12月31日(水) 「 雑感 と 随想 」 その7

| コメント(2) | トラックバック(0)
   
   大あわて  七分もできぬ  晦日(みそか)かな
                 ( 残月 )


 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 「  池 の 鯉  」 第 2節

  第 1節   立場は 色々あり

  第 2節   立場を 超える

      想像します
    ・ 池 が あり
      鯉が 生きている

    ・ 主人 が
      手を たたき 鳴らす

    ・ 鯉が エサをもとめて
      ちかよる

    ・ 猫が おどろく
      身を ひそむ

    ・・・・・・・・・

    ・・・・・・・・・・・

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    立場 は 限り無し
        つまり 「 無限 」
        そして 
        量る( はかれ無い )
        つまり
        「 無量 」( 無限大 )

    そして
    その 立場は
    みんな、違う・異なる

    そして
    争い( あらそい )やすい
    競い( きそい )やすい

    それは、それで いい

    しかし
    いやに なる
    したくなくなる
    「 あらそい 」 「 きそう 」こと
    発展・成長・繁栄の ため と

    < おとな >は
    < わかもの >を
    けしかける。

    < つよきもの >は
    < よわきもの >を
    けしかける。

    みちびく、 ありがたい
    おどす、 こわい
    むかんしん、 さびし

  「  立場 を 超えたい  」
    運命か
    宿命か
    能力か
    素質か
    、、、、、、
    、、、、、、、、

   『 池 の 鯉 』 の場合

     全てに、通じる、
     共通する
     ある ものに

    ≪ 心を むける ≫
    ことが
    大切・重要
     
     たとえば

     「 お日さま 」

     「 お月さま 」

     「  水  」

     「  土地  」

     「  風  」

     とか

     に、
   ≪ 心を むける ≫ 
     と、

   どうなるの
   でしょうか ?

   体験・実践
   日ごろの 工夫、一工夫で
   ございます。


     つづき   ます

 駄弁を弄してます
  されど
   敬と愛を こめて

 残月  合掌

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  006.JPG

           年末年始 の 休暇でしょうか 、

             (  うらやましいなー )( バカいうな )( 大笑 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 010.JPG

      妙見堂 への 道 ( ふだん 門が とじています )

      大悲閣 裏参道 と  途中まで 同じです。
      裏門は 閉門中で ございます。

 016.JPG

   「   道友に  よりて輝く   大悲閣  」
       
           ( だいひかく ・ 山上の観音堂のこと )
           ( 千光寺 の 本堂のこと、 現在 仮本堂で ございます )
           ( 諸整備を すすめつつ、 本堂 再建へ むかいます )
           ( 同時に、「 道心 」に めざめた 人々を より多く 、
           ( つまり、「 菩薩 ばさつ 」 さまと おおく 友となる 。 )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 018.JPG


   明治時代 の  戒岳和尚 の 筆蹟  「 天然 勝境 」
             本日、 改修後 はじめて 懸ける。 ( 合掌 )

     先代      「 四海 」和尚
     先先代     「 春応 」和尚  ( 裁判所に通い、守る )
     先先先代    「 戒岳 」和尚  ( 廃寺のところを、死守 ) 

                           < 大合掌 >< 萬拝 >

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 022.JPG

                 ≪  大合掌  ≫


 024.JPG

           参道 の ススキ

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

  失礼いたします
末筆ながら  よき大晦日で ございますように
  そして  よき新年を おむかえぐださい ませ 。

「  あなたさまへ  感謝申しあげます 
  拙い、駄弁に おつきあい いただき ありがとうございます。 」

  ご意見も おありでしょう きっと
ホームページの 「 連絡 」 が、使いやすいとか ( ? )
 どうぞ ご遠慮なく 。 お願いいたします。

  まだ 3分(3割)残っている 用事にいどみます( 大笑 )
   「  目が覚めて  冷や汗ながる  大晦日  」( 大大笑 )( 笑えない )

   ほんとうに
 ありがとう ございました。
 来年も よろしく お願い申し上げます。

   厚顔  無恥
    愚僧  萬拝

        

 
            

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bruce-kyoto.sakura.ne.jp/daihikaku/mt/mt-tb.cgi/7967

コメント(2)

紅茶さまへ

今年、一年ありがとうございました。
ここに来て二年目が終わります。
たくさんの言葉と勇気と励ましを頂きました。
ブログフォトの、青の色がとても好きでした。
「2時」に写した「虹」も良かったですが・・。

笑顔がたくさんありましたね。
来年も、たくさんの笑顔がありますようにと思います。
紅茶さまのお顔も拝見出来ました(うふふ)
黒松くんすみれさんも、たくさんの人に触れ合えたことでしょう。
素敵です。

もう少し頑張ってくださいね。(今10時を過ぎました)
私は、のんびり頑張ります。
ジタバタしても遅いので、とりあえずコーヒーを頂きます。
また、新年のメールします。

札幌コーヒー

紅茶さまへ

あけましておめでとうございます
昨年一年、お疲れ様でした。
今年もブログとフォト、楽しみにしています。
除夜の鐘の音、嵐山に木霊していますか?
ゴーンゴーンと聞こえてきそうな冬の夜ですよ。
暖かくしてお過ごしくださいませ。

札幌コーヒー(ミルク入り)

コメントする

このブログ記事について

このページは、大悲閣千光寺ブログが2014年12月31日 06:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「PICTURE 12-30-2014」です。

次のブログ記事は「PICTURE 1-1-2015」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。