1-27 第3回  酔鴻(すいこう)忌

| コメント(2) | トラックバック(0)
本日、午後2時より、推理作家・北森 鴻氏の4回忌法要を修行いたします。
般若心経三巻を、皆様方とごいっしょに誦経(じゅきょう)いたします。
参加者・全員で読経して、北森氏へ捧げ、回向(えこう)します。

 <まわし・むける>つまり、よき事(善事)を為し、その功徳(結果)を、
自分へ向けるのでなく、他者・故人へ回し向けて捧げ、私たちの<心・真・
敬・愛・誠・恩・・・・・>御伝えします。

 (善事) 他の役に立つ・助ける・守る・支える。
     直接できない場合、<祈る><自分を捨てた行為・行>。
     <行>には、読経・念仏・写経・坐禅・喜捨(きしゃ)・・。
     <積善>せきぜんー大切ですね。むずかしい。(笑)
     <陰徳>いんとくーかげで、人にしられずに、善を積む。
              大変、困難です。(大笑)

 (御焼香)後、御酒・御茶・御菓子・とともに、北森さんを偲びつつ、
  御作品などについて、語り会いたく存じます。

  ・昨年、他の寺院での法事があり失礼いたしました。
  ・今年、ガラス戸が入った暖かい客殿にて、開催いたします。

   遅い御知らせ        残月   合掌

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bruce-kyoto.sakura.ne.jp/daihikaku/mt/mt-tb.cgi/7245

コメント(2)

お経の時間には全く間に合いませんでしたが、厚かましくもご焼香させていただき、少しの間北森ファンの集いの輪にも加えていただきました。ありがとうございます。

古き友 春暁雲の中に 覚む

コメントする

このブログ記事について

このページは、大悲閣千光寺ブログが2013年1月27日 10:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1-26  暦日(れきじつ)4 <3冊の手帳>」です。

次のブログ記事は「1-28 不動明王の縁日< 28日 >」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。