11月24日(日)  大悲閣 の 紅葉  3

| コメント(0) | トラックバック(0)
        おはようございます。
   いまだに、何人の御方に、御読みいただいて
   いるのか、存じません。( 笑 )

     故郷、長崎県五島市の姉が読んでてくれて
  いるので、1人はたしか、、、、2人、3人、、、、、、
  友人・知人・親戚?、、、、、、、、、、、
  、、、、、、、10人であろうと、100人、1000人
  であろうと、同じ( こころ )、心がまえ、姿勢、
  でございますから、あまり気にしてませんが、、、、。
     ( 微笑 )

     ただ、失礼がないように、いたしたいもので
   ございます。  それで、愛だけでなく、敬を
    加えたのでした( 微笑 )、最後の御挨拶に
   です。( 言葉だけでなく、実践できているの
   でしょうか? ?  反省でございます。 )
 
    姉いわく 「  携帯に 数字が出ているよ。
    毎日かわるから、これかなー???  」
    「  まさか ?  多いですよ 」
    気にしないで、歩きます。( 笑 )


    『  人を 見ず、 法を 相手にする  』

    (   現象・不増不減・変化・無常 に
          心、うばわれない、で、
             真理・根本・普遍・
                を見る   )

    『   敬天  愛人 ( けいてん  あいじん ) 』

     (  天を うやまい、 
        人を  愛する、大切にする。
             粗末に しない。
             尊重する。   )

     《   神仏 が  御嫌い、
                疎遠ならば、( 微笑 ) 》

           < 天 >でも、いいので ございます。

           < 大自然 >( 3文字は、多い? )
           < 超越 >( 2文字か? )
           <  サムシング・ グレイト  >( なんだ? )
           < あれ >
           < それ >
           < これ >
           < ご先祖さま >
           < 偉大 >( いだい )
           < 悠久 >( ゆうきゅう )
           < 永遠 >( えいえん )
           < 無限 >( むげん )
           < 無境 >( むきょう )
           < 無相 >( むそう )
             やはり
           < 無 >( む )
            、、、、、、、、、、

           < 先人 >への  思い
           < 古人 >
           < 先生 >
           < 師匠 >
           < 先輩 >
            、、、、、、、、、、、

            内面から、とらえると、

           < 敬虔 >( けいけん )
           < 尊崇 >( そんすう )
           < 畏怖 >( いふ )
           < 帰依 >( きえ )
           < 忠 >( ちゅう )
           < 孝 >( こう )
           < 敬愛 >( けいあい )
           < 博愛 >( はくあい )
            、、、、、、、、、、、

            外面では、

            < 謙虚 >( けんきょ )
            < 素直 >( すなお )
            < 正直 >( しょうじき )
            < 真面目 >( まじめ )
            < 真剣 >( しんけん )
            < 誠実 >( せいじつ )
            < 愛情 >( あいじょう )
            < 慈悲 >( じひ )
            、、、、、、、、、、


            すると、
           
            < 和敬 >( わけい )
            < 大和 >( だいわ )( やまと )
            < 友愛 >( ゆうあい )
            < 共存 >( きょうぞん )
            < 共栄 >( きょうえい )
            、、、、、、、、、、

             すると、

             < 静寂 >( せいじゃく )
             < 満足 >( まんぞく )
             < 幸福 >( こうふく )
             < 至福 >( しふく )
             < 百福 >( ひゃく ふく )( 微笑 )
              、、、、、、、
              深まりて、高まりて、

              < 歓喜 >( かんき )
              < 法悦 >( ほうえつ )
              < 禅喜 >( ぜんき )
              < 万福 >( まんぷく )
              < 万歳 >( ばんざい )
              、、、、、、、、、、、、、



              小生、いったい、何を書いて
              いるのか? ?

             『 真の宗教心
              真の信仰
              真の信心 』

              を、おもちいただき、
              天地の「 いのち 」『 生命 』
              を、味合い、歓喜していただきたい、
              この願いのみです。
              だらだらと、申し訳 ございません。

    脱線しすぎた駄弁です、されど敬と愛をこめて
                   残月    合掌

<  大悲閣 の 紅葉、
      昨日の夕方  4割くらいと
         感じました。
     来週は、いい自然を
          感じれそうです。 
   われらが、( いとこ )( 紅葉 )を。  >

<  どなたかが、おっしゃられてました、
      嬉しいことです。
       でも、今の時期は
          人が多すぎます。
     どうぞ、どうか、
        もっと、お静かな頃に
         御越しください。

    「  このおてら  いいはなしが
         聞けるって、、、、、」
            (  60歳以上の方 )
            ( すみません 、)
            (  バタバタです。)   >

<   紅葉説法 しなくては、
       公園での 辻説法できてない( アカン )
         参道の修理か、、、、、、、( アカン )
     日を、決めねば。( ソウセヨ )   >

<  今、 大悲閣道にて、
     「  マンガ  寺院 案内  」( 3か所 )
       を 掲示してます。( 好評 )( 大好評 )
          芸大の学生さんです。   >


    体がふるえながら、  失礼いたします。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bruce-kyoto.sakura.ne.jp/daihikaku/mt/mt-tb.cgi/7551

コメントする

このブログ記事について

このページは、大悲閣千光寺ブログが2013年11月24日 05:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「11月23日(土)  大悲閣 の 紅葉  2」です。

次のブログ記事は「11月25日(月)  大悲閣 の 紅葉  4」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。