FROM    U.S.A.   BY    B.C.C.

 009.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 003.JPG

      黒柴 と 謎の黒僧  ( 大笑 )


 015.JPG

   珍事なり   ふたりなかよく   椿事です   ( 大笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 019.JPG

      初散歩  人間世界  まぶしいよ   (  夕刻  街角  )( 微笑 )


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

< 先日の 駄・ >

  わたしたち
 にんげんおろか
 ころしあう
 おろかなわれら
 あたまをつかえ  

  ・ 智恵を 出し合いながら
    生きたいもので ございます 。


   失礼いたします
 末筆ながら
  よき一日で ございますように。

  厚顔  無恥
   愚僧  萬拝

 

PICTURE 3-13-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

   [      THE    TEACHING    OF   BUDDHA     ]  <   DHARMA  >  NO,  6

「  IF    PEOPLE   ASSERT    THAT   EVERYTHING   IS   SUFFERING  ,
    THAT  IS   ALSO   A    MISTAKE   ,   IF    THEY    ASSERT   THAT
     EVERYTHING   IS   HAPPINESS   ,    THAT   IS   A    MISTAKE   ,   TOO  .

       もし 、
 < すべてのもの >( 物 ・ 人 ・ 事 ・ 理・・・・・・・  ) は、
 ただ、苦しみである、と とらわれれば、
 これも、まちがった考え( ものの見方 ・ 感じ方 )であり、

  また、
 < すべてのもの >は、
 ただ、楽しみだけである、と とらわれれば、
 これも、まちがった考えである。      」

( THE   TEACHING   OF   BUDDHA   仏教聖典から 引用 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


     ・ 「 まちがった 考え( 見方・考え方 ) 」
       とは、 どういう 事、なのでしょうか ?
     
      1、 幸福感を えれない
      2、 満足感が えれない
      3、 人間としての < よろこび >がない
      4、 人に、やさしくできない
      6、 ものこと 、を大切にできない
      7、 勇気がわかない、
         つまり、めんどうがりや さん
         また、そんとくや さん
         ひとの目が きになりや さん
      8、 自然の一部の< 私 >を
         感じれない
      9、 天地に独立の 自由を
         味会えない
     10、 空気に 感謝できない
     11、 仕事は、 天地人・私を 活かすこと
         と、おもえない
     12、 ・・・・・・
     13、 ・・・・・・・・・

        みなさまも
          お考えくださいませ
            教えて下さいませ
         私たち、人間の
         < 理想 ・ こころざし ・
           目的・ 希望 >の
         反対のこと、かも知れません。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  001.JPG


 005.JPG


 006.JPG


 007.JPG

      WELCOME     MY   NEW    FAMILY    FROM    U.S.A.   BY    G.C.C.
                                             THANK    YOU    VERY    MUCH   .


      昨日は 久しぶりで、
     写真を 撮るといういう 事を 忘れてしまいました ( 微笑 )

             「  奥 の 嵐山  」 てな 感じで ございます 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    GOOD    DAY
           GOOD   LUCK
                 I    HEARTILY    PRAY   .

            APPRECIATION
               JOIN    MY   HANDS    TOGETHER

               MONK   OF   ARASHIYAMA    JAPAN

       <    WISH   TO   ENTER   INTO   A    LIFE   OF
                 ENLIGHTENMENT    TOGETHER   .

            SEE    YOU



  「 いのち 」とは
 < 永遠 >感じ
 生きるなり
 この< 瞬間 >に
 全ていかして


  、、、、、、、、、、、、


  本日より
 本年の 外国人の
 団体が まいります。

  10数人の方々で
 「 お茶 」 と
 「 坐禅 」 を
 少々 体験いたします。
 約70分から80分です。

  行き帰りが、
 屋形舟ですので
 なかなか風流な
 ものでございます。


  小生、愚僧ながら
 全身全霊をもって
 臨みたく存じます。

  どうか
 神仏の御加護が
 あらんことを。


、、、、、、、、、、、、、、、、


  朝の
 10時から11時まで
 客殿は、貸切のような
 感じになると
 存じます。

  何卒、
 ご容赦くださいませ。

  なお、
 海外の方々は
 それも ご高齢者が
 多く、
 東洋思想・仏教・禅にたいする
 真摯な ご質問が
 ございますので、

  縁側( 客殿 )から
 その様子を
 ご覧なられたら
 おもしろいかも
 しれません。


  毎回、
 すばらしい通訳の
 お方が
 いらっしゃいます。
 ( 微笑 )
 

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  昨年のように
 小生の< 新しい家族 >
 として
 おもに、船中の写真で
 紹介させて いただきます。


  了以翁400年を
 記念して
 多くの方々の
 ご協力をたまわり、
 嵐山 大悲閣千光寺の
 復興整備をして
 いただきましたことを
 心より
 感謝申し上げます。


  「 客殿 」の改修と
 「 洗面所 」の再建なくして
 この
 文化事業( 微笑 )は
 成立しなかった
 ことでしょう。


   『 ラック 』創業者
  三柴 元翁さまには
  感謝の言葉が出ないくらい
  感謝申し上げる
  次第でございます。


、、、、、、、、、、、、、、、、、


  山寺の
 ささやかな
 海外との文化交流を
 とうして
 すこしでも
 「 人類の融合 」
 「 人間の幸福 」
 に 貢献いたしたく
 存じる次第でございます。


  みなさま
 ご迷惑おかけする
 ことも ございますかも
 しれませんが
 何卒 よろしくお願い
 申し上げます。


  駄弁の饒舌
   おゆるしを

  敬と愛と ともに
   残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 001.JPG




 004.JPG




 012.JPG


    冬から 春へ むかっています。


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 002.JPG


 007.JPG



    失礼いたします
   末筆ながら よき一日で
   ございますように。

    厚顔  無恥
     愚僧  萬拝

 

PICTURE 3-11-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

  [     THE    TEACHING    OF    BUDDHA      ]    <   DHARMA   >  NO,  5

「  IF   A   PERSON    BECOMES    ATTACHED    TO   HIS 
   EGO--PERSONALITY   ,   IT   IS   A   MISTAKE   BECAUSE   IT
   CANNOT   SAVE   HIM    FROM    DISSATISFACTION   OR   SUFFERING   .


     もし、人が 「 我 ( が ・ 自分 ・ わたし ・ おれ ・・・ ) 」が
 あると < 執着 ( しゅうちゃく ・ こだわる ・ まもる ・・・) >
 すれば ( 註 。 執着しすぎたら 、 こだわりすぎたら、 
 まもり すぎたら、 よくない 。 )、
 それは あやまった < 考え ・ ものの見方 >であり、
 常に < 苦しみ >を 、離れることが できない 。


  IF    HE    BELIEVES    THERE   IS   NO   EGO  ,   IT   IS   ALSO   A
  MISTAKE    AND   IT   WOULD   BE   USELESS   FOR   HIM   
  TO   PRACTISE   THE   WAY    OF    TRUTH   .


      もしも、 「 我 が 無いこと 」( 無我 むが )に
 < 執着 ( しゅうちゃく ) >するならば、
 それは、まちがった< 考え ・ ものの見方 >であり

 ≪ 道を 修めても 、 効果が ない ≫ 。  」

( THE    TEACHING   OF   BUDDHA   仏教聖典より引用 )


    ・ 「 自分は ある 」、 でも 「 自分は ない 」 。
      「 自分は ない 」、 でも 「 自分は ある 」 。

      非常に 大切で
      非常に むずかしい、

      頭で わかるのでなく
      心で わかるのでなく

     <体>で わかる、ような気がいたします。

     <心>の 働きは 「 ある ない 」を
     こえている。

    ・ ≪ 行 ≫( ぎょう )について
      かんがえて いきたく 存じます 。

      まさに、≪ 修行 ≫( しゅうぎょう )です。

      < 身体 >から
      < 身体 >を つかって・・・・

      つづき  ます 。 

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  001.JPG


  002.JPG


   「  保津川 の 川開き  」  初日運航 中止 でした。 残念でした。
      ( 前日の大雨による、 増水 のため )

    ・  近いうちに 乗船し みなさまへ
     『 保津川下り の すばらしさ 』 を お伝えいたします 。( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  005.JPG


      THE    MOON    IN   THE   MORNING   ,   I    LOVE    THIS   .
                     BECAUSE   、、、、、、、、、、、,    I     DO  NOT    KNOW   .(    SMILE   )

                残月 ( ざんげつ ) 、 朝の月 。

    <  みあげれば  あおきおそらに  しろきつき
          しろきおそらに  しろきつきかな  >(  ・  )


       GOOD      DAY
      GOOD     LUCK

           I     HEARTILY   PRAY .

           APPRECIATION

       <     WISH    TO    ENTER    INTO   A    LIFE   OF
                    ENLIGHTENMENT    TOGETHER     >

           SEE    YOU    AGAIN   ,    
                 SORRY    I    DONOT   HAVE   TIME   .

      
      


  < いのち >あり
< こころ >しずかに
 ねむりたし。
 今日に明日は
 < 鎮魂 ( ちんこん ) >祈る


  永遠や
< こころ >しずかに
ねむりたい。
「 たたかいの 中
  死んで たまるか 」


、、、、、、、、、、、、、、


  ころさない
 ころされない
 ころさない
 ころされないぞ
 だれもかもみな


  かんがえろ
 みんなみんなは
 なんのため
 いきているのか
 このよにいるか


  ころされる
 ああころされる
 ころされる
 ころしてしまえ
 だれがささやく


  ころさない
 ころされない
 ころさない
 ころされないぞ
 だれもかもみな


、、、、、、、、、、、、、、


  わたしたち
 にんげんおろか
 ころしあう
 おろかなわれら
 あたまをつかえ


  わたしたち
 にんげんおろか
 ころしあう
 あわてるわれら
 ねばりてたえよ


  わたしたち
 にんげんおろか
 ころしあう
 かちまけきめて
 ひとをなかすか


  つづき ます

、、、、、、、、、、、、、、、

 永遠から
「 長生 」 と 「 無生 」 を
考えるつもり でしたが やめました。

 この『 わたし 』が
 < ころさない >
 < ころされない >
 この世、この社会、この国家、
 この東アジア、この中東、この世界を

 きずきたい もので ございます。

  汗を ながし
  涙を ながし
  智恵 を だしあい
  理解し支え合い

 「 みんながみんな 」
 『 永遠 』を あじあい
 幸福な 人生で ございますように 。

   駄弁の饒舌 おゆるしを

   敬と愛と ともに

   残月 合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  003.JPG


   厚顔  無恥
    愚僧 萬拝

   ・  川開きに 行ってきます 。


 

  
 

PICTURE 3-9-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

  [     THE     TEACHING    OF   BUDDHA     ]   <   DHARMA  > NO, 4


  「  THE   TEACHING   LEADS    US   TO   NON--DUALITY  ,
       FROM   THE   DISCRIMINATING   CONCEPT    OF   TWO  
       CONFLICTING   POINTS   OF    VIEW  .


         仏陀( ブッダ )
      ( 佛・・ 人にして 人にあらず )( 微笑 )
      ( 沸・・ 水にして 水にあらず、水蒸気のこと )
     の 「 教え 」 は 、

    相反する 二つを離れて 、
   それらが 別物でない という 「 真理 」 を
   < さとる > のである 。


          IT   IS   MISTAKE   FOR   PEOPLE    TO   SEEK   A   THING
       SUPPOSED   TO   BE    GOOD   AND   RIGHT    ,    AND   TO
        FLEE   FROM    ANOTHER    SUPPOSED    TO   BE    BAD  
       AND   EVIL   .


    もしも、 相反する 二つの中の 、
   一つを とって 「 執着 ( しゅうちゃく ) 」 すれば、
   たとえ 、 それが 「 善 」 であっても、 「 正 」であっても
   あやまった ものに なる 。

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   IF   PEOPLE   INSIST   THAT    ALL   THINGS   ARE   EMPTY
     AND   TRANSITORY  ,   IT   IS   JUST   AS    GREAT    A    MISTAKE
     TO    INSIST   THAT   ALL   THINGS    ARE   REAL    AND   DO
     NOT   CHANGE   .


        もしも、 人が
  「 すべてのものは  移り変わる 」 という 考えに 
  とらわれる ならば 、
  これも < まちがった考え >に
  おちいるもので あり 、

   また、もしも、
  「 すべてのものは  移り変わらない 」 という 考えに
  とらわれる ならば 、
  これも 、 もとより < まちがった考え >なので ある 。 」

( THE    TEACHING   OF   BUDDHA   ,   仏教聖典よち 引用  )
(  註解  残月  )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  001.JPG


  003.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  012.JPG


        大悲閣 の 梅 が  開花いたしました 。

  010.JPG

       梅の木の 下で 。
     可愛がっていただきました、ありがとう 。

  011.JPG


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   GOOD     DAY
         GOOD    LUCK

          I    HEARTILY   PRAY

          APPRECIATION
   
    <    WISH    TO   ENTER   INTO   A    LIFE   OF
              ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

           SEE    YOU    AGAIN   .



    

  < 永遠 >や
 有無( うむ )去来( きょらい ) なく
 好悪( こうお )なく
 損得( そんとく )なくば
 何なの でしょうか ?

     ・ 昨日の < DHARMA   >から
       考えると 。
                  (   この世の 事実 )
       ( 一つの 見方です )
 


  < 永遠 >や
 汝も やはり
 「 中 」( ちゅう )なのか
 古人は 語る
< 「 空 」( くう )とでも いえ >

      ( 大笑 )
      ( 笑えない )
      ( いえ )
      ( 微笑 )


 < 永遠 >や
「 中 」( ちゅう )
「 空 」( くう )ならば
この私( わたし )
「 中 」「 空 」なので
< 永遠 >である

      ( うそー )
      ( 大笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、


 < この世 >をば
「 空 」の 「 眼 」( まなこ )で
見るならば
去来・損得・( きょらい ・ そんとく )
生滅( しょうめつ )も なし


 < この世 >をば
「 空 」の「 眼 」で
見るならば
≪ 苦しみ ≫ おおく
≪ 悲しみ ≫ ふかし


 < この世 >をば
「 空 」の「 眼 」で
見るならば
≪ いたみ ≫≪ さびしさ ≫
≪ なげき ≫に ≪ うれい ≫


 < この世 >をば
「 空 」の「 眼 」で
見るならば
≪ やさしき 心 ≫
「 私( わたし ) 」に 満ちる


 < この世 >をば
「 空 」の「 眼 」で
見るならば
≪ 慈悲( じひ )の 心 ≫と
≪ 知恩( ちおん )の 心 ≫


     ・  恩 ( おん )を かんじる
     ・  恩 ( おん )を しる
    
     ・ 感恩 < かんおん >
       ( ベトナム語 で 「 ありがとう 」 )
     ・ 知恩 < ちおん >
       ( 浄土宗の 総本山の名前 )

 < この世 >をば
「 空 」の「 眼 」で
見るならば
いったい「 わたし 」
なにもの なのか ? ?

    ( 大笑 )

    つづき  ます


 駄弁の 饒舌
  おゆるしを

  敬と愛と ともに
 残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 010.JPG


 009.JPG


 008.JPG


 007.JPG


     嵐山 は 雨でした 。   雨が多い 日々です 。 
      みなさま の 街は  いかがでしょうか ?

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、




  001.JPG

     蓮華 ( れんげ ・ はす )です  、時々 ごいっしょに 。 ( 市中の 寺院です )


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  失礼いたします。
 末筆ながら、よき一日で
  ございますように 。

 厚顔  無恥
  愚僧  萬拝

PICTURE 3-7-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

  [    THE    TEACHING     OF    BUDDHA     ]  <    DHARMA   >  NO ,  3
      < 「 目覚めた人 」( ブッダ )の 教え >
  < その言葉( 真理 ・ 道理 ・ 法 ほう ・ ダルマ )  >


 「  THINGS    DO   NOT   COME   AND   GO  ,   NEITHER   DO   THEY
        APPEAR    AND   DISAPPEAR    ,   THEREFORE   ,   ONE   DOES 
         NOT    GET    THINGS   OR   LOSE   THINGS   .


          <  すべてのもの >は
  来ることもなく、 去ることもなく 、
  生ずることもなく、 滅することもなく 、
  したがって
  得ることもなければ 、 失うこともない 。


   THINGS    NEITHER    APPEAR   NOR   DISAPPEAR 
      SINCE    THEY    TRANSCEND   BOTH   THE   AFFIRMATION    OF
       EXISTENCE     AND   THE   DENIAL  OF   EXISTENCE   .


          <  すべてのもの  >は
  「 有無 」( うむ )の 範疇( はんちゅう )範囲を
  はなれて いるから
  『  有に あらず 、 無に あらず  』
  『  生ずることもなく 、 滅することもない 』

     ・  だんだん、 冥想ー坐禅
        したくなる 気分に なりました ( 微笑 )
     ・  ああ、 ねむそうーー( 大笑 )
     ・  しばし 、
       < すべてのもの >から
       はなれて( 離れて )
       ゆっくり なさって ください ませ。

     ・  つづき ます
       ( たのしみです )( 大笑 )
       ( うそ みたい )( かもしれない )( 微笑 )
       ( ほんとう かも しれない )( 微笑 )

     ・「  たくましく ・・ きよく・・ やさしく ・・
         ( うつくしく )
             生きたい 」 という
        わたしたち人間の ≪  希望   ≫を

      『 ささえる ・ うながす ・ はげます 』
      < 見方・とらえ方・ 思想・哲学 ・( 世界観・人間観 )・・>
      に 、 なりうるか ?

      日々の 日常で ためして みてくださいませ 。
      以前 お話いたしました、
      ≪  中道  ≫( ちゅうどう )の、実行でございます 。
          小生 も 全力を 尽くします 。


           THAT   IS   ,  
         EVERYTHING    BEING   A    CONCORDANCE   AND
         SUCCESSION    OF   CAUSES    AND   CONDITIONS  ,
         A   THING    IN   ITSELF    DOES    NOT   EXIST  ,  SO   IT
         CAN    BE    SAID   THAT    IT    IS   NON--EXISTENT  .

            AT   THE   SAME    TIME  ,    BECAUSE   IT   HAS   A
        RELATIVE   CONNECTION    WITH    CAUSES   AND   CONDITIONS ,
        IT   CAN   BE   SAID  THAT   IT   IS   NOT   NON--EXISTENT  .


            すなわち、
   < すべてのもの >は
   「  因縁  」 ( 直接原因 と 間接原因 )から
   成り立っていて、
   「 ≪ もの ≫ それ自体の ≪ 本性 ≫ 」 は
   実在しないから ( 実際に 存在する ことは ない )、

   『  有 に あらず  』 と いい、

   また 
   「 因縁 」 から 成立しているので、無でもないから、

   『  無 に あらず 』 と いう 。 

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


     ENLIGHTENMENT    HAS   NO   DEFINITE    FORM  
           OR    NATURE   BY   WHICH   IT   CAN   MANIFEST   ITSELF  ,
            SO   IN   ENLIGHTENMENT   ITSELF  ,
            THERE   IS   NOTHING   TO   BE   ENLIGHTENED  .


             < さとり >には、 きまった ( 形 )や ( もの )が
    ないから 、
    「 <  さとる こと  > は あるが
      <  さとられる もの  > は  ない 」  。  」

 (  THE   TEACHING   OF   BUDDHA    仏教聖典より 引用 )
 (   註解  残月   )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  001.JPG

          OH   ,     SPRING      HAS    COME     .

              「  啓蟄( けいちつ )や  めずらし友の  顔 に 声  」

           ( 偶然か ?)( 大笑 )


  002.JPG


  005.JPG


  006.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 004.JPG


 003.JPG


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   GOOD     DAY
        GOOD     LUCK
              I    HEARTILY   PRAY   .

              APPRECIATION
              JOIN   MY   HANDS    TOGETHER  

               MONK    OF   ARASHIYAMA     JAPAN

        <     WISH    TO    ENTER   INTO   A    LIFE   OF
                      ENLIGHTENMENT    TOGETHER     >

               SEE     YOU   ・・・


  
           
       

  < 永遠 >や
  犬族たちは
  どう 思う
  何も 「 思わず 」
  「 今 」に 生ききる 。


  < 瞬間 >や
  犬族たちは
  どう 思う
  何も 「 思わず 」
  「 今 」に 生ききる 。


、、、、、、、、、、、、、、、、、


  < 永遠 >や
  人間たちは
  どう 思う
  何か 「 思う 」て
  「 今 」に 生きれず 。


  < 瞬間 >や
  人間たちは
  どう 思う
  何か 「 思う 」て
  「 今 」に 生きれず 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  それならば
 「 今 」とは なんぞ
 なんだろう
 < 過去 >と< 未来 >の
 かたまり なのか ?


  そうなのだ
 「 今 」の 中には
 あるのです
 < 過去 >と< 未来 >の
 かたまり が 。


、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  「 今 」の中
  < 過去 >を 静かに
  受け入れて
  < 未来 >を つくる
  勇気を もやす 。


   ・ 先日の< 祈り >です

  「 変わらないこと 」 を
  『 受け入れる 』
  「 心 の 静けさ 」の 事です 。

  「 変わること 」 を
  『 受け入れて 』
  「 変えていく < 勇気 > 」の 事です 。

  
   両方に
  必要な この 『 受け入れる 』と
  いうことが
   とても 重要な 気がいたします。

   ここに
  おそらく
  < 永遠 >と< 瞬間 >が
  融合した、一つになった
  何かが、 あるような気が
  いたします 。

   まさに
  < 永遠 >にして
  < 瞬間 >。

  < 瞬間 >にして
  < 永遠 >。

   まさに、
   どうゆう 事
   なの でしょうか ?

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   「 今 」 に 生き
   「 今 」 を 味会い
   「 今 」 を 楽しみ

   『 過去 』 を 受け入れ 活かし
   『 現在 』 に 成りきり
   『 未来 』 を きずいて いくために 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   「 思考 」 と 「 判断 」 と 「 確信 」
   の バランス についても
   整理 して いきたいです。

   < 開悟 >( かいご )と
   < 思考停止 >の 相違に ついても 。


   とりとめない
  駄弁 饒舌 おゆるしを

  敬と愛と ともに
    残月  合掌

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 001.JPG


 003.JPG

    春の気配が  ・・・・・  ・・・・・   。

 010.JPG

     あなたは  だあれ・・  ( 大笑 )

 013.JPG


    わたしの 「 時計 と カギ 」 まで ・・・・ ( 微笑 )( シツレイ )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   失礼いたします
 末筆ながら
 よき 一日でございますように

  厚顔  無恥
   愚僧  萬拝

 

3月6日(金) 「 永遠に

| コメント(0) | トラックバック(0)

PICTURE 3-5-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

   [   THE     TEACHING     OF    BUDDHA     ]    <    DHARMA    >   NO,  2


「  THESE    CATEGORIES    OF   EVERLASTING    LIFE   AND   DEATH  ,
    AND    EXISTENCE   AND   NON--EXISTENCE   ,   DO   NOT   APPLY   TO
    THE   ESSENTIAL    NATURE    OF  THINGS   ,   BUT   ONLY   TO    THEIR
     APPEARANCES    AS   THEY    ARE    OBSERVED    BY   DEFILED  
     HUMAN   EYES   .


        BECAUSE    OF   HUMAN    DESIRE   ,   PEOPLE   BECOME   RELATED
     AND   ATTACHED   TO   THESE   APPEARANCES   ,    BUT   IN   THE 
     ESSENTIAL    NATURE   OF   THINGS  ,   THEY   ARE    FREE    FROM
     ALL   SUCH    DISCRIMINATIONS    AND   ATTACHMENTS  .




      この< 断 ( だん ) >(  人・物・事・・・ 永遠 では ない    )
  この< 常 ( じょう ) >(  人・物・事・・・ 永遠 で ある  )
  この< 有 (  う  )  >(  人・物・事・・・ 有る ・ 在る  )
  この< 無 (  む )  >(  人・物・事・・・ 無い ・ ない ) 

  は、
  『  もの そのもの 』 の < すがた >( 姿 ・ 相 ・ 形 ・・・ )
  では なく 、

  わたしたち、人間の
  『  執着 ( しゅう ちゃく ) 』 から 見た
  < すがた >( 姿 ・ 相 ・ 形 ・・・ ) である 。


  『  すべての もの  』 は、
  もともと 、
  本来 ( ほんらい ) 、
  ほんとうは 、

  この 『 執着( しゅう ちゃく ) 』 の 
  < すがた >( 姿 ・ 相 ・ 形 ・・・ ) を

  離れて ( はなれて ) いる 。   



   THINGS   DO   NOT   COME   AND   GO  ,
     NEITHER    DO  THEY    APPEAR   AND   DISAPPEAR   ,
     THEREFORE    ,
      ONE   DOES   NOT   GET   THINGS  OR   LOSE   THINGS   .

         (   次回  日本語に いたします。  )    」

(  THE    TEACHING   OF   BUDDHA   ,  仏教聖典より  引用 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 004.JPG


 005.JPG


 001.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 012.JPG


 011.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    GOOD    DAY
           GOOD    LUCK
                  I    HEARTILY    PRAY   .

            APPRECIATION
            JOIN    MY   HANDS    TOGETHER

            MONK   OF   ARASHIYAMA     JAPAN

          <    WISH   TO    ENTER   INTO    A    LIFE   OF
                    ENLIGHTENMENT    TOGETHER      >

              SEE    YOU     


            INVICTUS    (   インビクタス )( 不屈 )
             ( 征服 ・ 支配されないこと )



 OUT   OF   THE   NIGHT   THAT   COVERS   ME  ,

   BLACK    AS   THE   PIT  FROM   POLE   TO   POLE  ,

   I   THANK   WHATEVER   GODS   MAY   BE

   FOR   MY   UNCONQUERABLE    SOUL   .



   IN   THE   FELL   CLUTCH   OF   CIRCUMSTANCE

   I    HAVE   NOT   WINCED   NOR   CRIED   ALOUD  .

   UNDER    THE   BLUDGEONINGS   OF   CHANCE

    MY   HEAD    IS   BLOODY   ,  BUT   UNBOWED  .



   BEYOND   THIS    PLACE    OF   WRATH    AND   TEARS

   LOOMS    BUT   THE   HORROR   OF  THE   SHADE   ,

   AND    YET    THE   MENACE    OF   THE   YEARS  

   FINDS    AND   SHALL    FIND   ME   UNAFRAID   .



  IT    MATTERS    NOT   HOW    STRAIT   THE   GATE  ,

  HOW    CHARGED    WITH   PUNISHMENTS   THE   SCROLL ,

  I   AM   THE   MASTER    OF   MY   FATE   .
( わたしは、  わたしの< 運命( うんめい )の 「 マスター 」 、 )

  I    AM   THE   CAPTAIN    OF   MY   SOUL   .
( わたしは、  わたしの< 魂( たましい ) >の 「 キャプテン 」 さ 。 )


                  (      William     Ernest     Henley  ,  
          ウイリアム  アーネスト  ヘンリー  )


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   
   「 インビクタス 」
  ( 負けざる者たち )2009.アメリカ 

  ・ 南アフリカの
   元 大統領が 大切にしていた 詩( POEM  ) です。
   偉大なる ネルソン マンデラ ( NELSON   MANDELA  )

      ・ 国家、民族、宗教 を 大切にしつつ
     乗り越えたいもので ございます 。

       つづき  ます

 駄弁 饒舌
   おゆるしを

  敬と愛と
   ともに
 残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

009.JPG


013.JPG


   失礼いたします
 末筆ながら よき一日で ございますように


  厚顔  無恥
    愚僧  萬拝

  



PICTURE 3-3-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

  [    THE    TEACHING    OF    BUDDHA    ]   <   DHARMA   >

「 TO    BELIEVE    THAT   THINGS    CREATED    BY  AN  
   INCALCULABLE    SERIES   OF   CAUSES    CAN   LAST   FOREVER
   IS   A   SERIOUS    MISTAKE    AND   IS   CALLED   THE    THEORY
   OF   PERMANENCY   .


      無量( むりょう )( 量 が 無い )
 ( 数えることが できないくらい多い ) の
 因縁( いん えん )( 直接的 原因  と  間接的 原因 )に
 よって、 あらわれたものが( 現われる ・ 表われる ・ 顕れる )

 永久( 永遠 ・ 不滅 )に
 そのまま、 ある・存在すると「 信じる 」 のは
 < 常見( じょう けん ) >という
 あやまった・まちがった 「 見方 」 である 。


  BUT   IT   IS    JUST   AS    GREAT   A    MISTAKE   TO   BELIEVE
   THAT   THINGS   COMPLETELY   DISAPPEAR  ,   THIS  IS   CALLED
    THE    THEORY    OF   NON--EXISTENCE  . 


    また、まったく  無い・存在しない と「 信じる 」 のは、
< 断見( だん けん ) >という、
あやまった・まちがった ( 人・物・事にたいする ) 「 見方 」 である 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  この < 断 >< 常 > と < 有 >< 無 >は、
もの そのものの 姿・相 ( すがた )でなく 、

人の 『 執着 ( しゅう ちゃく ) 』 から 見た ( すがた )
である 。

 「 すべて 」 そのものは、 この 『 執着 』 の( すがた )を
離れて( はなれて ) いる 。
     
       英文 は 次回 です 。
        すみません 。


  ・   わたしたち 人間の 「 執着 」 とは
   いったい 何なの でしょうか ?

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 010.JPG


 011.JPG


 013.JPG


 014.JPG


   [    OO I  GAWA   =   RIVER    ]     AT (  ?  )    ARASHI  -YAMA  =   MOUNTAIN   .

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

     GOOD     DAY
              GOOD    LUCK
                   I    HEARTILY    PRAY   .

              I    AM   SORRY   ,    HAVE   NO   TIME   .

              MONK    OF   ARASHIYAMA     JAPAN

             <    WISH    TO    ENTER   INTO   A    LIFE   OF
                        ENLIGHTENMENT     TOGETHER    >

              SEE     YOU    AGAIN   .

  < 永遠 >の
 「 わたし 」は、どんな
 お顔かな
 手足は どんな
 長さ かな ?


  < 永遠 >の
 「 あなた 」は、どんな
 お顔かな
 手足は どんな
 長さ かな ?


、、、、、、、、、、、、、、


  < 永遠 >の
 「 こころ 」は、どんな
 < もの > だろう
 すべての< もの >を
 愛することさ  
   
    ( 大笑 )
    ( うそー )
    ( ほんとう なのさ )
    ( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、


  < 永遠 >の
 「 こころ 」は、どんな
 < こと > だろう
 すべての< こと >を
 みとめる ことさ

     ( 悪 は どうする ? )
     ( 理解 する )
     ( 改善 です )
     ( いそげ )
     ( ・・・・ )

、、、、、、、、、、、、、、、、、


  < 永遠 >は < 永遠でない >
  < 永遠でない >から こそ < 永遠 >である。


  < 永遠 >は  ≪ 瞬間 ≫ である
  ≪ 瞬間 ≫であるから こそ < 永遠 >である 。


  「 ことば・言葉・概念・思い込み・決め込み 」 を
  時には、
  ( ぶっこえる ・ 気にしない ・ こだわらぬ )
  なんのために ?

  理解の ために
  愛の ために
  認める ために
  ゆるし ゆるされる ために

     ( 「 中道 」 の 復習でした )( 大笑 )


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  < 一 > 即( そく )( すなわち ) <  十  >
  < 十 > 即( そく )( すなわち ) <  一  >


  < 一 ( ひとつ ) > 即 < 一切 ( いっさい )( すべて ) >
  < 一切 > 即 < 一 >

      ・  「 ひとつ 」 は 、 「  すべて 」
         「 すべて 」 は 、 「 ひとつ 」

      ・  「 一人 」 は 、 「 みんな 」
         「 みんな 」 は 、 「 一人 」

      ・  「  個  」 は 、 「  全体 」
         「  全体 」 は 、 「  個( 人 ・ 体 ) 」

    ( 「 中道 」 の 応用です )( 微笑 )
 <  たくましく ・ きよく ・ やさしく  生きるぬくために  >
  また、
 <  うつくしく 生きるために  >( 大笑 )


   駄弁 の 饒舌
     おゆるしを

    敬と愛と ともに
   残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 013.JPG


 007.JPG


 005.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 011.JPG

 
 010.JPG


     ひとしれず  ながれるみずの   きよらかさ   
        はやくわすれよ  このうつくしさ   ( ・ )

、、、、、、、、、、、、、、、

   しずけさや
     太古の海や
       恐竜や
      どんなお花が
        咲いているやら

  失礼いたします
 末筆ながら よき一日で
   ございますように

  厚顔  無恥
     愚僧  萬拝
 

PICTURE 3-1-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

  [     FEBRUARY    FIFTEENTH      2 /  15  <   NIRVANA   >   ]   NO,  8
                <  釈尊 の 命日  >

「 AFTER   MY    DEATH   ,    THE   DHARMA    SHALL    BE   YOUR  
   TEACHER  .   FOLLOW   THE   DHARMA   AND   YOU   WILL   BE
    TURE   TO   ME   .


   わたし の 死の後、 わたしの説きのこした 法( 真理 ・ ダルマ ・
  おしえ ) が、あなたたちの 先生・ 師匠 である 。

              <  DHARMA   >  =    TRUE    TEACHING
                         THIS   IS   THE   TEACHING   TAUGHT   BY   
                          THE    ENLIGHTENED   ONE  ,   BUDDHA   .


      DURING    THE   LAST    FORTY--FIVE    YEARS  OF   MY   LIFE  ,
   I    HAVE    WITHHELD    NOTHING    FROM   MY   TEACHINGS  .

  わたしは、この人生の 後半 45年間に おいて、
 説くべきものは すべて 説きおわり 、
 なすべきことは  すべて  なし終わった 。


      THERE    IS   NO   SECRET    TEACHING  ,  NO   HIDDEN   MEANING  ,
   EVERYTHING    HAS    BEEN   TAUGHT     OPENLY    AND   CLEARLY  .


   わたしには 、もはや 秘密は ない 。
  内もなく  外もなく  すべて 完全に  説きあかし 終わった 。


      MY    DEAR    DICIPLES   ,    THIS   IS   THE   END   .
    IN    A    MOMENT   ,    I    HALL    BE    PASSING    INTO    NIRVANA  .
    THIS    IS   MY   INSTRUCTION    .

   弟子たちよ 、 今や わたしの 最期 である 。
  わたしは  今より 、涅槃( ねはん ・ NIRVANA ・ ニルバーナ )に
  入るであろう 。   これが 最後 の おしえ( 教カイ )である 。


                  <   NIRVANA   >  =   PERFECT     TRANQUILITY
               「  完全な 静寂 ・ 静穏 ・ 安楽  」

                          ・ LITERALLY  ,   IT   MEANS  「 TO   BLOW   OFF   」 .
                                          「 吹き 消す、 炎を 滅す 」

                          ・ THIS   IS   STATE   WHERE   ALL   HUMAN  
                          DEFILEMENT   AND   PASSION   HAVE    BEEN  
                         COMPLETELY    EXTINGUISHED   THROUGH   CERTAIN
                         PRACTICES   AND   MEDITATION    BASED    UPON  
                         RIGHT   WISDOM   .
                             THOSE   WHO   HAD   ATTAINED   THIS   STATE
                           CALLED   BUDDHA   .

          ・ (  GAUTAMA    SIDDHARTHA   )   HAD   ATTAINED 
                            THIS   STATE   AND   BECAME   A   BUDDHAS  ,  AT   35  .

                           ・ HOWEVER  ,  IT   IS   NOW   BELIEVED   THAT   IT   WAS
                           ONLY    AFTER   HE   HAD   PASSED   AWAY   THAT  
                            HE   REACHED    SUCH    A    STATE   OF   PERFECT
                            TRANQUILITY  ,   
                                 BECAUSE   SOME   RESIDUE   OF  HUMAN   DEFILEMENT
                            WOULD    CONTINUE    TO   EXIST   AS   LONG   AS  
                             HIS   PHYSICAL    BODY   EXISTED   .      」

   (  THE   TEACHING   OF   BUDDHA    仏教聖典からの 引用  )

          TO   BE    CONTINUED      つづき ます

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  001.JPG

  
  002.JPG


  007.JPG


  010.JPG

        道勝 さま  と   すみれ
             MY    FRIEND   [    DOU  SYOU   ]   FROM     NAGOYA    AND
                    [  SUMIRE  ] (   OUR    DOG   )  .


  014.JPG

     WHERE    IS    [  KUROMATU  ](  OUR   DOG  )    ??

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    GOOD    DAY
           GOOD    LUCK
               I    HEARTILY    PRAY  .

               APPRECIATION
               JOIN    MY   HANDS    TOGETHER

                MONK   OF    ARASHIYAMA     JAPAN

      <    WISH    TO    ENTER   INTO    A     LIFE    OF
                ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >

             SEE     YOU   

                                  

このアーカイブについて

このページには、2015年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年2月です。

次のアーカイブは2015年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。