11月19日(火)  嵐山 の 紅葉   2

| コメント(0) | トラックバック(0)
          おはようございます。
     2つ、メールの返信をしてましたら、
   遅くなって、しまいました。 すみません。
     まだ、返信できていない、方々御許し
  くださいませ。
     昨年の秋のケンジ君、ごめん。
   忘れてませんよ。 忙しい秋を、手伝って
いただきました。 感謝しております。 あの時
が、今までで一番多い参詣者では、ないでしょうか。
   いつでも、いつでも、遊びに、来てください。
      お顔を見たいです。
    昨年、たしか「  コメントが アップされてない
  ですよ  」と。  いまだに、その事は分かってません。
    ゴメンなさい。 しばし、お待ちよ。

    どなたかの、御言葉に
  「  すぐに、返礼する者は、忘恩の徒である  」(笑)
     
     小生、沢山の恩を、背に背負い、胸に抱いて
    います。  重くて、腰が痛くなっております。
    胸も苦しいです。 困ったものでございます。( 大笑 )

     この「  和尚日和  」 ( おしょう びより )
               ( 命名者は、ブルース 鳥澤 大兄 )
               ( 兄さま、すみません、勝手ばかりで )
        を、毎日、どうにか、つづけているのも、
            この、恩にたいする、
            傷みと苦しみからであると、も、
            自分で思ってもいます。

          なんせ、嵐山に入って、
        10年は、故郷に帰ってなかったのですから。
     正確には、帰れなかったのですから。 
       忘恩の一例ですが。( 大笑 )
      その、要因は二つございます。
       御察しくださいませ。( 微笑 )

           昨日の つづき のつもりが
       完全な、駄弁ながらの駄弁に、なりました。
        どうか『 長い目でみてくださいませ 』
        どうか、御許しくださいませ。

          今、気づきました。
       愚僧、 『  長い目、、、、、  』 と
     思っているみたいです。  なるほど、なるほど、
   ゆえに、愚僧自身 誰一人、怒っている人、悪くおもっている人は
      まさに、この観点があるので、皆無です。本当に。
        イヤもないです。  こまった人、くらいは
      ございますが。 (  笑  )

       でも、小生、愚僧が、他の人々を
      怒らせ、悪く思われているかもしれません。
        誠に、すみませんで、ございます。

      他意は、ございません。
       忘れている事も、多いかもしれません。
         どうか、御許しを。
            御赦しくださいませ、なにとぞ。

        どうか、今からでも、間に合いようでしたら、
             どうか、御連絡下さいませ。
        何卒、伏して、心より、
           御願申し上げます。


   大駄弁と お詫びでございます。
                    残月   大反省


    昨日の つづき  です。( 整理です )

<    ひびのこと    ひびのつとめを

          「  はたしてぞ  」

       こころしみいる
              あきのもみじば    >

<    ひびのこと    ひびのつとめを

          「   はたそうと  」

        こころしみいる
              あきのもみじば    >

<    ひひのこと   ひびのつとめを

          「   はたせずも  」

        こころしみいる
              あきのもみじば    >

≪   だい自然  やさしくしみる  あらし山   ≫


     駄歌句      失礼いたします。    
  

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bruce-kyoto.sakura.ne.jp/daihikaku/mt/mt-tb.cgi/7546

コメントする

このブログ記事について

このページは、大悲閣千光寺ブログが2013年11月19日 06:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「11月18日(月)  嵐山の紅葉  1」です。

次のブログ記事は「11月20日(水)  嵐山 の 紅葉   3」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。