2015年1月アーカイブ

PICTURE 1-31-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

  [     DECEMBER      EIGHTH       12  /   8     ]     NO  ,    27

「  OUR    TRUE    BODY    AND    MIND  ,   WHICH    MAKE    UP
     AN    INDIVIDUAL    LIFE   ,    AND   THE    EXTERNAL    WORLD
     SURROUNDING    IT   ,    ARE   FAR    APART    FROM     BOTH   THE
     CONCEPTIONS     OF   <    ME   >   AND   <    MINE   >  .


       だから、
 この自分を 組み立てている < 身体 > と < 心 >や
 それを「 とりまくもの 」は、
 <  我( が ) >とか  <  我がもの  >という、
 < 考え >< ことば >
 ( 観念・概念・言葉・着想・発想 ) から、
 「 はなれた もの 」 である 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  ( 註解 、 言葉だけでは わかりにくいです 。
     そこで、 ここで、 辛抱です 、忍耐です、
             わかりにくくても、
     「 あせらない 」 ことです 。
     「 あきらめない 」 ことです 。

     自分の < 身体 >< 心 >だけでなく
     どなたの < 身体 >< 心 >なのでございます。

     すると、どうなる のでしょうか ?
     「 やさしく 」 なります
     「 つよく 」 なります 。

     なぜ ?
 
     体験して いくことが 大切です 、とても )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    IT   IS    SIMPLY    THE   MIND    CLOUDED    OVER    BY
        IMPURE    DESIRES   ,    AND    IMPERVIOUS    TO    WISDOM   ,
        THAT    OBSTINATELY    PERSISTS    IN    THINKING    OF
         <    ME   >   AND   <    MINE  >   .

           [   智慧の 無い <  こころ  > ]
         つまり 、「 純粋でない 欲望・願望 」 に おおわれた < こころ >、
    が、 < 我 である >< 我がもの >であると 、
    こだわっている ( 固執 こしゅう ・ 執着 しゅうちゃく )に
    すぎない 。

    ( 註解、 「 純粋 」 でない 欲望・願望 とは
           いったい どういうこと なのでしょうか ?
           また、 ゆっくり 考えたいもので ございます。 )

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

     SINCE    BOTH   THE    BODY    AND   ITS    SURROUNDINGS
          ARE    ORIGINATED    BY    COOPERATING    CAUSES    AND  
          CONDITIONS ,    THEY    ARE    CONTINUALLY    CHANGING   AND
          NEVER    CAN   COME   TO   AN    END   .

               < 身体 > も < それをとりまくもの >も
   「 因縁 」( いんえん )に よって 生じたものであるから 、
    変わりに 変わって 、 しばらくも 止まることが ない 。   」

  (  THE    TEACHING    OF   BUDDHA    仏教聖典より 引用 )
     
      TO   BE   CONTINUED       つづき  ます

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  006.JPG

        「    平成の 円空さま 」  御作   < 蔵王権現 >( ざおう ごんげん )
       EN  KUU  (    NO   EDO   ,    HEISEI   )    <   ZEOU   GONGEN  >
                                  30  cm   high  .
       


  008.JPG


  009.JPG


  007.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  010.JPG


  011.JPG


        増田 常徳 画伯  「 明暗 の 旅 」 画集
        MASUDA    JYOUTOKU    (   ARTIST   )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   GOOD     DAY
        GOOD     LUCK
             I      HEARTILY     PRAY

            APPRECIATION
             JOIN    MY    HANDS    TOGETHER

     <    WISH    TO    ENTER    INTO   A     LIFE    OF
                ENLIGHTENMENT      TOGETHER    >

              MONK    OF    ARASHIYAMA
                  SEE     YOU


  
        

  「  止観  」( しかん )です。
ともに、お互いに 進めていきたいと
存じます。

 音楽を 聞きながら
おたたかな コーヒ・紅茶を
飲みながら、雑誌をめくりながら
「 世界 」 を < 観る >
でなく、、、、

 そうです、
< 静かな 一人きりに
 なれる 環境・場所 >を
 みつけることは
 むずかしい。

  「 工夫 」( くふう )です。
 「 模索 」( もさく )です。
 「 試行錯誤 」( しこう さくご )です。
 「 執念 」( しゅう ねん )です 。
 「 あきらめない 」こと です 。

  もし、
 『 本当の 安心 』
 『 本当の よろこび 』
 『 うまれてきた、よろこび 』
 『 人生たいへんでも、
   困難・課題を
   にげず、
   いどめる よろこび 』
 『 天地に
   すべてに
   愛されていると
   いう 実感 』
 『 老・病・死に
   いえ、
   好き嫌い
   もうけ・そん、
   気持ちいい・気持ちわるい
   うつくしい・うつくしくない
   美味しい・美味しくない 
    ・・・・・・・などに

   感じても

   ふりまわされたくない、
   ひきずられたくない、

   < 自分 >  』 を

    えたい、ほしい 、と
   思い・願った 場合は

   あきらめず
   < 一心 >
   < 一命 >
   かける 気持ちが
   
   大切でございます。

  、、、、、、、、、、、、、、

   そのような
 「 願い 」「 悲願 」を
  わたしたち、現代人が
  もった場合、

    過去、数千年の
  歴史上の
   < 聖人 >
   < 賢者 >
   < 求道者 >

   < 菩薩 >
   < 祖師 >

  いえ
  歴史をこえた
   ≪ 神 ≫
   ≪ 仏 ≫が

   わたしたちを、
   かわいい「 人間 」を
    ( 微笑 )

   守ってくださいます。
   みちびいて くださいます。

   小生も
   愚僧ながら、
   「 一切( すべて ) 」からの
   おまもり・ みちびき を
   少少、感じる もので
   ございます。
     ( 大笑 )
     ( ほんとうか ? )
     ( ほんとうです )
     ( 微笑 )

   これから、ともに
   精進して いこうでは
   ございませんか 。
   

     つづき ます

 駄弁の 饒舌( おしゃべり )
   すみません
  されど 敬と愛を
    こめて

  残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 013.JPG

       増田  常徳  画伯  (  月蝕  げっしょく )

      ・  2月から  先生の 「 作品 画集 」 ご覧んいただけます。
           貴重な書物ですので、 お寺のものに その旨
           お伝えください ませ。
             すぐに おもちいたします。 合掌

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 004.JPG

     何 しているのでしょうか ?
    トム と ジェリー みたいに 、( 世代が 感じられます )
   「 いつも 、なかよく ケンカ しています 」 ( 微笑 )

   ・  ケンカ が つきものの、 われらが 世界。
    「 なかよく ケンカ 」 したい もので ございます。

     ・ ちがいを みとめて 共存、 すみわけ ?
     ・ 異常接近しない ( 大笑 )
     ・ 根本・原点・本質は 同じの < 大自覚 >
     ・ ケンカの 形式を つくるとか ? 

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   失礼いたします
 末筆ながら
  よき一日で
   ございますように。

  不平・不満・不服 を 言う前に、
  一工夫・二工夫・三工夫を、、、

 厚顔  無恥
   愚僧  萬拝


 

  

PICTURE 1-29-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)
 
  [      DECEMBER      EIGHTH       12   /    8     ]     NO  ,   26

  「  IF    ONE    IS    ASKED   WHETHER    IMPERMANENT    EXISTENCE
       IS    HAPPINESS    OR    SUFFERING    ,    HE    WILL    GENERALLY
       HAVE    TO    ANSWER    ,   SUFFERING  ,

          無常( むじょう )( 変化しつづける ・ とまらない )なるものは、
  苦しみであるのか ?   楽しみであるのか ? と 問うならば 、
  生まれたものは、だれでも、
  やがて 「 老い 」 「 病み 」 「 死ぬ 」 と
  気づいたとき、
  だれでも、 苦しみであると 答えるに ちがいない 。

    ( 註 、 若く 元気で、病気も知らず、また 身近に 「 老 」「 病 」「 死 」
        に ふれなければ、 当然ながら 、「 無常 」を 感じることなく
        元気に、明るく楽しく 、人生を 邁進する ことでしょう 。
         すばらしき かな 、よきかな 。  )

       、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    IF    A    MAN    BELIEVES    THAT    SUCH    AN    IMPERMANENT    THING ,
     SO     CHANGEABLE    AND   FILLED    WITH    SUFFERING   ,    IS     THE
     EGO--PERSONALITY  ,   IT   IS    A    SERIOUS    MISTAKE  .

    THE    HUMAN    MIND   IS    ALSO    IMPERMANENT    AND   SUFFERING  ,
     IT    HAS   NOTHING    THAT   CAN   BE   CALLED    AN   EGO--PERSONALITY .

          このように、 無常であって 移り変わり 、 苦しみであるものを 
  「 実体である 」 「 我がもの 」 と 思うのは まちがっている 。

    『 心 ( こころ ) 』も また 、
  そのように 、 無常であり 苦しみであり 、「 実体では ない 」 。

    ( 註 、  なかなか 「 苦しい 」とは、思えない わたしたち 。
        移りゆくこと、 変わりゆくことを 、楽しんだり
        望んだりするものでも ございます 。

        「 病気 」 「 老化 」 「 死亡 」 と 出会ったり、
        「 元気 」 「 明るさ 」 を うしないかけそうに
        なったり して、 悩み 考え 苦しみ、
        あたらしい、 別の < 考え >< 見方 >を
        さがす ような 気がいたします 。
          このような時、 この大切にしている
        『 身体 』 も 『 心( 気分 感情 思い ) 』も
        
        あまり、こだわる 必要はない、という
        < 考え >< 見方 >は
        ≪ すくい ≫ と なる 。

          当然ながら、
        「 無責任 」 という 意味では ございません。
        (  微笑  )。

          この 微妙な 点は、
         これから、 お互い 克服していきたく存じます。
                        つづき ます 。 )  」

  (   THE    TEACHING   OF   BUDDHA    仏教聖典から 引用  )
  (  註解、 残月  合掌  )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 014.JPG


 015.JPG

 
 016.JPG


 017.JPG


   THE   VISITOR     ARE      SEVEN    PERSONS     AT    THIS    TEMPLE
            TODAY     .     

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  004.JPG  

      [    KIBI   ]   =      A     GRAIN     ( 穀物 の 一つ )
               ( 五匹 の猫に 、五穀の名前を 付けました )
               ( きび ・ あわ ・ むぎ ・ まめ ・ こめ )

     006.JPG 

             [    SUMIRE   ]   =     A    VIOLET

    005.JPG

        [    KURO   MATU   ]   =     A   BLACK    PINE    TREE

             WHAT    ?      WHY   ?
                   (    SMILE   )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 023.JPG

        GOOD     EVENING


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    GOOD     DAY
           GOOD     LUCK
                 I     HEARTILY     PRAY

                 APPRECIATION
                 JOIN    MY    HANDS    TOGETHER

        <    WISH    TO    ENTER    INTO    A     LIFE    OF
                   ENLIGHTENMENT     TOGETHER     >

                    MONK   OF   ARASHIYAMA
                   
                    SEE     YOU   .


  前回、
『 止観 ( しかん ) 』 という
言葉に ふれました。

1、 「 止まる 」 
2、   そして 「 観る 」

3、 何を 観るのか ?
   自分に 聞く・たずねる ( 微笑 )

4、 「 手 」 を 観る

5、  ・・・・・・・・・・・・・

6、  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  とにかる 「 とまる 」
  とにかく  「 たちどまる 」

  あせらない
  じぶんを しんじる
  かみを おもう
  ほとけを おもう

  あせらせる
  はやくせよ
  はやく はやく

  おくれるよ
  はなれるよ

  くるしむぞ
  そんするぞ
  だめになるぞ


  とにかく 「 とまる 」
  とにかく 「 たちどまる 」

  くるしんで いい
  そんして いい
  だめになって いい

  じぶんを おもう
  かみを しんじる
  ほとけを しんじる


  そうだ
  しんりだ
  真理 を みる

  いつでも
  だれにでも
  どんなじょうきょうでも
  「 ただしい 」ものを

  これだ
  これを
  つかみたい

  ときにより
  ひとにより
  ばしょにより
  ころころ かわる
  じぶん 、こころ なんて
  いらない


     つづき  ます


  駄弁の饒舌
   されど 敬と愛を
    こめて

  残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 004.JPG


       桜 ( さくら ) で ございます


 005.JPG

      梅 ( うめ )で ございます

    「  梅桜  ともに色づく  よき日かな  」 ( ・ )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 008.JPG


      ふゆなれど   ひかりをあびる   円空仏( えんくう ぶつ )

     ・  客殿の改修の時、
          平成の「 円空 」さま が出現し 、 古材でもって
            たくさんの 「 仏さま 」を うみだして いただきました 。 合掌

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   ・  吾 唯 足 知  ( われ ただ たる を しる )
         いい面  <  たのひとびとに  わけ あたえる ことできる  >
         わるい面  <  これで まんぞくせよ と 命令支配される >

   失礼いたします
 末筆ながら
  よき一日で ございますように。

 厚顔  無恥
  愚僧  萬拝

追伸、、「 誠実とは 何だろう ? 」
  日々、考えていたら、
  その 答えが わかったでなく
  「 誠実 」 そのものに
  なっちゃつた ( 大笑 )( 禅的修業 )( 微笑 )
     合掌 。。


PICTURE 1-27-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

   [     DECEMBER      EIGHTH      12  /   8    ]     NO  ,    25

「  IF   THE   MIND    WERE    AN    EGO-PERSONALITY   ,    IT   COULD
     DO    THIS    AND   THAT    AS    IT    WOULD    DETERMINE  ,   BUT
     THE    MIND    OFTEN    FLIES    FROM     WHAT    IT    KNOWS     IS
      RIGHT    AND    CHASES    AFTER    EVIL   RELUCTANTLY   .

        STILL  ,   NOTHING    SEEMS    TO   HAPPEN    EXACTLY    AS  
      ITS    EGO    DESIRES   .


         もしも 、
   「 心( こころ ) 」 に
   実体( じつたい )( 表面の 形式 でなく 、内容・本体 の こと )が
   あるならば 、
   「 こうあって ほしい 」 、「 こうあって ほしくない 」 と思って
   そのとうりに できるはずである 。

    しかし、
   「 心 」 は 『 もとめていないのに 、悪を 思い 』
           『 願わないのに 、 善から 遠ざかる 』
   一つとして 『 自分の 思うようには ならない 』 。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    IF    ONE    ASKED    WHETHER    THE    BODY    AND    THE   MIND
       ARE    CONSTANT    OR    IMPERMANENT   ,    HE    WILL   BE   OBLIGED
        TO    ANSWER    [    IMPERMANENT   ]  .


          もし 、
  『  この 「 からだ 」( 身体 ) と
    この 「 こころ 」( 心 ) は、
     永遠に 変わらない ものなのか ? 』 と
    質問したならば、
    だれも
  『  「 変わるもの 」 「 常( つね )は 無い 」
     「 無常( むじょう )」 「 変化する 」 』 と
  答えるに ちがいない 。                   」

(  THE    TEACHING    OF    BUDDHA   ,     仏教聖典より 引用  )
(    TO    BE    CONTINUED     つづき ます  簡略化  残月  )


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  003.JPG


        WHAT     IS     THAT    ?
                 THAT    IS      A      SMALL     WATERFALL    NEAR    THIS    TEMPLE  .


     009.JPG

                   THE     TULIP    TO    [    KAN   NON    BOSATU    ]

    017.JPG

                 [    KURO  MATU   ]     IS     YERY    FINE    .   
                             I     AM     HAPPY   .  (    SMILE   )

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    GOOD    DAY
           GOOD    LUCK
                  I     HEARTILY    PRAY

                   APPRECIATION
                   JOIN    MY    HANDS    TOGETHER

             <    WISH    TO    ENTER   INTO    A     LIFE   OF
                          ENLIGHTENMENT      TOGETHER     >
  
                    SEE     YOU    ,      ZANGETU 
   
  昨日 25日は、
 作家 北森 鴻( こう )氏 の
 ご命日 でした 。

  ご縁ある
 嵐山 大悲閣 千光寺 にて
 五年目の 法要を 
 させて いただきました 。

  
  ご友人・ 兄上さま・出版関係者
 ファンの方方が たくさん
 御集りでございました 。


  若くして
 亡くなられたことが
 ただ、ただ、
 悔やまれて なりません 。


  愛読者の方々の
 悲しみは なんとも
 いいがたい ものでございます 。


  1月の下旬で
 一年で一番、人気( ひとけ )
 が ない時期に
 山寺が 一気に
 人々が 溢れるとは、、、
 なんという
 ことなのでしょうか ?


 003.JPG


 015.JPG


 014.JPG


 012.JPG


 019.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 016.JPG

    北森氏 の 作品が ご縁で 時々 手伝ってくださってます。
     「  今日 も ありがとうございました  」 ( 感謝 )( 合掌 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 024.JPG

    しんどう くん へ

        酔鴻忌   渡月橋すら   静かなり  (  ・  )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  失礼いたします
 末筆ながら
 よき一日で ございますように。

  厚顔  無恥
   愚僧  萬拝

PICTURE 1-25-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)


  [    DECEMBER      EIGHTH       12  /  8    ]       NO   ,    24


 「  IF   THE   BODY    WERE     AN   EGO--PERSONALITY  ,   IT   COULD
     THIS    AND    THAT    AS    IT    WOULD    DETERMINE  .

        A    KING    HAS   THE   POWER    TO    PRAISE    OR   PUNISH   AS
     HE   WISHES ,   BUT   HE   BECOMES    ILL    DESPITE    HIS   INTENT
     OR    DESIRE ,   HE    COMES   TO   OLD   AGE    UNWILLINGLY  ,  AND
     FORTUNE    AND   HIS    WISHES    OFTEN    HAVE    LITTLE   TO   DO
     WITH    EACH    OTHER   .


        もしも 、この身体に
  実体が あるならば 、
  「 わが身体は かくあれ。 かくあることなかれ 。」 と思って、
  その「 思い 」の ままに なし得るはずである 。


   王様は  その国において、
  罰すべきは 罰し 、 賞すべきは 賞し 、
  自分の 「 思い 」 とうりに することが できる。
   しかし 、 願わないのに病み
  望まないのに 老い、
  わが「 身体 」( からだ )については 、
  「 思う 」 ように なるものは ない  。

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  NEITHER    IS   THE   MIND    THE     EGO--PERSONALITY  .
   THE    HUMAN     MIND    IS     AN    AGGREGATE    OF   CAUSES    AND
   CONDITIONS .   IT   IS   IN    CONSTANT    CHANGE  .

       それと 同じく
  この 「 心( こころ ) 」 にも また < 実体 >はない 。
  心 もまた  「 因縁 」 の 集まり であり 、
  常に うつり変わる< 無常 >の もので ある 。   」

( THE    TEACHING    OF   BUDDHA    ,    仏教聖典より 引用  )


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  009.JPG

  

 011.JPG

    THIS CAMELLIA    HAS   TWO    BUDS  .  

                小生の ふるさと( 五島列島 )は、 椿( つばき ・ カメリア )が 名産です。
        数年後、五島市で 椿に関する 国際イベントが 開催されるそうです。

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   GOOD    DAY
        GOOD    LUCK
               I     HEARTILY     PRAY   .

           APPRECIATION
            JOIN    MY   HANDS    TOGETHER

             MONK   OF    ARASHIYAMA

   <    WISH    TO    ENTER   INTO   A    LIFE    OF
              ENLIGHTENMENT      TOGETHER   >

            SEE    YOU   
 


 「 < 欲望 >中心 」 でなく
 「 < 禁欲 >中心 」 でもなく、

 「 中間 」 に 、ブラブラ
 するの でしょうか ?

・ 「 なりゆき まかせ 」
  しかないのか ?

・ 「 刺激( しげき ) と 反応( はんのう ) 」
  だけ なのか ?

・ 「 緊張( きんちょう ) と 弛緩( しかん ) 」
  「 興奮( こうふん ) と 沈静( ちんせい ) 」
  の
  くりかえしなのか ?

 「 これが 人生 なのか ? 」


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  食物が 十分になく
 飢餓に 栄養不足 に
 苦しむ 人々に
 申し訳ない、 話でございます。
  ( やめたく 存じます )

  食物の 十分な生産が
 必要なのでしょう、、、、。

 「 穀物 」の 十分な分配、そのための
 物流のための通行網の整備 。

  色々と
 なすべき事が 多い世界で
 ございます。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・・

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 「 < 快楽 >中心 」 と
 「 < 禁欲 >中心 」 との
 間に、

 「 中間 」( ちゅうかん )に

 『 止観( しかん ) 』
 『 戒律( かいりつ ) 』
 『 禅定( ぜんじょう ) 』

 『 冥想( めいそう ) 』
 『 徳行( とくぎょう ) 』
 『 慈悲( じひ ) 』

  などが
  あるように
  思われます。


 まずは、
 言葉 そのものを
 ともに
 味会いたく 存じます 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 まずは
 『 止観( しかん ) 』
 です。

 『 とまる( 止まる ) 』
 そして
 『 みる( 観る ) 』
 で
  ございます。

 中間に 坐り・立って
 で ございます。

 お互い、
< 止まり 観たい >と
 存じます。

 「 何を ? 」

 「 自分に
   たずね ること

   ねんごろに
   聞くこと
   自分に  」

    つづき  ます


 駄弁の饒舌
  ともに
 生きつづける
  ために
    敬と愛を
   こめて

 残月  合掌
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 003.JPG


  「  嵐山 観音  」さま ( あらしやま かんのん )
    力強く お守りし 助けている
     <  不動明王 >さま ( ふどうみょうおう )
     <  毘沙門天 >さま ( びしゃもんてん )

 ・  あらしやま   ひとのこころの   まんなかで
       やさしくつつむ   ひかりなりけり  (  残月  )
                              ( 千光寺 )


 004.JPG

   「  今日は  猿族は 来ないな―、 人間族は ただ お一人だ 。 わんワン  」( 微笑 )


 015.JPG

    渡月橋から 800m で このような  静寂世界です


 012.JPG

    つばき ( まさに  木へん に 春 でございます )

   ・   ふゆのやま   かんぷうながる   たにまさえ
          ひそかにおわす   このよなりけり ( ・ )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  ・  吾 唯 足 知 ( われ ただ たるを  しる )
       いい面 < 自覚による 安定安心 そして・・・ >
       わるい面 < 強制による 支配 そして・・・ >
             また、、


    失礼いたします
  末筆ながら よき一日で
   ございますように

  どうか
 風邪に 御注意ください
 かかっても
  お早いご回復を

 厚顔  無恥
愚僧  萬拝



PICTURE 1-23-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

  [    DECEMBER     EIGHTH      12  /   8    ]    NO ,    23


 「  IN    FACT  ,    THESE    THREE    CONCEPTIONS    OR   VIEWPOINTS
     ARE    ALL   WRONG  ,   EVERYTHING    IS    SUCCESSION   OF  
     APPEARANCES    WHOSE    SOURCE    IS    THE   ACCUMULATION   OF
     CAUSES     AND    CONDITIONS   .


        だから、 この三つの見方は みな あやまっている 。
  どんなことも、
  「 縁 」( えん )( ねん ) によって 生じ
  「 縁 」 によって 滅びるものである。

   ( 縁によって < 生 >< 滅 >する
   ( < 生滅( しょうめつ ) >に 「 こだわる 」
        ことは よくない。 註  残月  )

    、、、、、、、、、、、、、、


    THOUGH     BOTH    BODY     AND    MIND    APPEAR    BECAUSE   OF
     COOPERATING   CAUSES ,    IT    DOSE   NOT    FOLLOW     THAT
      THERE    IS   AN    EGO--PERSONALITY  .   
         AS   THE   BODY    OF   FLESH     IS   AN    AGGREGATE    OF 
       ELEMENTS    ,     IT   IS  ,    THEREFORE   ,    IMPERMANENT  .


   身体 も 心 も、
  因縁( いん えん )( いんねん )
  ( 直接的原因 と 間接的原因・外的条件 )に よって
  できている ものである 、
  だから 、 
  この 「 身体 」 には < 実体 >( じったい )は 無い 。

  『  この 「 身体 」 』 は
  ( 数え切れない ・ 無限の ・ 無量の )
  ( 数十億年の < 生命 >の連鎖の 一つの 
  ( 仮の  一時の  < あらわれ > である )

  『  「 因縁 」の< 集まり >  』 である 。

   だから、
  「 無常 ( むじょう ) 」 である 。
  つまり、 「 変化するもの 」 である 。

  (  だから、 思い込み ・  決め込み は
     よくない 。  註  残月  )    」

 ( THE     TEACHING    OF   BUDDHA     仏教聖典より 引用  ) 


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  003.JPG

     「  SUMIRE      AND     KUROMATU    」  ARE    MY    FRIENDS   ,     MYSELF   ,   
                     WE    ARE    SAME    <    LIFE   >   .

   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    GOOD     DAY
           GOOD     LUCK
               I     HEARTILY    PRAY    .

           APPRECIATION
            JOIN    MY   HANDS    TOGETHER

           MONK   OF    ARASHIYAMA

          <    WISH    TO    ENTER   INTO    A    LIFE    OF
                     ENLIGHTENMENT     TOGETHER    >



       
 

  「 < 快楽 >中心 」 で なく
  「 < 禁欲 >中心 」 でもない、

  この 『 真ん中 』 に

  『 自分 』 を
  『 こころ 』 を
  『 たましい 』 を

  置きたい
  もので ございます 。

、、、、、、、、、、、、、、

  どなたも
  たいがいの お方は
  御馳走を、
  おいしい食事を
  御経験なさっていること
  でしょう 。


  御病気で
  疲れで、
  気苦労で
  食事できないことも
  御体験のことでしょう。
  もしかしたら、
  断食も。

  「 中間 」 に 立ちたい
  ものでございます。

  『 食欲 』に
  ふりまわされない、
  < 自分 >を
  < 心 >を
  < 魂 >を

  もちたいもので
  ございます。

、、、、、、、、、、、、、、、、、

  釈尊 は、小さな国ですが
 王子さまと して、生まれ育って
 います。

  「 生存 」 としての 欲求・欲望は
  十二分 満たされた ことでしょう 。

  「 生活 」 としての 欲求・欲望も
  十二分 満たされた ことでしょう 。

   でも、
  < こころ >の
  もやもやは  はれない。

  ついには、
  自分自身
  まわりの みんな、
  人間 すべて は

  「 死ぬこと 」
  「 病むこと 」
  「 老いること 」
  に
  気づく、
  そして
  苦悩する。

  「 生きるとは ? 」
  「 死ぬとは ? 」
  「 自分とは ? 」
  「 心とは ? 」
  「 善悪とは ? 」
    ・・・・・・・
      ・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・

 、、、、、、、、、、、、、、、、、

  『 行( ぎょう ) 』 を する。

  つまり

  「 生命 」 そのもの と
  むきあう ことである 。

  名前なく
  性別なく
  年齢なく

  身長体重を わすれ
  知識を わすれ
  経験を わすれ

  「 生命 」 そのものを
  あじあう 。

  とは ?

    つづき  ます

 またしても
  駄弁 の 饒舌 を
    おゆるしを

  残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、


  003.JPG


  002.JPG


  005.JPG


  004.JPG


          寒山や  清きお空ぞ  宝なり  ( ・ )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  ・   吾 唯 足 知  ( われ ただ たる< 満足 >を しる )です。

     この言葉には、「 宗教 」 の いい面 と わるい面 がございます。

       つづき  ます

  失礼いたします。
 末筆ながら
 よき一日で ございますように 。

  厚顔   無恥
   愚僧 萬拝




  

PICTURE 1-21-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)


 [   DECEMBER      EIGHTH     12  /   8   ]      NO,  22   

「  IF  ALL    HAS   BEEN    DECIDED    BY    DESTINY   ,
     BOTH   GOOD    DEEDS    AND    EVIL    DEEDS    ARE  
     PREDETERMINED  ,     WEAL    AND   WOE   ARE  
     PREDETERMINED  ,    NOTHING    WOULD    EXIST   THAT
     HAS   NOT   BEEN    FOREORDAINED  .

      
        THEN     ALL    HUMAN   PLANS   AND   EFFORTS   FOR
    IMPROVEMENT    AND   PROGRESS    WOULD   BE   IN
    VAIN     AND   HUMANITY    WOULD   BE    WITHOUT
    HOPE   .


       もしも、
  すべてが 「 運命 」によって 、
  定まって いるならば、
  この世に おいて 、
  善い事をするのも、 悪い事をするのも 、
  みな「 運命 」であり 、
  幸福 も 不幸 も 、
  すべて「 運命 」と なって、
  「 運命 」のほかには、
  何も 存在しないことに なる 。


   したがって、人々に、
  「 これは しなくては ならない 」
  「 これは しては ならない 」 という 、

  < 希望 >も < 努力 >も なくなり 、

  世の中の
  < 進歩 >も < 改良 >も ないことに なる 。


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   THE     SAME     IS   TRUE    OF   THE    OTHER   VIEWPOINTS ,
    FOR   ,    IF    EVERYTHING    IN    THE    LAST   RESORT   IS
    IN   THE    HANDS   OF   AN    UNKNOWABLE    GOD   ,    OR
    OF   BLIND    CHANCE    ,     WHAT    HOPE    HAS    HUMANITY
    EXCEPT   IN    SUBMISSION   ?

        IT    IS   NO   WONDER    THAT    PEOPLE    HOLDING    THESE
    CONCEPTIONS    LOSE     HOPE    AND    NEGLECT    EFFORTS
     TO     ACT   WISELY    AND    TO    AVOID    EVIL   .


        次に、
 「  神のみ業( わざ )である 」 という説も

   最後の
 「  因( 直接原因 )も 縁( 間接的原因 )もない  」という説も

   おなじく  みとめられない
  なぜならば、
  悪を はなれ 、 善をなそうという
  
   < 意志 >も < 努力 >も < 意味 >も
  すべて 無くなって 、 しまうからである 。     」

 (  THE    TEACHING    OF   BUDDHA     仏教聖典より、簡略 残月 )


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  002.JPG


  003.JPG


  008.JPG


  011.JPG


  007.JPG

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  006.JPG


    [  ZAOU    DAI   GON   GEN   ]    IS    THE     SMALLEST    SHRINE
                    IN    A     MOUNTAIN--ARASHIYAMA   ,    FROM    NARA    BY
                   GOSAGA   TENNOU   .

          「 蔵王 大権現 」  嵐山の 山中 に ございます。
   後嵯峨天皇が 奈良の吉野から 勧請( かんじょう )( 神仏の霊を移し祭る )。
   それは 「 吉野の桜 」を 嵐山に、 移植したからで ございます。

    この千光寺は、
   御嵯峨天皇の 勅願寺院で はじまりました。
   鎌倉の 建長寺の末寺です。嵯峨 中院にございました。

    400年後に  了以翁が 移転再興 いたしました。

    それから、400年後の 現在,
         微力ながら、熱い心と、まだまだ小さな仏心でもって、
   < 再 再興 >を 進めて います 。 

     どうか、 みなさま
    『  嵐山  観音  』 の 再興に
      ご協力くださいませ 。   大合掌
  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    「 この 再興 に どのような
       意味・価値 が あるでしょうか ? 」

    「  また、、、  」

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    GOOD     DAY
           GOOD     LUCK
                   I     HEARTILY    PRAY    .

             APPRECIATION
             JOIN     MY    HANDS    TOGETHER

               MONK   OF    ARAHIYAMA
        <    WISH   TO   ENTER   INTO   A    LIFE   OF
                   ENLIGHTENMENT     TOGETHER    >


   
  いつも 固い お話で
 すみません 。
  嵐山の 「 紅葉 」でなく
 「 桜 」でもなく、
< 心 >の 話ばかりです。

 それも、2500年以上前の
ある人物に ふれながら
なので ございますから
よけい おもしろくもない
事かも しれません。

 もし、
お読みくださって
いらっるかたが
いましたら、
 小生は
愚僧なれども
「 全身全霊・全心 」で
もって、
「 責任 」もって

 ともに、
「 生き抜きたく 」 存じます。

、、、、、、、、、、、、、、、、、

 「 菩提 」「 解脱 」
 「 安心 」「 信心 」
 「 歓喜 」「 法悦 」

 を
 共に、
 「 体得 」「 自覚 」
 「 開悟 」「 覚醒 」し

 この世に
 うまれたことに 「 歓喜 」し
 生きれることに 「 感謝 」

 この世、
 人々のために、

 すこしでも
 役に立つ、
 「 おこない 」が
 できるように
 なりたいものでございます。

 なにも しなくても
 「 ある 」 だけで
 自分自身 が
 「 歓喜 」「 幸福 」
 ならば、
 『 光に つつまれ
   光を はなつ 』
 ことでしょう 。

 小さな はたらき
 ちいさな 心の動き で いい
 のです。

「 おもい 」
「 まばたき 」でも

 < 寝たきり >で
 あろうが、
 で ございます。

、、、、、、、、、、、、、、、、

 「 死 」 の問題も
おのずから、
解消されて まいります。

 なぜならば、
「 生きていながら
 < 無我 >
 < 無心 >
 < 無身 >
 < 無相 >
 を
 考え 学び 行い
 味会い 
 そして
 ≪ 楽しむ ≫ 」

 からで、
 ございます。

 最高の「 贅沢( ぜいたく ) 」
 で ございます。

    つづき  ます

駄弁の饒舌
  されど
 敬と愛を こめて

 残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、


 014.JPG


   四文字 は 「 吾( われ ) 知( しる ) 唯( ただ ) 足( たる ) 」
   です。 よくできています。 先人に感謝で ございます。 つづき ます

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 001.JPG


 006.JPG


 011.JPG


     ひさしぶり  あらしのやまの  あおきそら
         いったいどちら  おでかけですか  ( 大笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 013.JPG


      寒き山   観音さまぞ  花はあり 

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


012.JPG

   よう 「 きび 」よ  やすむらさんと  ふゆごもり


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  失礼いたします
 末筆ながら
  よき一日でございますように

 厚顔  無恥
  愚僧 萬拝

 追伸 今、気づきました、スミマセン。
     原稿のままでした。
     操作ミスです。 反省。
     午前11時23分 なり。( 大笑 )
    ( 近くでよかった、御加護だ )( 微笑 )



PICTURE 1-19-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

 [     DECEMBER     EIGHTH     12  /   8   ]      NO  ,   21

「  IN   THIS   WORLD    THERE    ARE    THREE    WRONG    VIEWPOINTS .
    IF   ONE   CLINGS   TO    THESE   VIEWPOINTS   ,
    THE    ALL    THINGS   IN    THIS   WORLD   ARE   BUT   TO  BE   DENIED  .


      もし 、これらの 見方 にしたがってゆくと、
 この世の 全てのことが 否定される( 認められない )( 愛されない )
 ことに なる 。


  FIRST ,    SOME   SAY   THAT    ALL    HUMAN    EXPERIENCE    IS
   BASED    ON    DESTINY    ,
     SECOND   ,    SOME    HOLD    THAT    EVERYTHING    IS   CREATED
   BY    GOD   AND   CONTROLLED    BY   HIS    WILL  ,
     THIRD   ,    SOME    SAY   THAT    EVERYTHING    HAPPENS    BY
   CHANCE   WITHOUT    HAVING    ANY    CAUSE    OR   CONDITION  .


     一つには 、
 ある人は 人間が この世で 経験するどのようなことも、
 全て 運命である( 人の意志と関係ない )
 と 主張する 。

  二つには 、
ある人は 、それは 全て 「 神の み業( わざ ) 」で
あると いう 。

  三つには 、
また、 ある人は、すべて 因( 原因 )も 縁( 間接的原因 )も
ないもの  である という 。
 (  つまり、 全て 偶然であり、めぐりあわせ、であり
 (  意味も 価値も ないと 考える 見方 。
 (  虚無主義ともいわれ、刹那( せつな )的に
 (  未来過去を考えず、今の「 快楽 」を
 (  追究するか 。  自己否定・自己嫌悪・
 (  また、
 (  全世界否定・全世界嫌悪の 「 悲苦 」の
 (  思いに 苦しみ やすい 。
 (  この世界で 生きてしまいがち、、、、。 註、残月 )  」

( THE    TEACHING    OF   BUDDHA    仏教聖典より引用 )


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 011.JPG


 012.JPG


       A    500 YEARS    OLD   MAP

 005.JPG

                 IN    THE    TOWN


          GOOD    DAY
           GOOD    LUCK

                       SEE    YOU    AGAIN


 


  連絡で ございます。
 来週の 日曜日( 1月25日 )は、
  第6回  酔鴻忌( すいこう き )
   ・ 午後 2時 より 法要
   ・  その後、ファンの方々による
      追悼親睦会です
   ・ 作家・ 北森 鴻( こう )氏を
     偲ぶ催しでございます 。
   ・ どなたでも、御参加できます。
   ・ 千光寺で、お酒が飲める
     一年で 一度の日でございます。
     北森氏に 感謝をこめて、
     皆さまに、「 酔って 」
     いただきます。
   ・ オシャカさまには
      目をつぶっていただきます。
     「 どうか なにとぞ よろしく
         おねがいもうしあげます 」( 微笑 )

         ( 大合掌 )
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  「 < 快楽 >中心 」 でなく
  「 < 禁欲 >中心 」 でなく、

   その 『 中間 』 に
   < こころ >を おいてみる。

  ここで、
  < 快楽( 歓喜 ) > で なく
  < 禁欲( 苦行 ) > で なく

  その『 中間 』 とは

  どこなのか ?
  なになのか ?

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 「  自分を 可愛がる 」 でなく
 「  自分を いじめる 」 でなく

   その『 中間 』 とは
   どういう こと なのでしょうか ?

   そもそも
  どういう こと
  なのでしょうか ?

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  ともに 考えたく 存じます。

  あそび でなく

  きょうを
  あしたを

  たくましく
  やさしく
  つよく
  きよらかに

  みんなとともに
  いきつづける ために。


  しかし
  けれども、

 「 < 快楽 >中心 」と
 「 < 禁欲 >中心 」の

 『 苦しみ 』
 『 悲しみ 』
 『 つらさ 』
 『 せつなさ 』
 などを 感じ

 疑問を もたれた お方と
 いっしょ で ございます。( 微笑 )


  駄弁の饒舌
   されど
    敬と愛を
      こめて

  残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 007.JPG

    明治時代 の 客殿でございます。
     「  天然 勝境  」 扁額 は、現在もございます 。

 008.JPG


        中央の お方が  戒岳( かいがく )和尚禅師 でございます。
          本堂の 坐像が ございます。( おそらく 、 白いひげが、、、)
           お墓は 北嵯峨 「 直指庵( じきし あん ) 」にございます。
             ともに 黄檗宗の 時代で ございます 。
             ( 2月1日 午後2時ころ お参りいたします 
             ( 第1日曜日の 法話の会の 方方 と 、よろしければ どうぞ )

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 014.JPG

    ヒント

     「  口  」( くち ) を つかった、 はいっている 漢字 4つ で ございます

     それを、 どのように 読んだら いい でしょうか ?


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    失礼いたします
  末筆ながら
 よき 一日で ございます
  ように。


  厚顔  無恥
 愚僧  萬拝


  

PICTURE 1-17-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

   [    DECEMBER       EIGHTH      12  /   8    ]      NO  ,   20

「  MAKING     THEIR    DEEDS    THE    FIELD    FOR    THEIR   EGOS  , 
 
        USING    THE   WORKING    OF   DISCRIMINATION  OF
                     THE    MIND    AS   SEED   ,   

       BECLOUDING     THE    MIND   BY   IGNORANCE   ,

        FERTILIZING     IT   WITH   THE    RAIN    OF   CRAVING    DESIRES  ,

        IRRIGATING    IT   BY    THE   WILLFULNESS   OF   EGOTISM  ,

            THEY     ADD    THE   CONCEPTION   OF   EVIL   ,   AND   CARRY
        THIS    INCARNATION     OF    DELUSION    ABOUT   WITH    THEM   .


          業( ごう )
    < 今まで、の( 行為 )の、積み重なりに、よる、
      次の ( 行為 )の 傾向・くせ・方向づける働き。
      「 今まで 」を、 現世だけなのか ? 過去世( ? )も
      ふくめるのか ?
      当然、( 行為 )に よって、
      どんなにでも、 変化 するものである。 >( 註、残月 )

    業( ごう )を、 『 田( た ) 』 とし

    心( こころ )を、 『 種( たね ) 』 とし

    無明( むみょう )の、 『 土( つち ) 』 に おおわれ

    貪愛( とんあい )の、 『 雨( あめ ) 』 で うるおい 、

    自我( じが )の、 『 水( みず ) 』 を   そそぎ

     ・ よこしまな( ねじけた ・ ねじれ ・ まがり ・
            ( ななめ ・ かたよる ・
            ( 素直でない ・ 純真でない ・ 邪 。

            ( このように ならざるおえない 人生・
            (  この世・この家族・仕事・職場・地域
            ( この社会・・・・・
            (  ・・・・・・・・・
            (  ・・・・・・・・・
            ( なれども、 されども、で ございます 。)
            ( ここに、 本当の意味の「 出家 」あり。
            ( 現代は、「 ある期間の 出家 」が
            ( 必要のような 気がいたします 。註 残月 )

      よこしまな 見方( みかた )をまして、
     この 「 迷い( まよい ) 」 を、 生み出している 。


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  「  IN     REALITY    ,    THEREFORE    ,    IT   IS   THEIR   OWN
         MIND   THAT    CAUSES     THE    DELUSIONS    OF   GRIEF   ,
         LAMENTATION  ,    PAIN    AND    AGONY    .

            THIS    WHOLE    WORLD    OF    DELUSION    IS    NOTHING  
         BUT    A     SHADOW      CAUSED    BY    THE    MIND   .

            AND    YET   ,    IT   IS    ALSO    FROM     THIS     SAME   MIND  
          THAT    THE    WORLD    OF   ENLIGHTENMENT    APPEARS   .



              だから、 結局のところ 、
    「 うれい 」 「 悲しみ 」 「 苦しみ 」 「 なやみ 」の ある
    < 「 まよい 」 の世界 >を、
    生み出すものは、 この「 心( こころ ) 」 である 。


     < 「 まよい 」 の この世 >は、
    ただ、 この 「 こころ 」から あらわれた、
    「 こころ 」 の ( かげ ・ 影 )に
    ほかならない 。


    また、 < 「 さとり 」 の世界 >も
    この 「 こころ 」 から あらわれる  。    」

(  THE      TEACHING   OF   BUDDHA    仏教聖典より 引用   )

      TO    BE    CONTINUED     つづき  ます

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  001.JPG


  002.JPG


  005.JPG


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  007.JPG

  008.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  009.JPG


  013.JPG


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

       GOOD     DAY
                   GOOD    LUCK
                          I      HEARTILY     PRAY    .

                     APPRECIATION
                     JOIN   MY    HANDS    TOGETHER

                     MONK    OF    ARASHIYAMA

                <    WISH     TO    ENTER    INTO   A     LIFE    OF
                             ENLIGHTENMENT     TOGETHER    >

                         SEE     YOU


  

  

     

     わたしシャガ  
   わたしシカです  シカがシャガ
    山のできごと  寺は寺なり  ( 大笑 ) 

  ・ 朝見ると
   シャガという、植物が
   消えている。
   シカ( 鹿 )の食事に
   なっています。

  ・  善でも 悪でもない
    寺の境内( けいだい )に
    お花が 咲いてほしいなら
    守り保つ 努力を
    継続しなければ、、
    ( 微笑 )

  ・  人間界にとって
    被害・損害と
    なるならば、
    「 悪 」と
    よび たたかわ
    なければ ならない
    のでしょう 。
    ( 花ではなく、生産物の
      場合です )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  もどります。

 「 < 快楽 >中心 」 か
 「 < 禁欲 >中心 」 か

  行ったり
  来たり の
  わたしたち です。

  問題を おこしたり
  問題に なったり
  して

  また、また
  悩んだり いたします

  「 < 快楽 >中心 」で いいのか ?
  「 < 禁欲 >中心 」で いいのか ?

  範囲 は ?
  度合い は ?

  わからなく なります
  すると

  習慣・惰性・いつもの まま
  世間にあわせる・ 他者にあわせる
  強いひとに、大きな声に あわせる

  わかり にくい
  やはり、
  損でなく 得な ほうにしようか と

、、、、、、、、、、、、、、、、

  「 わからない 」
  「 わかり にくい 」

  どしたら、
  いいのでしょうか ?

  どう
  すべき なのでしょうか ?

、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  ここに
 いたって 

 「 < 快楽 >中心 」でなく
 「 < 禁欲 >中心 」でも ない世界に

 ふれるために、

 わたしたちは
 ある 「 こと 」を
 した ほうが いいように 思います。


  つづき  ます


 駄弁ながら 蛇足ながら
   されど
     敬と愛を
       こめて

  残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 003.JPG

        葉蘭 ( ばらん )です、 鹿( シカ )の 食物になります。


 008.JPG


      蘇鉄( ソテツ )です。 鹿は 食べるでしょうか ?
         ためしに 植えて見ます ( 微笑 )

 010.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 005.JPG

    御存じの方も 多いと存じますが、
   「 宗教 」とか 「 禅 」を 考えるとき
   大切なので、 また いっしょに 考えたく 存じます。

     クイズ です。
 「  なんと 読んだら いいのでしょうか ? 」

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   もう 一つ

 「  子子子子子子   子子子子子子  」

   なんと 嵯峨天皇の 問題だそうです( 微笑 )
  宗教に 関係ございません。


、、、、、、、、、、、、、、、、


  失礼いたします
 末筆ながら
 よき一日で ございますように

  「 やぶいりや
     こきょうのうみを
       みたいかな  」( ・ )


  厚顔  無恥
 愚僧  萬拝


  

PICTURE 1-15-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

 [    DECEMBER      EIGHTH      12  /   8   ]     NO ,   19


  「  BECAUSE    OF   IGNORANCE     AND   GREED   ,    PEOPLE  
      IMAGINE    DISCRIMINATIONS    WHERE   ,    IN     REALITY    ,
      THERE    ARE    NO    DISCRIMINATIONS  .


          INHERENTLY  ,   THERE    IS    NO    DISCRIMINSTIONS   OF
      RIGHT    AND    WRONG   IN    HUMAN   BEHAVIOR   ,  BUT
      PEOPLE    ,    BECAUSE   OF    IGNORANCE   ,   IMAGINE   SUCH
     DISCRIMINATIONS    AND    JUDGE   THEM   AS   RIGHT   OR
     WRONG   . 


        もともと、
  ものに 差別はないのに、
  差別を みとめるのは 、
  この 「 無明( むみょう ) 」と
  「 貪愛( とんあい ) 」 との、
  はたらき である 。


   もともと、
  ものに  いい・わるい( 良・否 )は
  ないのに 、いい・わるい を見るのは、
  この 「 無明 」 と 「 貪愛 」 との
  はたらき である 。


   BECAUSE   OF    THEIR    IGNORANCE   ,    ALL   PEOPLE   ARE
    ALWAYS    THINKING    WRONG    THOUGHTS    AND    ALWAYS
    LOSING    THE    RIGHT    VIEWPOINT    AND   ,
    CLINGING    TO   THEIR    EGOS    ,
    THEY    TAKE     WRONG     ACTIONS   .


       AS    A    RESULT   ,    THEY    BECOME    ATTACHED    TO   A
   DELUSIVE    EXISTENCE   .


      すべての 人々は
 常に よこしまな
 ( ただしくない ・ ねじけた ・ ひねくれた ・ すなおでない )
 『 思い 』 を 生じ ( おこし ・ もち )
 愚かさ ( いいかげん ・ なおざり ・ 不十分さ )
 の ために
 正しく 見ることが できなくなり 、
 『 我 ( 自我 )( じが ) 』 に
 とらわれて、
 まちがった 『 行い 』 を する 。

  その結果 、
 『 迷い 』 の 存在となる( 身 を 生ずることになる )    」

(   THE   TEACHING   OF   BUDDHA    仏教聖典より、 引用  )
     TO   BE     CONTINUED       つづき ます。


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


001.JPG



003.JPG



004.JPG


           CORMORANT


014.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


009.JPG


     TO    KEEP   OFF    DEER     FROM     MOUNTAIN    (    SMILE   )
        BECAUSE     THE    DEER    EAT    ALL    FLOWERS    AND    NEW    LEAVES  .


005.JPG


                   TO   KEEP    OFF    DEER    FROM    THE    MOUNTAIN   (   SMILE   )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

          GOOD    DAY
                 GOOD    LUCK
                    I    HEARTILY    PRAY

                  APPRECIATION
                   JOIN    MY   HANDS    TOGETHER

                    MONK    OF   ARASHIYAMA

            <    WISH   TO   ENTER    INTO    A     LIFE   OF
                        ENLIGHTENMENT    TOGETHER    >







 1、 「 < 快楽 >中心 」
 2、 「 < 禁欲 >中心 」

 私たちは、
二つの 世界を、フラフラ しやすい
のかも しれません。

 これが「 人生 」( 人間の一生 )
生まれきて
その 家族・親族・地域・学校
    仕事・職場・社会・国
    の 中で
    生き・生かされ
    生きつづけていく、

    死んだり
    殺されたり
    病気で
    事故で
    災害で
    亡くなる 。

 このような
人生を
どのように
生きたら
よいの、でしょうか ?

  その< 社会国家 >の
「 歴史 」
「 過去の 集積 」
「( 過去の行為 )の 集積 」
 の上に
『 現代( 現在 ) 』があり、
 わたしたちは、
< 今・ここ >に
生きています。


  < 社会国家の 現代 >は
「 個人の行為 」 の 「 集積 」と、
いえますが、
わたしたち、一人一人では
どうしようもない、
事柄も 多いと思えます。
 でも、
少しづつでも
いい方向へ、
進みたいもので
 ございます 。

 < 家 >< 組織 >も
いえ< 個人 >も
おなじ、ことでしょう 。

 「 ( 過去の行為 )の 集積 」が
「 私 」を 形成しているの
でしょう 。

 今の 「 私 」 の
< 心 がどうあるのか ?
< 何を めざして いるのか ?
< 何を もとめて いるのか ?

 により、
「 方向 」 が さだまって
いくような 気がいたします。

 とうぜん
どなたも、お気づきの
ことで ございます。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 ここまで、
考えてから、
1、 「 < 快楽 >中心 」
2、 「 < 禁欲 >中心 」

 の問題を
どうしたら、いいのか
すすめたく
存じます。

  つまり
わたしたちの
「 行為 」( おこない )は

・ 自分で 決めることが
  できるのか ?

・ 全能の 神によるのか ?
・ 過去世行為( 前世・ 生まれる前の 人生 )
   で、宿命的に 決まっているのか ?
・ 原因も結果もなく、
  人生の 価値も 目的も ない
・ 生存のための、
  欲望の 追究が すべてである
  ( 本能が 「 私 」 )
・ 今日の「 行為 」により
  明日の「 行為 」は、
   変わり、進み
   成長できる のか ?

    つづき ます

 駄弁の饒舌( むだばなし )
   おゆるしを
  されど
   敬と愛を
    こめて

  残月   合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 007.JPG

        曇り 空 です

 006.JPG


 009.JPG

    もう 13年以上 交流がある 「 植物 の 専門家 」の先生

     「 花の山 」 に するには どうしたら よいのか ? ?
     みなさまも 、 考えてくださいませ 。

 003.JPG


 012.JPG

      鹿が  わたしたちの 「 シャガ 」 を 食べてます。( 涙 )



   失礼いたします
  末筆ながら
  よき一日で ございます
   ように。

  厚顔  無恥
 愚僧  萬拝
  

PICTURE 1-13-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

 [    DECEMBER    EIGHTH     12  /  8   ]     NO ,   19


  「  IGNORANCE     IS    MANIFESTED   IN    GREED    THAT    FILLS 
       THE     HUMAN    MIND   .

         IT    COMES   FROM    THE    FACT     THAT    MEN    ARE    UNAWARE
      OF    THE    TURE    REASON    FOR    THE    SUCCESSION    OF   THINGS  .


        FROM    IGNORANCE    AND    GREED    THERE    SPRING    IMPURE
     DESIRES     FOR   THINGS    THAT    ARE    ,    IN    FACT ,   UNOBTAINABLE ,
     BUT   FOR   WHICH    MEN     RESTLESSLY     AND    BLINDLY   SEARCH  .


        さらに、 この 「 執着( しゅうちゃく ) 」を
  おしつめてみると 、
  人々の、 心のうちに、
  『 無明( むみょう ) 』 と
  『 貪愛( とんあい ) 』
  ( 貪欲 、 欲深さ、むやみにほしがる、
    かぎりなくほしがる 、あきずにしつづける )とが
  見出される 。


   『 無明 』 は 、
  < うつり変わる もののすがた( 姿・相 ) >に
  目が開かず、
  因果( いんが )( 原因と結果が ある )の、
  道理( どうり )( 物事の正しい すじみち )
  に、
  暗い・よくわからない ことである 。

   『 貪愛 』とは 、
  うることの できないものを
  むさぼって、執着し 愛着することで ある 。   」

( THE   TEACHING   OF   BUDDHA    仏教聖典より 引用 )


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  009.JPG

      旧 月待台 と 先代・四海和尚


  012.JPG

         昔の 本堂の 正面です。


   003.JPG

      大功労者 道心居士 と 拙僧 ( 15年ほど 前でしょうか ? )
      大恩人で ございます。
      ( THIS   PICTURE    IS    IMPORTANT  . 15 YEARS   BEFORE    . )     
                (   HE    WAS    A   GREAT     MAN    FOR    THIS   TEMPLE   .  )


           GOOD     DAY
            GOOD    LUCK
               
              APPRECIATION
             JOIN   MY   HANDS   TOGETHER

              SEE   YOU    AGAIN  


   

  
 この世に、生まれた。
父母、家族、部族、社会、国家の
おかげで、「 生 」を、「 受 」け
「 自分 」を、「 自覚 」する。

 さて、「 どう生きるべきか ? 」
「 そもそも、生きる意味とは、何か? 」
「 生きる目的とは、何か ? 」
「 何のために、食物を、口に入れるのか ? 」
「 何のために、言葉を、発するのか ? 」
「 歩くとは、どういう事なのか ?」
 ・・・・・・・
   ・・・・・・・・・・・・・・
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   個人、個人、各々( おの おの )が
  ( 思い )( 考え )つまり ( 思考 )
   します。

   時々、真剣に
  < 自分を 愛する ために >
  < この世を 愛する ために >
  < 自分以外を 愛する ために >
  < 「 あなた 」を 愛する ために >

  <  虚無( きょむ )の ために > でなく 。
  <  この世を きらい・否定するために > でなく 。

 、、、、、、、、、、、、、、、、、


  前回の つづき で
 ございます。

 1、「  < 快楽 > 中心  」 で 生きる
 2、「  < 禁欲 > 中心  」 で 生きる


  現代日本社会 は 、
 「  < 快楽 > 中心  」 なの かも しれません。
 個人個人・ 各々 は、わからない、おおよそでしょうか ?

  そもそも、
 「 < 快楽 > 中心 」 とは 何か ?

 「 快楽( かいらく )( けらく ) 」 とは ?
 ( 気持ちがよく ・ 楽しいこと )
 ( < 欲望 >が、満たされたときの< 楽しみ > )

 ・ たとえば、
   食物に対する、欲望を、ついきゅうしたら
   どうなるでしょうか ?

   もう、小生も、みなさまがたも、
   御経験 済みで ございましょう 。( 微笑 )

   どう、したら いいのでしょうか ?

 ・  食物に 対する < 禁欲 >の結果、
    「 絶食 」となり、「 死亡 」することもあった
    そうです 。

    現代でも、「 拒食症 」という 病気も
    発生しているようです 。

    「 過食 」症 も、あるという、
   『 「 拒食 」 と 「 過食 」 』 こそ
   現代日本社会の 「 人間 」 の 問題
   なの かもしれません。

    (  飽食国家 と 飢餓国家
        ・世界人類に おいて )

    わたしたちは、
   どうしたら、 よいのでしょうか ?

    おそらく
   「 中道 」(ちゅうどう )の 確立
   なのでしょう 。

    そのために
   どうしたら、よいのか ?

  「 わたし 」 も
  「 あなた 」 も
  「 日本 」 も
  「 世界 」 も  。

   つづき  ます。

  このような 思考・こころみは

  あくまで

  「 よく 生きるため 」で
  ございます。

   今日を、
   明日を、
   ちからつよく
   あかるく
   やさしく
   さわやかに

   生きのびる
   生きつづける

   ためで
   ございます 。

   アソビ では
   けっして ない 。


 駄弁を 弄しました
   されど
  敬と愛を
   こめて

 残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 006.JPG

        大正時代 の 小学校の教科書の 挿絵です。
     了以翁 が、 保津川開削 ( 舟を 通行できる よう )工事の
     文献( 碑文 )からの、 想像図で ございます 。 

 007.JPG

      本堂 と 客殿 と 渡り廊下 ( 100年以上 前 ) 

 003.JPG

        平成の 了以像
      「 出 開帳 」 ようの 「 角倉 了以 」さまで ございます。
      月参り させていただいている、大悲閣千光寺の功労者の お方宅に
      おまつりさせて いただいています。( しばらく の 間 )
         ありがとうございます 。
       ありがとうございます、本当に、ありがとうございます 。
                            当代  大合掌


   失礼いたします。
  末筆ながら
  よき一日で
   ございますように。

  厚顔  無恥
    愚僧  萬拝

    

  

PICTURE 1-11-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

   [     DECEMBER      EIGHTH     12  /  8   ]    NO , 18

「  WHERE    IS     SOURCE    OF    HUMAN    GRIEF  ,   LAMENTATION ,
     PAIN  AND    AGONY   ?

      IS    IT   NOT    TO     BE    FOUND    IN    THE    FACT    THAT   PEOPLE
    ARE    GENERALLY     DESIROUS   .


       THEY     CLING    OBSTINATELY    TO     LIVES     OF   WEALTH   AND
     HONOR    ,    COMFORT   AND    PLEASURE    ,    EXCITEMENT   AND
     SELF    INDULGENCE   ,     IGNORANT    OF   THE    FACT    THAT   THE
     DESIRE   FOR    THESE   VERY    THINGS     IS    THE    SOURCE   OF
     HUMAN    SUFFERING    .


        それでは  人々の
  うれい 、 悲しみ  、苦しみ 、もだえは
  どうして おこるの でしょうか  ?

   それは 、
  人に 「 執着 ( しゅう ちゃく ) 」
  ( 深く・強く 思いを かけて、なかなか 断念できないこと )
  が、 あるからである 。

   富( とみ )に  執着し
   名誉利欲( めいよ・りよく )に 執着し
   悦楽( えつらく ・喜び と 楽しみ )に 執着し
   自分自身( わたし・ オレさま ・・・ )に 執着する。

   この「 執着 」 から
  < 苦しみ >< 悩み >が 生まれる  。

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    FROM    ITS   BEGINNING   ,     THE    WORLD   HAS   BEEN    FILLED  
      WITH    A     SUCCESSION     OF    CALAMITIES    ,   OVER    AND    ABOVE
      THE    UNAVOIDABLE    FACTS     OF    ILLNESS    ,    OLD  AGE   AND  
      DEATH   .


         BUT    IF   ONE   CAREFULLY    CONSIDERS   ALL    THE   FACTS  ,
     ONE    MUST    BE    CONVINCED    THAT     AT    THE    BASIS   OF
     ALL     SUFFERING    LIES    THE    PRINCIPLE    OF   CRAVING   DESIRE  .


         IF    AVARICE   CAN   BE    REMOVED   ,
      HUMAN    SUFFERING     WILL   COME   TO   AN     END   .


        初めから、 
  この世界には  いろいろな災い  があり、
  そのうえ 、「 老い 」 と 「  病  」 と 「  死  」とを
  さけることが できないから
  「 悲しみ 」 や 「 苦しみ 」 が ある 。

   しかし、
  それらも つきつめて  みれば 、
  「 執着 ( しゅう ちゃく ) 」 があるから 、
  「 悲しみ 」 や 「 苦しみ 」 に なるのである。


   もし、
  「 執着 」 を 「 離れる 」( すてる ・ こだわらない )
  さえ すれば、
  すべての 「 悩み 苦しみ 」 は
  あとかたも 無く 消えて しまう 。     」

(  THE    TEACHING   OF   BUDDHA    仏教聖典 より 引用  )

    TO   BE    CONTINUED    つづき  ます

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 002.JPG

    ARASIYAMA-MOUNTAIN     AND    TOGETU-BRIDGE

  005.JPG

 004.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


009.JPG


007.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


014.JPG


       ONLY    TWO    PERSONS       WALKES     THIS    ROAD   
     TO   VISIT     THIS    TEMPLE,   TODAY  .   (   SMILE   )



010.JPG

                         SNOW

008.JPG

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


015.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


017.JPG

    I     MET    THIS    DOG    THAT    HER   NAME   IS   [  MOMO ]  16 YEARS  OLD
       AT   THE  ONE   PARK  .
        [    MOMO  ,   NICE    TO    MEET    YOU   .   I    AM    HAPPY   .   SEE    YOU   AGAIN.  ]

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  GOOD     DAY
     GOOD     LUCK
         I    HEARTILY     PRAY

         APPRECIATION
         JOIN    MY    HANDS    TOGETHER

         MONK   OF   ARASHIYAMA
     <    WISH    TO    ENTER   INTO   A    LIFE   OF
                 ENLIGHTENMENT    TOGETHER     >

              SEE    YOU










  古代インドの部族( シャーキャ族 )( 釈迦族 )
 の、聖者・尊者なので、「 釈尊 」と、よばれている。

  「 シャカムニ 」 ( SAKYA--MUNI  )の
 訳語 として、 『 能仁 寂黙 』 ( 能忍 )
 ( のうにん  じゃくもく )。

  「 悪人に たいし、 たえしのび 、
   あわれみを かける 聖者 」 という。

  「 たえしのび、うけいれ、
    かぎりない愛と、
    あわれみ を ほどこす 」人である 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、

  6年間の
 「 禁欲 苦行 」 ( きんよく ・ くぎょう )を
  どう考えているのか ?

   ちょと、
  調べてみました。
  ( それで おそく なりました )( 微笑 )

  ・ 身体的 世間的 欲望を 禁じ ( 禁欲 )
    精神的理想境に、たっしようする。

  ・ シッダルタ の 時代は
    「 苦行 」 と 「 修定 」( しゅうじょう )
    であった。

  ・  「 苦行 」( タパス )
     身体をおさえ
     精神の< 純淨 >となす

   ・  「 修定 」( ヨーガ )
      精神を 静め、統一し、
      身体から はなれる

   ・  6年間で、
      身体 も 精神も 
      弱くなり、おとろえた。

  、、、、、、、、、、、、


    ・  身体から 精神が 
      「 離脱 」( はなれ 、 だつする )
      しょうと する事を
      やめる 。

       解脱( げだつ )の道でない、と
       思う、きづく 。

   、、、、、、、、、、、、、、、、


       「 身体 」 と 「 精神 」 は
       一つ という、
       考え・ 立場にたつ、ことになる。

       『 物心一如 』
       ( ぶつ しん いちにょ )という。

       身体( 物 ) と
       精神( 心 ) を
       わけて 考える立場である
       「 禁欲 苦行 」 を やめる、はなれる、
           とらわれない 。

       「 物 」と「 心 」を 区別して 
       考えることを
       「 物 心 二元論 」( にげんろん )
       という。
       
       ・・・・   ・・・・・・   ・・・・・

       物事人を 区別・分別しないという
       ( 考え・思想 )( 心の普遍的特性 )
       ( 愛 ・ 友情 )
       から、
       仏教( 思想 )は、成長発展いく。
      


   、、、、、、、、、、、、、、、、

  ・  < 「 禁欲 」 中心 >の 反対である
     < 「 快楽 」 中心 > も
          みとめず、

     この 両 極端を はなれ・すてる
    < 中道( ちゅうどう ) >を
     えらんでいる。

       つづき  ます

   駄弁 饒舌
   されど
  敬と愛を
      こめて

  残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  009.JPG


  008.JPG


  002.JPG

    御命日
    門下( 在家出身 ) の 大先輩と 、師匠の墓参りです。


 003.JPG

     お邪魔いたします。 合掌  九拝。


 010.JPG


        寒風や  赤や赤々  目にしみる ( ・ )


   失礼いたします
末筆ながら
 よき一日で
  ございますように。

 ・ おそく なりました( 微笑 )

 厚顔  無恥
  愚僧  萬拝
        
       
     

PICTURE 1-9-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

 [      DECEMBER      EIGHTH      12 / 8    ]     NO,   17


 「  BLOSSOMS    COME    ABOUT    BECAUSE    OF   A     SERIES  
     OF    CONDITIONS    THAT     LEAD    UP     TO    THEIR   BLOOMING   .
        LEAVES   ARE    BLOWN     AWAY    BECAUSE    A     SERIES    OF
     CONDITIONS     LEAD    UP   TO    IT    .

        BLOSSOMS    DO    NOT    APPEAR     INDEPENDENTLY    ,   NOR
     DOES    A     LEAF    FALL    OF    ITSELF   ,   OUT   OF   ITS   SEASON   .

        SO   EVERYTHING     HAS    ITS    COMING    FORTH   AND   PASSING
     AWAY    ,    NOTHING    CAN    BE    INDEPENDENT    WITHOUT   ANY
     CHANGE  .


      花は 咲く縁が集まって、 咲く 。
  葉は 散る縁が集まって、 散る 。
  ひとり 咲き 、 ひとり 散る のでは ない 。

 「 縁 」によって 咲き 、 「 縁 」に よって 散る  、のである。

   どんなものも、 みな 移り変わる 。
  ひとりで 存在するものも 、常に とどまる ものはない 。 

、、、、、、、、、、、、、、、、、


   IT   IS   THE   EVERLASTING    AND   UNCHANGING    RULE    OF
     THIS    WORLD    THAT    EVERYTHING    IS    CREATED   BY   A
     SERIES   OF   CAUSES    AND   CONDITIONS    AND   EVERYTHING
     DISAPPEARS    BY    THE    SAME   RULE   ,   
        EVERYTHING   CHANGES    ,     NOTHING     REMAINS    CONSTANT  .

    
   すべてのものが 、
  「 縁 」 によって 生じ 、「 縁 」によって 消える( ほろびる )のは
  『 永遠不変 の 道理 』 である 。

   だから、 うつりかわり 、
  常に 、とどまらない ということは、
  「 天地 の 間 」 に 動くことない 、
  まことの 「 道理 」 であり 、
  これだけは  永久に 変わらない 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  WHERE    IS    THE   SOURCE     OF    HUMAN     GRIEF   ,   
   LAMENTATION   ,     PAIN    AND    AGONY     ?


    それでは 、
 人々の 「 うれい 」 ・ 「 悲しみ 」 ・ 「 苦しみ 」
 「 もだえ 」 は 、 どうして 起こるの でしょうか ?   」

  (  THE     TEACHING    OF    BUDDHA  、   仏教聖典より 引用  )

      TO   BE    CONTINUED      つづき ます

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  001.JPG


       WHO    IS     THAT     ?


 002.JPG

    「     HOW      ARE    YOU   ?  」 
 「  VERY     FINE    ,   FINE    AND   YOU  ?   」
 「  FINE   」

      THIS    IS     TEMPLE ,S    A    CAT    THAT   NAME    IS     [     KI BI    ]
           14   YEARS   AGE   .

      HE    WAS     BORN     AND   RAISED   IN    THIS   TEMPLE   AND  
  MOUNTAIN--ARASHIYAMA    .

      HE    HAD    TWO    SISTERS     AND    THREE    BROTHERS  .
   BUT    NOW   ,      ONE     SISTER     ONLY    .
   


 005.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 017.JPG


 018.JPG


 020.JPG


 021.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  GOOD     DAY
      GOOD     LUCK
           I     HEARTILY     PRAY

          APPRECIATION
          JOIN    MY   HANDS    TOGETHER

          MONK    OF    ARASHIYAMA

<   WISH   TO    ENTER   INTO   A    LIFE   OF
         ENLIGHTENMENT    TOGETHER   .  >

        SEE     YOU


      
    

 現在、PICTURE  で、
最初期の 仏教に 触れています。
< ゴ―タマ ・ シッダルタ >の、「 修行 」 と
「 開悟( かいご ) 」 を、ともに考えて
います。

 そこで、この 「 修行 」・「 開悟 」を
よく 理解するために、
<「 開悟 」 の内容 ・
 つまり、 仏教の『 真理 』>と、
ちがう、「 別の『 真理 』 」に
ついて、考えたいと 存じます。


  仏教以外の『 真理 』・『 教え 』
 を、日本語・仏教用語では、
 『 外道 ( げどう ) 』と、
 いいます。

  しかし、あまり、いい言葉の響きでは
ございませんね、今回だけで
使用は、止めに致しましょう。( 微笑 )


 (  野暮用にて、中座いたします  )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  「  六師 ( 外道 ) 」
シッダルタ 時代 の  6人( 自由思想家 )たち

  大まかには、
 3種 です。

  1、 「 万物は 自在の神 が 作った 」

  2、 「 すべて 過去世が 作った
       原因である 」

  3、 「 すべては 偶然で 、原因もなく
       縁もなくして 生じ 滅する 」

  わたしたちも、
 自分の実体験から、
 色々と 考えたいです。

 その参考に、
いたしたい ものでございます。

 6人 の
自由思想家
( いままでの 思想に
  しばられないで、考えた人々 )

 わたしたちも、
「 自由思想家 」で あるべきであり、
そして、
おおく ( 実体験 )し、
( 歴史 )に 学びつつ

 自分の考えを
確立して、
世間を、現代社会を、
現実日本を、
 生き抜きたい
ものでございます。

  たくましく
  ただしく
  きよく

  げんきに
  やさしく
  さわやかに


 生き抜きたいもので
ございます。

  つづき  ます

駄弁にして 蛇足
  されど
 敬と愛をこめて
  残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

014.JPG


015.JPG


022.JPG


         うつくしや   ああうつくしや  うつくしや
           ひえいもはしも   なにもかなかな

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


017.JPG


     友達と 散策

019.JPG


    「  役者 を めざしています  」
    「  ガンバリや、 おうえん するよ 」( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   失礼いたします
 末筆ながら
  よき一日で
  ございますように。

 厚顔  無恥
  愚僧  萬拝

  


 





PICTURE 1-7-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

 [    DECEMBER     EIGHTH        12  /   8     ]      NO ,    16


 「  RAIN     FALLS   ,     WINDS     BLOW    ,    PLANTS    BLOOM   ,
     LEAVES    MATURE    AND    ARE    BLOWN     AWAY    .
       THESE    PHENOMENA    ARE    ALL     INTERRELATED    WITH
    CAUSES    AND   CONDITIONS    ,    AND   ARE    BROUGHT   ABOUT
    BY    THEM     ,     AND    DISAPPEAR     AS    THE   CAUSES   AND
    CONDITIONS    CHANGE   .


       ONE    IS    BORN    THROUGH    THE    CONDITIONS   OF 
   PARENTAGE     .     HIS    BODY   IS    NOURISHED    BY    FOOD   ,
   HIS     SPIRIT   IS    NURTURED    BY    TEACHING    AND   EXPERIENCE  .


      THEREFORE  ,    BOTH     FLESH    AND    SPIRIT    ARE    RELATED
   TO   CONDITIONS    AND    ARE   CHANGED    AS    CONDITIONS   CHANG    .


      雨の降るのも 、 風の吹くのも  、  花の咲くのも  、 葉の散るのも 、
 すべて 「 縁( えん ) 」 によって 生じ 、 「 縁 」 によって 滅びる 。


  この身は 、 父母を 「 縁 」 として 生まれ、 食物によって
 維持され 、 また この 「 心 」 も、 
 経験 と 知識によって 育ったものである 。

  だから 、 この身も、 この心も、 縁によって、成り立ち
 縁によって 変わると いわなければ ならない 。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    AS    A     NET     IS    MADE    UP     BY     A      SERIES    OF   KNOTS  ,
    SO     EVERYTHING    IN    THIS    WORLD    IS   CONNECTED    BY   A
    SERIES   OF   KNOTS  .

        IF    ANYONE    THINKS    THAT   THE    MESH     OF   A    NET    IS
     AN    INDEPENDENT  ,    ISOLATED    THING  ,   HE   IS    MISTAKEN  .


        IT    IS    CALLED    A   NET    BECSUSE     IT     IS     MADE    UP   OF
     A     SERIES    OF   CONNECTED     MESHES    ,   AND    EACH    MESH
     HAS    ITS    PLACE     AND    RESPONSIBILITIES     IN     RELATION
      TO    OTHER     MESHES   .



        網( あみ ・ ネット )の目が 、たがいに つながりあって 、
  網 を 作っているように 、 全てのものは 、つながりあって できている 。

 
   一つの 網の目が 、それだけで 「 網の目 」であると 、
  考えるならば 、大きな「  誤り( あやまり ) 」 である 。


   「 網の目 」 は、 ほかの「 網の目 」 と、かかわりあって 、
  一つの 「 網の目 」と いわれている 。
  「 網の目 」 は、それぞれ ほかの 『 網 』が 成り立つために 、
  役に 立っている 。   」

  (  THE   TEACHING    OF   BUDDHA     ,    仏教聖典 より 引用  )


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  THIS    FLAG    IS    THE    SYMBOL    THAT   IS
   THE   TEACHING   OF   BUDDHA   AND   THE    HEART    OF
     [  KAN NON    BOSATU   観音菩薩 ]  .


   046.JPG


   047.JPG


   048.JPG


   049.JPG


  052.JPG


 053.JPG


 058.JPG


 045.JPG


           さて 、  「  旗が  動いている  のか  ? ? 」
           「  風が  動いている  のか  ? ? 」
           「  心が  動いている  のか  ? ? 」

           「    THE    FLAG    IS    MOVING  ?  ?    」
           「     THE    WIND   IS   MOVING     ?  ?     」
                             「  THE    HEART   IS    MOVING     ?   ?    」


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


     GOOD     DAY
              GOOD    LUCK

                  APPRECIATION

                  MONK    OF    ARASHIYAMA

    <    WISH    TO    ENTER    INTO   A     LIFE    OF
                ENLIGHTENMENT     TOGETHER    >

          I     AM     SORRY     ,    SEE     YOU     AGAIN   .







   


  太陽 が 消滅
   月  が 消滅
  地球 が 消滅

  アジア が 消滅
  日本 が 消滅
  
  町 が 消滅
  村 が 消滅
  家 が 消滅
   
  「 あなた 」 が 消滅
  「 わたし 」 が 消滅


  しかし
  けれども

  もし、

  「 心 」 が 存在 すれば
  「 命 」 が 存在 すれば

  まけては いない
  くじけは  しない
  ひるみは しない

 
  復活( ふくかつ )
  再生( さいせい )

  復興( ふくこう )
  再現( さいげん )

  いや

  飛躍( ひやく )
  成長( せいちょう )

  だ 。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  古人の 亡くなる、
 無くなる 時の 「 ことば 」
 が 色々 ございます 。

  特に、僧侶
 また、禅僧が よく残しています。
 「 遺偈 ( いげ ) 」と
 いわれて います。

  時々、ご紹介したいです。

 今、 小生( 拙僧 )が
 好きな「 ことば 」を
 思い出したので、
 語らせて もらいます。
  漢詩そのものでは
 ございません、いつか
 正確に 記述いたします。
 ( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、

1、 旅姿して、
弟子に 向かって
託す言葉を 語り、
 そして、
「 行脚 ( あんぎゃ )に でる 」 と。
 立ったまま、、、、( 立亡 りゅうぼう )



2、 世間は 我 に 
     用は無くなった。

   我も 世間に 
     用は 無い 。

   それでは、、、


3、 釈尊の後に 生まれ
    弥勒仏( みろく 未来仏 )
      の前に 死ぬ 。
  だから
 これは、 生にあらず、死にあらず 。


4、 「 今日は
    ことのほか
    暑いのー  」
    ・・・・・・・坐ったまま
    ( 坐脱 ざだつ )

   合掌  大合掌
     九拝 百拝  萬拝


  饒舌にして 蛇足
   敬と愛を こめて

   残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  ある寺院で、ございます。
 いつも、心配してますが、
 きっと、どなたかが、
 いや、大寺院だから
  ・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・

 015.JPG


 014.JPG


 023.JPG


 012.JPG


    早く、よくなりますように。
   倒壊前に 少しずつでも 、事が進み
   ますように。

    以前の、大悲閣千光寺の 本堂を
  つい、想像して しまいます 。 合掌

 025.JPG


  失礼いたします。
 末筆ながら、
  よき一日で ございますように。

  厚顔  無恥
   愚僧  萬拝
    

PICTURE 1-5-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

  [     DECEMBER      EIGHTH     12   /  8    ]     NO  ,    15


 「  THOSE     WHO    UNDERSTAND    IT    PRORERLY    WILL    ATTAIN
     ENLIGHTENMENT     ,     THEY     WILL    BE    ABLE   TO    GUIDE    AND 
     SUPPORT     OTHERS    IN    THIS    BEWILDERING    WORLD   ,  AND
     THEY    WILL    BE    WORTHY    OF   TRUST    .   


         WHEN     THE    FOURFOLD    NOBLE    TRUTH    IS   CLEARLY
      UNDERSTOOD  ,    ALL    SOURCES    OF    WORLDY    PASSION
      ARE     DRIED    UP   .


        ADVANCING     FROM     THIS    FOURFOLD    NOBLE    TRUTH    ,
      THE    DISCIPLES   OF    BUDDHA     WILL    ATTAIN    ALL   OTHER
       PRECIOUS     TRUTHS   ,      THEY    WILL    GAIN    THE    WISDOM  
       AND     INSIGHT    TO    UNDERSTAND     ALL    MEANINGS   ,   AND
       WILL    BECAME     CAPABLE    OF    PREACHING     THE   DHARMA
       TO     ALL     THE    PEOPLES     OF   THE    WORLD    .    



          「 おしえ 」 を 正しく 「 身に 受けるもの 」 は
   この 四つの聖なる 「 しんり 」 に よって
   はかない この世 に おいて 、
   まことの 「 さとり 」 を開き 、
   この世の 人々の  「 まもり 」 「 たより 」 となる 。


    それは  この 四つの 聖なる 「 しんり 」 が
   明らかになれば あらゆる 「 ぼんのう 」 のもとである
   「 むみょう 」( 無明 )が 滅びるからで  ある 。


   「 ほとけ 」 の 弟子たちは、
  この 四つの 聖なる 「 しんり 」 に よって
  あらゆる 「 おしえ 」 にたっし 、

  すべての 「 道理 」 を知る 「 智慧 」 と 「 功徳 」とを
  そなえ 、どんな 人びとに むかっても
  自在に 「 おしえ 」 を 「 とく 」( 説く )ことが できる 。


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  「  THERE    ARE    CAUSES    FOR    ALL    HUMAN    SUFFERING ,
         AND    THERE    IS    A    WAY    BY    WHICH     THEY    MAY    BE
         ENDED  ,    BECAUSE    EVERYTHING   IN    THE    WORLD   
          IS     THE      RESULT    OF    A     VAST   CONCURRENCE     OF
         CAUSES    AND    CONDITIONS    CHANG    AND   PASS    AWAY   .


            人びとの 「 くるしみ 」 には 原因があり、
   「 さとり 」 には 「 みち( 道 ) 」 が あるように、
   「 すべてのもの 」 は
   みな 「 えん( 縁 ) 」 に よって( 条件 ) 生じ
       「 えん 」( 原因・条件 )に よって、 滅びる、
           のである 。      」

        TO   BE    CONTINUED    ,   つづき ます

   <  THE   TEACHING     OF   BUDDHA   ,   仏教聖典に よります。
          日本語の 文字の 簡略化は 当方、残月です  >


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

    I    VISITED     [   THE   SHRINE   ]   YESTER DAY   .
       THIS    SHRINE    IS    DEDICATED    TO   
       SUGAWARAN-NO-MITIZANE  WHO    PROTECT     THE    STUDENT
       FOR     CHALLENGE    TO  THE   TEST    AT    SPRING    IN    JAPAN   .

         THIS   NAME   IS
       [   KITANO-  TENMANGU- SHRINE   ]   NEAR    KINKAKUJI-TEMPLE .


             北野 天満宮 に 参詣しました。 ( 昨日 )
    全国 の 「 天満さま 」 「 天神さま 」 の 総本社です。
    毎月 25日の 縁日は 日本一の規模 でございます。
    ( 毎月 21日  東寺の 縁日も 同じく 日本一 です )( 微笑 )


   001.JPG


   004.JPG


   005.JPG


   009.JPG


   014.JPG


            二本目 の 鳥居( とりい ) です
         THE   SECOND    TORII   (   GATEWAY   AT   THE   ENTRANNCE    )

     
  
   017.JPG


      018.JPG


     022.JPG


    023.JPG


   028.JPG


       本殿 前 の  門 です。
 たしか 「  三光門  」 という 名前です。
  <  日光  ><  月光  ><  星光  >です。 すばらしや。

 031.JPG

    本殿です、すごい 行列でございます 。


 033.JPG


   ごいっしょの 参詣  おわりです 。
 おつきあい  ありがとう ございました 。

   THANK    YOU   VERY    MUCH   ,   YOU   ARE   GOING     WITH   ME   .

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  
        I      LOVE      ANIMALS    .   (   SMILE  )
 


   040.JPG 


      042.JPG


     044.JPG


   020.JPG


         THE    SYMBOL    OF    THIS    YEAR     IS      [    SHEEP   ]   IN    JAPAN   .
            <     BAA      BAA       BAA    >      (     SMILE   )


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


   GOOD    DAY
        GOOD    LUCK
          
           APPRECIATION
    
           SEE    YOU

             MONK    OF    ARASHIYAMA
<    WISH   TO     ENTER    INTO     A     LIFE   
          OF    ENLIGHTENMENT     TOGETHER     >



   太陽 は 消滅せず
   月  は  消滅せず
   地球 は  消滅せず

   「 自分という 意識 」
   は 消滅 するかも しれない

   いや、きっと
   消滅する。

  「  何年 何月 何日 何時 何分 何秒  」

  に

  「  自分という 意識  」 は 消える
  「  私  」 は 、 消える
  「  身体  」 は、 硬直し、腐敗 する
     ( どなたか ?
     ( 骨を ひらって くださるのか ?
     ( ・・・・・・・・・     )

  「  心   」 は、 消える

  「  精神  」 は、 どうなのか ?
  「  魂  」 は、 どうなのか ?

  わからない 
  はっきりとは  わからない 。

  しかし、
  わたしたちは、

  『  よき 「 精神 」 』 を  受け継ぎ
  生きている。

  『  よき 「 魂 」  』  を  受け継ぎ
  生きている。

  また
  『  よき 「 行為( おこない ) 」 』 を
  受け継ぎ  生きている。


  だから、

  『  よき 「 精神 」  』 は
  『  よき 「 魂 」  』 は
  『  よき 「 行為 」 』 は 、

  受け継がれる から

  きっと
  かならず
  受け継がれる から

  いや、
  きっと
  わたしたち
  < 後生( こうせい ) > は
  受け継が なければ ならない

  < 後生 >の役割 ・ 使命 であるから

  『  よき 「 精神 」 』 は
  『  よき 「 魂 」  』  は
  『  よき 「 行為 」  』 は

  不滅 である
  人間 ・ 人類 が 生存 している限り
  永遠 である。

  、、、、、、、、、、、、、、、、、


  『  よい 「 精神 」  』 とは  何か ?

  『  よい 「 魂 」  』  とは  何か ?

  『  よい 「 行為 」  』  とは  何か  ?


  考えながら

  実践したい ものでございます

  考えながら ですから
  探究しながら  試行錯誤しながら
  失敗しながら
  だから いやに なりますが
  くじけず
  まさに  いどみ続けたい
  もので ございます。

  ごいっしょに
  ぜひ 。( 大笑 )( いやだ )( できるか )( いやー )


  新年から
    馬鹿な 駄弁です
   されど  されど
    敬と愛を こめて

  残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  
    045.JPG


    047.JPG


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



    028.JPG


    030.JPG


    033.JPG


    036.JPG


    037.JPG

        亀山公園 からの 「  撮影 場所  」 です 。
       見晴らしが よく 、 嵐山も 大きく 感じられます  。

    022.JPG

      公園内には   われらが 「  角倉 了以  」さまが
           いらっしゃいます。 ( 大悲閣の 坐像が 、力強く 御立ちです )

     了以翁 の 『  精神  』 『  魂  』 『  行為  』 を
       受け継いで 生きたいものでございます。

     かの  元翁 (  三柴 元  居士  )は
       「  了以翁 の 精神( スピリット SPIRIT )は
            すばらしい。
          住職、わすれては ならない 。 」  『  はい  』
                                   合掌 。。


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

   失礼いたします
  末筆ながら
   よき一日で ございますように。

  「  なにが おころうとも
     心 に 太陽を 。

     なにが  おこらなくても
     心 に 太陽を。

     一日一善

     小さな
     親切を
     できるだけ
     たくさん 
     ( 微笑 )
     ( むずかしいなー )
     ( えい )  
     ( 大笑 )  」


  厚顔  無恥
   愚僧  萬拝 


PICTURE 1-3-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

  [    DECEMBER     EIGHTH       12   /    8    ]     NO ,   14

  「  FOLLOWING    THE    NOBLE   PATH    IS   LIKE   ENTERING   A
       DARK    ROOM    WITH    A    LIGHT     IN    THE     HAND    ,
       THE    DARKNESS     WILL     ALL    BE    CLEARED    AWAY   AND
       THE    ROOM     WILL    BE    FILLLED    WITH     LIGHT    .


          PEOPLE     WHO    UNDERSTAND    THE    MEANING    OF
      THE   NOBLE   TRUTHS    AND    HAVE    LEARNED    TO   FOLLOW
      THE   NOBLE   PATH   ARE   IN   POSSESSION    OF    LIGHT    OF
       WISDOM     THAT     WILL     CLEAR    AWAY    THE    DARKNESS
      OF    IGNORANCE  .


        BUDDHA   LEADS    PEOPLE   ,    MERELY   BY    INDICATING 
      TO    THEM   THE   FOURFOLD    NOBLE   TRUTH   .


         <  道 >( 八正道 )( はち しょうどう )を 
   行うもの( 修するもの )は、 たとえば 、
   「 灯火( ともしび ) 」を かかげて
   暗黒( あんこく )の 部屋に 入るようなものである。
     闇は たちまち去り、 明るさに 満たされる。


     < 道 >を 学んで
    明らかに  四つの聖なる 「 真理 」を知れば
    「 智慧 」 の 「 灯火 」 をえて
    「 無知 」 の 「 闇( やみ ) 」は 滅びる 。

   
     仏 は、 単に、 この四つ 「 真理 」 を
    示すことによって  、 人々を みちびく( 導く )
    ので ある 。  」

  (  THE    TEACHING    OF   BUDDHA    仏教聖典より  )


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  011.JPG

      HAPPY    NEW     YEAR      1


  016.JPG


           HAPPY     NEW     YEAR     2


    、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  002.JPG


  003.JPG

               MANY     GRAVES


  006.JPG


     THE     GRAVE     OF    A    MONK    (    PRIEST   )


  007.JPG

                 KUROMATU    THAT    IS    A     BLACK    DOG   .
                     THIS    PICTURE    IS    DRAWED    BY    A    GIRL    10 YEARS  .

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、



     GOOD    DAY
              GOOD    LUCK
                     I     HEARTILY    PRAY  .

                 APPRECIATION
                      JOIN    MY   HANDS    TOGETHER

              <   WISH   TO    ENTER   INTO    A     LIFE    OF
                             ENLIGHTENMENT      TOGETHER     >

                  SEE    YOU   



  新年おめでとうございます。

 太陽も 消滅せず
 月  も 消滅せず
 地球 も 消滅せず

 新しい 毎日を
 迎えることが できそうな
 感じで ございます 。

 「 お日さま 」 に 感謝したい
 「 お月さま 」 に 感謝したい
 「 この大地 」 に 感謝したい

 『 この陰分 』 に 感謝したい
 『 この陽分 』 に 感謝したい

 『 この命 』 に 感謝 したい
 『 この心 』 に 感謝 したい

 『 この身体 』 に 感謝したい
 『 この言葉 』 に 感謝したい

 50億年ほどの月日の
 たまもので ございます
 ありがたや
 ありがたや
 ありがたや
 あちがたや
 ありがたや

 ありがたや
 ありがたや
 ありがたや
 ありがたや
 ありがたや

 まだ、たりない ( 微笑 )

 ありがたや
 ありがたや
 ありがたや
 ありがたや
 ありがたや

 まだ、まだ、たりない ( 大笑 )

 ありがたや
 ありがたや
 ありがたや
 ありがたや
 ありがたや

 今、この瞬間に
 精神に
 心に
 身体に
 激痛を 感じ
 もだえ くるしみ
 あがき さけんで られる

 おなじ
 「 この命 」
 「 この心 」
 「 この身体 」
 「 この言葉 」
 の 方々が

 きっと、
 おそらく きっと
 おられる こと
 でしょう

 ああ
 いたみが
 すこしでも
 けいげん
 へっていきますように

 すこしずつでも
 ちょと ずつでも

 小生も
 まさに 小さな
 「 この命 」 「この心 」
 「 この身体 」 「 この言葉 」
 で もって

 感謝しつつ
 捧げたく ぞんじます

 この世から
 苦悩・苦痛が
 すこしでも へって いきますように。

 この小生が
 できるだけ
 「 苦悩 ・ 苦痛 の< たね ( 原因 ) >を
   まきません ように  」

 また

  「 苦悩 ・ 苦痛 の< たね ( 原因 ) >を
    ひろえます ように 」

  おいのり いたします。

  ・・・・・・・・・・・・・・・

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ・・・・・・・・・・・・・・


  失礼いたします
 おたがい よき新年で
  ございます ように。

 駄弁ながら
   敬と愛を こめて
    残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 

 001.JPG


 002.JPG


 004.JPG

    老五葉松が  たえてください ませ。


 007.JPG


 013.JPG

     公園の ジャングルジム


 005.JPG


    京都の 街 は 大雪 です。
  ここ 60年で 2番目の 大雪との ことです。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  北の コーヒー( ミルク入り )さん
  京都も 雪に なりましたよ ( 微笑 )

  雪があっても なくても
  どなたさまも
  お風邪を めされませんように。


  厚顔  無恥
 愚僧  萬拝

PICTURE 1-1-2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

  [     DECEMBER     EIGHTH     12    /     8     ]     NO  ,   13


  「  THEREFORE   ,     THOSE    WISH     TO   FOLLOW   THE    BUDDHA,S
      TEACHINGS     SHOULD    CONCENTRATE    THEIR    MINDS    ON
       THIS    FOURFOLD     NOBLE    TRUTH    AND   SEEK     TO    MAKE
       THEIR    UNDERSTANDING     OF   ITS   MEANING    CLEAR   .


         IN    ALL   AGES    ,    A    SAINT    ,     IF    HE    IS    A    TURE    SAINT  ,
      IS   ONE   WHO    UNDER STSNDS    IT    AND    TEACHES    IT   TO
      OTHERS  .


          WHEN     A     MAN    CLEARLY    UNDERSTANDS    THE   FOURFOLD
       NOBLE    TRUTH  ,     THEN    THE     NOBLE     EIGHTFOLD    PATH
       WILL    LEAD    HIM     AWAY     FROM    GREED   ,,
          AND    IF    HE   IS    FREE     FROM     GREED     ,
          HE    WILL    NOT    QUARREL   WITH    THE   WORLD  ,
          HE    WILL    NOT   KILL    ,    NOR   STEAL   ,  
                 NOR     COMMIT    ADULTERY    ,    NOR   CHEAT    ,
                NOR    ABUSE    ,     NOR    FLATTER   ,
                NOR    ENVY    ,     NOR    LOSE    HIS    TEMPER    ,
                NOR    FORGET    THE   TRANSIENCY    OF   LIFE
                NOR    WILL     HE    BE     UNJUST    .



        だから、よく 心を 一つにして、
  仏の 教えを受けて 、この4つの聖なる< 真理 >の
  道理 を 明らかに 知らなければ ならない 。


   この世の、 どのような聖者も
  正しい 聖者で あるならば 、
  みな この4つの聖なる< 真理 >を
  さとった 人であり 、
  4つの 聖なる< 真理 >を 教える人である 。


   この真理が 明らかになった時、
  人は 始めて
    欲 から 遠ざかり
    世間 と あらそわず
    殺さず 、 盗まず  、  
    よこしまな 愛欲を おかさず
    あざむかず 、 そしらず 、
    へつらわず 、 ねたまず 、
    いからず、
    人生の無常( 常なるものは 無い )を忘れず
    道に はずれる ことは ない 。  」

(  THE    TEACHING    OF   BUDDHA     仏教聖典より  )


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 003.JPG


 007.JPG


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 017.JPG


 011.JPG

 025.JPG


 029.JPG


 038.JPG

 046.JPG


 051.JPG


 048.JPG


     I     AM     SORRY    ,     I     DO  NOT   HAVE    THE    TIME   ,
                    AND    SLEEPY    (  SMILE )

               GOOD    DAY
               GOOD    LUCK

     HAPPY    NEW    YEAR    .

         SEE   YOU    AGAIN

このアーカイブについて

このページには、2015年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年12月です。

次のアーカイブは2015年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。