2014年9月アーカイブ

9月30日(火) 彼岸へ  4

| コメント(0) | トラックバック(0)
  自分中心にして
 自分中心でない
< 世界 >< 境地 >
< 心境 >を

 ≪ 彼岸 ≫と
考えたいと存じます。

、、、、、、、、、

 ただし、
あくまで、
「 自分中心 」の世界
が、
< 苦しい >< 悲しい >
< しんどい >
< つらい >< めんどう >
< 不安 >< 恐怖 >
 ・・・・・・・・・・と
感じる方々にたいする
お話でございます。


 「 自分中心 」で
生きているつもりでも
やはり、
多くの人々に
守られ・支えられ・
大切にされ・かわいがられ
・教えられ・きたえられ・
みちびかれ・・・
 していますので、

 本来、
「 自分中心 」など
ありえないことと
存じます。( 微笑 )

、、、、、、、、、、、

 しかし、
「 利己 」「 エゴ 」と
いう 言葉・概念・現象
もあり、

 「 自分中心 」が
「 自分以外 」の人々・
方々・物・存在に、

  害をあたえたり
 苦しめたり
 悲しめたり
  することがあれば
 やはり、この
「 自分中心 」は
 乗り越えられる
べき事のような
 気がいたします。

、、、、、、、、、、、、

 「 彼岸に到(いた)る 」
 「 到 彼岸 」
 「 とう ひがん 」

 インド語で
 「 パーラミター 」

 ( 音写で )
 「 波羅 密多 」
 「 はら みた 」

 ・ 究極最高であること
 ・ 完成態
    とも。

、、、、、、、、、、、、、

 六つの
 波羅密多とは

 1、 布施
    < ふせ >
 2、 持戒
    < じかい >
 3、 忍にく
    < にんにく >
 4、 精進
   < しょうじん >
 5、 禅定
   < ぜんじょう >
 6、 智慧( 般若 )
  < ちえ(はんにゃ)>

 でございます。

   つづき  ます。

駄弁ながら
  蛇足ながら
   敬と愛をこめて
 残月  合掌

<  嵐山 渡月橋
  水量が
  減ってきています。

 002.JPG


 003.JPG

 001.JPG

 010.JPG

             嵐山に日が沈んでいきます。 うつくしや ・・・。  >

   失礼いたします
 末筆ながら、
 よき一日で
  ございますように。

 厚顔無恥
  愚僧  萬拝
 

Picture < no, 24 > 9-29-2014

| コメント(0) | トラックバック(0)
      ARASHIYAMA     NEAR   THE  BRIDGE    IN     KYOTO  .
      these   Pictures  of   many the angles  and
                 the   distances    to   the   bridge   sometimes .

       嵐山です。
  渡月橋の付近でございます。
  色々、異なる角度・距離でもって
  時々、ご案内いたしたく存じます。


 002.JPG


007.JPG


008.JPG




1  「  There    are   Four   Unlimited   States    of   MInd   that
                 the    seeker    of    Enlightenment    should   cherish  .

             They    are    compassin  ,      tenderness   ,   gladness 
                 and   equanimity  .    」 (  The   teaching   of    budda   )

  1    「   道を求める者の修めなければ  ならない、
      慈 と 悲 と 喜 と 捨 の四つの
      大きな心が ある。  
      < 四 無量心 という >  」 ( 仏教聖典より、引用 )

        つづき  ます     To   be    continued  .

            
                  I    am      sorry,    no   time   .
                         see    you   .

                      GOOD     DAY
                      GOOD     LUCK

                               残月


9月28日(日)  彼岸へ 3

| コメント(0) | トラックバック(0)
  自分あり
 自分を中心
 うれしいな
 なんでも意のまま
 たのしいこの世


  自分あり
 自分を中心
 たのしいな
 すべてはみんな
 わがためにあり


  自分あり
 自分を中心
 ありがたい
 すべては自分
 たすけてくれる


  自分あり
 えらいかしこい
 うつくしい
 ちからもあるぞ
 おかねもあるぞ


  自分あり
 たいせつだいじ
 まもらねば
 いのちとちから
 びぼうにたから

、、、、、、、、、、、、、、


  自分なし
 いったいオレは
 なになのか
 なにかにおわれ
 いきているのか

  自分なし
 いったいワタシ
 なになのか
 なにをもとめて
 いきているのか


  自分なし
 しゅうかんきそく
 せけんなみ
 いわれるままに
 ながれるままに


  自分なし
 おおきなちから
 はいや はい
 つよいちからに
 自分をすてる


  自分なし
 よわいものなぞ
 しらないぞ
 みにくいものも
 みることはなし

、、、、、、、、、、、、、


  自分あり
 自分を中心
 たのしけり
 自分以外を
 すべていかして

  自分なし
 いだいな何か
 みをまかせ
 自分ないよで
 自分をいかす


  自分あり
 自分以外が
 自分かも
 水も空気も
 自分でないか


  自分なし
 どこから自分
 きたのだろ
 ちちははもまた
 どちらのおかた


  自分あり
 おもさにながさ
 名もあるぞ
 すべてまぼろし
 バカなこという

、、、、、、、、、、、、


  自分あり
 自分はないぞ
 自分あり
 自分はなくて
 自分あるのか

  自分みる
 この手この足
 だれつくる
 ことばにもじも
 自分のものか

、、、、、、、、、、、、、

「  自分中心で
 ありながら
 自分中心でない、
 世界
 < 彼岸 >を
 もとめたい 。 」

  もので
 ございます。

 安心と平安と
   自由のために。

「  悲しみと
  苦しみこえて。 」

駄歌ながら
  敬と愛を
    こめて
 残月  合掌

<  昨日の昼間
  最高に
  美しかったので、
  またまた、
  客殿からの
   写真を
  報告させて
  いただきたく
  ぞんじます。

004.JPG

      この空の  なんという  美しさ              BEAUTIFUL     SKY



003.JPG

              嵐峡も  美しや    GREAT    VIEW



006.JPG

                渡月橋 と  比叡山 ( ひえい ざん )
                             OUR   THE   BRIDGE     and     OUR    THE    MOUNTAIN
                                            IN    KYOUTO


   「  あおいろや
      みずもおそらも
        ひとつなり
          われとなんじも
            ほんとはひとつ 」  残月


    失礼いたします
   末筆ながら
    よき一日で
   ございますように。


 厚顔無恥
   愚僧  萬拝

 




Picture < no, 23 > 9-27-2014

| コメント(0) | トラックバック(0)
     It   is   a   beautiful   weather   yesterday   morning  .
        昨日の朝です。
    渡月橋の上流です。
    大堰川( おおい がわ )と
   よばれている範囲です。

   この橋から、大悲閣までの間と
   申せるかもしれません。
    
     THIS   PICTURES   ARE    ON   THE   UPPER
            REACHES    OF    THAT    BRIDRE .


      .002.JPG

                 WE  CAN  SEE    A     KAMEYAMA      (    亀山 )( HILL ) AND   THE
     ATAGOSAN      (    愛宕山 )( THE HIGHTEST  MOUNTAIN  IN KYOUTO )
    、、、、、、、、、、、        、、、、、、、、、


      003.JPG

   
      004.JPG

                 WE     CAN    SEE    THE    BRIDGE     AND    FAMOUS    AND 
                   VERY    IMPORTANT     MOUNTAIN     AT     BUDDHISM   .

                   渡月橋( とげつ きょう ) の 向うに
       比叡山( ひえいざん ) が見えます。
         延暦寺( えんりゃく じ )が建立されました。
           修行が連綿と継承されてございます。 合掌


  、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


  007.JPG

  010.JPG

     MY  NEW    FAMILY    from    america    by     G . G . C  .

         WE    EXPERIENCED     TEA   AND   ZEN   IN     BUDDHISM
         ON     THIS     SMALL   AND    BROKEN     TEMPLE    YESTERDAY  .
               we   are   very    happy    everyday  .
               because     we    do  not   have   EGO  .(  smile )

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


 「  PEOPLE    habitually     think   of     themselves    as   being
        connected    with    birth    and    death  ,   but   in   reality
         there    are   no   such   conceptions .  」 ( THE TEACHING OF BUDDHA )

 「  人はいつも、ものの生ずることと、滅することを見るのであるが、
    ものには、もともと生ずることがないのであるから、
    滅することもない 。」  仏教聖典(伝道協会)より、引用。


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


    GOOD  DAY
    GOOD  LUCK
      I    heartily    pray  .

   I am   very   sorry  ,     my   poor   at   English  .
          I   must   say   Good-by  ,    see   you  .

                 monk   of    arashiyama
                     zangetu(  残月 )
                         (  join   my   hands  together )

           

    


    

9月26日(金)  彼岸へ  2

| コメント(0) | トラックバック(0)
  24日の 駄歌

「 はしわたる
 あしどりかるく
 むねおどる
 むこうのきし(岸)は
どんなはな(花)やら 」


、、、、、、、、、、、、、、


 此岸( しがん )での
つまり、
「 自分中心の
   生き方 」 を

 あるていど、
いえ、
本当は、徹底して
味会ったほうが
いいと存じます。


 「 自分中心 」 の
生き方を、

『 つづける
  つらぬく 』の

 むづかしさよ
 こんなんさよ

 でも ございます。

、、、、、、、、、、、、、

  人生
 自分中心では
 生きずらい。

 自分以外と
  たえず
   ぶつかる。
 正面衝突( 微笑 )。

 でも
 「 自分喪失
   自分放棄
   自分消滅 」
 なんて
   いやだ。

 自分中心で
 ありながら、
 自分中心でない

 生き方こそが、

 いい、
 楽、 なのかも
 しれない。

 < この境地 >こそ
わたしたち、
我をいただいた
我を発生させた
 人間の仕事かも
しれません。

  社会の仕事でなく
 人間生命の仕事で
 あるような
 気が いたします。

、、、、、、、、、、、、、、

< この境地 >を
もとめることを、

< 道をもとめる >
< 橋をもとめる >
 と
 表現できそうです。

< 彼岸をもとめる >
 とも
 表現できます。

 「 道 」「 橋 」は
 途中ですが、

 < この境地 >
 < 彼岸 >への

 「 道 」「 橋 」だから
 同じように 感じます。

    つづき ます。
 六波羅蜜
( ろく はらみつ )
六個 の
 「 彼岸にいたる、わたる
   方法 」 など。


 駄弁ながら
   敬と愛を
     こめて
  残月   合掌


<  一昨日、昨日の
  客殿です。

   大自然を愛で
   大自然と
   一つになり、
   至福を
   味会う。

   さあ、
   一日一生なり。
   心をつくす。
   命をつくす、のみ。

   何に、対して ?
    、、、、
    、、、、
    、、、、
014.JPG


013.JPG



、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、


015.JPG


018.JPG


   長くなりました、
 4枚の写真になりました。
 多すぎますか ?
  すみません。 >

 失礼いたします。
末筆ながら、
  よき一日で
  ございますように。

厚顔無恥
  愚僧  萬拝







 




Picture < no, 22 > 9-25-2014

| コメント(0) | トラックバック(0)
      ARASHIYAMA     DAIHIKAKU     SENKOJI
           嵐山      大悲閣     千光寺

   THE   MEIJI   PERIOD
            about    100 years   ago  .

    THE   MAIN    BUILDING    WAS    BROKEN    BY  
            MANY     TYPHOON  and   was   gone  
           at  1978   becase    this  was    very   dangerous .
      (  TO   MY    DEEP   REGRET  ,
         I    could   not    see   the    main   building  . )

    明治時代の
   嵐山 大悲閣
    千光寺  です。
   
  とても、おもしろいです。
 いつでも、コピーさしあげます。
 

014.JPG


                          BUT    nature     and     great    view      do   not    change  .
                                      I     am    very   happy   .

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

       HEART   SUTRA   般若心経


    1  indian    language   古代インド語

002.JPG


          2     chinese     language   漢字

001.JPG


                 I    have    taik    about      heart    sutra  sometimes .
          (    what   I   need   is  not    words    but   deeds  .  )

         智慧 の 実行を 。
       実に すばらしい 内容で
         ございます。

        学習に
         おこしくださいませ。



           I  am   sorry  ,  my    poor    at     English  .

                         GOOD     DAY
                          GOOD    LUCK
                    I     HEARTILY      PRAY

                           monk   of   arashiyama
                                zangetu(  残月 )



9月24日(水)  彼岸へ

| コメント(0) | トラックバック(0)
  彼岸 ( ひがん )
  此岸 ( しがん )

 想像してくださいませ。

 私たちの目の前に
川がございます。

 向こう岸を「 彼岸 」
此方こちらを「 此岸 」

 こちらを「 迷い 」
 あちらを「 悟り 」
の世界と想像して
ください。( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、


 もし仮に
「 此岸 」( しがん )
の、
『 今、ここ、私 』 で

御満足
至福で
あられましたら、

おめでたく、ありがたく

「 彼岸 」( ひがん )
を、もとめる
必要はない事でしょう。


 もし仮に
苦しく・悲しく
なやみ・もだえ・
なみだし・うめき
さけばれてるお方

いらっしゃられたら、

 向こう岸は
自分自身の
苦しみ・悲しみなど
は、無いから
「 彼岸 」に
一緒に、いきましょ
いかがですか ?

よびかけているのが
< 仏教 >かも
しれません。
 いえ、
そうです。( 微笑 )

、、、、、、、、、、、、、


 向こう岸に
いくためには
どうしたら、
よいのでしょうか ?

 六つの
方法がございます。
御存じのお方も
多いでしょうが、

 ともに
もう一度考えて
みてください。

「 よりよく
生きるために
必要か ?

 どうか ? 」

 この観点からのみ
考えてください。

 どなたも、
私たち人間は
この命は
かよわいもの、
はかないもの、

 時間は大切
あそんでは
いられない。

 『 道 』( みち )
を 体得しなければ

自分の
自分の身内の
自分中心の
 欲望追究
 欲望達成
だけの人生で
おわってしまう。

 「 もったいない 、
   この命
   この心 」
 と、
感じ考えられるから
でございます。


、、、、、、、、、、、、

この『 道 』
とは 何か 。

悟りの世界( 彼岸 )
迷いの世界( 此岸 )
との
関係は ?

この『 道 』とは

向こう岸に渡る
 『 橋 』( はし )
と、考えても
いいのかも
知れません。

 つづき  ます


駄弁ながら
  敬と愛を
   こめて
 残月   合掌

< 『 橋 』の
 はなしに
 なりましたので

 嵐山にある橋
「 渡月橋 」
( とげっつ きょう )
の写真を
 御覧頂きたく
存じます。

 今までと
ちがった角度で
ございます。

 006.JPG

008.JPG


010.JPG


011.JPG


   失礼いたします。

 皆さまの、お近くにも
いい橋が、あることでしょう 。

 橋て、なんだか 
      いいですね。

   はしわたる
    あしどりかるく
      むねおどる
   むこうのきしは
      どんなはなやら
        ( 残月 )

  末筆ながら
   よき一日で
   ございますように。

 厚顔無恥
  愚僧  萬拝


   



Picture < no, 21 > 9-23-2014

| コメント(0) | トラックバック(0)
    TODAY  ,  『  秋分の日  』
AUTUMAL     EQUIOX     DAY    is    very
important    at    buddhism  .

  MANY    monks   has   to   be   held
official   function(  event  ) .

  NOW,   I   do  not   have   the   time .
      I   am   very   sorry   .

 、、、、、、、、、、、、、、、、、、

      NEW   MY    FAMILY    FROM    AMERICA    BY   G. C. C. .
       yesterday  .

010.JPG


008.JPG


011.JPG


012.JPG

                  GOOD-BY       SEE    YOU     AGAIN   .


、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 This    is    the   inside   of     REST   ROOM  .

015.JPG


        BEAUTIFUL   AND   BIG .
                           (     thank    you   ,    gen  sama   .)
                           (     You  are   helping    many   people   everyday  )


                  GOOD     DAY
                  GOOD     LUCK
                          I     heartily    pray    .





9月22日(月)  感謝について  10

| コメント(0) | トラックバック(0)
  感謝について 9 
 の駄歌 2つ

「 なにもなし
 感謝不満も
 ありませぬ
 自他をわすれて
 しばしきゅうそく


  なにもなし
 自他もなければ
 この世なし
 ほとけのひかり
 すべてをつつむ 」

 ( 英語に
  翻訳しなくては、
  もう少ししたら
 実行いたします。)
     ( 微笑 )

 、、、、、、、、、、、

 とにかく
感謝とか
不満に、振り回されず
生活・学習・仕事を
なし続けたい
ものでございます。

 不満
 不服
 不平
 
 不忠という
 言葉も
 ございます。
 不信も
 ございます。

 現代日本社会は
 「 不忠 」
 「 不信 」
 が、
 多いかも
 しれません。

 経済的サギ(詐欺)は
論外・別としまして、
  ( 微笑 )

 人間関係における
 「  その人のため  」
 という、
 「 みかえり・ほうしゅう
   損得を こえた 」
 『  忠  』
 が少なくなって
 まいりました。
 さびしい事で
 ございます。

 ( 小生は
   拙僧は、
 この世界に
 ささえられて
 活かされております。
  寺院そのものも。
 ご存知のように )


  『  信  』も
 少なくなっている
 ような気がいたします。


  どうしたら
 『  忠  』 も
 『  信  』 も
 身に付け
 体得できるか ?
 その方法を

 実行しょうという
 この欄( ブログ )で
 ございます。
 ともに。

、、、、、、、、、、、、

 「  願い  」
 「  ゆめ  」
 「  理想  」
 「 こころざし 」
 「  大志  」
 
  が、大切です。

  それと、
 「 向上心 」
 「 どんどん
   いくつに
 なっても成長したい」
 という
 気持ちが
 大切なような
 気がいたします。

   つづき ます

駄弁ながら
  敬と愛を
   こめて
 残月  合掌

<「 なにもなし
  自他もなければ
  この世なし
  
  ほとけのひかり
  すべてをつつむ 」

   の

  『 ほとけ 』
  という言葉を
  『 かみ 』
  『 それ 』
  『 あれ 』
  『 これ 』
  、、、、
  、、、、
  と いえるような
  柔軟さ
  自由さ
  寛容さ
  広大さ

  を
  もちたいもので
  ございます。

  異民族との
  交流が
  広く深くなって
  いくので
  ございますから。

  同じ人間の自覚。
  人間愛が全てです。
  生命いや
  全てを愛す
  心です。

  これが
  本来の心です。 >

失礼いたします。
 写真できなく
  なりました。(大笑)

  末筆ながら
 よき一日で
  ございます
    ように。

 厚顔無恥
   愚僧  萬拝
    

Picture < no, 20 > 9-21-2014

| コメント(0) | トラックバック(0)
   A    VIEW    FROM     THIS    TEMPLE    IN    「 kyakuden-
       GUEST    ROOM   」

010.JPG

              we   can    see    the     ARASHIYAMA    GORGE  .
                 (  嵐峡 らんきょう rankyou  )
                    This    river   flows   for    OSAKA    and    for    the   pacific   Ocean
                               and   for    America  . (   smile  ) 


008.JPG

                                  17  00    yesterday
          This   flag    is   the   symbol    of    buddhism   .
         ONE   KANNON     uses  「   the    rope  」  made  of     five  color  thread 
                     to     have   peace    of    mind    for    many   people  .

     ある観音さまは、五色の糸で編んだ縄で
        煩悩に苦しむ私たちを、
         やすらぎの世界に
           引き上げてくださるそうです。( 微笑 )

       ありがたや   ありがたや   ありがたや



   、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

     OLD    AND  NEW   REST ROOM

011.JPG

012.JPG

       THIS  is    a    MIRACLE    that     we   can   use   this  room
                            on   the  mountain    arashiyama  .
                       (   MISIBA   GEN    is   the    GREAT   MAN  .
                            HE    DONATED    this   restroom   .
                            I   DO  NOT   KNOW
                             HOW   TO   THANK   YOU,   GEN   SAMA   .   )


         私たちが、この山の上で
            美しく大きな トイレを 使用できるのは
               奇蹟 でございます。

         了以翁 400年忌にあたり、
           翁を慕う 三柴 元 さまを中心にした
              御寄進によります。

          感謝の言葉が ございません。
            愚僧、身を粉にし
                骨を砕き
             報恩いたす所存でございます。
                失礼いたします。

   ---------------------------------------------------------------------


            I      must     say      good-by,    see   you    .
                (    I    am    sorry   ,    my    very   poor    at    english  .  )

                           GOOD    DAY   .
                            GOOD    LUCK .
                                    I     heartily     pray  .

                                monk    of     arashiyama
                                      zangetu   (   残月 )












9月20日(土)  感謝について  9

| コメント(0) | トラックバック(0)
  いいことや
 たのしいことは
 大感謝
 ありがとうです
 ありがたきこと


  わるいこと
 かなしいことは
 大不満
 きえてなくなれ
 どうにかしてよ


  いいことに
 感謝できずに
 いきていく
 ああつまらない
 おもしろくなし


  わるいこと
 感謝をもって
 うけいれて
 つらけどひらく
 あたらしきみち


  このよにて
 すばらしきひと
 おられるや
 くるしさ不満
 感謝にかえた


  世で語る
 個人確立
 このことか
 100の感謝に
 100の不満を
 ( もてる人 )

  世で語る
 さとりのせかい
 このことか
 100の感謝で
 我を無くすかな


  世で語る
 個人確立
 このことか
 社会お国も
 自分のことぞ


  世で語る
 さとりのせかい
 このことか
 100の不満で
 ひとよにつくす

 、、、、、、、


  なにもなし
 感謝不満も
 ありませぬ
 自他をわすれて
 しばしきゅうそく
    ( 大笑 )


  なにもなし
 自他もなければ
 このよなし
 ほとけのひかり
 すべてをつつむ

    つづき ます

駄歌なれど
  敬と愛を
    こめて

 残月  合掌

<  昨日、海外から
  アメリカから
  お客さまが
  来て下さいました。

   このような
  交流ができる事を
  全てに感謝
  申し上げます。

   ありがたや
   ありがたや

   愚僧はじめ
  寺院の仲間で
  こころをこめて
  お迎えいたして
  おります。

  「 今日が
   はじめて
   でございます。」
   に徹する。

  、、、、、、、

  以前、第何回と
  数えましたが、

  小生・拙僧の
  あやまり・傲慢
  ごうまんでした、
  反省しています。

  お客さまは
  みんな
  「 はじめて 」
  です。

  わたしたちも
  「 はじめて 」
  です。

001.JPG

                         autumn     has    came  .



004.JPG

      new   my   family   from    America



003.JPG

             a    wonderful     boatman



008.JPG

                   we    will   return   to   the   bridge  .



     この屋形舟は、渡月橋より
     どなたでも、乗船できます。

   水上から御覧なられる風景は
    格別にすばらしく、
     体験していただけねば
       わからない世界です。

    どうぞ、拙僧を
  信じていただき お越しくださいませ。
  (  いろいろな修行も、同じです )
  ( 微笑 )
  ( 責任重大  笑えない )

   失礼いたします。
   末筆ながら
     よき一日で
    ございますように。

  厚顔無恥
    愚僧  萬拝


  




Picture < no, 19 > 9-19-2014

| コメント(0) | トラックバック(0)
    9-23      AUTUMNAL   EQUINOX   DAY
 「 秋分の日 」     IS
VERY    IMPORTANT    AT   BUDDHISM   IN   JAPAN  .

    Many   monks   are   very   busy
         the   equinoctial  week . 
      Monks   have  to   be   held   a   official   function
  (  event  )  .

      we   must   have   a    MILD   HEART  on  buddhist .
   Becasue    a    MILD   CLIMATE   comes   with
      THE    EQUINOX  . <    smile  >


     「  HIGAN   BANA   ( flower ) 」  
  「 FLOWER OF the  equinoctical  week  」
      (   white    and    red   )
   in   this   temple   and   a  road   along  river
        are   in   bloom  .

     御彼岸が  近づき
     彼岸花が  咲きました。
    
     白が一本  境内に
     赤が数本  川沿いに

     自然は
     素直で  正直なような
     気がいたします。

     マイルド MILD な 心 を
     めざしたいもので
     ございます。

     酷寒 も 酷暑 も
     味会ってこそ
     で ございます。

    「 無寒暑 」は、

     有寒暑を、
     味会える人のみ
     寒暑を きらい・ にげない人のみ、

     味会える
     気がいたします。

       


   002.JPG


008.JPG


 -------------------------


004.JPG

                              17 oo    yesterday  /      BEAUTIFUL

009.JPG

                             17  30     yesterday   /      BEAUTIFUL


            I    must    say    Good  -  by  ,    see    you   .
                  (    I   am   sorry  ,   my   poor    at   english  )

                           GOOD     DAY
                           GOOD     LUCK
                                I     heartily    pray  .

                               monk   of   arashiyama
                                   zangetu (  残月 ) 




9月18日(木)  感謝について  8

| コメント(0) | トラックバック(0)
 コンビニで、立ち読み
してましたら、いい記事を
見つけました。

 神道系の宗教家の
言葉です。 小生が
心から尊敬している
人物のお仲間でした。

 客殿にて
『 道のことわり 』
( プリント )
 をおすすめ
 しています。
  ( 微笑 )

 「 感謝 」
 「 陽気 」
 「 歓喜 」

 この三つを
体得するという。

 そのとうりで
ございます。

そして、
 ・ 太陽を拝する
 ・ 親孝行する

 そのとうりで
ございます。


  私たちは
人間として
当然のことを
自然に
素直に
 できるように
なりたいもので
ございます。

、、、、、、、、、、、


「 思っても
   できない。 」
     この事を、

1、 悲しい
   苦しい
   ダメだ
 なんとかしなくては 。


   しかたない
   どうしようもない
   にんげんだから
   このオレだから
   このワタシだから、

   と思わないように。

 『  思い 』と
 『 おこない 』を
一つにすることから、

 「 修養 」
 「 修行 」
 は、はじまります。

 2、 3、 4、 ・・・

、、、、、、、、、、、、、

「 親孝行したい
  両親に
  年長者に
  やさしく、
  常に感謝を
  こめて
  接する  」

「 年少は大切に 」

「 同輩は大事に 」

   結局、
 全ての人を
 大切に、と
  あいなりました。
      ( 大笑 )

、、、、、、、、、、、、、、

  大切にするとは
どういう事でしょうか?

   つづき ます。

駄弁ながら
  敬と愛を
   こめて
 残月  合掌

<  

 002.JPG

     IT   WAS   A    CLOUDY    DAY .
                   BUT    IT   WAS   VERY   BEAUTIFUL  .
                              3 00   p. m .
                       

003.JPG

       WONDERFUL    GUESTS     that  a  mother   and    a   daughter
             from    BRAZIL      had    peace   of    mind    in   this   temple,s 
                  view    with    me  .

      世界中から
 日本へ、京都へ、嵐山へ、

 大悲閣 千光寺へ 、どうぞ、
   ( 微笑 )  >

 失礼いたします。
彼岸が近くなって
まいりました。
 涼しくなります。
うれしいです。
  ( 微笑 )
  ( 大笑 )

 末筆ながら
よき一日で
 ございますように。

 厚顔無恥
  愚僧  萬拝





Picture < no, 18 > 9-17-2014

| コメント(0) | トラックバック(0)
       THE     SAME   
              <    poem  of    picture   no, 17  >

   THE      SAME      TIME
   THE      SAME      PLACE

    THE     SAME       SWEET
    THE     SAME        BITTER

    THE     SAME        AIR
    THE     SAME        WATER

    THE     SAME        HUMAN  BEING
    THE     SAME        ANIMAL

     THE    SAME        BEING
     THE    SAME        HEART

      OH ,   PEACEFULNESS.
      OH ,   BEAUTIFUL    HARMONY

      WE    ARE    THE   GREAT     FAMILY  .


          同じ

 同じ  時間
 同じ  場所

 同じ  甘味( あまみ )
 同じ  苦味( にがみ )

 同じ  空気
 同じ  水

 同じ  人間
 同じ  動物

 同じ  存在
 同じ  こころ

 なんという、平安( へいあん )
       美しき 調和 、

 私たちは
    すばらしい  
      ひとつの 家族  。


 005.JPG


   It    was   very    fine   day   yesterday,    3  30   evening .
        we    can   see    this    river   .


        NEXT     TWO     PICTURES     IS      THE     ROAD    TO    THIS      TEMPLE
                               ALONG     BEAUTIFUL     THIS     RIVER   .    

002.JPG

                 WE   CAN    SEE    THE    BRIDGE    AND    THE    FAMOUS    MOUNTAIN .


001.JPG


                THIS    ROAD    TO    OUR    TEMLE  .
                           (     I   am    sorry  ,     my   car   is   being  ,   oh   .   )


       渡月橋から、山寺までの 川沿いの道は
  明治時代に、戒丘禅師のころに作られました。
  現在、有難いことに、京都市によって、
   整備していただいています。  合掌

   「 大悲閣道 」 の美しさも、
     言葉を 失います。

   
     I     must    say     good-by  ,     see    you   .
      (  I am sorry  , my poor at english  )

                     monk    of    arasiyama
                          zangetu  (   残月 )



9月16日(火)  感謝について  7

| コメント(0) | トラックバック(0)
   感謝とは
  オレは知らない
  苦しいよ
  なんでなぜかな
  この悲しみよ


   生まれ来て
  なにがどうして
  楽しいか
  オレはしらない
  この世のよさを


   家族いる
  家族でないぞ
  この家族
  仏なければ
  神すらいない


   心とは
  オレは知らない
  何のこと
  欲望のまま
  ただ強く


   事故に会う
  いったいオレが
  何をした
  ちゃんとふつうに
  生きてきたのに


    病かな
  いったいオレは
  何をした
  ちゃんとふつうに
  生きてきたのに


    ケンカです
  いったいオレは
  何をした
  ちゃんとふつうに
  生きてきたのに


   イジメかな
  いったいオレは
  何をした
  ちゃんとふつうに
  生きてきたのに


   クビなのか
  いったいオレは
  何をした
  ちゃんとふつうに
  生きてきたのに


   「 感謝 」とは
  めぐまれし人
  いうことか
  オレは何もの
  感謝は何に


   生まれつき
  ちがう環境
  さあ、どうだ
  人の苦楽は
  同じでないぞ


駄歌なれど
  敬と愛を
   こめて

 残月  合掌

< 

 003.JPG

004.JPG



    THE      SAME   TIME
    THE  SAME   PLACE

    THE  SAME   SWEET
    THE  SAME   BITTER

    THE  SAME   AIR
    THE  SAME   WATER

    THE  SAME   HUMAN  BEING
    THE  SAME   ANIMAL

    PEACEFULNESS

     WE  ARE  THE  GREAT  FAMILY 。  >


   005.JPG


    失礼いたします
   よき一日で
     ございますように

  厚顔無恥
   愚僧   萬拝


Picture < no, 17 > 9-15-2014

| コメント(0) | トラックバック(0)
 
    THIS    TEMPLE     RAISES     THE     FLAG     EVERYDAY    .

    THIS    FLAG     IS    THE   SYMBOL     OF    BUDDHISM  .

     Many   people    ask     me  
          what    meaning   this    flag  .
 
     I   do  not    answer    this    question  
          becase     I    am   very   poor   at    English. (  sorry )

     BUT    I     must    answer    the    meaning   of   the   flag
          step  by   step  ,  sometimes  .
007.JPG






008.JPG



009.JPG


   IT    IS   VERY     VERY    FINE     DAY   .

   <     VERY    LUCKY     VISTORS   >



012.JPG

           yesterday    evening    4   30


           I  AM    VERY   SORRY  .
               GOOD-BY
                  SEE    YOU .








           








9月14日(日)  感謝について  6

| コメント(0) | トラックバック(0)
  感謝とは
いったい何を
いうのだろ ?
不満なきこと
謙虚なことか ?


 感謝とは
高慢・傲慢
慢心なし
自慢なくして
知恩・報恩


 感謝とは
恩を感じる
ことなのか ?
大地・青空
風に水なり


 ご恩とは
いったい何を
いうのだろ
感謝の自覚
人の豊かさ


 豊かさは
いったい何を
いうのだろ
多くの感謝
支えの自覚

 
 貧しさは
いったい何を
いうのだろ
孤立・孤独と
いうことなかれ


 感謝・100
不満も100で
生きていく
これぞ「 ボサツ 」の
生きる道


 坐禅して
感謝のおもい
あふれ出て
立ちて歩いて
命を尽くせ


 わたしたち
不満・不平を
いだけども
そこにとどまる
心をすてよ


 よくみれば
よくよくみれば
どうだろう
「 おもいこむな 」と
「 みず 」のながるる


 我をなくす
すると私は
何なのだろか ?
無我は「 仏 」と
古人は語る
  ( 大笑 )
  ( 微笑 )
 ( 笑えない )

 
  無我もとめ
「 仏 」を念じ
生きて行く
100の感謝に
100の不満で
  ( 微笑 )


  無我もとめ
「 浄土 」を念じ
生きて行く
「 よりよき世界 」
心にいだき


 我をへらす
苦しみへりて
楽しけり
わたしがへりて
みんながふえる
  ( 微笑 )


 みんなとは
ちちははなかま
せんせいと
おとなりさまと
このよのすべて
  ( 微笑 )


 自覚する
われは「 ぼさつ 」と
おもうこと
弱小「 ぼさつ 」
かんしゃに生きる
   ( 微笑 )


 駄歌なれど
  敬と愛をこめて
 
 残月  合掌


<  昨日、夕刻
   客殿からの
  風景・眺望です。

   あまりに
  美しく感じたので
  写真をとりました。


  Look   at    two   pictures  ,   PLEASE  .

     I    felt   that     this   scene    is    very    beautiful     from   this    temple
                   yesterday     evening    5 30 .


001.JPG


003.JPG


      月が、出ていたら、満点です。( 微笑 )

 「  やまとまち
   きょうは しずかに
   くれていく
   ひとのいのりに
   つつまれながら 」
      ( 残月 )  >

   失礼いたします

  末筆ながら
 よき一日で
  ございますように。

 厚顔無恥
   愚僧   萬拝

 





Picture < no, 16 > 9-13-2014

| コメント(0) | トラックバック(0)
         IT   WAS    VERY     FINE     YESTERDAY . 

   I   FEEL   THAT     SUMMER    IS     GONE

   AND    AUTUMN    HAS     COME  .

   昨日の嵐山です。
 秋が、近づいてまいりました。
   山の緑、川の碧が
     少しづつ変化しています。


        THE     river   and    mountain
           is    very    beautiful   , and
           my    american   family  are
            wonderful  .

002.JPG


004.JPG


       WE     WELL    GO    TO    THE    TEMPLE     IN    MOUNTAIN    , 
         about   1000  m    by   big   rowboat   .

007.JPG



       WHAT    IS     ZEN    BUDDHISM     ?  
       WHAT    IS     DISTINCTION    between   many   religions  ?
       said   my  old   family  in   this   small   temple  .

       Many    religions    says     NO   DIE   .
       Zen   buddhism    says      NO   BORN . (    smile   )
           .......       .........     .........
           ........       .........     .........

   多くの宗教は、
      安心と幸福のために、
      「  永遠の命  」
      「  不滅の心  」
      を、語ります。

    すばらしい。
    これを、体得・自覚して
    安心し幸福になり、
    みんなと共に
    明るく、清く、たくましく
    生きたいもので
    ございます。

   『  不滅(永遠)
        の心(命)  』
     は、
   『  不生(永遠)
        の心(命)  』
     でもあります。

     ここを強調している
     のが、
     禅仏教のような
     気がいたします。

   でも、
   『  不生  』とは
   何なのか ?

   どうか、
   さがしてみて
   くださいませ。
    ( 微笑 )

   ( 心と魂は ? )
        つづきます

013.JPG


          LET   GO   BACK   to  the  bridge 
                   and   the   new   world    with    SMILE   .  
     
     笑顔いっぱいで、
       いざ、 新世界へ ( 微笑 )


    -------------------------------------------------------------------


         I     am    sorry   ,    very    poor    at    english  .
            I    must    say    good - by  ,   see   you  .

                     GOOD    DAY
                     GOOD    LUCK  ,
                           I    heartily    pray  .

                     monk   of    arashiyama
                         zangetu  (   残月 )











9月12日(金)  感謝について  5

| コメント(0) | トラックバック(0)
   

   小生は
  個人としては
  感謝なり
  100の感謝か
  10000の感謝ぞ
    ( 大笑 )

   小生は
 1 < いのち >
 2 < からだ >
 3 < いしき >
 4 < こころ >
 5 < かぞく >
 6 < なかま >
 7 < しごと >
 8 < しゃかい >
 9 < おくに >
 10 < あじあ >
 11 < せかい >
 12 < うちゅう >
   、、、、
   、、、、

  1 から 12、、
 が、小生( わたし )
 なのでしょう。

   すると、
  全てに、
 感謝いたしますが、
 この、私たちの
 < 社会 >
 < 国家 >
 < アジア >
 < 世界 >
  には、
 問題が多い。
 解決すべき問題が
 山積みで
 ございます。

  < かぞく >
  < なかま >
  < しごと >
  ≪ がっこう ≫
  ≪ ちいき ≫
 も、
 なすべきことは
 多い。( 微笑 )


  100の感謝
 1000の感謝
10000の感謝
  ですが、

 「 このままでは
  よくない事 」
 も、この世には
 多くあります。

  10000の感謝で
 御礼・恩返しに
 情熱を燃やし
 ながら、

  問題をみつめ
 解決に、進まなく
 てはならい、と
 存じます。
  これが、
 『 100の感謝に
   100の不満 』
なのでしょうか ?

 『  燃えて
    生きる、
  いや、
   生きつづけ、
  いえ、
   生き抜く  』

   つづき ます

駄弁ながら
  敬と愛を
    こめて
 残月   合掌

<  すべては
   ただしく
   うけること
   から
   はじまる。

    むずかしい
   けれど

    くるしい
   けれど

    かなしい
   けれど

    つらい
   けれど

    すべて
   ただしく
   うけいれたい、

    ああ
    これが
    かんしゃ
    なのかも
    しれない

   あたらしく
   なにかを
 はじめるために >
      
 失礼いたします。
 末筆ながら
  よき一日で
  ございます
   ように。

 愚僧  萬拝

Picture < no, 15 > 9-11-2014

| コメント(0) | トラックバック(0)
    MY   YOUNG    FRIEND   THAT   IS
 A   STUDENT   OF    ART  -   MANGA  .

   TODAY ,S   PICTURES   OF   HER
       WONDERFUL   WORKS  .


   大悲閣の友人の作品です。

   嵐山 渡月橋から、
   寺院へ向かう時の、

   風景と『 心の動き 』が
   よく描かれています。

   とまどい
   おどろき
   ふあん
   ぎしん
   かんげき
   かんどう
   あんしん
   、、、
     など
   ( 微笑 )


010.JPG


011.JPG


012.JPG


013.JPG


            THANK    YOU      VERY     MUCH  ,    MY    FRIEND  .
                SHE  IS   A   JAPANESE    FROM     SOUTH    AMERICA   .

       「  いつも、ありがとうございます。
           大悲閣道にて、多くの方々に
            大変よろこばれています。 」( 友へ )
  

               I   am    sorry    ,     my    poor   at    english  .
               I    must    say     good  -  by  ,    see   you   .

                       GOOD     DAY,     GOOD    LUCK,
                                I    heartily    pray   .

                           monk    of     arashiyama
                                zangetu(   残月 )






 





9月10日(水)  感謝について  4

| コメント(0) | トラックバック(0)
   昨日は、仲間が
 来てくれました。

  15年以上前、
 ここで坐禅をした
 方々です。

  道場から
 一文なしで、
 ただ
托鉢の用具と
坐禅指導の道具
だけもって、
来た時でした。

 最初期の
道友です。
善友は、ただ
ありがたい。
 ただ、ただ。

、、、、、、、、、、、、、


 道友が
お話してくれました。

「 101歳の方の
 入浴の介護を
 しました。
  背中から
 お湯を流すと、
 こうおっしゃるの
 です。

< あなたの
  愛情が
  ひしひしと
  伝わり
  感じます >と。

 こんな
ことを言う人は
いません。

 また、
入浴のことで、

< 本当は、
週2回入りたい
けれど、
 資源が
もったいないから
一回でいいです >
とも、
おっしゃらた。 」と。

 100歳こえられても
この『 感謝の心 』
をお持ちで、
しっかりした頭で
きちんとした
言葉で表現し
伝えることが
できる、
このすばらしさ。

 また、
快適・快楽
楽しさに対する
この『 節度 』
   『 自制 』
・ むさばらず、
・ あまえない心
が、ございます。

 また、
すばらしい、
私たちの手本
です。

 そう拙僧が
思っていると、
ある先生が目に
浮かんできました。

「 そのお方は、
  その人物は、
  もしかして、
  00 さんでは
 ありませんか ?」

「 えー
 なんで
 知っているの 」

、、、、、、、、、、、、

以前、この欄で
紹介させていただ
いた、
 先生なので
あります。

 さすが、
先生、たいした
もので
ございます。
 お手本に
させていただきます。

   つづき ます

駄弁ながら
  敬と愛を
   こめて
 残月  合掌

006.JPG


   この円は、何なのでしょうか ?
   先日の、満月でしょうか ??   ?

   WHAT     IS    THIS    CIRCLE    ?
          IS    THIS   THE    MOON  ,  LAST   NIGHT   ? ?  ?




<  先日の駄歌

  人生の
 チカラななんぞ
 何だろう
 100の感謝に
 100の不満さ

  矛盾こそ
 葛藤こそが
 人生さ
 愛し尽くして
 苦しみ尽くす

  ゼロを知る
 ああ、ありがたや
 この心
 無をあじあえば
 手足はおどる

  永遠を
 無限を感じ
 生きて行く
 100の世界に
 苦しむなかれ >

 失礼いたします。

末筆ながら、
 よき一日で
 ございます
   ように。

 愚僧  萬拝

Picture < no, 14 > 9-9-2014

| コメント(0) | トラックバック(0)
    WONDERFUL    GUESTS    FORM
AMERICA     ON    WONDERFUL
 ROWBOAT   TO   SMALL  TEMPLE 
   with    me 
     at    9 00   morning  .

   アメリカからの
 すばらしいお客さまです。

  拙僧の、父上・母上・姉上
 兄上さまのような
 方々でございます。

   ようこそ 日本へ
   ようこそ 京都へ
   ようこそ 嵐山へ
   ようこそ
     ようこそ

001.JPG


003.JPG

   I   AM   VERY    GLAD   TO    SEE   YOU  ,    my    family   .

   ----------------        ----------         -----------------


       THE    SCENERY      ON   OUR   BRIDGE  
            (    togetu kyou    橋 in   arashiyama  )

         渡月橋からの風景です
   この川の上流の山腹に
   大悲閣千光寺が
   ござくぃます。
    約1000m先

    

       004.JPG


                 I   am    sorry   ,    very    poor    english.
             I   must   say    good-by,   see    you    .

                        GOOD    DAY
                        GOOD   LUCK
                     I      heartily    pray .

                    monk   of   arashiyama
                         zangetu(  残月 )




9月8日(月)  感謝について  3

| コメント(0) | トラックバック(0)
 9月6日の駄歌を
 もう一度、
 考えたく存じます。

 なぜならば、

1  「 ゼロ 」( 0 )
2  「 一 」
3  「 無限 」( 永遠 )
4  「 100  」


  この
4つの 言葉
     概念
     世界を

 理解
 自覚
 体得
 活用できれば、
< 変身 >( 大笑 )
できるので
ございます。( 微笑 )

 わたしたちは、
よわく、もろく、
かなしく、くるしい
< いのち >
< こころ >
< からだ >
< なかま >
をです。

 でも、
  あかるく
  きよく
  つよく
  たのしく
  たくましく
いきぬける
ことが
できます。

  そのための
 ほうほう
 さくせん( わらい )
 を
 じっこう
 したいと
 ぞんじます。

  つづき ます
< 感謝 と 
   志( こころざし )>
< 駄歌を、4つ
   再記載 する
   つもりが、、
   次回に  >

駄弁ながら
  敬と愛を
 こめて
残月  合掌


< 昨日
 毎月
 第一日曜
 午後一時
 法話の会。

 「 法話 」
 でありながら、

 きびしく
 つらい
 ( 笑 )
 読経 30分
 いたします。

 「 行 」です。
 頭・心・体
 のです。
 「 法 」の
 実践でもあります。

1、 「 心経 」を
   御仏前で
   大声で読む。
   一巻のみ。

  昨日
 ご参加の方々は
 2、3、4、、
 くらいは
 すすんでいます。

 どうぞ、
 1、から御参加
 ください。
 簡単です。

 2、は 
  「 心経 」
  3巻です。

007.JPG


005.JPG


006.JPG


  失礼いたします。
 末筆ながら
 よき一日で
  ございますように。

 愚僧  萬拝



Picture < no, 13 > 9-7-2014

| コメント(0) | トラックバック(0)
  THE    SCENERY     OF    ARASIYAMA   
              in   kyoto    Japan  .

  <  嵐山の風景 >

  「 一つの川
    一つの橋
    山々と人々 」

    きびしい自然よ
    やさしき心よ 」

  「 one  river   is .
          one  bridge   is .
         many   mountain
         and  many  human 
          beings   are  .

          oh,   stormy    nature .
          oh,   calm    heart .  」


  、、、、、、、、、、、、


  ARASIYAMA    is    the    name   of
area   ,      many     mountain    and
one    river   ,    one    bridge  .


   ARASI   (    嵐 )=  STORM
 YAMA  ( 山 )=  MOUNTAIN
 arasiyama  (  嵐山 )
     =  storm   mountain.

   I   feel   that    many     storm    caught
      this   area    every   year .


001.JPG


002.JPG


003.JPG



   I   am    sorry  ,   poor    at    English .

        I    must    say     good -  by  ,
                    see    you   .

              GOOD    DAY
              GOOD   LUCK,
                   I    heartity    pray .

           monk  of   arasiyama,
             zangetu  (  残月 )




 



9月6日(土)  感謝について  2

| コメント(0) | トラックバック(0)
   感謝かな
  明日をひらく
  チカラとは
  いったい何に
  感謝する ?


   不満かな
 今ここ我を
 生きている
 今は苦しく
 ここは悲しい


、、、、、、、、、、


  不満かな
 明日をひらく
 チカラとは
 いったい何に
 感謝する ?


  感謝かな
 今ここ我を
 生きている
 今は苦しく
 悲しいけれど


、、、、、、、、、、、

  人生の
 チカラはなんぞ
 何だろう
 100の感謝に
 100の不満さ

  矛盾こそ
 葛藤こそが
 人生さ
 愛し尽くして
 苦しみ尽くす

  ゼロを知る
 ああ、ありがたや
 この心
 無をあじあえば
 手足はおどる

   永遠を
  無限を感じ
  生きていく
  100の世界に
  苦しむなかれ


駄歌なれど
  敬と愛を
   こめて

残月  合掌


<  スミマセン
  やはり写真の
  操作が、
  おかしいようです。

  9月2日の
  船中の写真が
  移動( 交換 )
  しています。

  残念、
  2回目なので、
  自分で調整で
  きなかったので

  大兄( 先生 )
  に
 相談してきます。>

失礼いたします。

 末筆ながら
よき一日で
ございます
 ように。

 愚僧  萬拝
  

Picture< no, 12 > 9-5-2014

| コメント(0) | トラックバック(0)
       AROUND     THE    ENTRANCE

       入口 の  周辺

      

 001.JPG

                  大悲閣 ( だい  ひ  かく  )
            ( dai      hi       kaku   )

     大  (  dai  )
                  ( BIG   ,    GREAT    )

             悲 (  hi  )
                 ( SYMPATHY ,  CONSIDERATION ,
                        KINDLY ,    TENDER  ,
                        GENTLE   )

             閣( kaku )
                 (   the   HIGH   BUILDING   ,  or
                      the   BUILDING   on  the
                                 MOUNTAIN   )


 
002.JPG


                      PRINTS    OF     WORDS
                             that     SAME    MESSAGES
                                 from    ............

        伝言板
           (  古人・賢人・聖人からの、、、、)



003.JPG



                             THE     ROAD    and      THE    HANDRAIL
                                       HAD    REPAIRED      by    many   people
                                                      before    two    years   .

           了以翁  400年忌記念事業にて   修理



                    I   am   sorry,    poor   at   english .

                     I    must    say    good-by ,
                               see   you  .

                         GOOD      DAY
                         GOOD      LUCK,
                     I   heartily    pray  .


                     monk     of      arasiyama.














9月4日(木)  感謝について

| コメント(0) | トラックバック(0)
 人間の大きさについて
   考えたいです。

  色々な視点・基準
 が、あることでしょう。

  しかし、ここでは
 宗教的に
  接近してみます。

 宗教的と申しまして
も、またまた、これも
色々で、一つでは
ないのだと、
 存じます。

  あえて、
我見・独断で
考えざるおえない
のかもしれません。
 ( 微笑 )

、、、、、、、、、、、

 どれだけ
大きく、「 感謝 」の
思いを、
もっているのか ?

 かも、知れません。
( 人間の大きさ
   です )

 不平
 不満
 不服
 不快
 ・・・・
を感じる事多い
この国家
  社会
  職場
  学校
  家庭
  自分自身
  自分の体
  自分の精神
  自分の心
  自分の魂
  ・・
  自分の過去
  ・・
   など

「 感謝など
  できるか 。。」
と、叫びたくなる
方々も、

 叫んでらっしゃる
方々も多いかも
 しれません。

  、、、、、、、

生きている
わたしたちの
仕事は、
 このような
< 現実 >に
おいて、
『 感謝 』の思いを
大きく
していくことかも
しれません。

「 大きさ 」とは
広さに 深さ
でしょうか ?

 そのためには ?
 ( 感謝を
   感じる
  一つの方法
 としての 坐禅
 かもしれません。
   微笑  )
   つづき ます

、、、、、、、、、

宗教的にはとは?

この「 命 」の
始めと、終わりを
意識して、
生活すること。

この「 心 」、いえ
この「 我 」の
< 始めと、終わり >を
意識して
思いながら
考えながら、

 恐怖か ?
 嫌いか ?

日常を生きる。
 食べ・寝て
 読み・聞き
 見る・触れる
 話す・
 歩く・走る
 学ぶ
 ・・・・

「 命 」
「 心 」
「 我 」の始めとは?

「 命 」
「 心 」
「 我 」の終わりとは?

  つづき ます。

駄弁ながら
  敬と愛を
  こめて

残月  合掌


<  新聞記事で
  いい言葉を
  読みました。
   その事を
 話したいと思い
 始めた
 今日のブログ
 でしたのに、
 、、、、、
 前置きが
 長くなりました。
  反省です。
  
次の言葉です。

『  感謝されない
 ことを、
 ホコリにしよう 』。

、、、、、、、

 感謝をもとめて
苦しむ方々が
多いような
 気がして、、、。
( 微笑 )
( 笑えない )>

失礼いたします。

 末筆ながら
よき一日で
 ございます
  ように。

愚僧  萬拝

Picture < no, 11 > 9-3-2014

| コメント(0) | トラックバック(0)
    GREAT    VIEW    (   I   fell   )

    絶景  (  ?  )
  

005.JPG



003.JPG

        YOU   CAN    SEE
          From  THE   HOUSE    「 KYA KUDEN ( guest   room )   」


  数日前の
写真を見ましたら
一部、違ってた
ような気がしました。

 日時が切れて
いる写真がござい
ましたが、それは
拙僧の調整ミスで
ございます。

 増水の写真が
「 川の船の風景 」
になっていました。

 陸揚げされた
屋形舟の日時が
切れていました。
 すみません。
失礼いたしました。

 これから
学びながら、
注意しながら
進めたく存じます。


  寺院と
いたしましては、
「 絶景 」
から、
『 絶心 』
を、
めざします。

 絶景を
味わっていただき、
この人生を、
 清く
 明るく
 つよく
 やさしく
生き抜く土台
精神

意識、

 つまり
『 絶心 』を
自覚・体得
していただきたく
存じ願っています。

 そのために
愚僧、この命を
この心を
尽くし切りたく
存じます。
  いたらぬ事
ばかりで、
ございますが、
よろしくお願い
申し上げます。


駄弁を弄しました
 御許しください。
 されど、
  敬と愛を
    こめて。

 残月   合掌

<  我こそが
   あるけどなくて
   ないようで
   あるではないか
   奇妙なことぞ

    汝とは
   汝ありてぞ
   我なのか
   この文字言葉
   いずこからきた
          >

 失礼いたします。
  末筆ながら
 よき一日で
  ございます
   ように。

厚顔無恥
 愚僧  萬拝


 船上で
ある人問うぞ
根本を。
「<ニルバーナ>
ありや ?」
愚僧おどろく。


 ニル は無し
バーナ は炎
  ( ほのお )
< ほのお なし >
なんといおうか
この楽しさよ


 「 むさぼり 」と
「 いかり 」をなくし
「 ぐち 」いわず
 我と汝の
たのしきこの世


・ 「 ねはん 」
  「 涅槃 」
  「 ニルバーナ 」
  「 ぼんのう の
 炎が消えること 」
  「 自他を
  焼く感情の火 」

・  「 無常
   無我を
 自覚体得できたら、
 涅槃に入れる。
 ( 基礎で
  ございます )
      」

・  駄歌ながら
  敬と愛をこめて
 残月   合掌

001.JPG


002.JPG


    AMERICAN    WOMAN     said
  「 DO   you   think   ,
       WHAT   is    NIRVANA  ?   」

  I   HAVE    a    very    good  
     and   very    important
     QUESTION.

      AFTER   THAT ,
      we   have   a    very   good
      and   very   important
      TIME  ,  two   hours
      on   RIVER   and
      in    MOUNTAIN .


       THANK    YOU
               SO    MUCH  .


       (   I  am    sorry,
             poor  at   English )

         I    must    say  
           good-by,
            see   you  again .

        monk   of    arasiyama.


<  日本語と
    英語と
    Pictureの
    3つの
 スタイルが、ミックス
 混乱いたして
 おります。

   どうか
 御容赦ください
  ませ。 >

 失礼いたします。

 末筆ながら
  よき一日で
 ございます
  ように。

厚顔無恥
愚僧  萬拝
    





Picture < no, 10 > 9-1-2014

| コメント(0) | トラックバック(0)
      HAPPY   NEWS    OF   

      ARASIYAMA     AND

       THIS    TEMPLE  .
   
  1     OOI  RIVER
             RETUNS  
               TO   NORMAL.

           we  can   ride
               on   big   rowboat,
                  to  go  to   temple.

   2      AMERICAN     GROUP    TOUR
               (    TEA    AND     ZEN   )
             STARTS     AGAIN ,  
         IN    This   small    Temple.





     嬉しいお知らせです。

  1   川が平常に
      戻りました。

      人力の
      屋形舟が
      動けます。

  2   アメリカの
      ご旅行の方々が
      お見えになります。

      お茶と坐禅、
      「 道 」 の
      体験。

014.JPG


      I   must    say   good-by,
                        see   you    again.

                  monk    of    arasiyama.
















このアーカイブについて

このページには、2014年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年8月です。

次のアーカイブは2014年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。