1-26  暦日(れきじつ)4 <3冊の手帳>

| コメント(2) | トラックバック(0)
1. 社会人・学校人・家庭人  ( 集団・組織・共同体 )
2. 自分だけ・心の世界
3. 永遠・無限・瞬間・超越・全にして一(一にして全)・多にして一(・・)

1.を支える 2.の世界、2.を支える3.の世界。
3.を支える、2・1の世界。

   <解脱(げだつ)したい><無になりたい><悟りたい>という、
  私たち人間の<尊い願い>・<高邁(こうまい)な志(こころざし)>を、
  <自分を捨てて、他に尽くしたい>< エゴは、自己中心は嫌い >という
  尊い心情を、 残念な事に、利用されることがあります。

   ・1.2.から自由になりたい、嫌いだ、逃げたい、壊れてしまえ、、、、、
   ・3に関係する人は、十分自分の事を、注意しなくてはならない。
     4.冊目の手帳< 3.からも、自由 >を持つ人は、大切です。

   ・ 3.の世界は、1・2を大切にしながら、一歩一歩、進みたい。
     決して、あせってはならない。 ポケットの中のゴミすてから。

       駄弁です       残月      合掌

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bruce-kyoto.sakura.ne.jp/daihikaku/mt/mt-tb.cgi/7244

コメント(2)

〈永遠・無限・瞬間・超越・全にして一〉からも自由になった人とは、神の視点を持っている人のことでしょうか。そうであるなら、わたしには到達不可能な立ち位置です。

 社会人としての役割や自分の正直な心情を大切にしつつ、もっと大きな〈3〉の世界を目指す。難しくても、常にこうありたいものです。

皆人の 知り顔にして知らぬかな
 必ず死ぬる 習ひありとは
慈円

コメントする

このブログ記事について

このページは、大悲閣千光寺ブログが2013年1月26日 12:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大悲閣千光寺HP準備室よりのお知らせ」です。

次のブログ記事は「1-27 第3回  酔鴻(すいこう)忌」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。