10-2-15

| コメント(0) | トラックバック(0)
 昨日は、送信がうまくいかなかつた。おかげで、2回も挑戦してしまい、(渓声)を2種類になつてしまった。
どちらが、読んでくださったにとって、分かり易いのであろうか。はなから、分かりにくいかもしれない、反省。 
30年近く、人間とは何か、いかに生きるべきか、追究してきた。この15年は、大悲閣とともにであります。ありがたい、多くの人びとの、ご理解とご協力のたまものです。 少しは、みなさまに御伝えることができるかもしれない。   とにかく、真理は語り尽くされていると思います。ただ実践あるのみと思い、全力を尽くして参りましたが、はずかしかぎりです。      ともに、おたがいにという、実践の道があると、きずました、遅すぎでしょうか。  よろしくお願い申し上げます。          道忠  合掌

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://bruce-kyoto.sakura.ne.jp/daihikaku/mt/mt-tb.cgi/7128

コメントする

このブログ記事について

このページは、大悲閣千光寺ブログが2010年6月15日 10:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「渓声(けいせい)」です。

次のブログ記事は「2-16」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。