11月10日(日) 「 天地 と 算盤 」 9

| コメント(0) | トラックバック(0)
     「  逃げること も 大切では ないか?  」
     と、メールがございました。 ありがとうございます。

     そうだと、存じます。
   「  暴力・暴言・横暴・・・・・  」 などからは、
       逃げるべきです。
       (  こころ  )
       (  いのち  )の破壊からは、
            逃げさけるべきです。

      昨日は、<  寒さ  >
           <  死の 不安  >
            から、ただ、単に、
            嫌いだ、いやだ、と
            逃げるより、
            つらくても、
            さけれない事だから、
            正面から、御受けしょう。
            防寒コートで
            (  いのち  )
            (  こころ  )
            を、守りながらで
            ございます。

            防寒コートの使い方です。
            大切な事。( 笑 )( 大笑 )

      関西で、ひどい事件がございました。
    身内・親戚・一族の、閉鎖世界での事でした。
       みんな、どなたも、感じたと存じます。
         「  何故、 逃げないのか ?  」

         家庭内 暴力・暴言・軽視・無視
         職場内 暴力・暴言・軽視・無視
         社会内 暴力・暴言・軽視・無視
         国家内 暴力・暴言・軽視・無視
         世界内 暴力・暴言・軽視・無視
         、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
         、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
         たくさん、多く、あるのでしょう。

        『 つらき、この世 』 でございます。
        『 すばらしき、この世 』 に、したいもので
                    ございます。

      関西の事件、 新聞記事の見出しです。

        「   <  恫喝 > どうかつ
                      おどし
                と
            <  懐柔 > かいじゅう
                      手なずける  」

        「   何故、 逃げないのか ? 」
        『   逃げれない のである  』
        おそらく、
        <  恐怖  >で、
     < 声も 出せず ・ 足もすくんでいるのでしょう >

        サーカスで、また、悪い人間関係でいう、
        「  アメ と  ムチ  」 の世界です。
        この世から、減らさなくならない。


        小生が、何を求めてきたかと思えば、
       まさに、『  アメ  』  にも  『  ムチ  』
       にも、びくともしない、
       (  こころ  )と( いのち )を、
        動かさない、動かされない人間を、
       自分の中に、 求めてきたような気がいたします。

       理想です、
       「  アメ  」  も  「  ムチ  」も
       感じないで、生存・生活・生き抜くなんて。( 大笑 )

       愚僧が尊敬し、慕い、私淑し、学び、手本としている
       現代人も、歴史上の人物も、皆、
       「 アメ 」 と 「 ムチ 」 に、
       負けてない人々だなーと、今、しみじみ思います。
     負けたりも、するでしょう、したでしょう、( 小生も )( 笑 )
     でも、  負けないつもりで、毎日をむかえることが、
     できるよう、絶えず、もがいている、苦悩している、
     ような気がいたします。

       関西の事件、  まわりの人々が、気づき、
                  助けれなかったのか。
                  反省すべき事です。


       小生の周りにいます、苦悩している方々は、
                  「   声すら 出せない  」
          わたしたちは、「  無声 の 声  」 を
                 聞かなくては  助けられない。
        (  まさに、観音。  音を観よ、でございます。  )

          家庭内暴力のある青年の叫び声が、
        愚僧の頭の中から、抜けません。

          <  この家には、
                神も 仏も
                  ありやしない  >

            この青年の苦悩が、
                胸に、心の、響いてまいります。

      とにかく、現実、現在、日常、自分の世界だけに、
            自分の感覚・思考だけに、
            とらわれ、
            縛られないように、したいもので
            ございます。( どうしたら、いいのでしょうか? )

            このブログのテーマでございます。( 笑 )

          「  強き心を  もち
             自由な魂を もち
               やさしい 愛の人 になる 」
          を、めざしたいもので、ございます。 

      やはりどうしても、
     訓練・鍛錬・修行など、
     ことば・思考をこえた、 行為つまり
       『 行( ぎょう ) 』が
             必要と思われてまいります。

                   つづき  ます。
             ( そろばん から脱線してます  )



   駄弁ながら、敬と愛をこめて
                 残月   合掌


<   ムチがくる  ああ痛いかな  すみません
         おしえてくれて  ありがとうです   >

<   感謝をば   できぬムチには  にげようよ
         たえればバカは  ちからますなり  >

<   アメがすき  なみだをのみて  アメきらい
         歯がいたいです
            おなかいっぱい  >

<   ふらふらで   ひとりとかんじ   つらいとき
          ひとつぶのアメ
             なみだをさそう    >

       駄歌です       失礼いたします。
      
        

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bruce-kyoto.sakura.ne.jp/daihikaku/mt/mt-tb.cgi/7536

コメントする

このブログ記事について

このページは、大悲閣千光寺ブログが2013年11月10日 06:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「11月9日(土) 「 天地 と 算盤 」 8」です。

次のブログ記事は「11月11日(月) 「 天地 と 算盤 」 10」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。